ステータス画面

アマツカグラ拠点防衛戦:来たれ、清廉なる希望!

<オープニング>

●神祇清浄姫アマニータ
 くすくす、くすくす、と……。

 さざめくような笑い声、衣擦れの音、白粉の香りを引き連れて、見目麗しい女が行く。
 清らかなる姿かたちに堕落した魂を乗せた仮面の巫女らが、静々と、粛々と、進軍していく。
 男を魅惑する半人半獣種、ピュアリィの群れはもう堪え切れない風情で殺戮を、もしくは男を求めて飛んだり這ったり転げたり。
 妖艶な部隊を率いる将の名は、神祇清浄姫アマニータ。
 もとは清廉な人々の魂をこそ狙い、欲望の坩堝に誘い込み、『霊峰天舞アマツカグラ』の聖なる場所――各地の神社を悉く悪徳の園へ塗り変えた女。
 闇を織り束ねたような影を、天女の羽衣を思わす風情で陶磁器のような柔肌に纏わせている。
 華奢な肉体の殆どを覆うことせず露わにした立ち姿は、まさに触れなば落ちんという風情。
 爛々と欲に滾りながら輝いた瞳は、それこそ夜空に浮かぶ黄金の月が如し。

 アマニータは、ぶつぶつと口の中で不平不満を呟いていた。
 上の作戦に従い出立した脳筋武芸者軍は百歩譲って見送るとしても、汚濁にも劣る腐敗忍軍が流石の汚さで手柄狙いを企てた辺りから腹に据えかねているわけだ。
「死ね出抜野郎。その辺の雑草に躓いて頭打って有象無象の草らしく死んで虫に食まれろ」
 妖しげな女が口を開けば、見目と異なり少年めいた乱雑な言葉が次々に溢れる。
 けれど誘惑の毒牙にかけられた者たちには、もはや暴言すら甘露の雫と聞こえよう。
「……だが」
 武芸者、忍軍以上に決して見過ごせないダニ猿がいるのだ。
「あの文系生臭猿坊主に手柄を立てられんのだけは許せねぇ。琵琶で頭打って死ね今すぐ死ね」
 ひとしきり呪詛を吐いて女も少し平静を取り戻す。
 あのボウフラ僧正のせいで結果としてわざわざアマニータ軍も出兵することになってしまったが、これだけの軍勢が集まればエンドブレイカーどもを捻り潰すなど訳もないことだった。
 問題は、誰が最も手柄を立てられるか、ということだけ。
「そんなの当然アタシらに決まってるけどな!」
 アマニータが嗤う。
「殺戮だ。掃討だ。薙ぎ払え。それで足りねぇなら、もう骨の髄までしゃぶっちまえ」
 アマニータが蠱惑の笑みを唇に乗せれば、女たちが頬を上気させ、ほう、と悩ましげな息を吐く。
 夢見るような瞳で思い描く未来は、血と血と血と欲。
 逃げ隠れしている『清廉なる魂』を禁忌の世界に引きずり込んで、聖なるものたちを犯し尽くしてしまいたいという、快楽への欲望。
 安易な終わらせ方するくらいなら連れ帰っちまいな、とアマニータが命じれば女たちはきゃあきゃあと、まるで無垢な娘たちのように無邪気な声を上げて悦んだ。

●来たれ、清浄なりし救いの手!
 先触れはあった。
 公家マスカレイドたちがエンドブレイカーの拠点を炙り出すための罠を講じて来た。
 アマツカグラにおける情勢に不穏な影が差したことを誰もが知っていた。
 そんな、矢先の出来事である。

「皆さんっ……! どうか、どうか御力をお貸しください……!」
 扇の神楽巫女・ナミネが血相を変えてエンドブレイカーを呼び集めた。
 もとより白い女の肌は、今や、完全に血の気が失せた蒼白に変わっていた。
「アマツカグラにおける私たちの『拠点』位置が、マスカレイドに露見してしまったのです。マスカレイドは大規模な軍勢を率いて、ここを目指しています……!」
 ナミネは、ぶるぶると震える指先を隠すように強く手を握り込んだ。
 拠点ひとつを潰すための戦力とは思えないほどの戦力が、もう、すぐそこまで迫っている。
「敵軍は4部隊に分かれているようです。どういうわけか連携を組んで動いてくる、ということはないようですから、1部隊ずつ確実に倒すことができれば、まだ、希望はあります……」

 逆に言うならば。

 たとえ3部隊に勝利したとしても、1部隊に敗北してしまえば、そこで終わりだ。
 アマツカグラの拠点は失われてしまう。
 アマツカグラを救うための希望の光も、手が届かない場所まで遠のいてしまう。
 ナミネがわざわざ口に出さずとも、エンドブレイカーならば誰しも、決して輝かしくないアマツカグラの先を予見できただろう。
 緊迫する拠点にて、ナミネは言う。
「皆さんには『神祇清浄姫アマニータ』の軍勢を迎え撃っていただきたいのです。その部隊は巫女、ピュアリィなどの女性によって構成されているようです。アマニータは先の『三塔戒律マギラントの戦い』にもアマツカグラからの客将として姿を見せた者、と聞きます。……神聖な土地を、神聖な職に就いた人々の心を貶める、悪しき者です。……決して……、許せることでは、ありませんっ……!」
 敵軍を迎撃して撃破できれば僥倖。
 特に、有力敵・神祇清浄姫アマニータの首を取ることができれば、アマツカグラの不利な現状を一気にひっくり返すことができるかもしれない。
 最悪でも相手を撤退に追い込まなければ、アマツカグラ拠点を放棄する他なくなってしまう。
「もし、拠点が破壊されたときに、アマツカグラ側に取り残されてしまっていたら……、もう『世界の瞳』による撤退は叶いません。もし全体に撤退の指示が出ましたら、そのときは、どうか必ず従ってください。残って戦おうとする方がいたら、力尽くでも、撤退させてください……」

 ナミネは振り絞るように言うと、大きな黒の瞳に強い決意を滲ませ、言った。
「……私は代理者に選ばれました。もはや、この拠点と命運を共にする覚悟です。ですから、どうか、どうか皆さんと一緒に往かせてください。若輩の身ではありますが、必ず、お役に立ってみせます」
 今にも零れそうな涙を眦に溜めて、彼女は言った。
「どうか、アマツカグラのために、皆さんの御力をお貸しください……!!」

