ステータス画面

カシアスの乱:くまさんを援護せよ

<オープニング>

 騎士団総帥ドンチャッカが、騎士団を総動員して森に向かってから数日後。
 閑散とした、エルフヘイム騎士団の本部に彼らは現れた。
「あ、あなたは……」
 受付の若いエルフは、目を剥いて驚きを表す。
 それもそのはず、彼の目の前に居たのは、過去の罪状を暴かれ投獄されたはずの有力貴族カシアス老と、失脚した筈の騎士団副団長。
 そして、ひらひらと飛ぶ小さな妖精を連れた、若い女性のエルフの3人だったのだから。
「よ……ようせい??」

 若いエルフは、カシアス老にも驚いたし副団長にも驚いた。
 しかし、妖精を連れた若い女性のエルフに対する驚きは、それを上回った。
 それは、エルフヘイムの伝説上の存在である証。
 エルフヘイムを救った真実の救世主、妖精騎士の証であった。
「その通り。このお方こそが現代に蘇った妖精騎士ドロシー様だ。さて、そなた。妖精騎士の御前で、何の許しがあって頭をあげるのか」
 カシアス老の勝ち誇った声を聞いた若いエルフは、ただただ平伏するしかなかったのだった。
 現れた3人に、マスカレイドの仮面がある事は、平伏した彼には知るよしもなかった。

 森の一画で戦う者達が居た。
 鎧を纏った騎士が五名。剣を振るい斬り付ける相手には、熊が三体。特筆すべきことはと言えば、五人と三匹全てが、体のどこかに仮面を貼り付けていること。
 騎士達は――輝く防具で身を固め熊に斬り掛かる者、盾を構えて敵へと突っ込む者の他、傷を負った味方のために踊る者まで居た――、振り下ろされる敵の爪にその身を引き裂かれながらも、徐々に熊を圧していく。体当たりを喰らおうとも、騎士達は怯まずに。
 そうしてやがて熊達は動かなくなった。
 辺りが静かになったことを確認した騎士達が一息吐く。そしてそれもそこそこに、盾を持つ騎士が、血にまみれたままの剣を振り上げた。
「我らはレジスタンスの森の守りを打ち破った! このまま攻め入り先行部隊との合流を計る! そしてレジスタンスの拠点を叩き、ハーフエルフを奪還する!」
 それに騎士達は声を上げて応え、疲れなど無いかのように駆けて行った。

 語り手・ルーク(c05200)が危惧していた事が現実になってしまった。そう、トンファーの群竜士・リー(cn0006)は言った。
「騎士団総帥のドンチャッカが居ない隙をついて、戒律至上派と騎士団の副団長が反乱を起こしたって話だ。これには、投獄されていた筈のカシアス老が加わっている。彼はマスカレイドになっていて、そればかりか、騎士団副団長以下全ての騎士達までもがマスカレイドになってしまったようだ」
 おそらくカシアス老は、軍獣単位・オズワルド(c09213)の予測した通り、何者かに拉致され、マスカレイドにされてしまったのだろう。そしてカシアス老は新しい騎士団の総帥に、同様にマスカレイドとなった妖精騎士を任命し、レジスタンス拠点へと進軍を開始した。
「このままでは、レジスタンスの拠点はマスカレイドの騎士達によって壊滅させられてしまう。
 だが、レジスタンスの森には獣のマスカレイドが居て、拠点を守っている。騎士達は森の中でそいつらと遭遇し、マスカレイド同士の戦闘が発生するようだな。
 皆にはこれを利用して、マスカレイド達を倒して欲しい」
 言ってリーは、この話を聞いてくれているエンドブレイカー達に依頼するのが最適と判断したある一組の情報を伝える。騎士達は5人居ること、剣を使うこと、リーダーはそれに加えて盾も装備していること、それぞれが何らかの回復手段を持っていること。それを迎えうつ獣――熊のマスカレイドは3体居ること、主に爪で攻撃してくること、こちらも全員が自分の傷を癒す手段を持っていること。
「ドンチャッカ達は、この反乱で制圧された騎士団本部を取り戻すために騎士団に戻らなくてはならない。また、リーダーが不在のレジスタンスは組織的な動きが出来ずにいる。
 今、マスカレイド化した騎士達から、レジスタンスの拠点とそこに居るハーフエルフ達を守れるのは、俺達エンドブレイカーだけなんだ。協力を頼む」
 リーはそう、皆を見つめた。


