ステータス画面

ゼルフォニア沖海戦:トゥインクルエンジェル

<オープニング>

●空を輝かせ、飛び回る天使たち
 勇士号による、燦然鉱脈ゼルフォニアに向けた船旅は驚くほどに順調だった。
 何度か偵察や哨戒に来たマスカレイドはことごとくラズワルドの手によって屠られており、もしこれから多くの軍勢で攻めてきたとしても、多少のことでこの船足を止めることはできないだろう。
 障害もなくゼルフォニア沖に辿り着いたエンドブレイカーたち。
 しかし、目的のゼルフォニアの城壁が光輝き、空に向かって無数の光が放たれると、
「このまま、ゼルフォニアに上陸できればと思ったが、そうもいかないか……」
 勇者ラズワルドは、その光の群れに表情を険しくした。
 ひときわ大きな光は奇怪な人型をした怪物であり、周囲の光の玉は、金属でできた天使型のマスカレイド。間違いなく大魔女スリーピング・ビューティの放つ刺客だろう。
「燦然光獣・レイレギオか、厄介な相手だ。燦然鉱脈ゼルフォニアの守護獣は『ゼルフォニア鉱の反射器』の効果を無効にする能力がある。戦って勝てないわけでは無いが、この船が破壊されてしまえば、大魔女を打ち勝つ事は不可能となるだろう」
 つまり、あのマスカレイドたちは勇士号の護りを頼らずに倒さなければいけないということのようだ。
 そうしている間にも天使型のマスカレイドたちは勇士号の上空に近づいてくる。
 文字通り、水際での戦いが始まろうとしていた……。

●飛来する天使たち
「現在、勇士号は燦然鉱脈ゼルフォニアの沖まで移動しています。ですが、ゼルフォニアから勇士号に向けて敵がやってきており、その敵はゼルフォニア鉱の効果を無効化してしまうため、このままでは勇士号が危険な状態となります」
 翼の魔法剣士・フィール(cn0051)は簡単に状況を整理し、
「というわけで皆さんには、このマスカレイドの侵入阻止の協力をお願いします」
 集まった仲間たちに作戦概要の説明を始める。
「みなさんに討伐いただきたいのは、上空から急降下して森に潜み、隠れながら密かに中枢を目指す2体の天使型マスカレイドです」
 フィールが指し示した位置は、勇士号の中央付近の森の奥のほうだった。
「彼らは燦然天使ゼルフォニアの影響を受けて生まれた存在で、全身金色の金属でできています。その翼は、燦然光獣・レイレギオのエネルギーを受けて飛行して行動する事ができる『燦然光翼』という特殊装備です」
 この特殊装備により、天使は飛行して移動する事ができるようだ。
「彼らの目的は私たちの殲滅ではないので、飛行中に攻撃して来ることはないでしょう」
 むしろ、彼らは戦闘をなるべく避けようと、エンドブレイカーを見たら逃げようとする可能性のほうが高い。
「とはいえ、中枢を目指すための道は限られていますから、そこを抑えれば問題無いとは思います」
 気をつける点は、とにかく見失わないことだろう。
「相手の突破を許さない事が重要です。また、マスカレイドが中枢への侵入を諦めた場合は、地上に降りてきて皆さんに襲いかかってくるでしょう」
 彼らはエンジェリックウィングのアビリティや、天使らしいアビリティを使うようだ。
「また、燦然光獣・レイレギオは全長40mで空を飛んでおり、自分の周囲にあらゆる攻撃を無効化する強固なエネルギーフィールドをはっています。これは攻撃だけをはじくので、飛行してフィールドの中に入ってしまえば、攻撃は可能です」
 逆に言うと、飛行していかなければ攻撃することはできないということになる。
「また、1ターンに1回だけ『攻撃のダメージを無効化』する能力もある為、一対一の戦いでは、勇者であっても倒すことは絶対にできません」
 さらに、そのありあまるエネルギーで天使型マスカレイドに飛行能力を付与する事ができる、五将軍や勇者に次ぐ大魔女軍の決戦兵器……というのが、レイレギオの能力の全貌だった。
「レイレギオに関しては当面勇者ラズワルドが単騎で足止めをしてくれますが、その特殊能力のためにダメージを与えることはできません」
 それならばどうするべきだろうか? とエンドブレイカーたちの頭のなかに疑問符が浮かぶ。
「そこで、我々は、『天使型マスカレイドを撃破』して、天使が使用していた『燦然光翼』を奪って身につけることで、空で戦っているラズワルドを助けに行く事ができるはずです」
 つまり、天使型マスカレイドを撃破できればその人数だけ、ラズワルドを救援に行くという流れになるわけだ。