 棘に覆われし『霊峰天舞アマツカグラ』の命運は、紛れもなく、この日に懸かっていた。


マスターからのコメントを見る

<リプレイ>

●そして戦の火蓋が切られた
 嬌声の只中。
 獲物を前にして悦ぶ、女の成りをした化け物どもが犇めく戦線へ、幼さを残す少年が馳せる。
「此処で僕たちが頑張らなきゃね!」
 鮮明な青緑と白銀の糸で織る天津風の浴衣を靡かせ、風に乗る獅子の瞳・ロムルス(c33503)は高速で中空を回転しながら群がる敵影に後ろ回し蹴りを繰り出した。斧を携えた破れ巫女と、地に降りていた鶴女とを弛まぬ連続蹴りで諸共に打ち倒す。
 代理者の言葉にも想いを馳せて、澄んだ青の瞳は強い決意を燈していた。
 怖がってなんていられない。
 みんなが頑張っている。だから、僕も頑張るんだ。
「いいわ、やってやろうじゃないの」
 獰猛な笑みを浮かべる銀月姫・ソレイユ(c13729)が、白金の指輪を嵌めた左手で敵を指し示せば、現れた星霊ヒュプノスが眠りの連鎖を巻き起こしながら跳躍した。
 姦しい彼女らに与えられたのは醒めない眠り。
「……さて、どこに花火を落としてやりゃいいのかな」
 ヴォルケイノトータス・ペンペロン(c03137)は呟きながら、まず手投げ弾による激しい閃光の中へ山狗姫の一匹を呑み込んだ。勇猛果敢に敵陣を切り拓いた彼には、やはりまずは男と見てか、妖しげな笑みを纏わせた女の姿かたちが留まることなく牙を剥いた。守りを崩された体勢に斧の袈裟斬りが決まり、男が流す血の量も増える。
 部隊を指揮する女の姿は、殺到する群れに阻まれ、未だ見えない。
「此処は正念場。蹴散らしてやるなの!」
 鳳蝶の舞う刀身に山神の祝福を宿し、森羅の歩法で踏み込んだ紅蓮鳳蝶・シャホン(c00357)が山狗姫を二匹纏めて切り裂いた。
 敵としても、まず小手調べか。
 眼前の敵は本隊ではなく、前衛部隊だろう。
 魔道書の錬金術士・サラス(c31760)は魔道書を手繰り、後方より不可視の衝撃波を飛ばす。
 細身の少年は魔力を手繰り支配領域を広げ、純粋な『力』を続け様に三度解き放った。斧は吹き飛び、翼も折れて、遠目にも油断していた女の化け物を三体同時に無力化する。
 回る世界の・ココカ(c07838)は構えた琴剣で上手く斧の一撃を捌きながら、高めた集中力のもと、黄金蝶を創造する。金の輝きは乱れ飛び、やがて大きな渦中に山狗姫を呑み込んでいく。
 うたかたの幻蝶・アーウィン(c02590)は迂闊に近づいてきた鶴女目掛けて、素早く稲妻の闘気を纏わせた蒼黒の太刀による二閃を叩き込んだ。
 返り血を手の甲で乱雑に拭うと、彼はまた、次の敵を見定める。女を呼び込む囮となろう。
 今は仲間を信じ、背を預け、ただ斬るために太刀を握る。
 破れ巫女の攻撃を小柄な少女は屈んで避けて、リボン飾りの紅靴で地を蹴り、跳んだ。
 風を掴んだ陽だまりの銀兎・フラヴィ(c14702)は高速回転からの後ろ回し蹴りを、瞬きの間に四発、彼女を狙った破れ巫女と運悪く近くにいた山狗姫まで巻き込んで叩き込む。
「てめぇらには此処で果ててもらうぜ」
 冬の陽光に溶けるような白の穂先を振るえば、風が唸る。一色・カンロ(c03786)が創り出した幻獣麒麟は角と蹄にて敵を蹂躙する。
 燈された光から続く希望の道を、天津神楽に生きる命と交わした約束を、護り抜くため。
 汚濁の如き姫君の、涼しげな装いをさらに剥ぐように、取り巻きたる女の数を減らす。
 集るように重ねられた衝撃が可惜夜・ヴィオラ(c07939)が纏う鈍色の鎧を強かに打つ。
 敵味方の入り乱れる戦場のどこか、背水の陣ほど燃えるものだと告げた男も敵を屠るために刃を振るう最中かと思えば、膝を突いてもいられないと己を奮い立たせるけれど、目に見えて動きが鈍り始めた彼女を狙って破れ巫女の斧が振り上げられた。
 月光色に煌めく宝玉を飾った曲刀を構えて戦況を見据えながら、クロム・ベルワルド(c09209)は己の心を媒介として白銀の鎖を生み出した。逃げ惑う敵を逃がすまいと追尾した銀鎖の切っ先は、纏めて二匹の胸を貫く。

 人と女の影の向こうに見知った友人たちを探しながらも、吉凶天現・ミソハ(c31436)は霊木から削り出した杖を構え、昏睡を招く雲を作り出して後方から戦闘を援護する。弱った敵を狙い、着実に敵の数を減らしていた。
「この焔は、反撃の狼煙なんだよ!」
 不死鳥を思わせる炎剣を構えたフレイムソードの神楽巫女・タイガ(c25304)は多重業炎結界を二重に紡ぎ出し、追い詰めた破れ巫女を尽きない劫火に閉じ込める。
 清廉な人々を堕落させる――元より享楽的なピュアリィはともかく、巫女の中にはあの姫君の毒牙に掛かった者も多いのだろう。なかなか良い趣味をお持ちのようで、と口の中で呟きながら蒼穹を翔る風・ランディ(c04722)は軍勢の只中に飛び込んだ。
 まずは攪乱。未だ脅威を知らぬ彼女らに教えてやろう。
 風の牙が如き太刀を携えた彼が、竜の姿を描き出す雷撃を呼び起こすだけで戦況は変わる。
 稲妻の息吹を浴びて翼の羽ばたきに煽られた娘たちの三体は、それだけで命も尽きて倒れ伏す。
「悪いけど、花を売るような子に興味はないんだよ」
 冷たく冴えた囁きと共に振るわれるは魔獣の腕。華帯月・ガルデニア(c11349)が放つ鋭い爪撃の乱舞に、淡桜色の硝子玉を鏤めた飾り紐は遅れて緩く空に靡いた。
 臙脂の紐を結う琴剣を掻き鳴らし、陽若竹・ランシェ(c00328)は広げに広げた熱狂の渦へ三匹の女を一挙に呑み込む。幻影の光に目を焼かれ、激情の旋律を浴びせられた女たちは甲高い悲鳴を上げて抗う気力すら奪い取られた。
「『神祇清浄姫アマニータ』、これだけの戦力で攻めてくるなんて見縊りすぎていませんか?」
 あの姫君は、エンドブレイカーの力を、団結を知らない。
 黒鋼の刃を持つ斧剣を携えた白狼紅盾・ライナス(c03263)は城壁の如き闘気を纏い、長城も崩落させんばかりの重突撃を仕掛けて破れ巫女の二体を轢き倒す。
 けれど良かった、と男は青の瞳を静かに細める。
 こうして討って出て来てくれたのだから、かの姫君にも安らかな終焉を与えてあげられる。
 夜の帳色に星を散らす戦装束を纏った眩暈の尾・ラツ(c01725)は、紫煙銃から引き抜いた刃を媒介として影の腕を具現化させた。連なり放たれた刃で仮面を砕きながら、さらに影を伸ばして味方の攻勢を援護する。
 お手製『火那大僧正ガイボンの立て看板』の横で、閃光の・エクレール(c02687)はこれまで蓄えた力を爆発させるように真・マスカレイド殴り太郎君の名を冠する騎士槍を振るった。無数の残像を伴うほど高速の刺突は、留まることを知らぬ暴威となって、肉片が飛び散るまでに女たちを切り刻む。
 清浄な舞で味方の傷を癒すことこそ己が使命と胸に抱いて、凶兆の大鴉・アリアレート(c20865)もいつになく気を引き締めて戦場に臨んだ。
 エルフの身で天津神楽のために舞う理由を問われたのなら、答えは単純明快だ。
 生まれは違えど心は同じ――この地を、救いたい。
 世界に生きる人々の絶望的なエンディングを破壊したいという想いこそが、彼女が、そして彼らがエンドブレイカーとして生きる限り、背負い続ける絶えなき祈り。