マスターからのコメントを見る
参加者
いつも楽しそうな・メル(c02643)
大地を駆ける紅眼の紅蓮獣・トモヤ(c08696)
空を射る紅眼の蒼鷹・ユウヤ(c08699)
アックスソードの自由農夫・カイル(c09166)
秘めたる闘争心・エイニス(c10373)
月下香・クリステル(c15363)
魔鍵の星霊術士・アルストロメリア(c15869)
もももの魔想紋章士・アレス(c16226)

<リプレイ>

●Encounter
 彼らが森へ到着した頃には、戦闘が始まろうとしていた。
(「待って。少し様子を見る」)
 騎士達が、立ち塞がる熊を敵と定めて斬り掛かる。そこから幾らか離れた位置で身を潜め、魔鍵の星霊術士・アルストロメリア(c15869)が仲間達に言った。
(「う? まだ行かないの?」)
 仲間達が彼女に倣い身を屈める。そうしながらも、空を射る紅眼の蒼鷹・ユウヤ(c08699)が不思議そうに首を傾げた。
(「まだ気付かれて無いみたいだからな。安全第一、というやつかな」)
(「ちょっと狡い気もするけどね」)
 答えたのは、もももの魔想紋章士・アレス(c16226)。アックスソードの自由農夫・カイル(c09166)が肩を竦めるが、反対する気は無さそうだ。
(「んん? じゃあ、第二はなーに?」)
 大地を駆ける紅眼の紅蓮獣・トモヤ(c08696)が、ユウヤと同じように首を傾げた。一拍を置いて、アレスが苦笑する。何気なく言った言葉は、幼い彼に疑問を抱かせてしまったようだ。
(「第二は私達の手で確実に。マスカレイド達を滅ぼすこと。でしょうね」)
 勿論、無理はいけませんが。秘めたる闘争心・エイニス(c10373)が、携行している獣の血で戦化粧をしながら言った。
(「叶うことなら、わたしたち皆が無事で……それが、第三でしょうか」)
 武器の柄を握りそっと目を伏せるのは、月下香・クリステル(c15363)。自分達が無事でなくては、守れるものも守れない。おっとりした様子ながら強い意志を持った目が、再び開いて戦況を見据える。
(「なら、どうしようかしら。熊さんに加勢したいけれど……」)
 熊のぬいぐるみを抱えて、いつも楽しそうな・メル(c02643)が手持ち無沙汰な様子で呟いた。ことんと首を傾げて、うーん、と考え込む。
(「んー。じゃあオレ達は向こうに回り込むか? やり過ぎるとこっちが危ないかもしれないが、奴らの混乱を誘えるかもしれないぞ」)
 アレスが提案する。今彼らが居るのは、熊と対峙する騎士達の背後。まず倒すべきは騎士ゆえに、前後から彼らを攻撃するのは悪くない――熊の側に回った面々は、熊を盾にも出来ることだし。
(「それは任せる。ただ、私はこちらに集中」)
 アルストロメリアが言う。彼女の視線は変わらず騎士達の動きを追っていた。敵を観察し、抑えるべき者を見つけ出そうというのだ。
(「では、わたしもこちらに。半々に分かれるのが良いでしょうか」)
 クリステルの言をきっかけに、彼らは数言だけ話し合う。して、遠距離からの攻撃を得意とする者のうち、アルストロメリアを除く四名が熊の側へ回り込むこととなった。
(「ユウヤ、気を付けないと駄目だよっ」)
(「トモヤこそっ」)
 別行動を取ることになった双子が、お互いへ注意を促し、四名が慎重に回り込む。
 そして、彼らの移動が終わったことを確認する。騎士と熊達は未だこちらに気付いていない様子。アルストロメリアがスッと手を翳した。
 彼女が視線を巡らせると、仲間達がそれぞれ武器を手に、準備OKと頷きを返す。それにアルストロメリアは同じように頷いて。
「――バルカン」
 炎の星霊を召喚した。

