ステータス画面

海の冒険:白き水竜、曰く。ねー構ってよーねぇー構って構ってぇー

<オープニング>

●じたばた
「うんと、ね……なんでも、この辺には水竜様って言うのがいるらしい、です」
 寄り添う真白・リゥ(c05591)はおどおどしく口を開く。
「水竜と言っても、白くて大きなウミヘビなんです。が、年に一回、陸に上がって暴れるらしいんです」
 水竜さんは遊んでもらいたいだけのようですけど、ね……と、リゥは少し困った顔で話した。
 つまり、水竜様というのは『白いウミヘビの巨獣』で、年に一回、海から陸に上がっては遊んで遊んでーと暴れ回るのだ。ご自分の大きさがもたらす危険度を考えることなど、無垢な子どもが蟻を追いかけ回すかのように考えていないだろう。
 かといっても、遊んで欲しいだけの水竜様を倒すのは、あまりにも罰当たりではないだろうか。水竜様というウミヘビの巨獣と戯れる機会……このような機会は滅多に訪れないだろう。
 そういうわけで、このリゥちゃんの発見した、はた迷惑な水竜様と遊んでやろうではないか。

 場所は辺境の海の浜辺、そこで水竜様は構って構ってーとじたばたしている。行動は可愛いが、その大きさがもたらす迫力はスペクタクルに満ちている。水竜様壮大可愛い。
 まぁ、死ぬことはないだろう。死ぬことはないだろう。重要なので2回言いました。
 水竜様は賢いので、遊んでくれるとなれば多少の意思疎通は可能だ。くわえてもらって海へ放り飛ばされたり、頭から尾へ向かって滑ったり、振り回される尾に捕まったりして極限のスリルを味わうのもいい。まぁ、死ぬことはないだろう。
 基本的に水竜様は気性が大人しいので、構ってあげればすぐに懐いてくれる。後は水竜様の気が済むまで遊べば万事オーケーだ。何時気が済むのが分からないが、スペクタクルな遊びほど水竜様の気もスペクタクルに満足すると思う。

 8月29日の海イベントへ向けて、エンドブレイカー達のスペクタクルに溢れた大遊びが始まろうとしていた。
 果たして、どんな冒険になるだろうか。まぁ、死ぬことはないだろう。


マスターからのコメントを見る
参加者
アルストロメリアの騎士・エシラ(c00097)
アクセラレイター・ナハト(c00101)
眠る花竜・デメル(c03004)
始まりの橙花・ルクティ(c05566)
寄り添う真白・リゥ(c05591)
狐疑逡巡・シュゼット(c06355)
空想の隷嬢・クニークルス(c08070)
小さき白鬼は女子らしくて・コオニ(c08524)
扇の魔曲使い・ファルス(c09817)
ランドリーメイド・ティラミス(c12290)