 やがて、前哨戦が繰り広げられたあちこちで勝敗が決する。
 戦場に訪れたのは、ひとつとして撃ち漏らさぬ、完全な、エンドブレイカーの勝利であった。

●希望へ続く道を
 道を拓くため、闇夜に溶け込む黒の刃が肉を開く。
 剣戟の音に紛れる仲間の声を、澄ました耳で拾い上げながら暁烏・キーツ(c06089)は後衛を守るように神火を纏わせた剣で妖を切り裂く。【Varekai】の中程を振り返り、戦果を上げて倒れた仲間が、白い手に攫われぬよう気を払うことも忘れない。
 勢いを忘れず突き進む姿に、らしさ、を感じて深緋の双眸を細めながら遊踴・ユカラ(c03945)はミルクティ色の靴で大地を深く蹴り、騎士槍に燈した業焔で居並ぶ敵を薙ぎ払う。彼女らの後方に位置する人魚の踵・ファラーシャ(c29228)は、宙に描き出された妖精輪から、傷の深い仲間へと癒しの光を順に注がせ、【Varekai】を支え続けていた。
「さっさと終わらせて帰りましょう……!」
 鵬狩・イド(c02478)は声を振り絞り、構えた盾槍から無数の針を雨霰の如く戦場に降らせた。
 狙いは、攻め込まれ浮き足立つ戦況でも未だ冷静さを残している者。指揮官か否か振る舞いだけでは判断しかねるが、とにかくまずは指揮系統を潰していきたい。
 眠る光の歌声・リィンティア(c05773)は漆黒の斧剣を構えた大切な人の傍に寄り添いながら、針で武装した妖精の群れを呼び出して敵に向かわせる。そして前哨戦を潜り抜け、まだ戦場に立ち続ける扇の神楽巫女・ナミネにも、時折、気遣わしげな視線を向けた。
 ナミネもよくよく理解していた。
 彼女が逆に狙われぬよう、特別扱いはしないながらも、常に見守られていること。
 大きな濡れ羽色の瞳を涙で潤ませながら、代理者はただ戦士のひとりとして扇を振るった。
 蒼き蠍火・ティファリス(c01468)は星の導きを束ねたような、強く輝く巨大な矢を淡金色の長弓に番えて解き放つ。これは未来へ繋ぐための戦いだ。愛しき獅子を再び絶望に沈ませることのないよう、我が身を一振りの剣として女は敵を屠り続ける。
 清浄の意味がわからない露出狂の姫君は未だ目視できる距離にはいない。是非にも声を掛けてやりたいものだと黒の瞳を眇めながら、深淵のウロボロス・アザゼル(c00671)は死の運命を書き綴る魔道書を開いて、魔力の塊を居並ぶ敵目掛けて解き放つ。
「纏めて返り討ちにしてやんぜ!」
 流浪せし轟刃・シエル(c27443)は駆けるたび緑の長布を翻して、愛用の得物を大上段から重く振り下ろしては敵を豪快に斬り伏せて行く。
 煉朱・カイン(c17183)は共に戦うメイド姿の女性と機を合わせ、同時に掃撃棍を叩き込む。
 故郷に憂いを残しながらも、今日この時は、最後まで天津神楽の人々を救うために戦い続ける。
 負けられない戦という重みを背負いながら、炎剣の神楽巫女・ツキムラ(c00507)は負傷した敵から順に狙い定め、冬花の名を冠する炎剣の切っ先から紅蓮の火炎を放射した。
 少しでも多くの敵を倒し、未来を今と繋ぐため。
 銀に煌めく三日月斧を携えた真銀のトロバイリッツ・アルメイア(c02067)は変幻自在の即興曲を奏で始める。疾風を歌声に乗せれば、精神を削り取られた女たちが悲鳴と共に倒れ伏す。
「貴様の未来、貰い受けたぜ!」
 女の不敵な声音は戦場に高らかと響いた。
 金の木棍を構えた志を繋げる館長・マーベリック(c15694)は、紫煙の大樹を敵の身に植え込みながら戦況を見渡す。神祇清浄姫アマニータの姿は、未だ見得ない。前線で敵を相手取る彼に続き、マスターを守ると胸に誓った青い瞳の城塞騎士、高まる熱により透明化した刃を振るう魔法剣士など、【湖の中の屋敷】の面々が続く。負傷した仲間を想えばこそ、進む歩みは止まらない。
「いい加減に目を覚ましてください!」
 僕たちを甘く見ると痛い目に合う。
 微々たる力でも、全力を尽くせば天津神楽を救う手伝いができる。
 夕宵マージナル・エリオット(c20830)は声を張り上げながら、旋棍の回転で闘気の光輪を作り出すと狙い澄ませて擲った。猛攻する彼に続き、蝶を映す深藍の盾を構えた群竜士が横合いから来る敵を阻み、生まれた余白に残る【胡蝶】の2人が駆け込んでくる。

「糞餓鬼どもが粋がりやがって……!」
 神祇清浄姫アマニータは怒気を吐きながらも素早く思索を巡らせていた。
 こちらの前衛部隊は壊滅状態。
 何故、拠点の防衛にこれほどまでの人員が現れたのか。
 やはり、敵は四方から迫る軍勢の存在など思いもよらず、もしくは捨て鉢になり、一方の敵――つまりアマニータにとっては運悪く――アマニータ軍にのみ兵力を差し向けて来たのではないか。
「……引き揚げるぞ」
 アマニータは黄金の月が如し瞳を憎悪に燃やし、呟くように命じた。
 側近のみを引き連れて戦場を離れんとする決断を下した理由も、明快だ。
 恐らく拠点自体は、運良く守備の薄い側から回り込んだ他軍が落とすだろう。ならば、憎々しき猿坊主やらのためにいつまでも露払いをしてやる必要もない。

 ――嗚呼、見得た。
 音に聞く姫君の成りを群れの彼方に見て留めて、嵐鳴アンブレラ・シンファ(c11921)は道を切り拓くため、濃密な血の気配を漂わせる琴剣を爪弾き、激情の旋律を狂気の音色で奏で上げた。
「その欲望、此処で果たしなさい」
 欲塗れの汚い女の成りの化け物たちが狂乱する中、凍結させた大地を滑るように馳せ、反転・クラウス(c12274)は純潔を讃えるが如き澄んだ刀身の氷剣を振るう。負傷した敵を切り裂いて地に落としながらも、織り成す極光でまた再び、魔想紋章士の娘にさらなる力を与えた。
 数多の露払いなくして、軍勢に取り巻かれた神祇清浄姫アマニータに肉薄する術はない。
「目立って威張ってえっちな奴ね!」
 バーガンディランス・ティアナ(c01457)が自ら課すものは、あの守りを穿ち貫く役目。可憐な花蔦で覆われた乙女の騎士槍を手繰り、銀に閃く穂先で肉を裂いて敵陣深く踏み込んでいく。彼女に続いて新たな敵の眼前に雪崩れ込む【農園】の面々は、未だ大きな負傷もなく戦場に立ち続けていた。
 掌に馴染む短剣を手繰り、昏錆の・エアハルト(c01911)は生み出した鋼鉄の竜にただ一言、喰い破れと命じる。狙うは敵首。誘惑に乗る気は毛頭ない。
 もっと良い女を知ってるぜ、と余裕を滲ませた声が笑う。
「お持ち帰りだけはされないようにねー」
 団長の戯咲歌・ハルネス(c02136)が長閑な声で仲間を鼓舞し、彼ら突撃組を援護する。彼の胸に仕舞われた眠る森梟を意匠した鍵は、突き刺した苗木の成長速度をより高め、現れ出でた紫煙の大樹が敵を締めつけている間にまた【農園】の仲間が馳せていく。
 彼らの攪乱を受けて敵の統率が乱れた隙を逃すまいと、【XXX】の3人も追討を仕掛ける。
「大地の怒り、その身で味わいなさい」
 鞭を振るう妹に続けて翠のアルケミスト・ソフィア(c05236)は魔道書を手繰る。強烈な衝撃波が敵を穿ち、今まさに振るわれんとしている細身の斧を弾き飛ばした。
「悪ぃけど、手加減なしで行くな〜」
 敵将を狙いに動く者たちを援護するように、竜を纏う飄飄蒼空・キドー(c05202)は惹きつけたピュアリィたちを百烈拳乱舞に叩き込む。続け様に唐紅の虎狐・ラサティ(c02695)が群がる妖に向けて業火を吐き出すと熱も冷めやらぬ間から優雅に微笑んだ。
「ラサティの男に手を出したこと、骨の髄まで後悔させてあげるわ」
 キマエラ・ティイ(c05937)は縦横無尽に敵陣を駆け抜け、握り締めた蒼銀色に閃く短剣に血の呪いを刻むと紅き斬撃を繰り出していく。傷つくことも倒れることも怖くないとは言わないが、遊び仲間と背中を庇い合うように戦えば、奇妙な安堵が常に胸中を満たしてくれた。
 まだ余力を残す自由神の神官・シュテラ(c03339)は群がる妖に赤き断罪の正十字を刻みながら、唇の端に笑みを浮かべる。
 いずれ不利を悟る敵軍が撤退する展開は読めていた。ならば、戦場を回り込み、注意の薄い背後から奇襲を仕掛けられたならもしや――と思うが、すでに戦場深く切り込んでいた者たちでなければ、そも姫君のもとへ馳せ参じることは叶いそうもない。
 穢死檻の巫女・シュプリムント(c25576)も思うようにならない戦場の移動に苦戦しながら、黒き旋風と化して大鎌を携え敵陣に飛び込む。首領に肉薄するほどの誰かに声が届いたなら、敵にもこちらの動きを悟られてしまいかねない。
 此処からでは、伝えようのない言葉を呑み込みながら、行く末を願うしかない。
「押し通せ!」
 好機をこの手で掴もうと馳せた灰髪の男の、その前に道を作ろうと灰皓の衛・エルンスト(c07227)が禍々しい蛇の意匠を施す斧槍で、大樹をも断つが如き横薙ぎを放つ。

