住民強制避難:暗がりのある村



<オープニング>


●住民強制避難
 チキンレッグ街道の西方、死者の祭壇から旧エルドール砦へと到る地域は、旧モンスター地域の中でも復興が遅れた地域であった。
 もともと痩せた土地柄であった上に、ノスフェラトゥの侵攻により深刻な痛手を受け、更にはグドン地域からのグドンの流入の被害も重なっていたのだ。
 
 だがそれでも、水と日の光さえあれば、種は芽吹き作物は育つものだ。
 
「この村は捨てられん」
 野良仕事をする農夫の一人がそう呟いた。
 エルドール護衛士団からのお触れは噂に聞いている。あの、憎きノスフェラトゥが、またしても攻め寄せようとしているのだという。
 だが、それは本当だろうか?
 別の噂では、ここよりも更に西にある村でも平和に暮らしている村があるという。
 
「どのみち、今年の収穫が無くなれば、わしらは生きていけぬ。畑を見捨てて逃げるのは子供を見捨てていくのと同じ事だ」
 痩せた土地に鍬を入れ、水を引き、種を撒いた。
 その種が芽吹こうとする今の時期に、畑を捨てろなどという暴言に従う事ができるだろうか?
 
 そうして彼は、畑仕事を再開した。
 
※※※※
 
「今回の仕事は、少し大変かもしれないわね」
 ヒトの霊査士・リゼルは、集まった冒険者達にこう告げた。
 円卓では、地上に侵攻した列強種族ノスフェラトゥに対する強攻策が採択されており、遠からず旧モンスター地域西方は列強種族同士の戦いの場となるだろう。
 その時、ノスフェラトゥ達が、住民を盾にするであろう事は想像に難く無い。
 
 つまり、その前に住民達の避難を、無理矢理にでも終わらせなければならないのだ。
 その障害となるのは大きく3つ。
 
 1つ目は、ノスフェラトゥ軍の動き。
 現在までの所、大きな動きは確認されていないが、同盟諸国の冒険者による奉仕種族の略奪が行われれば、彼らが軍勢を率いて邪魔しにくるかもしれない。
 そうなれば、数人の冒険者で対応する事はできないだろう。
 
 2つ目は、農作業をするアンデッドの存在。
 アンデッドが農作業をしているのは、ノスフェラトゥに命令されたからだろう。
 ならば、ノスフェラトゥが戦えといえば忠実に戦う戦士となる。
 もしかしたら、住民が逃げ出そうとしたら襲うように命令されているかもしれない。
 農作業を行うアンデッド達は、同盟の冒険者に比べれば他愛の無い敵ではあるが、避難させる住民には脅威となるだろう。
 住民避難の前に、アンデッドの駆逐が必要かもしれない。
 
 3つ目は、村人の説得。
 農民は土地と共に生きるもの。
 そして今は、畑作にとって最も大事な時期のひとつである春。
 彼らを畑から引き離す事は難しいのかもしれない。
 説明して納得してもらう事が重要だが、それが不可能な場合は、粘り蜘蛛糸で縛ってでも依頼を完遂すべきかもしれない。
 
「つまり、ノスフェラトゥ軍が動きだす前に周辺のアンデッドを駆逐して、村の人達を避難させるのが、今回の目的よ」
 もしかしたら、畑を捨てさせられる村人に恨まれるかもしれない。
 しかし、たとえ恨まれたとしても、やらなければならない事があるのだ。
 
「村人達を説得するには、彼らの視点で物を考えてあげなければならないと思うわ」
 最後にリゼルは、こう付け加えたのだった。
 
●暗がりのある村
「依頼です」
 病的な青ざめた皮膚に燭台の灯りを浴びながら、薄明の霊査士・ベベウはその薄く唇から、平板な抑揚の言葉を紡いだ。
「数十のアンデッドが田畑を耕すとある村へと赴いて、死者たちの討伐を、そして、そこで暮らす生者たちの説得を行っていただきたいのです」
 リゼルからの言伝を事細かに伝え終えると、黒髪の霊査士は同業者たちに伝えた。
「アンデッドたちは数体ずつに分かれ、村のあちこちに点在する田畑を耕しているようです。村人たちはその作業をおそるおそる眺めてはいるものの、同じ土を耕すことすらあるようですね。戦闘の際には、生者たちを巻き込むことのないように配慮してくださいますようお願いいたします」
 故郷から離れることを強いるのである、村人たちにとってはわが身を引き裂かれるような想いだろう――説得の際にはくれぐれも慎重に、そう口にした後、ベベウは最後にこう付け加えた。
「村の北端にある岩場に、入り口は狭いものの内部は広い洞窟があるのです。どうやらそこに、子供たちが集められているようですね。入り口には、村人たちが見張りとして立っているようです。子供たちを守っているつもりなのでしょうね、彼らのすぐそばには、十体ほどのアンデッドたちが土を耕す姿があるのです」
 