「もしここでマスカレイドを食い止められないと、最悪勇士号が破壊されて航行不能になり、ゼルフォニアへの道も閉ざされてしまうでしょう」
 フィールは小声でつぶやくようにそういってからその言葉を否定し、
「いえ、みなさんの頑張りでそんなことにはならないと私は信じています。そうやって、ここまで来たのですから」
 にっこり微笑んで激励した。


マスターからのコメントを見る
参加者
犀角の諸刃・ロスチスラーフ(c02291)
堅盾・ペンペロン(c03137)
翠風の槍騎士・ラチェット(c06014)
代行者・ボーン(c10145)
柔颶・アイル(c11507)
戦神の小さな白い修道女・マイリーノ(c16604)
狂気の天秤・ヒム(c16638)
天猛星・アゼル(c21551)

<リプレイ>

●天使が舞い降りる
 金色に輝く天使たちが勇士号の上空を飛び回る。
 一見楽しいお祭りのようなきれいな光景に見えた。だが、彼らの正体はマスカレイド。勇士号の破壊を狙って放たれた刺客なのだ。
 エンドブレイカーたちは彼らを迎撃するため、それぞれ周囲の森に溶けこむような色の服をまとい、お互いが見える程度の距離で二手に分かれて森の中に身を隠す。
(「奴らの様子はどうだ?」)
 事前に決めたハンドサインで上空の様子を尋ねる大柄な男性、犀角の諸刃・ロスチスラーフ(c02291)に、
(「変わりないみたいだぜ」)
 天猛星・アゼル(c21551)は空を見上げて敵を見張る仲間の様子を確認してハンドサインで返し、
(「網とかロープ、敷き終えたよ」)
 ロスチスラーフと2人で周囲に足止め用の罠を敷き、少しでも追いかけやすいように準備を進めていた柔颶・アイル(c11507)は支度が万全であることを皆に伝える。
(「勇士号はもう、ボク達の家みたいなものだからな。終焉に抗い、希望と未来を繋げるこの場所を、何としてでも守ってみせるぞ!」)
 翠風の槍騎士・ラチェット(c06014)は音を立てないように息を潜め、けもの道を挟んで反対側に潜む仲間たちに視線を向けた。
 その先では堅盾・ペンペロン(c03137)が木の上に登り、空を見上げて天使たちの動きを監視を続ける。
「またペンペロンさんとご一緒出来て心強いです♪」
 そんな彼と旧知の仲で、昔はよく遊んでいた戦神の小さな白い修道女・マイリーノ(c16604)は嬉しい気持ちを思わず口にしてしまう。
 慌てて口をふさいで木陰に身を隠す彼女に、ペンペロンは笑顔で大丈夫。気づかれていないとサインを送った。
(「敵の決戦兵器ももうそんなにないだろうし、ここを乗り越えれば!」)
 狂気の天秤・ヒム(c16638)は長く続いたマスカレイドたちとの戦いがついに終わりを迎えそうであることを感じながら、自分で描いた地図を再確認して、マスカレイドたちの状況から動きを予測する。
 マスカレイドたちは上空でふわふわと舞いながら少しずつ近づいてきているようだった。
(「早めに森の中に潜んで来るかと思っていましたが……」)
 代行者・ボーン(c10145)は巧みに身を隠しながら空を見上げ、ほぼ真上の位置にまで達した彼らを目で追いかけ、
(「奴らも何者かがいるとわかれば森に潜みそうなものだがな……」)
 ペンペロンはそう考えたところではっと気づく。
(「そうだ。もし俺たちの姿を確認できず、『誰もいない』と思っているならば……」)
 森の中を進むのは見つかりにくいが、それだけ森にいる敵に見つかる危険もある。
 もし、自分たちが警戒されていないと思ったなら……
「出来る限り中枢に近づいて、一気に入り口に突入しようとするはずだ」
 既にマスカレイドたちは中枢への入り口から少し離れて陣取っていたエンドブレイカーたちを少し通り過ぎ、降下の準備に入っていた。
「どうやら、一気に降下するみたいです。着地点に急ぎましょう」
 ボーンは仲間たちにマスカレイドの動きを伝えると、
「急ぐぜ。着地したところを、叩く!」
 ペンペロンは素早く木から飛び降り、先陣をきって駆け出すのだった。