 負傷者を出しながらも健闘を続ける【緋兎】の中から、誰より先に、僅かな敵と敵の隙間を突いて神祇清浄姫アマニータのもとへと走り出した者がいた。金の巻き毛を優雅に揺らす彼女の歩みを決して阻ませることのないよう、彼らは攻撃の手を緩めない。
「指揮官を、狙わないと……!」
 此処で引くことだけは絶対にしたくない。
 だから、今は前に進むしかないのだと白雪に紛れし小花・ユーリ(c30911)は恐怖を抱えながらも、懸命に凍れる細剣を手繰り、様々な氷塊の武器を創り出す。敵将の撤退を気取った銀髪の懲罰騎士は、不覚悟なり、と怒りを滲ませ、豊満な肢体を魔女服で包む娘は棘を撃ち出した。青い髪の娘も轟音と共に紫煙弾を放ち、深緑の髪を四葉の飾りで留めた少女も弛まず旋棍を振るう。
「なんとしても食い止めるのよ!」
 宵闇胡蝶・ナオミ(c19629)は巫女らの間を星霊ヒュプノスに跳躍させる。破竹円舞・デイジー(c05482)は血を流しながらも、深紅の刃が美しい斧を振るう。込められた闘気は接触の瞬間、派手な爆砕に敵を呑み込んだ。天津神楽の拠点は絶対に守り切ってみせる。破滅の終焉など砕いてみせると絶対零度・リゼリア(c34301)は様々な凶器を具現化させて道を阻む敵を狙った。
 彼らが作り出したチャンスに乗じて、さらに【緋兎】から数名が敵の守備を突破する。
 最後まで諦めず、勝利のためにブラックラック・バラノラ(c13473)は無数の罠を撒き散らし、
 浮葉・ファルス(c09817)は攪乱に主眼を置き、敵将に仕掛けんとする仲間を支援するため、四季の音色を編み込む即興曲を奏で始めた。焔の音階と疾風の調べが響き渡れば、ほんの数瞬、妖どもが体勢を立て直すまでの隙を突いて、数名の仲間がさらに敵陣深く切り込んでいく。
 如何せん敵の数が多い。
 清浄姫の軍勢迎撃にあたるエンドブレイカー総数を、優に上回るほど数が多い。
 前衛部隊はさほど強力な個体が存在せず、切り倒しながら前に前に進んで行けたが、やはり敵陣奥深く切り込むほどに敵は頑強になり、放たれる一撃の威力も増していく。
「だが、どんな窮地でも諦めなければ勝機はある!」
 峻烈なる裁きの光を宿した斧剣から応報の一撃を繰り出しながら、【Nomads】を率いる紅衣の報復者・クウィル(c03503)は声高らかに仲間を鼓舞していた。
 ついに敵将の位置を捕捉したのだ。後はひとりでも多く彼女のもとへ辿り着き、この迎撃戦に憂いのない勝利を齎したい。淑女第一とはよく言ったものだが、たとえ如何な美女でも棘に蝕まれた魂にもはや救いもなかった。黄金の鍵・ティーノ(c25114)は地面から巨人の拳を創造して、味方の進路を阻む敵を殴り飛ばす。白髪の少女は大樹の苗木を構え、紫煙銃を構えた青年は敵を蜂の巣にせんと魔力弾を撃ち抜き、仲間の援護を受けて、月色の瞳を伏せた忍び、そして、天津風の戦闘着を纏うエルフが敵の包囲を擦り抜けていく。
 今や此方に分があると見た幽宴の昏・ネマ(c01067)が、自らの血液から生み出した猟犬に鶴女らを襲わせながら、素早く【テュルスト】の面々に金の視線を走らせた。今が好機。紫苑の瞳を持つ褐色の娘が頷き返し、大樹の苗木を敵に突き刺す。
「あの口の悪い小娘を黙らせてきな」
 道を開けるのを助けてやろう、と戦線を切り開いた放浪魔女・ネヴァ(c16364)は最後、踊るような足取りで駆け出た琥珀の髪の娘に施療院の紋章で癒しを与え、背を押してやる。【テュルスト】のその娘は断ち割られた敵の隙間を馳せて、敵の妨害を突破し遂せる。
 まだ行ける。
 まだ道は閉ざされていない。
「薙ぎ払うぞ!」
 好機を逃さず酔月・ユーグ(c12503)が仲間に呼びかけた。
 銀鎖を巻きつけた戦槌を高重力と共に振り下ろす彼の背後を駆け抜け、赤い魔女服を翻す娘が【剣ノ唄】の支援を受けて敵の猛攻を掻い潜る。
 ドロッイイ・マーサー(c03527)が業物の直槍で描き出す地獄絵図の裏側を、竪琴を抱いた金髪の女が走り抜ける。非力な己を不安に思えば足が止まりそうになるけれど、共に来た彼らの声を背に聞けば、今は決して立ち止まれない!
 しかしながらマスカレイドとて、いつまでも翻弄されてはいない。乱れた陣を立て直そうと素早く動き、元より細い『希望の道』は今まさに途切れ、姿を消さんとしていた。
「兄さん!」
「往け、ユーリ!」
 止めず、迷わない【花啼く】の声。追うべき先に誰かが辿り着くため、春告げの唄・アルヴィ(c32493)は全力を賭してまだ幼さの残る声音で魔曲を紡ぐ。生まれ出でた幻獣の飛翔とほぼ同時、移り行く空色を映した戦装束に身を包まれた鳥曇・アサノア(c19009)が槍盾を頭上で繰りながら、道を塞ごうとする巫女ら目掛けて突撃した。【花啼く】総員の死力を受けて駆け抜けるのは、若草色の瞳に強い決意を宿した、エルフの唄歌いがひとり。
 踏み出した銀の剣に選ばれし騎士・ローラント(c00434)の足が、一瞬、鈍った。
 行けるかもしれない。だが、妻を置いていくことになる――胸を迷いが掠めた直後、もう、道は完全に閉ざされていた。分厚い女の壁が再び隙を見せることはないだろう。奪命剣を振り翳しながら、彼はもう見えなくなった仲間の背へ祈るような想いを向ける。
 敵陣を駆け抜け得た僅か20名に、勝敗が託された。