 
!グリモアエフェクトについて!
 このシナリオはランドアース大陸全体に関わる重要なシナリオ(全体シナリオ)ですが、『グリモアエフェクト』は発動しません。
 これは、舞台となる旧モンスター地域西方が、現在ノスフェラトゥの領土となっており、同盟諸国の領土では無い事が主な理由となっています。

マスターからのコメントを見る

参加者
疾風神雷の鵙・クルツ(a04433)
瞳に散らぬ徒桜・ササラ(a23232)
月夜に咲く希望の花・エリザベート(a24594)
黒狐の長・ヴァゼル(a24812)
剛の魔剣士・ウィズアム(a24983)
聖剣の王・アラストール(a26295)
終わらない夢とともに・キアン(a27381)
夏休みは昆虫採集・チグユーノ(a27747)
守護者・ガルスタ(a32308)
祈りの花・セラフィン(a40575)
夜蝶嬢王・ペテネーラ(a41119)
血翼の小道具・シラギク(a46699)


<リプレイ>

 空はざわめいていた。月の面をかすめる雲は、厚く、波打つようにたなびいていて、さながら藍に金糸が絡む緞帳が降りているようだ。まるで囁きかけるかのように、肌をさらっては消えてゆく月影を、野を馳せる冒険者たちは浴びて、集落へと向かっていた。眠る人々と、けっして夢を見ることもなく土を刻み続ける者たちが、そして、どちらともけっして安らぎを得てはいない集落を、十二名は目指していた。
 木製の門に備えられた、鉄の枠が付いた燭台に灯りはなかった。ただ、うねる雲の合間から月光が注がれる以外に、手がかりとなってくれる存在はない。集落の周縁に差しかかる場所で、櫻を愛する栗鼠・ガルスタ(a32308)たちは仲間と別れていた。夜の村に少数で潜り込み、野良仕事にあたる死者をなるべく避けるようにして進み、集落の長が暮らす建物を目指していた。
 戸口の彼は呟いた。
「お達しの件ですか……」
「避難していただきたい」ガルスタが言った。「だが、その前にアンデッドを退治しようと思う。今は平気だが、いつ襲ってくるとも限らんからな」
 困惑する夫婦を、雪のように白い髪をした少女は、紅玉のように深い色味を湛える双眸を悲しげに細めて見つめていたが、大きく胸を吸い込み、吸い込みすぎてむせかえった後、元気な声でこう告げたのだった。キアンは村落を守るための戦士でした――と。終わらない夢とともに・キアン(a27381)の故郷を愛する言葉に、身を寄せ合う夫婦は静かに耳を傾けていたが、やがて立ちあがると、夫は外套を着込み、妻はカンテラに油を注いだ。
 ガルスタが伝えた村長の言葉を受けて、冒険者の顔には安堵や、峻厳さ、そして、真摯さが綯い交ぜとなった表情が浮かんだ。
 月明かりを受けて白光の光沢を帯びる銀の髪に、透き通るかのような皮膚の顔容を縁取られる少女もまた、同様の、まるで複雑な心持ちを移したかのような形を、その美しい口元や眉宇に浮かべている。だが、孤独を抱く月の雫・セラフィン(a40575)は少しも震えをおびない声で、凛と言い放った。
「それでは、皆様。参りましょう……」
 