●Knight
「うわあっ!」
 騎士の一人が悲鳴を上げる。後方から飛び来る炎に襲われたのだ。
「敵だ!」
「新手か!?」
「人間だ!」
 熊と戦いながら騎士達は、姿を現した一行に動揺する。
「そーなの! はーふえるふさん達は僕達が守るの!」
 トモヤが腕を獣に変えて敵へと走る。
「熊の味方、ってわけでも無いが、アンタらの敵ってことは確かだな」
 逆側ではアレスが宙に紋章を描く。出でた槍が、剣を持つ騎士へと注いだ。
「怯むな! 我ら以外は皆敵だ!」
 盾を持つ騎士が声をあげる。それに騎士達は応と声を返す。が、勢いが削がれたことは否めない。
「蹴散らして差し上げます!」
 それに追い打ちを掛けるように、エイニスが突っ込んだ。自分を軸にするようにぶうんと大きく振り回した剣が、騎士達へと叩きつけられる。
 熊達もまた、現れた人間達に驚いた。だがその様を見るに、取り敢えず今のところは敵では無さそうだと判断したらしく、騎士達だけを敵と定めている様子。熊の一体が、近くに居る騎士に突撃して、剣のみを武器とする騎士の一人がよろめいた。
「そのままビリビリしてたら良いよ!」
 アレスの近くに居たカイルが、呻く騎士へと毒茸を投げる。吹き出た煙は彼の狙い通りに騎士だけを包んだ。
「参ります!」
 普段は柔らかく弧を描く眉を凛々しく上向けて、クリステルが槍を構える。そうして彼女は、猛禽の如き速さで敵へと突撃し槍を突き出した。
 熊が爪を振るう。前線で盾を持つ騎士が応戦するのを後目に、メルはぬいぐるみを抱いてふんわり微笑む。
「どいていてね」
 おそらくは、すぐ前で戦う熊達へと向けられた言葉。彼女は目を見開いて、剣を持つ騎士をじっと見つめる。解放された不可視の力が騎士を苛んだ。
 肩で息をする騎士に、更に飛び来る針が無数。メル同様に熊を盾にしたユウヤが放ったものだった。
「トモヤ、あんまりお洋服汚しちゃダメだからねっ!」
「わ、解ってるもん!」
 人間達から集中攻撃を喰らいふらつく騎士を挟んで、ユウヤは兄弟へと注意を一つ。敵陣の只中に居たトモヤは、むうと頬を膨らませた――従わなければ、大好きなママに怒られるし、無理をしたが故と心配されるのだ。
 アルストロメリアはバルカンへと指示を出し続けていた。味方を援護することが予測された魔曲使いは厄介と、無力化を試みる――戦場故に集中が乱されるのか、なかなか狙った効果は上がらない。だが、火炎弾を浴び続けた騎士は、自分を癒すのに手一杯な様子。
 これはこれで良しとするべきだろうか、とアルストロメリアは戦場の様子に目を配る。仲間達の様子が心配なためもあったが、半分くらいは、興味深い事象を探して。皆がまだまだ元気そうであることにほっとして、目新しい事柄が見当たらないことに密かに残念がって――そこへ、騎士が一人飛んで来た事に少々驚くこととなる。
「すみません!」
 前線で剣を振り回したエイニスが謝罪を寄越す。剣の腹でも当てたのか、巻き込んだ騎士が吹っ飛んだ模様。
「平気」
 短く答えてアルストロメリアが、騎士を警戒して距離を取ろうとする。
「僕を倒さずに行こうなんて、許さないの!」
 だがそれより早く、彼女を庇うように走り込んできたトモヤが、獣の腕で殴りつけた。それを助けるように、ユウヤが騎士へと矢を放つ。
「もー! 取り敢えず突っ込むのやめてよねっ」
 ユウヤに言われ、トモヤがむっとする。だが、兄弟の苦言は自分を心配してのことと判ったのか、反論はしない。
 アルストロメリアは大丈夫そうだと確認して、クリステルが地を蹴った。軽やかに舞い上がった彼女は、細い脚に見合わぬ重い一撃を騎士へと叩き込む。
「負けません、絶対……!」
 ふわり、着地してクリステルは、痛む腕に力を込めた。まだ動く。戦える。青い瞳にひたり、見据えられた騎士は、彼女の攻撃を受け限界に達したのか、ゆっくりと頽れて動かなくなった。
「全く、こうもしぶといと本当、熊の味方をせざるを得ないよね」
 カイルがぽんぽん茸を投げる。もうもうと上がる煙の中で爆発が起こり、騎士達の悲鳴が上がった。
「あー、まあなぁ……マスカレイド同士で戦ってるとか、なかなか滑稽だしな」
 アレスが宙に指を滑らせる。描かれた紋が生みだした槍が、次々に騎士を貫いた。
「あら。取られてしまったわ」
 その一人が地面に倒れたのを見て、レイピアを振りかざしたメルがきょとんとした後、別の騎士へ向けて剣を振り下ろし、氷を放つ。
「はは、悪い。美味しい所を貰ってしまったな」
 メルが撃ち出した氷は剣の騎士の動きを封じ、
「援護。ありがとうございます!」
 その騎士はエイニスの剣に薙ぎ倒された。その傍では、アルストロメリアのバルカンが放つ炎が、別の騎士を打ちのめしていた。
「……倒してしまったわね」
 目論見は外れた。アルストロメリアが肩を竦めたが、結果的には問題は何も無い。残る騎士はリーダーのみ。騎士が倒れれば熊は、すぐにこちらに襲い掛かってくるだろう。そしてそれはもう、ほんの少し後のこと。メルやアレスが熊から距離を取り始める。
「絶対、行かせてあげないの!」
 トモヤが腕を振り上げる。長く伸びた爪が騎士の守りを破り、その体を引き裂いた。