●神祇清浄姫アマニータ
「逃がしません……!」
 控えめに紅を塗る可憐な唇が、緊張に強張る声を吐き出す。
 群がるマスカレイドを弾き飛ばし、先陣を切って神祇清浄姫アマニータの膝元に辿り着いたのは、盾槍を正面に構える平凡な村娘・ステイベリー(c06588)だった。
 曇らぬ蒼穹を映す瞳はまっすぐにアマニータを見据え、歩みは滞ることもなく、駆け抜けた勢いのそのままに跳躍する。落下の勢いを加えながら盾を叩きつければ、清浄姫はくらりと眩暈を覚えたかのように片手の指を額に当てたが、それも一瞬。
 一瞬ではあるが、それは、後々に尾を引く一瞬であった。
「何してやがんだ、この愚図!」
 アマニータは苛立った声で取り巻きを怒鳴りつける。遅れて反応した配下の巫女らが彼女を守ろうと布陣の空白を狭めるように動くが、そのときはもう、薄荷緑の髪を風に靡かせて空を翔けた勿忘草・ヴリーズィ(c10269)が有象無象の隙を駆け抜けていた。
「遅ぇよ!」
 清浄姫の叱咤に応えて巫女のひとりが黒猫姿の星霊を呼び、娘に向けて神火を放つが、危険など、とうに覚悟していたもの。薄桃色の薔薇を咲かせる蜜色の扇を握り締め、肌を焼かれながらも焦茶の双眸は怯まず清浄姫を睨み返した。
「生憎だね。わたし、まだ死ぬわけにはいかないの」
 清廉なる魂も、天津神楽の希望も、決して穢させない。
 たとえ倒されても何度だって立ち上がってみせる。娘は苛烈な妨害を耐え忍び、招いた颶風により蓄えられた力をすべて解き放った。妖精の粉は清浄姫の取り巻きにまで広く降り注ぐ。
「残念ー。こっちだよッ……!」
 彼女に注意を向けていた巫女目掛け、唄猫・ユリウス(c06006)が魔曲を奏でる。
 若草の瞳からも今は常の緩い空気が消え失せて、声音からも冷えた不機嫌が滲み出るほど。
 討伐の結果に数を求め、送り出してくれた仲間を想い、加護を秘めた白の衣を翻し、彼が生み出したるは幻の怪物。正体のない獣は宙を駆け、抗う巫女の柔肌を喰い破る。
「あたしはね……」
 前を行く仲間が、道を切り拓けるように。
 清浄姫の側近を振り切り、清浄姫本人に牙を届かせるために。
「何より笑顔を守りたいのよ!」
 瞬閃・シェラジークス(c23193)が零したのは、悲痛なほど切実な叫び。
 銀糸の髪を乱しながらも赤の魔道書を開き、娘は不可視の衝撃波を繰り出した。
 天津神楽の都には、どれだけの笑顔が生きていただろう。どれほどのものが奪われただろう。
 都市の命運に意味を見出すばかりでもなく、『故郷を取り戻したいと願う心は救われるべきだ』という想いだけで、今、此処で、強大な敵に立ち向かい闘うには充分すぎる理由ができる。
 魔道書が示した導きに従い、機を逃さずに幼き夢はこの胸に・アーシェ(c04489)が動いた。
「清廉な人々の希望……返してもらうわ」
 薔薇が刺繍された聖衣に護られた娘は、深緋の瞳で静かに仮面の群れを見据える。手縫いのぬいぐるみを抱き、より術力を高めながら自らの血を媒介とする昏き獣を生み出した。力に導かれた猟犬の軍団は、吼え声も高らかにアマニータの取り巻きを蹂躙していく。
「火遊びは身を滅ぼす……貴様らには似合いの教訓だろう?」
 蒼の古びた外套を靡かせた鉄屑野郎・マリス(c16798)の胸元に、歪んだ徽章が鈍く輝いた。
 闘気の城壁を呼び起こした青年は、柔和な表情を崩さずに挑発めいた言葉を口にし、手傷を負った仮面の娘たちを重突進で迎え撃つ。
 神祇清浄姫アマニータの側近は、軍勢の中でも特に強力なマスカレイドで構成されていた。
 けれど、此処まで肉薄したエンドブレイカーから度重なる猛攻を受け、側近らの護りは次第に、着実に、崩れかけていく。
 眠る花竜・デメル(c03004)は鎖を編み込み、縹色の衣と合わせた戦装束にて守られた己が身を盾として、前線に切り込んだ。いずれ来ると信じていた敵首魁と刃を交える機会に、彼がすべきと定めていた行いは交戦する仲間の援護だった。
 邪魔が入らぬよう、周囲の取り巻きをひとりでも多く削る。
 青年は地を縮めるが如き歩みで側近の巫女に迫り、竜を帯びた拳を突き出しながら、たくさんの命を狂わせてきた黄金の月が此処で墜ちる結末を祈った。
「粋がってんじゃねぇぞ。イイ度胸してんじゃねぇか、糞餓鬼!」
 言葉とは裏腹に、アマニータは細い指先で優しく彼を手招いた。清浄姫の誘惑は青年の心より、精神に直接の、強烈な揺さぶりを掛ける。膝に込めた力が耐え切れず抜けていくが、敵に護衛が存在するように、こちらも後方から絶え間のない援護が飛ぶ。
 左手で額に掛かる深藍の髪を気怠げに掻き上げ、右手に天藍石の薄刃を連ねた鞭を提げ、冷たい双眸で敵味方を見定めた天蓋の屍狗・ライヒェ(c02963)は、前衛で身体を張る仲間に向けて星霊オラトリオの祝福を与えた。
 小さな掌を合わせて星霊が祈れば、削り取られた精神も、再び刃向かう意志を取り戻していく。
「……易々と摘ませるわけにもいかねぇだろ」
 足掻き続ける天津の民を思えば諦めなど邪魔なだけ。
 さあ、欲塗れの姫君が顔を歪ませる様を見てみようではないか。
 迎撃から転じた攻勢の渦中に身を置く華転凛・アヴィエラ(c15280)は、此処に導いてくれた仲間を思いながら誓約を紡ぐ高らかな凱歌により肩で息をする前衛を鼓舞していく。
 軍団を指揮する女は、近くて遠い、目に見える場所に居る。美しくも鋭い刀身を持った琴剣を掻き鳴らし、助けた命を思うほど、この地に終焉を招けはしないと女は戦意を確かにする。
 転じた攻勢から次は千載一遇の好機を得よう。
「大地の戒めを……」
 淑やかな声音は祈り捧げるように緑の罠を創り出す。
 長く伸ばした黒髪に星の輝きを飾り、天津風の舞扇を広げた豊穣の舞姫・マリーリナ(c20431)が、蔓草を奔らせて取り巻きの巫女から自由を奪い取る。奔放に振る舞うピュアリィよりも警戒すべきは、せっかく触れ得た姫君の傷を癒してしまいかねない彼女らの存在。
「ボクの本気を見せてあげますよ!」
 足並みの乱れた巫女らのもとへ空を求めて・ソラト(c33966)が飛び込んでいく。少年は北の空に輝く星の名を冠した、水晶飾り付きの斧槍を頭上で豪快に振り回す。まるで舞うが如き無駄のなさで旋風を巻き起こした穂先が柔らかな肉を切り裂いていく。
 手応えに反して、夜空のように青い瞳は強い警戒を湛えていた。囲まれているのは、こちら。
 数で勝る敵を包囲する間にもアマニータは逃げ果せてしまうだろう。それでも彼女の退路を塞ぎたいのなら、犠牲を覚悟で血路を開く他はない。