 黒狐の爪――鍛え上げられた長剣――が、暗闇に白銀の軌跡を描きだす。流麗な太刀筋によって刻まれた曲線は、虚空と、そこに佇む影をかすめ、乾いた体躯が裂ける、まるで檜皮を歪ませるかのような音をたてた。指先を鈍色の鉄枠へと這わせ、眼鏡の位置を鼻梁の上部に留めさせると、新生黒狐盗賊団長・ヴァゼル(a24812)は後方に控える仲間たちに、右手で空を掻く仕草を見せ、先を急ぐように伝えた。
 銀の杖で空間に光の円を描く。セラフィンの雪花石膏よりもまだ白い顔に、黄金の光が投げかけられて、美貌がより鮮明な形で披露される。彼女の頭上で一点へと収束した輝きは、そこから膨れあがって、巨大な球体となった。闇を渡った光滴る紋章の果実は、闇にひそむ影をあぶりだすように飛んで、一体のアンデッドを微塵に粉砕した。
 闇夜に浮かんだ白さが、エンジェルの翼であると気づいて、ガルスタは村人たちが身を寄せ合う建物の守りをキアンに託すと、自らは丸石の敷き詰められた道を駆けおりた。鞘から冷たい悲鳴をあがる。ジルヴァラの長大な刃を引き抜き、瞳の高さで地と水平に保ったままのガルスタが、逃げまどう村人たちの合間を駆け抜け、セラフィンの傍らを過ぎ去って、灰色の男たちが揺らめく闇に切れ込んだ。力強く、そして、迷いなく振り抜かれたジルヴァラは、棒のような腕、背後がうかがえる胸部、皮膚の名残が張りついただけの頭部を、次々と切断した。
 銀の弧が据えられた武具を手にして、キアンは小屋の護衛にあたっている。駆けてくる村人たちを建物のなかにかくまうと、アクスを握る指先に力をこめ、短く息を吐く。口元からの温かな感触が、頬をかすめる髪の裏側へと伝わる。次の瞬間、狂戦士の少女は駆けだしていた。肉体をしなやかに躍動させると、弓なりになった跳躍から降り立ち、それと同時に斧を死者の肩に叩きこんだ。爪先が土の感触を認めるが早いか、キアンはさらに立て続けの斬撃を放って、ひとつの人影を、ただの欠片へと変えた。
 
 集落の北側には、すぐそこにまで迫る岩肌がそそり立っていた。滑らかなその表面に、雲の切れ目から現れた月が白光を注ぐと、その色味は灰からもっと明るいものへと移ろい、それと同時に、麓に佇む者たちへにじり寄っているかのような印象を与えるのだった。
「命に勝る矜持か……心富める者の傲慢だな……」
 空から降る光に煽られた、小さな顔容。冷たく張りつめるかのような輝きを双眸に宿し、薄く口元を閉ざす少女は、名をストライダーの小道具・シラギク(a46699)といった。年端もいかぬ彼女が口にした言葉、鈴のように愛らしい響きを含みながらも、どこか索漠とした感を与えるほど冷たいもの。だが、その背後に揺らめく黒い猫の尾からは、落ち着きのなさと、まるで孤独の不安に震えるかのような様子が見てとれるのだった。
 岩肌に穿たれた黒い亀裂。その上端から末端へと視線を移せば、真新しい材木を上から貼りつけられた、大きな扉が視界に宿る。そこにはふたりの、船を漕ぐ見張りの姿があった。
 靴の底が起こす擦過音すらも殺ぐようにして、少年は洞窟の入り口へと密かな接近を続けていた。アンデッドたちに退屈なほど変わりがなければ、門番の様子にも変化は見られない。疾風神雷の鵙・クルツ(a04433)は胸に抱えていた筒状の布へと指をまわし、刀剣の柄を露わとすると、その鞘を磨くようにして布地を足元に放りだした。
 それから、クルツたちは時の到来を待った。月が稜線へと沈みこみ、空の様が、漆黒から正紺へと無限の階調を経て移り変わり、東雲が不可思議な光彩によって縁取られるのを期待した。空の色彩がたちまちのうちに変貌し、朱色がかった黄金で満ちあふれる――その瞬間だった。南方から笛の音が響き、門番たちの肩が揺れる。瞳を開いた彼らの視界には、不敵に笑う黒い瞳が映っていた。
「同盟の冒険者だ。詳しいことは後で話すが助けに来た。とりあえず、あれを片付けるから奥で待っててくれないか? あと、村の方は仲間が向かっている。心配は要らない」
 呆気にとらえる青年に言い放ち、その肩をさらに激しく揺らすと、剛の魔剣士・ウィズアム(a24983)は踵を返し、すでに仲間たちが向かっている死者の元へ、自身も躍りこむようにして駆け寄った。
 アンデッドたちは瞬秒の静止をみせた。だが、すぐにも禍々しいまでの膂力を振るう標的を、痩せた土地から、漲る気力を全身に湛える冒険者たちへと移し、歪んだ指先や、歯の欠けた鍬をかざして、無言の襲撃を仕掛けてきた。
 まるで幻影を目の当たりとするような、あまり鮮やかな身のこなしで死者の指をかいくぐると、クルツはガーベラ・ストレートの刀身に魔炎と魔氷とが混交した不可思議な眺めを走らせて、アンデッドの胸部を一文字に貫いた。
 洞窟へと通じる扉を後ろ手に閉じてしまうと、ドリアッドの吟遊詩人は朧月の名を持つ竪琴をかまえ、朝露にも似た輝きを帯びる弦に指先を触れさせ、清澄なしらべを紡いだ。旋律にたゆたうかのように微笑む、月夜に咲く希望の花・エリザベート(a24594)の目前から黒炎が虚空を駆ける――。
 棍棒の先端に小さな円を描かせながら、ウィズアムは死者の懐に飛びこみ、大上段からの打撃を死衣をまとう体躯に叩きこんだ。滅びかけた肉体は容易く砕かれ、衣の布地は粉々に千切れた。
 漆黒の召喚獣を背後に浮遊させて、シラギクはエリザベートのやや前方に位置し、洞窟へと向かってくる亡者に、紅から銀の光が漏れだす鋼糸『アドムプター』から紡いだ、翼のように広がる衝撃を浴びせかけていた。その数は次第に減ってゆき、いつしか零となった。
 桃花の呼び笛を唇に含むと、エリザベートは音色を響かせた。戦いを無事に終えたとの知らせだった。
 