<リプレイ>

●じたーんばたーん
 青い空、白い雲、そして広がる青い海!
 戦神海峡アクスヘイムの外にはそんな光景が広がっていた。都市国家は広いけど、都市国家の外はもっと広かったのだ。
 アクスヘイムの外からやってきたエンドブレイカーの中には、この光景を見たものはたくさんいたであろうが、そうでない者にとってはこの光景はとっても新鮮だろう。
 始まりの橙花・ルクティ(c05566)も例外ではない。アクスヘイムの下層で過ごしてきたという彼女は体が弾けそうなほどに気分が高揚していた。
 それは、きっと恐らく眼前に広がる白い砂浜――でじったんばったんしている水竜様が視界に入ったというのもあるかもしれない。
「わぁ、水竜様かわ……でかっ!」
「わーお、水竜様スペクタクル可愛い! 私たちとあっそびましょーい!」
 イヤッホォーウと飛び跳ねながら水竜様へ向かっていくアルストロメリアの騎士・エシラ(c00097)。その隣でエシラの言葉に頷いて、なるほど壮大可愛いと納得する眠る花竜・デメル(c03004)。
「ふふ、水竜様と遊んでもらうんだー」
 水竜様の話を発見した寄り添う真白・リゥ(c05591)はぽやぽやした表情で水竜様を眺める。頭を撫でたいし仲良くしてねって言いたいし、スペクタクルに遊びたい! そんな気持ちは心の内から外へとだだ漏れしてファンシーな花びらがリゥの周囲に浮かんでいるように見えた。
 テンションの上がる面々であったが、唯一人、広い海を見て冷や汗がだらだら流れる少女がひっそり。狐疑逡巡・シュゼット(c06355)という名のカナヅチである。
 どうやら水竜様と遊ぶことで頭がいっぱいで、場所が海であると言うことをすっかり失念していたようであったが、誰もそんなシュゼットを気にしていなかった。
 水竜様をもう一度見ると、今度はじったんばったんするのをやめてゴロゴロ転がり始めた。ああっ、砂浜が均されていく! じたばたした後が消えていく!
「大きな見た目に反して、随分可愛らしい水竜様でございますね! 是非とも仲良くなりたいでございますね!」
 普段のメイド服から一転、水着着用の上からシャツを着ているのはランドリーメイド・ティラミス(c12290)でございます。
 ちなみにティラミス以外にもリゥとかエシラとかシュゼットとか、空想の隷嬢・クニークルス(c08070)とか、小さき白鬼は女子らしくて・コオニ(c08524)とか、扇の魔曲使い・ファルス(c09817)とかも水着着用の上にシャツやパーカーを着ている。水竜様と遊ぶ際にポロリを防ぐ為だそうだ。残念なこと非常にこの上ないが、まぁ死ぬことはないだろう。
 ちなみにコオニは男の子であるが、男の娘でもあるので何ら問題はない。さらにデメルもアクセラレイター・ナハト(c00101)も上からシャツを着ているので全く問題はない。

 面々は水竜様へ駆け寄ると、昂ぶる心を押さえ込みつつもまずは挨拶。
「水竜様、俺ナハトっての、よろしくな! 今日は俺達と一緒に遊ぼー!」
 まずはナハトが元気の良い声で水竜様へご挨拶。ごろんごろんしていた水竜様は急に動きが止まると、のそのそとした動きでつぶらな瞳をこちらへ向けた。
「水竜様ー!! お初にお目に掛かりますー!! わたくしはティラミスと申しますー!! 一緒に遊んで下さいませー!!」
 ティラミスも負けじと大きな声で水竜様で挨拶する。それに続いて挨拶をする面々を見て、水竜様はぽかーんとしていたが。
 うるっ。
 涙目になる水竜様。遊んで貰えることが相当嬉しいようだ。頭を砂浜につけたので、デメルはそっとその頭を撫でる。
「デメルと言うよ、今日は宜しくね」
「あ! デメル先駆けずるーい!」
 寂しがり屋の白い子って、何処かの誰かみたいだけど、とくすくすしながら呟くと、リゥが駆け寄って一緒に頭を撫でた
 気持ちよさそうに撫でられる水竜様を見てシュゼットもうへへへと水竜様を撫でに行く。
「壮大可愛い水竜様と心行くまで遊びましょ」
 まぁ、死ぬことはないだろう。と、その光景を微笑ましく眺めるクニークルスであった。