 完全に意識を失い、地に臥す者。清浄姫の魅惑に耐え切れず、心を失った者。
 後衛からは癒しの術も届かないほど傷ついた前衛の姿がよく見えた。
 胸の痛みを堪えながら、アルペジオ・ナテリアーナ(c13526)が春の香を運ぶ白檀の竪琴を爪弾いて紡ぎ出す楽曲は英雄を讃えるためのもの。もう支え切れない。食い止められない。
 不安に蝕まれながらも心の限り、女は後方から仲間を護り続ける。露払いとは行かずとも、彼らに降りかかる露を拭うため、力尽きるまで手を伸ばそう。
 尖柱・ベリル(c33353)は抱えた後悔ごと、暗青の魔鍵を握り締めた。
「ここからは、何があっても後に退かない……!」
 己の無力を思うほど、指先に篭る力は増した。如何な激しい戦禍に呑まれようとも、この滾るような想いを胸にどこまでも敵を睨み続けよう。黒の三角帽を被るエルフの青年は自らの血液を派手に滴らせ、漆黒の猟犬を生み出していく。
 真紅を纏う無数の影が柔肌を喰い散らかさんと敵味方の入り乱れた戦場を駆け抜ける。
「てめぇ……!」
 獅子の咆哮を響かせながら闘気を放ったラピュセル・アルトリア(c02393)を、決して狙い定めてではなく、本人にさえ訳を見出せないほどの気紛れさで清浄姫が攻撃する。誘うように触れんとする白く細い指先を、『勇気』で身を包んだ娘が掲げる『希望』の刃で受け止めた。まるで金属の噛み合うような、甲高い接触音にも掻き消しようのない、
「――今です!!」
 凛とした声が戦場に響かせた。
 仲間とは仲間だ。戦場に存在する、エンドブレイカーすべてが同胞だ。澄ませていた耳に仲間の声が届いたなら、機を合わせることも容易い。銀の髪を王冠で飾る騎士乙女へ、アマニータの注意が向いた僅か数秒で充分に事足りた。
 皚牙・オルテア(c11837)の腕から生えた蟷螂の鎌が、姫君の透けるような肌に朱を刻む。
「ッ……!!」
 息を詰まらせた清浄姫へ、冬空のような凍てついた眼差しを向けて女は笑んだ。
「どうした? ……怖いのかい?」
 逃がしはしない。
 挑発の言葉なら幾らでも注いで、求めるものは、生きとし生ける命に与えられる明日。そして、棘に身を窶した愚かな仮面の主には、無二の終焉をくれてやろう。

 可笑しい。
 何故、如何して、己を取り巻く巫女どもが盾の役にも立たないのか。
 神祇清浄姫アマニータの脳裏を様々な情報が交錯し、答えを出すことを憎悪が妨げる。

 当然、単なる偶然でもなければ、単なる幸運でもない。
 多くの戦士が力を尽くした連携の結果、敵本隊を突破して、神祇清浄姫アマニータに肉薄する戦場奥深くまで辿り着けた者がいたこと。
 恐れず怯まず、彼女の眼前に跳び込む覚悟を決めた者たちが、決意を行動に移したこと。
 前衛たちが上手く彼女に到達できず、取り巻きに阻まれていた間にも、後衛からの集中砲火が彼女を休ませず、強引に道を切り拓くだけの時間を稼げたこと。
 そして、早々に思考が暴走に囚われ、清浄姫の性質――傲慢ゆえの油断を増長させたこと。
 所詮、蹴散らされるだけが定めの命、幾ら寄せ集まったところでアタシに食い潰されるだけ。背を向けて逃げてやる必要などないのではと、女は逃走に全力を割きはしなかった。

 彼女はまだ気づかない。
 最初、撤退すべきと判断したはずの己が、まだ戦場に留まり続けている無為に。
 いつしか、そう仕向けられていたのだ、という310人の勇士が創り出した『流れ』に。

「憐れな……。倒すことで貴様を救おう」
 仮面を砕くは忍びの使命と、女物の装束を剥ぎ取ったアマキツネの・カケル(c05038)が言う。
 未来を信じて懸命に生きる民の心を知っている。彼らの想いに応えるために、取り零さぬために、運命より速く駆け抜けて此処に辿り着いた金髪の青年は月色の瞳に魔を宿す。
 敵意を映し返す、鏡の如き死招きの瞳がアマニータを射抜いた。
「がッ……」
 苦痛に憎悪を深める女の背に、鉈のような斧剣の十字斬が刻まれる。
「まぁ、アレだな。……俺はこの都市が気に入っててさ」
 激しい爆音の中、流離人・リッカ(c20850)は呟いた。無防備な成りに闘気を叩き込めたのだから、逃亡阻止のため、数手を犠牲にして背後を取れる位置まで移動した甲斐があるというもの。
 神祇清浄姫は望月のような煌めく瞳に爛々と燃える憎悪を燈し、接敵したふたりに手を伸ばす。
 指先で軽く触れるだけでも心を抓む、呪詛めいた魅惑は苦痛もなしに彼らの精神を削り取るが、その瞬間に狙い澄ましていた青年が、側近を掻い潜って神祇清浄姫の死角に身を捩じ込んだ。
 手折られた花・ジョシュア(c22256)は血色の瞳を緩く細め、薄い唇で、さようなら、と囁きながら女の肉に短剣の切っ先を滑り込ませた。
 深く深く刺した後、畳み掛けようと彼は仲間に声を掛ける。
 側近の群れを打ち破り、僅かな隙を突き、退路を塞ぐように立ち塞がる者たちがいた。
 道を塞がれた神祇清浄姫もその取り巻きも、当然、彼らから順に打ち倒そうと誘惑を仕掛けることは予想できていた。その危険な役割を臆せず担った者たちに費やす数手が、彼女の撤退を妨げる数十秒が、此処に来て大きな意味を持つ。
「糞虫どもがッ……!」
 アマニータが洩らす謗言を聞き、銀髪の娘がくすりと微かな笑みを洩らす。
「お里が知れますわよ、オヒィサマ?」
 黎旦の魔女・イリューシア(c00113)の血から生まれ出でた猟犬の軍団が、主の意思を汲み取るように細い首筋を喰い破るため天津神楽の大地を駆けた。
 触れなば落ちんという姫君の、馥郁たる味を、
「……教えて?」
 髑髏を乞う囁きは獰猛な吠え声に紛れて消えたか、それとも、
「貴様らァ……!」
 随分と頭に血が上った風情の姫君には届いていても聞こえていないか。
「……てめぇらみてえな塵風情に、アタシが――!!」
「迂闊でしたわね」
 軍勢を率いるマスカレイドの姫君は知らぬのだ。
 力を合わせる、ということの意味。
 涼やかな声音と共に、気高き薔薇の槍姫・ロゼッタ(c00618)が姫君の懐に跳び込んだ。一呼吸の間も与えずに繰り出したのは、自らの残像を伴うほどの超高速で放たれた斬撃。薔薇を纏う槍の穂先は、素肌を晒す神祇清浄姫アマニータの下腹に浮かび上がるマスカレイドの仮面を穿ち貫き、断ち割った。
「ア、……ア」
 アマニータの唇が最期に僅か震えたが、その声は言葉を生まずに途切れた。
 自らの肉より溢れ出した血溜まりの中へ、細い肢体がすべて失って頽れる。

 将が死んだ軍勢の掃討は容易かった。
 散り散りに逃げ延びた者もいるが、こうして神祇清浄姫アマニータ軍は事実上、壊滅したのだった。



マスター:愛染りんご 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
楽しい 笑える 泣ける カッコいい 怖すぎ
知的 ハートフル ロマンティック せつない えっち
いまいち
参加者:310人
作成日:2013/07/24
  • 得票数:
  • カッコいい110 
  • ハートフル2 
  • せつない1 
冒険結果:成功!
  • 生死不明:
  • なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。
 

<戦闘結果>

●Battle1(勝利!)