●突破を防げ
「ここから先は通行止めだ」
 森の中へ急降下してくる天使2人に向け、ペンペロンは猛ダッシュで距離を詰め、そのうち1体に対して盾で強打を放ち、地面に叩きつける。
 叩きつけられたマスカレイドを案じるようにもう1体のマスカレイドが駆け寄ろうとするが、
「早ク、行ケ!」
 マスカレイドは倒れたまま翼を大きく広げ、ペンペロンの後ろから続々と追いかけてくるエンドブレイカーたちに向けて神々しい光の束を無数に放って牽制した。
「……無事デ!」
 もう1体のマスカレイドは後ろを振り返るのをやめて先に進むことを選択する。
 とっさの判断で二手に別れれば、どちらを追いかけるか迷って時間を稼いだり、手薄になった側が突破しやすくなるかもしれない。
「そうはさせないぞ!」
 しかし、エンドブレイカーたちはその状況も予測して、ラチェットが迷わずに先へ進もうとするマスカレイドを追撃し、他の仲間たちも予め決めていたチームごとに行動し、ロスチスラーフ、アイルとヒムは彼女に続いてマスカレイドを追いかける。
「さあっ、みんなの闘志、私の歌で奮い立たせて下さい♪」
 マスカレイドと4人の仲間たちの姿が見えなくなると、マイリーノは力強い歌声で元気に戦歌を歌いはじめ、
「あたしたちも負けられないぜ」
 アゼルは巨大なハンマーを持ち上げてマスカレイドを正面から見据える。
「これより神罰を代行する……!」
 いつの間にかマスカレイドの後ろに回り込んだボーンはそう言うと先ほどのマスカレイドの攻撃と同じように漆黒の翼を広げ、散らせた羽根を禍々しい光の束に変え、それを無数に放って攻撃を開始した。
 一方、中枢に向けて強行突破を図ろうとするマスカレイドを追いかけるチームは、翼を使って低空飛行しながら懸命に飛ぶマスカレイドとの距離を少しずつ詰めていく。
「まずは動きを止めないとやね」
 アイルはそう言って走るのをやめ、ソードハープを掲げると、ゆったりとした曲を奏でながら歌を歌い始める。
 その聞き流すことができないほどに美しく、優しい歌声はマスカレイドの耳から心を侵食していく。
「今だっ!」
 そしてわずかに動きが鈍ったところをラチェットが全速力で追いつき、抱きつくようにタックルして走りを止めた。
 マスカレイドは翼を広げ、上下左右に彼女を振り回しながら引き剥がそうとするが、
「無駄な抵抗はやめろ」
 ヒムが創世神の紋章から力を引き出し、マスカレイドの翼に激しい衝撃を与え、その間に追いついたロスチスラーフがアックスソードを翼の根元に振り下ろし、楔をうつように叩く。
 そして、マスカレイドがラチェットを振りほどく頃には4人で前後左右を取り囲み、逃げられない状況を作って波状攻撃を開始するのだった。

●天使の翼を斬り裂いて
 天使型マスカレイドたちを分断し、それぞれ4人で包囲することに成功したエンドブレイカーたち。
「我も翼の扱いは慣れている。汝の攻撃パターンは看破した」
 相方を逃そうとしたマスカレイドは天使の翼を使った攻撃を繰り出すが、同じような攻撃を得意とするボーンがその攻撃をいなし、
「神の焔……受けて頂きましょうか」
 光線上に収束した黒炎で天使の体を串刺しにしようとする。
「……ッ!」
 しかし、マスカレイドも白く輝く炎を手のひらに集め、黒炎を打ち消すように手をかざす。
 ボーンの黒炎は非常に強力ではあったが、マスカレイドの放つ炎も引けを取らず、お互いの炎は打ち消し合うように消滅した。
「やりますね……」
 ボーンは強敵の手応えに口元に笑みを浮かべる。
「休ませません♪」
 しかし、その間にマイリーノの元気な歌声から生み出された幻獣がマスカレイドに襲いかかり、
「後ろががら空きだぜ」
 アゼルは重いハンマーを軽々と上下させ、回数を数えることができないほどの速さでマスカレイドの背中に叩きつけ、確実にダメージを与えていく。
 それに対してマスカレイドは積極的に反撃はせず、守りを固めながら強力な攻撃をいなしつつ立ちまわる。
(「守りを固めて時間を稼いでるつもりだろうな。……ただ、このまま終わると考えないほうが良さそうだ」)
 ペンペロンは盾で相手の弱点に的確な攻撃を仕掛けつつ、油断せずに敵の動きを注視した。
 その頃、中枢の方へ突破を図ったマスカレイドに追いつき包囲した仲間たちは、マスカレイドの動きを封じ、戦意を削いで行く。
「こういうのはどうだ」
 ヒムの描いた紋章がマスカレイドの体に貼り付いて恐怖と絶望を呼び起こして侵食していき、
「逃がしはしない」
 ロスチスラーフのアックスソードがマスカレイドの脚を砕き、続けてラチェットが盾の上から踏みつけるように押し潰し、マスカレイドはその場に膝をついて倒れた。
「悪いけど、おれたちも譲れないんよね」
 息を荒らげて抵抗を続けようとするマスカレイドに追い打ちを掛けるようにアイルの心を震わせる歌が敵意を奪う。
「……ヤダッ!」
 マスカレイドはアイルの歌による誘惑を耳をふさぐようにして首を振って振り切って囲みを破ろうとするが、ヒムの描いた騎士の紋章から現れた麗しの騎士の斬撃がその翼を捉え、
「この一撃で動きを止める!」
 マスカレイドが怯んだ隙を突いてロスチスラーフが放つ斜め十字の斬撃が両肩を斬り裂くと、ラチェットが雄叫びをあげながら放つ槍撃がマスカレイドの胸を貫き、その勢いでシールドスピアを地面に突き立ててマスカレイドを叩きつけ、彼は甲高い叫びを上げながら絶命した。