 曇りない三日月を思わせる穂先を生やした武具を手に、瞳に散らぬ徒桜・ササラ(a23232)は東からの光芒によって照らされた辺りを見渡しながら、仲間たちとともにアンデッドの索敵にあたっている。ブラッディカッターの銀の柄には、すでに彼女の体温が宿っていた。強く握りしめていたからだ。
 大人たちは何を選択する?――胸に抱く魔導書の表紙に、美しい孤を含む灰の髪を投げかける少女は、自らの心に問うていた。華奢な腰回りを、固いコルセットでさらに締め上げ、あまりに繊細な体つきをさらに際だたせる姿の、骨齧り・チグユーノ(a27747)だった。北の洞窟に集められた村の子供たちはどうなったか――それが、彼女の杞憂だった。
 幌のような何かが、黒い輪郭を宙にたゆたわせた。姿を現したのは蒼月の夜猟者・ヤト、アンデッドの位置を確かめるため別行動をとっていた仲間だった。
 紺碧の瞳と薄紅の差された口元に感謝の笑みを浮かべ、それらをヤトに傾けると、夜蝶嬢王・ペテネーラ(a41119)は再び駆けだした彼に導かれるままに新たな戦場へと向かった。静まりかえった眠る村の長閑な風景に、あのように醜い姿が現れるとはにわかには信じがたかったが、いくつかの、肉体の成れの果てが黒ずんだ姿を現すなり、そこは破壊を求める者の居場所となる――。
 天空へとかざされた名剣ヴァルトロードに、目映いばかりの光が収束してゆく。新たな外装が備えられ、神々しい銀をまとう姿となった長剣を手にするのは、果てしなき白・アラストール(a26295)だった。多くの不幸に見舞われたこの地の人々――その姿は、少女の心に自らの故郷を思い描かせた。略奪され、理不尽な悲しみを与えられた人々の顔と顔……。
 両手で支える魔導書を胸に押しあて、チグユーノは繊細な線に包まれる肢体をかすかに震わせる。その直後、闇が少女の身体から噴出した。心に渦巻く邪竜の力が、無数の鎖となって顕在化した闇だった。
 次々と身を貫かれてゆく死者を見つめながら、ササラはブラッディカッターを振りあげ、その弧状の刃で眠らぬ体躯を切り裂いた。いくつかの指先が肌をかすめていったが、少女はかまうことなく銀の鎌を振るい続ける。戦いは嫌いだった、それに、戦う自分も――。
 優美な立ち姿で辺りを見渡すペテネーラは、戦う仲間たちの負傷を気にかけていたが、彼女の紺碧の双眸が、特に多くの機会において姿を捉えていたのは、ササラの身体だった。宝珠の連なりを絡め合わせた指先で優しく空を撫でながら、ペテネーラが美しく整えられた唇から紡いだ歌声は、高潔な響きをともなって辺りを包み込み、ササラたちに癒しと勇気をもたらした。
 アラストールは、未だに自問を続けていた。だが、名剣ヴァルトロードを操る身体の動きは、けっして途切れることがない。波濤を思わせる曲線を描きだした太刀筋は、瞬秒のうちに複数の影を切り刻み、死んだ体躯を地に積もれさせた。
 