順位戦功点名前
1534平凡な村娘・ステイベリー(c06588)
2486獅子の瞳・ロムルス(c33503)
3440魔道書の錬金術士・サラス(c31760)
4421勿忘草・ヴリーズィ(c10269)
5408鵬狩・イド(c02478)
6400ヴォルケイノトータス・ペンペロン(c03137)
7398煉朱・カイン(c17183)
8383ドロッイイ・マーサー(c03527)
9379反転・クラウス(c12274)
10328銀月姫・ソレイユ(c13729)
11327幸せの四葉・マナ(c34244)
12315紅蓮鳳蝶・シャホン(c00357)
13311眠る光の歌声・リィンティア(c05773)
14287蒼き蠍火・ティファリス(c01468)
15265絶対零度・リゼリア(c34301)
16264夕宵マージナル・エリオット(c20830)
17263夜の鳥・エルドジェイン(c21672)
18249銀瓏の響狼・ラーナシェイラ(c00343)
19227冰霄・セラ(c07574)
20219アゾートアズール・キウ(c06943)
21190青花弁の冠・ロベリア(c11708)
22183カウボーイ・トーマス(c13595)
23181森の弓手さん・パトゥーシャ(c00347)
24160彩雲の巫女・ミスズ(c05739)
25156豪火拳乱・レイカ(c25430)
26155迅狼・リュカオン(c34679)
27149孤黒・アオイ(c25344)
28141チェルヴィエーロ・シルヴィオ(c05317)
29140猛る烈風・アヤセ(c01136)
29140止まぬ砂塵のたゆたう微笑・グルドヒェン(c02225)
31134サニー・デイ(c01039)
32133影冴ゆる・ヴィレム(c04539)
33104蒼空白雨・レオン(c04787)
3495希望奏でる演奏家・フォルティ(c10453)
3495赤毛の・エリーザベト(c22117)
3692玉兎詩人・ファーレン(c26768)
3791背き進む・ヴリトラ(c16787)
3889出不精エルフ・キアラ(c30325)
3985ワイルドブレイド・ルイ(c11460)
4084晴れの日も雨の日も・クロッカス(c18719)
4180光明の虎・リム(c11279)
4279朝焼の・アラン(c03669)
4279月の旅人・ステラ(c19796)
4472雪待天泉・ケイカ(c30158)
4559穢れ無き偽り・セナ(c31353)
4650花蝶・アンドラ(c11366)
4650汀の玄鳥・キアロ(c23453)
4844野太刀の懲罰騎士・イザボー(c33892)
4941錦の上に添う花珠・リンジュ(c10912)
5025春告げプリムローズ・エルザ(c34611)
5025光速闘士・ロビン(c34764)
5220マルハナ・イハナ(c34448)

●Battle2(勝利!)


順位戦功点名前
1681眠る花竜・デメル(c03004)
2572飄飄蒼空・キドー(c05202)
3561アマキツネの・カケル(c05038)
4440豊穣の舞姫・マリーリナ(c20431)
5407バーガンディランス・ティアナ(c01457)
5407うたかたの幻蝶・アーウィン(c02590)
7377回る世界の・ココカ(c07838)
8366紅衣の報復者・クウィル(c03503)
9363暁烏・キーツ(c06089)
10323斧剣使いの傭兵・レテイシャ(c04739)
11301戦うメイドさん・ヴィクトリア(c17185)
12299浮葉・ファルス(c09817)
13296炎剣の神楽巫女・ツキムラ(c00507)
14282志を繋げる館長・マーベリック(c15694)
15276自由神の神官・シュテラ(c03339)
16265灰皓の衛・エルンスト(c07227)
17259衛生兵・プラリネ(c21280)
18257銀灰・クニカラ(c01967)
19252陽だまりの中の笑顔・リィナ(c13285)
20245駆ける情熱・カルロ(c22554)
21238静謐の花筐・サクラ(c06102)
22227黒闃天雷・サクシード(c07006)
23221沈黙の奏演者・シルヴォ(c19708)
24219お前はイイ男になるんだ・カノー(c01650)
25211残念無双の・ソフィー(c28815)
26170風花舞・ボリス(c02797)
27160サイレントフリーザー・リリナ(c19783)
27160幸せに綻ぶ花の巫女・ミミ(c02229)
29156魔獣の暴風・カノン(c22918)
30148コインフェアリー・レプリコーン(c11649)
31140皎漣・コヒーレント(c12616)
32139蜻蛉・セイイチロウ(c08752)
33138銀牙狼・アルジェン(c02363)
34137泥濘の輪郭・アンブローズ(c00259)
35135響想・リシフィア(c16309)
36121棍の魔獣戦士・ミャム(c34040)
37112我欲の魔女・デザイア(c31354)
38109格闘系賢者・アヤカ(c34221)
39108遥碧・セレスト(c03512)
4094夜闇かげり・フォルセティ(c10850)
4181昊涯・レイン(c01239)
4280幸せを運ぶ唄・ヒカタ(c11770)
4376ガードナー・ソシエゴ(c14053)
4473森の奏・ジーナ(c17750)
4572花渉風・シャルロッテ(c13732)
4670星光の治癒士・ルミネール(c00275)
4766黒仔猫の魂・コヒナ(c31516)
4854ストロベリーイーター・ナナ(c01539)
4944ホーリーオーダー・アルトゥール(c01890)
5036漆黒ノ竜・リューウェン(c02487)
5129ピエロルフ・ジョン(c34177)
5217地精と歌い火精と踊る少女・キャロル(c22078)

●Battle3(勝利!)


順位戦功点名前
1586天蓋の屍狗・ライヒェ(c02963)
2518幼き夢はこの胸に・アーシェ(c04489)
3507尖柱・ベリル(c33353)
4469陽だまりの銀兎・フラヴィ(c14702)
5443空を求めて・ソラト(c33966)
6387遊踴・ユカラ(c03945)
7361宵闇胡蝶・ナオミ(c19629)
8311深淵のウロボロス・アザゼル(c00671)
9294鳥曇・アサノア(c19009)
10289穢死檻の巫女・シュプリムント(c25576)
11288真銀のトロバイリッツ・アルメイア(c02067)
12287キマエラ・ティイ(c05937)
13284唐紅の虎狐・ラサティ(c02695)
14264戯咲歌・ハルネス(c02136)
15259おねむ騎士・ミリア(c02694)
16237扇影衣香・ディーノ(c10899)
17235野太刀のソーンイーター・クリストファー(c00489)
18212黒百合の魔女・リリーエ(c10739)
19211瑠璃の烈槍・シキミ(c23537)
20195儘色カンターテ・ティコ(c16378)
21191千夜一夜・モルティ(c10075)
22179蜂密ヴァニラ・イチハ(c26152)
23178久遠に咲く霜花・ムーンリル(c31040)
24172華節陽伯・スイエン(c25289)
25169虚空の女神・アテナ(c34652)
25169禁縛闇鎖・クロガネ(c25261)
27168緑のにゃんこ・シーナ(c16953)
28162黒爪の魔獣・フク(c01617)
29159夕月の魔晶・ノーチェ(c32030)
30152蒼穹の降石・ジルフラウ(c14422)
31151白の魔道士・ソフィア(c01661)
32135神の依代・ルリ(c12059)
33127踏月の鞠・セヴィティア(c10623)
34121斑雪・ヴァシュバル(c00371)
35117慈愛の女神・メティス(c34653)
36105双翼の歌姫・フィアナ(c05484)
36105魔道書の神楽巫女・ヴォイス(c34071)
38101鳴弦の巫女・アサキ(c07497)
3993朱色の燎歌・シノ(c25218)
4090大樹の音律・フェイラン(c03199)
4189紅蓮猫の焔巫女・サラ(c27143)
4275ゆめうつつ・ラクス(c28637)
4373豪炎の妖精騎士・バーン(c33567)
4470蒼い薔薇の茨姫・ヘイゼル(c20389)
4470ガールズコンフリクト・ユリカリディ(c33727)
4668ナイチンゲールの影・アリア(c32801)
4767棘食系女子・カルメン(c29082)
4862女神の踊り手・ミューティア(c10454)
4960砦姫・クリームヒルド(c21306)
5049鞭の魔曲使い・アイシア(c12564)
5134ドライ・エステラ(c22289)
5222解放されし光と闇の力・テオス(c34642)

●Battle4(勝利!)