●Teddy
「……けど。僕結構疲れて来たの……」
「トモヤっ! まだ倒れちゃダメ!」
 トモヤのすぐ近くでは、次は人間達を敵と定めた熊が唸り声を上げている。慌ててユウヤが回復を試みる。が、彼も足元がふらついた。
「しょうがないなあ、ぼくのベリーをあげる! 特別製だからね」
 カイルがベリーを投げる。ぽん、とまずはユウヤに当たり、ありがとなの、と返される。
「あっちも弱ってる。多分、すぐに終わる」
 トモヤの傷は、近くに居たアルストロメリアが塞いだ。こちらも礼が返る。
「例え熊でも。容赦はしません! 私達の手で倒して差し上げます!」
 エイニスが言う。熊は彼女にとっては特別――自分を守ってくれる存在。だが、否、だからこそ。棘の憑依を受け人に仇為す存在ならば放ってはおけない。熊の一体は騎士達に倒されてしまったが、残る二体の棘は必ず滅ぼしてみせる。傷は幾つもこさえていたが、それよりも今は熊を。エイニスは幾度目か、くるりとターンする勢いに任せ、ぶんと振り回した剣で熊の肩を叩き斬る。
 先程に続いてエイニスが流す血を止めたアルストロメリアは、再び仲間達に目を配る。もう傷の酷そうな者は居なさそうだと安堵した。
「バルカン――」
 小さな、静かな声。ゆっくりお休み、と続きそうな優しい声で、呼び出したままでいたバルカンを帰してアルストロメリアは、同じように。
「――ヒュプノス」
 新たな星霊を呼ぶ。皆の援護をお願い、と。
「あなたがたにも、倒れて頂きます……!」
 クリステルが熊へと突撃する。その衝撃で熊がよろめき、隙が出来た。
「熊は鍋にすると美味しい、らしいな?」
 そこを突いてアレスが、描いた紋へと力を伝える。主人の言葉に反応してのことか、頭に乗ったももんががよだれを垂らすのを、彼は空いた手で拭ってやった。
「でも、料理は大変みたいなのー」
 矢を放ちつつ、ユウヤが言った。その遣り取りを近くで聞いていたメルが、抱えたぬいぐるみを複雑な面持ちで見つめていた。
 だが彼女もすべきことは忘れていない。ぬいぐるみを見ていた視線をスイと熊へと移し、その目でじっと見つめる。黒い光が一筋、熊を貫いた。
「おやすみなさい」
 熊が倒れるのと同時、メルは力を抑え瞼を下ろした。
 残る熊は一体。負傷した仲間を庇い前へ出ていたカイルを、熊の爪が切り裂いた。
「このくらい、大したこと無いんだからっ!」
 だが彼はそう言い切って、手にした斧剣を振り下ろす。ガアアと悲鳴をあげた熊は、報復をとばかりに太い腕を振り上げた。
「ヒュプノス」
 それを阻むのはアルストロメリア。差し向けた星霊が熊の動きを鈍らせる。
「もう、おしまいにするのっ!」
 続き、トモヤが庇ってくれる後ろから、ユウヤが矢を放つ。高く弧を描いたそれは次々に熊に突き刺さった。