●次なる戦いへ
 もう1体の天使と戦うエンドブレイカーたちも、相手を追い詰め、勝利を目前に見据えていた。
「裁きを……!」
 漆黒の炎を拳にまとい、ボーンが必殺の念を込めてマスカレイドを殴りつける。
「……!」
 だが、マスカレイドは傷つきながらもその攻撃に反応し、ボーンの拳を手のひらで受けると、白い炎で拳を押し返す。
 至近距離での炎の刺し合いに両者無傷では済まず、ボーンは手に感じた溶けるような熱さと痛みに耐えかねてマスカレイドから離れ、マスカレイドも手に激しい火傷を作る。
「大丈夫!まだ戦えます♪」
 すかさずマイリーノの勇気を与える行進歌がボーンの痛みを忘れさせ、傷を癒していく。
「ここまでカ……」
 それに対し、それまで守りを固めて時間を稼いでいたマスカレイドはそうつぶやくと、一転して激しい動きを見せ始める。
「やはり来たか。そろそろ限界なんだよな?」
 ペンペロンはそれも予想済みという顔で一旦後ろに大きく飛び退き、マスカレイドの前方に大きな空きスペースを作る。
 すると、マスカレイドはペンペロンを避けて囲みを突破しようとそのスペースに駆け込み、更に外へと駆け抜けようとした。
「ここから先は通行止めだと……さっきも言ったはずだぜ」
 しかし、それは全てペンペロンが予測し、仕掛けた罠だった。
 ペンペロンはマスカレイドの上から盾を叩きつけて激しくぶつかり、真下の地面に叩きつける。
 マスカレイドは慌てて起き上がろうとするが、
「これで、終わりだぜ」
 それよりも早くアゼルの渾身の力をこめたハンマーが力強く振り下ろされ、マスカレイドは地面とハンマーに挟まれ、ぺしゃんこになって力尽きた。
 それと同時にマスカレイドがつけていた翼が光に溶けるように薄れていき……アゼルの背中に翼が生える。
「お、これが燦然光翼ってやつじゃねぇの?」
 アゼルは自分の意志で翼を動かしながら、空を飛べるかゆっくりと確かめる。
「戦神のご加護が有りますように♪ 頑張って下さい!」
 マイリーノは明るく微笑むと楽しい歌を歌い始め、アゼルに勇気を与え、
「仕方ありませんか。お願い致しますよ」
 ボーンは翼を得られなかったことを少し悔しそうにしながらも、癒しの方円で彼女の傷を癒やす。
「そっちも無事終わったみたいだな」
 そうこうしているうちにラチェットが翼を広げて滑空しながら合流し、
「そちらはアゼルが翼を取ったのか。頑張れ」
 ヒムはアゼルの姿を見て激励する。
「2人とも、勇士号を守ってくれ!」
 ペンペロンも空に舞い上がり、出発しようとする2人を微笑んで応援すると、
「勇士号はペンペロンさんの子供だものな……」
 というアイルの言葉に笑みを浮かべると、新たな戦いに向かう2人を見送るのだった。



マスター:きゅう 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
楽しい 笑える 泣ける カッコいい 怖すぎ
知的 ハートフル ロマンティック せつない えっち
いまいち
参加者:8人
作成日:2015/01/23
  • 得票数:
  • カッコいい4 
冒険結果:成功!
  • 生死不明:
  • なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。