順位戦功点名前
1806気高き薔薇の槍姫・ロゼッタ(c00618)
2538鉄屑野郎・マリス(c16798)
3519銀の剣に選ばれし騎士・ローラント(c00434)
4497黎旦の魔女・イリューシア(c00113)
5408流離人・リッカ(c20850)
6351クロム・ベルワルド(c09209)
7340昏錆の・エアハルト(c01911)
8328一色・カンロ(c03786)
9327クロゥバの遁走・カルトゥロワ(c05984)
10322しろうさ・エリシュカ(c16247)
11314可惜夜・ヴィオラ(c07939)
12288流浪せし轟刃・シエル(c27443)
13273ブラックラック・バラノラ(c13473)
14267ハイドラハルス・アスール(c13470)
15261酔月・ユーグ(c12503)
16260銀陽狐・シキヤ(c01155)
17229幽星の黒獅・イスラティル(c03535)
18227アリアドネの糸・リヴァル(c00237)
19216北天の瞬き・シェダル(c15973)
20194ムーンブレイドの錬金術士・ルナリスティア(c32806)
21187朱華の綱拳・メアリー(c13758)
21187花暮・ハル(c02018)
23183万里流浪の義士・イーグル(c32873)
24181気まぐれ春風・カプリス(c01381)
25167夜紫の星巫女・エミリー(c21297)
26162風を抱く・カラ(c02671)
27149斧の城塞騎士・フラン(c00997)
28134藤弦の楽師・シリル(c03560)
29130花の紋章士・サングリラ(c34638)
29130水紗のアウロラ・ニニカ(c12461)
29130天陽の翅・クロード(c03380)
32129菩提樹の檻・シェイド(c18863)
33127優しく奏でるは妖精組曲の音色・エリーゼ(c06134)
34122太刀影・マキシム(c08141)
35119断刃の巫女・フミ(c31236)
36104雪華の祈り巫女・レイア(c03046)
37102雪豹の魔女・カアラ(c06401)
3897虚構のレセフェール・リーベル(c05754)
3994怨憎真紅・シャルル(c00340)
4087夢見の鉱石・フォルトゥナート(c04323)
4184蒼海の獅子・リオン(c34220)
4281宵衣の光杖・クール(c12439)
4380赫赫たる鎧の傭兵・ライール(c34618)
4478奏燿花・ルィン(c01263)
4571絶壁冥土・アリッサ(c05846)
4670誘い奏翼・ユキ(c06883)
4762終着駅を探す涼風・レヴィア(c00515)
4762冒険商人見習い・シルフィーナ(c31269)
4947尋ね人・ミレディー(c31833)
5039至天狼・ユスト(c02236)
5128竪琴の魔想紋章士・ペシェ(c34768)
5223アップルバスカー・マニート(c13989)

●Battle5(勝利!)


順位戦功点名前
1636陽若竹・ランシェ(c00328)
2579ラピュセル・アルトリア(c02393)
3451手折られた花・ジョシュア(c22256)
4436瞬閃・シェラジークス(c23193)
5414唄猫・ユリウス(c06006)
6405翠のアルケミスト・ソフィア(c05236)
7379吉凶天現・ミソハ(c31436)
8372春告げの唄・アルヴィ(c32493)
9366人魚の踵・ファラーシャ(c29228)
10342蒼穹を翔る風・ランディ(c04722)
11339フレイムソードの神楽巫女・タイガ(c25304)
12333華帯月・ガルデニア(c11349)
13325破竹円舞・デイジー(c05482)
14274朱華炎刃・シャーリー(c28829)
15265夜来香・ヘミソフィア(c03151)
16251幽宴の昏・ネマ(c01067)
17238黒衣の怪盗・レモン(c03906)
18226逐慕の靴・シュネカ(c14183)
19221紅葉小町・キヌ(c31085)
20218銀冷・デディリア(c05291)
21214悪魔憑き・フィーネ(c00324)
22184獅子星・ウセル(c00535)
23179菜園の守り人・バジル(c12095)
24155楽観視の狩猟女・ヴァルディナ(c14802)
25148自分に正直な男・マルテル(c16131)
26147オンリーマイウェイ・リート(c03448)
27144ブランクリーチ・クロフ(c05769)
28140陽翠・テッラ(c21259)
29129星光グローリー・イルミナ(c31460)
30127砂上氷閣・スュール(c20460)
31123摩訶鉢特摩之武芸者・ヤナギ(c05699)
32120オンディーヌ・グレイス(c02542)
33106勇猛可憐なお嬢様・アーティリア(c01494)
3495星を探す娘・ナージャ(c02152)
3592朱い小鳥・セシリア(c03521)
3592荒野の復讐者・リネット(c22322)
3786奏翼の慈雨・アマネ(c25591)
3883黒衣の妖精・イリス(c21278)
3975潤雨奏月・ナガツキ(c02096)
4071流天武商・ウル(c02973)
4168宴会好きの破戒坊主・エンカイ(c29015)
4257想花落月・ダスティン(c34603)
4349静穏の祷り・フォシーユ(c23031)
4448モルペウスの鞴・シュラム(c33795)
4543蒼嵐の騎士・セルティア(c01165)
4636吼える事無き獣・ビービー(c27453)
4732幸せのひまわりを求めて・ミュア(c30575)
4830黒犬・マードック(c04042)
4920槍の懲罰騎士・エルバッキー(c34759)
5019ハルバードの魔獣戦士・カーフ(c23454)
518アイスレイピアの魔法剣士・クロロ(c11344)

●Battle6(勝利!)


順位戦功点名前
1613閃光の・エクレール(c02687)
2548華転凛・アヴィエラ(c15280)
3542皚牙・オルテア(c11837)
4485アルペジオ・ナテリアーナ(c13526)
5427眩暈の尾・ラツ(c01725)
6349白狼紅盾・ライナス(c03263)
6349放浪魔女・ネヴァ(c16364)
8338白雪に紛れし小花・ユーリ(c30911)
9323凶兆の大鴉・アリアレート(c20865)
10282雪葬・アルフレート(c08186)
11269嵐鳴アンブレラ・シンファ(c11921)
12261銀の腕・ヴァレイシュ(c13222)
13259黄金の鍵・ティーノ(c25114)
14250着せ替えデモニスタ・イングリッド(c04935)
15226春の詩篇・マリア(c12111)
16224氷砕狂華・ベティカ(c24206)
17214キララ・サヤ(c23230)
18203白緑・アルトゥール(c01240)
19181青空を彩る向日葵の詩音・ヒナタ(c25486)
19181魔法鎧の半身・サリー(c34219)
21179仄闇・ゼン(c13375)
22166朱華の・ユェン(c25290)
22166愛妻家の鍛錬魔・ザディ(c14803)
24143先駆ける翠華・ファラーナ(c11114)
25140風の騎士・ルーン(c08411)
26134幻虹陽炎・アゼル(c02796)
27124乙女チックなロマンス・フェンネル(c17578)
28114食欲業を制す・アニー(c19876)
29112翔る疾風・セナ(c02046)
30111光輝の天誓騎士・セレスティ(c20907)
31109愛と正義の使者・フタヴ(c31192)
32104ジギタリスの花の鈴・ピアナ(c05698)
3399陽凰姫・ゼルディア(c07051)
3495白銀の闇・ルミリア(c02918)
3589祀火の覡・ラグナ(c05813)
3687皇火の導き手・プラム(c00976)
3784花老陰伯・エンシ(c25291)
3880空蝉・オトマル(c34554)
3979エアシューズのスカイランナー・カミカゼ(c34701)
4075水鏡の虹・ロータス(c01059)
4173超弩級肉体派錬金術士・ダリウス(c26110)
4173光の道を歩む鍵・タンゲット(c17858)
4369白嵐の騎士・ウインザー(c31995)
4369主亡き豪剣・ジェス(c34667)
4568アイスレイピアの魔法剣士・エミリア(c13709)
4657藍紫陽花・エミール(c09509)
4753自称サムライのサーヴァント・マテラ(c01955)
4753鎖夜蝶・キト(c34274)
4950アイスレイピアの魔法剣士・ティリス(c05649)
5038桃宮・ロイ(c31056)
517暁の巫女・アマテラス(c34767)