ステータス画面

導書

−−其は等しく、愛を与えん

団長夜鶯・フォル(c15910)








 




永遠の森エルフヘイム、巨大樹木群中層部にて
近隣に住まう森の民達は密やかに囁き合う

    森の奥には開かずの図書館があるんだそうだ。
    なんでも、足を踏み入れたら現世に戻ってくる事が出来ないだとか……。

そんな物騒な噂の為か、森の奥に足を踏み入れる者は殆ど居ない
木々に守られるように建てられた白亜の館
蔦の這う佇まいからは人の気配を全く感じられず、戸を何度叩いても返事は無い


ここに隠れ住まう住人の名をもし知っているならば声を掛けてみるといい
幾許か時間を要するが、気だるそうな蒼いエルフの女が、或いは人懐っこそうな黒いエルフの少年が顔を出すだろう


【導書】
自宅である。
私と弟とお節介が喋りたいときに喋る、それだけの場所。
RP主体でゆるりと適当に。

人の募集はしていない。
NPCや友好先のひとは気になったなら気軽に。





2013.04.29〜
規模:236

団員一覧(3) 組織(0)/友好(4) 冒険記録(4)
旅団ショップ
入退団報告 2015年06月21日 15時
友好からの挨拶・連絡 2015年01月16日 00時
閲覧の際はログインしてください。