●空が広がる世界
 シュゼットやデメルが持ってきた果物は浜辺に浮かびひんやりした海水で冷やされていく。ティラミスが持ってきた飲み物も一緒に冷やされていた。
 水竜様の体はひんやりしていて鱗もすべすべ。しっとりとした感触にデメルはリラックスしていた。水竜様のエネルギーを感じ取ろうとしてぴたりとくっついてみたものの……ものの見事に水竜様の感触の虜となってしまっていた。しかしこれも水竜様の持つエネルギーならではかもしれない。
 が、その体はずっっっと誰も構ってくれなかったので苔や海草が生えていたりしていた。
「まずは水竜様の体をお掃除だよ」
 ナハトが配る麻袋を受け取りながら、コオニは水竜様を見上げる。水竜様の顔はきょとんとしていた。
 麻袋には星霊術士であるナハトやティラミスたちがドローブラウニーを施してある。デメルやルクティはドローブラウニーの施されたブラシで水竜様の体をごっしごっしと磨く。適度な刺激が心地よいのか水竜様も満足げだ。
 その間に麻袋を持った面々は水竜様の頭に乗る。そして麻袋を履いて、一気に背中を滑り降りた! 遊ぶことが出来て掃除も出来るという正に一石二鳥ある。
 麻袋が通り過ぎた後は苔だらけだった水竜様の鱗が、つやつやのピカピカとなって輝く。ブラシで掃除した後も白銀に輝いて、掃除が終わる頃には日の光が反射して、何とも神秘的な水竜様となっていた。
 その姿こそが、水竜様と呼ばれる由縁であったかのように。まるで銀の鱗を纏った竜のよう。見た者を魅了する程の美しさがそこにあった。
 が、面々はそれに臆することなく水竜様と遊ぶのだ! そして水竜様もそんな威厳を台無しにするほど大はしゃぎするのだ! 威厳なんて飾りですと言わんばかりだ!

 遊びはスリリングなもの程燃えるモノよッとエシラは尻尾に捕まって、ぶおんぶおんと振り回される。
 振り回されている内に世界がごちゃごちゃになって、空とか海とか浜辺が混ざって見える。が、それもなかなか見られない光景だろう――って感じで目が回ったエシラは勢いよく海に落ちた。見事な水柱であった。
 シュゼットやルクティ、リゥも加わって、水竜様の頭の上でトランポリン。ぽんぽん跳ねながらもシュゼットは笑顔だ。とても楽しそうだが異様に顔色が悪かった。空中にいる間、もし水竜様が受け止めてくれなかったら……! いや、これはもしかするとカナヅチを克服するチャンスかもしれない! と前向きに考えてみるシュゼットだがやっぱり怖いものは怖かった。そしてちょっと斜めに飛んでいたことに気づいたのは少し後のことだった。
「あ、水竜様ちょっと位置がズレて――!」
 シュゼットはお約束と言わんばかりに落ちた。見事な水柱であった。
「大丈夫かーい? あ、暴れないでねッ!? 落ち着いてッ!」
 先ほど海に落ちたエシラがシュゼットを助けに行く。あっぷあっぷと溺れかけていたが、何とか救助されたので一大事にはならなかった。
 掃除が終わった後にも水竜様の頭から背中を滑るナハトやリゥ。つやつやになった鱗はとても滑りが良くて、今までに味わったことのないスリルとスピードを味わえた。
「きゃー!」
 一気に通り過ぎる風景を感じてリゥは絶叫、そして勢い余って水面へ突撃。見事な水柱であった。リゥも泳げないのでエシラが救助したのは言うまでもない。
 コオニは水竜様の頭の上に乗って、水竜様に泳いでもらう。水上を思いっきり泳いで欲しいと水竜様に頼んだら、本当に思いっきり泳いでくれた。ダイナミックな泳ぎは力強く、やっぱり水竜様は凄いなーとコオニは感じた。コオニはダイナミックな泳ぎにしがみつくのが精一杯だったが、そのスピード感はほどよいスリルを与えてくれた。水柱はあんまりたたなかった。
「ふふ、とっても綺麗……」
 少し離れた場所でクニークルスは面々が遊ぶ様子を見てふんわり微笑む。その側ではファルスものんびりと眺めていた。幸せに遊んでいる姿を見るだけで、幸せになれる。ファルスはクニークルスの微笑みを見ながら、同じように感じているのかも? と思いながら、微笑んで水竜様の方を見ていた。