●Pray
 辺りが静かになって、皆がほっと息を吐いた。
「大丈夫か?」
「ああ、うん。平気だよ」
 怪我の具合を尋ねるアレスにカイルは、ありがとう、と答えて自分でベリーを使った。
「皆さん。無事で何よりです」
 そう言ってエイニスは剣を収め、化粧を拭う。自分の血も一緒に拭ってしまうと、血の止まった傷だけが残る。痛みはあるが、大したことは無さそうだと判断して、安堵にごく僅か、目を細めた。
「トモヤ、大丈夫?」
「平気なの!」
 また一方では。尋ねるユウヤに、トモヤがきっぱりと答える。兄弟に格好悪い所は見せられない、という意地で痛みを我慢しているらしい様子を見てとったアルストロメリアが、ユウヤの見ていない隙にこっそりとトモヤの傷を癒した。
「これで、おしまいね」
 メルが小さな声で言って、ぬいぐるみを抱く手にきゅっと力を込めた。
「そう、ですね……」
 クリステルが静かに目を閉じる。棘というモノを厭いつつも――自分達の手で与えた死へ、無垢なる祈りを。
 クリステルが瞼を上げると、メルが同じように目を伏せていた。少しの後に目を開けたメルは、クリステルの視線に気付くと、にこりと笑う。
「ぼく達みたいに戦ってる場所が他にもあるって話だったよね。手伝いとか出来ないかなあ」
「私達も結構疲れていますからね……、下手をすると助けになれないかもしれません」
 落ち着いて後、カイルが首を傾げるのにエイニスが眉を寄せた。
「うーん。そうだね……」
「ああ、なら、戻る途中で見掛けた奴だけ助ける、というのはどうだ? 怪我人とかが居るかもしれないぞ」
「それなら、他の方々の邪魔をしてしまうことは無さそうですね」
 アレスが代案を提示すると、それを聞いたクリステルが微笑んだ。
「そうだね。あとは、皆が何とかしてくれるよね」
 双子が顔を見合わせて、笑う。離れた場所で同じように戦う仲間がいっぱい居る――きっと皆、大丈夫。
「なら、帰りましょう。私達も休むべき」
 アルストロメリアが言う。皆が応え、森を後にすべく歩く。
 最後尾のメルが一度だけ骸達を振り返る。少しだけ目を閉じ、熊のぬいぐるみをぎゅっと抱き締めた。やがてそれに気付いたトモヤに呼ばれて彼女は前を向き、先行する仲間達を追って駆けて行った。



マスター:スガツキ 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
楽しい 笑える 泣ける カッコいい 怖すぎ
知的 ハートフル ロマンティック せつない えっち
いまいち
参加者:8人
作成日:2011/02/07
  • 得票数:
  • 楽しい1 
  • カッコいい9 
  • ハートフル1 
冒険結果:成功!
  • 生死不明:
  • なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。