 アンデッドが討たれた――その報を受けて、人々は口々に安堵の言葉を吐いた。だが、話が村からの退避に及ぶと、それらはまるで貝のように重たくなった。
「以前のノスフェラトゥとの戦争の時、私たち冒険者はあなた方を、酷い目に遭わせてしまいました。本当に申し訳ございません」
 小さな肩を震わせ、そう言って頭を深々と垂れたのはチグユーノだった。続いてキアンが歩みでて、両手を広げる仕草で訴える。
「もしも、村か村の皆かどちらかしか選べないとしたら、キアンはみんなを選びます。キアンはまだ弱いけど、皆さんが早く村に戻れるようにがんばって戦いますなぁ〜ん!」
 難渋を示す男たちを相手に、ヴァゼルは冷ややかな口調で警告を発していた。
「確かに、故郷から離れることは苦痛ですが、それがどうしたというのです? このままならば、故郷はただ、苦痛の地としのみ各人に記憶されるでしょう」
 室外では、少女たちが母の説得を行っていた。頭越しに投げかけられる、心が焼かれるような言葉にも、ササラはじいと耐えた。相手の想いを踏みにじるような真似だけはしたくなかった。やがて、思いの丈を吐きだして涙した母に、少女は語りかけた。
「私も親を目の前で殺された身……。残された子どもの気持ちは痛いほど分かるんです。ここが戦場になれば、幼い子どもには逃げることもできない。助かっても、目の前で行われた戦で心に深い傷を負う……自分を守って親が死ねば、一生拭えない後悔を……」
 自分の器も、世の無常も、世界の平等もわきまえている。己のできることも知っている――。アラストールはそれでも諦められない。希望を伝えずにはいられなかった。
「生きていれば明日が来る、また耕す事もできる。どうか生きて……生き抜いて、貴女と子供たちの未来を繋げてほしい……」
 洞窟の前にも人だかりが起きていた。戦となればそこに身を潜めようと考えた者が多かったのである。
 真摯な光を瞳に宿して、エリザベートは慎重に言葉を選び、相手の言葉には必ず耳を傾けて、対話を続けていた。
「村が大切なお気持ち……よくわかります……。でも……今この村にいるのは危険なのです……。だから……今は避難して……安全になれば戻ってきせんか……」
 洞窟のなかに木霊する威勢のいい声はウィズアムのものだった。
「ここに子供たちを匿ってたのは守りたいからなんだろ? 言っちゃあ悪いが、お前らじゃまず無理だよ。仮に命を張った甲斐あって逃がせたとしても、こいつらは家族を失っちまうってことだろ」
 明日をも知らぬ暮らしの厳しさを、クルツは淡々と話した。暗がりに身を潜める、それは死んだような暮らしである、と。彼は言った。
「子供たちにとって、お日様の下で元気に遊んでいられるところがいちばんじゃないかな?」
 この地に残る――そう言って最後まで退避を認めない男に対し、シラギクが言い放ったのは厳しい問いかけだった。子だけ生き延び、裕福になれれば、それで幸せとなれるか?――というのである。答えに窮した男に対し、少女は口元に浅い笑みを走らせ、嘲笑を漏らした。そして、伝える。
「これが、職を得、生活に不自由しなくなった孤児の笑顔だ。人が独りで紡ぐ笑いだ……これがお前の望みなのか?」 
 
 朝の光に芽吹きを視る。故郷を去る人々を見つめながら、ペテネーラは囁いた。
「どんなに辛くても生きてさえいれば、また来年春が来るわ……いい意味でも悪い意味でも、ね……」
 冷たい闇だけが湛えられた洞窟を見渡し、その扉を閉じる。そこに多くの亡骸が横たわる幻を、激しく頭を振って霧消させると、セラフィンは村の小径を歩きはじめた。辺りを見渡し、呟く。
「わたくしたちにこの土地を守り続けることはできませぬ……。ならば、せめてこの土地を守リ続ける皆様を……お守りせねば……」


マスター:水原曜 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:12人
作成日:2006/05/04
得票数:冒険活劇26  戦闘1  ダーク4  ほのぼの1 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。