ステータス画面

青柳町総名主館

数多の傾城屋が軒を連ねる色町に建つ、堆い楼閣城
かつて狂嵐獅子と呼ばれた領主がそこに棲まうという
白銀の髪を靡かせ、此度もまた−−領地を見守っている

団長白獅子・ミハエル(c10562)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ミハエル・ライヒハートが都市国家・アマツカグラで領主を務める遊里「青柳町」
その中心街に位置する場所に、
掘りと漆喰壁で囲われ、周辺で飛び抜けて高い楼閣が設けられた屋敷が一件

壁より高く伸びた木々には桜が見事に咲き乱れている

−−季節は春
冬を堪え忍んだ世界は、温かい
最後の酒を飲もうと、気紛れに男は思うたのだ

*[基本的に]RP重視の旅団。見知った誰かをだけ招く、ミハエルの城
*招待状なくとも、どこぞで出会ったと報せ頂ければ、「基本的」に歓迎する所存
*規律は緩く、全ては城主の機嫌と些事加減次第

【閑話?】
6年という日々を、可能な限り走り続けてきた。
振り返れば深く強い、
そして切なくも面映ゆい、感慨に駆られる。
此処まで来られたのは、
関わってくれた全ての者あったればこそ。

−−故、ここに感謝を綴る。

ミハエル・エンデ・ヒエロニムス・ライヒハート
82年の生涯を、妻クズハ・クルスの墓前にてとじる。
規模:117

団員一覧(2) 組織(0)/友好(1) 冒険記録(0)
閲覧の際はログインしてください。