ステータス画面

朽橋ケヅメ

基本画面 リプレイを見る

公開中のシナリオ

公開中のシナリオはありません。

自己紹介(2015/10/09 雑記更新)
はじめまして、こんにちは。
マスターの朽橋ケヅメ(くちばし・−−)と申します。
お気軽に、クチバシなどとお呼びいただければ喜びます。

皆様が物語をつむぐためのお手伝いをさせていただけて、とても幸せな数年間でした。
頂いたお手紙やアイテムの記録、申請して頂いた挿絵やNPCと作っていただいたピンナップ、
どれも大切に保存しています。

皆様の愛するキャラクター達の物語が、これからも続いていきますように。
そしてまた、どこかでお会いしたときは、よろしくお願いいたします!

「出会って下さったすべての方へ、ありがとうございます」(ぺこり)
 雑記:2015/10/09
「出会って下さったすべての方へ、ありがとうございます」

●おわりに、その先の未来に。
先日のファイナルオフ会では、
様々な思い出話とともに楽しく過ごさせて頂きました。

もうエンドブレイカー達の活躍を描くこともないのかなと思うと、
寂しい気持ちもありますが、
これまで紡がせていただいた物語が、キャラクター達はもちろん、
プレイヤーの皆さま自身にとっても楽しい思い出の一幕となっていれば、
これ以上の喜びはありません。

 雑記:2015/10/09
●Etujar
 エトゥヤール・ロアシュマナヤは幼い頃、
 アクスヘイムの豪商アールトン家の当主ランドルフに買われ、白亜の屋敷で育った。
 その跡継ぎたるミラティと同年だったエトゥヤールは、
 ミラティの生涯の従者、護衛、そして刎頸の友となるべく、
 厳しく、そして大切に育て上げられた。

 そして主従が十一歳を迎えた頃、
 主とともに訪れたアクスヘイムの最上層で、
 エトゥヤールは初めて見上げた。
 青い、本物の空を。

 雑記:2015/10/09

 その日以来エトゥヤールは、
 ミラティや周囲の人々を見舞う不幸を、時に幸運をも、見通す力を手に入れた。

 それはエトゥヤールにとってどれほどの僥倖であったろう。
 生涯にわたってこの身を捧げるべき主人であり朋友の身に降る災いを予見し、
 危難から護ることができるのだから。

 エトゥヤールは、そう信じていた。

 だがある日、彼は見てしまった。
 白い仮面を着けた当主が息子ミラティを殺すという、破滅の未来を。

 雑記:2015/10/09

 エトゥヤールは未来を変えるために足掻いた。
 だが当主はその目論見をも見抜き、
 常人ならざる力をもって殺戮を始めてしまった。

 息子を殺め、エトゥヤールにも凶刃を向ける当主。
 だがそこへ『エンドブレイカー』と名乗る者達が現れ、
 白い仮面ごと当主を葬った。

 そして彼らは告げる。
 エトゥヤール自身もまた、
 終焉を見通し、世界に蔓延る『マスカレイド』を滅ぼす力を持つ、
 エンドブレイカーの一人なのだと。

 雑記:2015/10/09

 亡くなった当主や親族に代わって商売を畳み、
 屋敷をおいて旅に出たエトゥヤールは、
 身軽さと身に着けた作法を活かし、
 様々な事件を予見してエンドブレイカー達へと紹介する情報屋を始めた。

 やがてエンドブレイカー達の活躍が世界の破滅という『終焉』を打ち砕き、
 マスカレイドの脅威から世界を救うことになる経緯は、語るまでもないだろう。
 それよりも記すべきは、
 エトゥヤールが旅の中で見つけた、大切な……。

 過去の雑記(95件)
合計ポイント 1076ポイント(納品数:79)
楽しい 22% 笑える 09% 泣ける 00% カッコいい 28% 怖すぎ 00%
知 的 02% ハートフル 28% ロマンティック 03% せつない 03% えっち 00%
【マスター登録日   2010/02/22】
旅団シナリオ発注可能

NPC(マスターの使用するキャラクター)
顔アイコン 貴方のおそばの魔法剣士・エト(cn0065)
出会って下さったすべての方へ、ありがとうございます
「皆さま、お初にお目にかかります! わたしはエトゥヤール・ロアシュマナヤと申します。エトとお呼びいただければと思います。近頃は物騒な事件も少なくなって何よりでございますが、なぜだか、少し物足りない気もいたしますね。……あ、あの! そのお菓子、ひとつ頂いても構いませんか……?」 ◆ お手紙やギガンティアへのお誘い、それに甘味のお裾分けなど、お返しもできず申し訳ありませんが、たいへん感謝しております!