ステータス画面

公塚杏

基本画面 リプレイを見る

公開中のシナリオ

公開中のシナリオはありません。

自己紹介(2015/11/17 雑記更新)
こんにちは。公塚杏(きみづか・あんず)と申します。
皆様の冒険を彩るお手伝いを、精一杯させて頂きたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

◆シナリオ
ほのぼの系の交流重視や、心情重視を好む傾向があります。

マスタリングは公平を心掛けつつ、最低限必要な事柄は厳密にチェックします。
作戦、意思の疎通を判定の際は最重視。心情はまた別枠で見ています。
想った事、伝えたい事は思う存分綴って下さい。

難易度や依頼の方向性によって、判定の基準はかなり変わります。
「心情重視」や「お遊び」とマスコメに無い場合はご注意ください。
厳しい時はかなり厳しいほうだと思います。

◆プレイング
外見、心情、仕草の描写が好きです。流れによって自由に喋らせる事もあります。
お客様の特徴を掴むうえで、キャラ口調で書いて頂くのが一番違和感が少ないと思います。

◆旅団シナリオ
手の空いた時に、心惹かれるものを受理と云うかたちです。
内容に不備が無い限りは出来る限りお受けしたいと思っていますが、
私の力量ではどうしても無理な場合もございます。
好みの都合上、交流系が一番受理しやすいです。

◆NPC
ユリウス(cn0182)とミルティーユ(cn0116)を担当しております。
ギガンティア連れ出しやお手紙、いつもありがとうございます。
感情は、関わりがあった際に抱き返しを基本に。
一定期間で深層に沈めさせて頂く事も多いと思います。

ピンナップのお誘いもありがとうございます。
ご自由に発注して頂いて構いませんが、事前に発注内容のご連絡を頂けると私が嬉しいです。
感情をまだ抱いていない方や深層に移動した方も、お誘い頂ければ抱かせて頂きます。

◆ファンレター
いつもありがとうございます。
個別にお返事は出来ませんが、執筆をする際の支えにさせて頂いております。
真っ直ぐなお言葉を頂けることを、とても光栄だと思っております。
 雑記:2015/11/17
◆ご挨拶
エンドブレイカー!の世界で関わってくださった、皆様に感謝を。

4年半という月日を、頑張れたのは皆様のおかげです。
エンドブレイカー!の最後を迎え。
皆様と出会えた幸福を実感しております。
オフ会やファンレター、お手紙など。様々なお言葉をありがとうございます。

皆様がこれからも、素敵な物語が紡がれますように。
本当にありがとうございました。

 雑記:2015/11/17
◆ユリウスについて
クールなキャラや、少年と云うのが本当にツボで。
そういう意味では、ユリウスは一目惚れレベルだったとここで白状。
人マスカレイド依頼では、心情を綴る魅力を教えて貰いました。
皆様との交流で、少しずつ表情や雰囲気が柔らかくなっていたり。

彼の未来は、マスカレイドのいなくなった世界を旅する事。
愛用の鞭を片手に、新たな世界を見て回っています。
それでもお酒が飲める頃には、戻ってくるかもしれません。

 雑記:2015/11/17
◆ミルティーユについて
天然で、星霊が好きで、お茶が好きで……。
私のやりたい事が、全てできる子。
そのコンセプトで生み出した子だったので、大変動かしやすかったです。
お遊び重視なのも、私がそういったシナリオが好きだからでした。
多くの方と縁を結ばせて頂き、本当に感謝しています。

彼女の未来は今までと何も変わらず。
ふらふらと、都市を散歩しつつ美味しい物を求めていると思います。

 過去の雑記(0件)
合計ポイント 3030ポイント(納品数:203)
楽しい 10% 笑える 14% 泣ける 00% カッコいい 15% 怖すぎ 02%
知 的 01% ハートフル 34% ロマンティック 11% せつない 08% えっち 00%
【マスター登録日   2011/03/22】
旅団シナリオ発注可能

NPC(マスターの使用するキャラクター)
顔アイコン 勿忘蝶の星霊術士・ミルティーユ(cn0116)
幸せな未来を導ける。そう信じてるわ
裕福な家庭で育ったお嬢様。ほんわりした笑顔が印象的だが、常にどこかずれている発言をする天然系●甘いお菓子とティータイムが大好き。美味しいものに弱く、目新しいお菓子を食べることが好き●読書家でかなりの濫読派。文字を前にすると目で追わずにはいられない性質●ぼんやりしていても、エンドブレイカーとしての自覚はきちんとある。自分に出来ることを精一杯頑張ろうと思っている●がっかりネーミングセンスを持っている
顔アイコン 鞭のソーンイーター・ユリウス(cn0182)
マスカレイドの滅んだ世界を、僕は……
やあ、はじめまして。僕はユリウス。……忌まわしきマスカレイドが滅んだ今。僕が何をすれば良いのか。それはまだ明確には決まっていないけれど、新たな世界をこの目で見ていこうと思う。どこかで出会った時には、どうぞよろしく。