 そして遊びもみんなが待っていた、飛距離競争をやろうということになった。ちなみにエシラ的には飛(ばされ)距離競争だそうだが何も間違ってはいない。
「飛距離競争はおやつ賭けよう!」
 デメルは大人げなく楽しそうだ。遊びに年齢は関係ないと言わんばかりだ。
「エシラ、いっきまーす!」
 最初はエシラ、くわえてもらってぶおんッ! と飛ばされる。続いてナハトが片足くわえて貰ってぶんぶん振り回れ、そして空高く放り投げられる。
「いーーやっほーーーー!!」
 思いっきり飛ばされて星になりかけても、まぁ、死ぬことはないだろう。と今度はデメルがぱくっとくわえられて思いっきり振り回されて放り投げられる。空中にいる間、ちょこっとだけ生きた心地がしなかったが、まぁ死ぬことはないだろうと思ったデメルは安心して海へダイブした。
 ルクティは危険を避けつつ放り投げて貰う。ゆっくりとした放物線を描いて、見事な水柱をたてる。
 コオニとシュゼットも放り投げて貰う。今度は上着に空気を溜めて浮き袋代わりにしたので溺れることはなかったシュゼットであった。
 ファルスは目が回りそうだったのであんまり振り回さないで、と水竜様にお願いした結果、くわえられてぽーんと放り投げられた。
 クニークルスも空高く放り投げられる。全身で空気を感じながら、今、自分は空を飛んでいると感じながら……束の間の浮遊感を楽しんで着水。それから波を感じながら、ぷかぷか流れてゆらゆら揺れる。
「命がけでございますね……!!」
 ティラミスはごくりと唾を飲み込み、直立してバンザイをした体勢で頭からくわえて貰う。
 そしてぶおんッと振り回されて、遠心力は飛翔力! と言わんばかりに飛んでいく。
「おー、今のはかなり飛んだのう」
 漂いながら空飛ぶティラミスを見て、ファルスは感嘆。ちなみに飛(ばされ)距離競争は、ティラミスの圧勝だった。

●スペクタクルお別れ
 ふっと、目が覚めるナハト。うーんと首を傾げて今の状況を思い出す。
 飛距離競争の後に海水で冷やした果物やオレンジジュース、アイスティーを食べたり飲んだりした……所までは覚えている。それからは遊び疲れたのと満腹になったことで寝てしまったのだろう。
 見れば、水竜様が潮風を防ぐように面々を囲んで、寝ているみんなを眺めていた。その表情も満足げで、最初にじったんばったんしていた水竜様とは思えないぐらい優しい目になっていた。
 しばらくすると、寝ていた面々も起き始める。そろそろ日が傾き始めている頃だ。水竜様も満足したようなので、別れ際にもう一度水竜様の体を磨く。頭に乗せて貰って、ドローブラウニー麻袋で背中を滑り降りたり、ブラシで頭を磨いたり。ドローブラウニーの効果はやはり覿面で、水竜様は来た時よりも美しくなっていた。
 綺麗になった水竜様の頭に抱きつくリゥ。
「今日は一日遊んでくれてありがとうね!」
 それに応えてキュオーン! と水竜様が鳴く。ちなみにキュオーンという鳴き声は簡単に表わしたものであり、実際は『キュオァァァアォォォオオオオオオン!!!』とかそんな壮大な感じである。
「水竜様壮絶可愛い……マジ天使」
 去りゆく水竜様を眺めてはふぅとため息をついて手を振るエシラ。
「水竜様、また遊ぼうぜ!」
「また遊んで下さいませー!」
 ナハトもぶんぶん手を振って、ティラミスは泳げるところまで泳いで手を振っている。
 ある程度離れたところで、水竜様の体が海中の中へ沈んで完全に見えなくなる。それからしばらくすると、大きな水柱を上げて、水竜様が空を飛んだ。白銀に輝く体をくねらせて、海へ戻って、今度こそ見えなくなった。
 それは、また遊んでね、という水竜様からのメッセージだったのかもしれない。はた迷惑な水竜様は、こうしてスペクタクルに海へ帰ったのだった。



マスター:炭酸水 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
楽しい 笑える 泣ける カッコいい 怖すぎ
知的 ハートフル ロマンティック せつない えっち
いまいち
参加者:10人
作成日:2010/08/29
  • 得票数:
  • 楽しい15 
  • カッコいい1 
  • ハートフル11 
冒険結果:成功!
  • 生死不明:
  • なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。