旧ソルレオン王国平定:襲われし村と4人の騎士達



<オープニング>


●旧ソルレオン王国平定
 陽光の砦リドマーシュが、同盟諸国の国境を守るために『正義の防壁マルティアス』を奪還し、西方プーカ街道機動警衛隊は、西方プーカ街道の安全のために『悪』の旗の軍団を打倒して『光輝の武都ディグガード』を解放した。
 冒険者達の尽力により、旧ソルレオン王国との国境付近のモンスターは討伐され、西方プーカ街道が通じ、『樹上都市レルヴァ』をトロウルの手から取り戻す事ができた。
 こうして、同盟の人々を脅かしていた脅威は取り除かれたのである。

 しかし、旧ソルレオン王国には未だ沢山の人々が暮らしている。
 ソルレオンが壊滅したため、守ってくれる冒険者も無く、彼らはモンスターに怯えながら暮らしているのだ。
 彼らを救うには、一刻も早く旧ソルレオン王国を同盟に受け入れ、モンスターを倒すしかない。
 また、トロウルとの戦いが迫る今、樹上都市レルヴァと同盟諸国の間にある空白地帯――旧ソルレオン王国を確保する事は、同盟にとって急務なのだった。

※※※

「みんなも、レルヴァ再奪還戦の成功は聞いているわね。でも、強敵であるトロウル達と戦うには、まだ解決しなければならない事があるわ」
 ヒトの霊査士・リゼルは冒険者達を見渡し、今回の依頼についてそう切り出した。
「それは、滅ぼされたソルレオン王国のモンスターを退治して、安全に活動できる場所とする事よ」 と。

 旧ソルレオン王国は同盟領ではない。
 しかし、ソルレオンの冒険者は光輝の武都ディグガードが陥落した時に全滅している。
 つまり、旧ソルレオン王国には、その土地を守るべき冒険者が存在しないのだ。
「トロウル達に彼らを守る気は無いでしょうから、私達が彼らを守ってあげないと……」
 ソルレオン王国は、レルヴァ大遠征の敗北から多くの被害がでているが、元々、とても豊かな土地であったので、今、モンスターの被害さえ抑える事ができれば、復興までの道筋をつける事は難しくないだろう。
 しかし、この状態で冬を迎えてしまえば、状況はかなり悪化するかもしれない。

「という訳で、早急にモンスターの討伐を行うのが良いという事になったわ。モンスターがいる場所やその特性については、担当の霊査士が説明するから、よく聞いてちょうだいね」
 そして、リゼルは眼鏡をキランと輝かせて、最後にこう付け足したのだった。
「旧ソルレオン王国のグリモアは、今、主はいないのよね。住民の人々の理解を得られれば、この地域のグリモアを獲得できるのじゃないかしら」

●襲われし村と4人の騎士達
 街道から離れた山間の村。
 険しい山を望むその村はモンスターの襲撃によって、完膚なきまでに破壊しつくされていた。
 村を破壊したモンスターは、山へと戻っていき、そのモンスターはまだ山の中にいる。

「強力なモンスターの集団……だと思います」
 エルフの霊査士・アルペジオ(a90032)はそういうと、集まった冒険者に説明をする。
 彼が霊視した結果、このモンスター達は山の中にある拠点を中心にして周囲の村を襲い続けているのだという。
「現在は、襲うべき村がなくなっているので被害は出ていませんが、このモンスター達を放置する事はできません」
 真剣な表情で、アルペジオはモンスターについて説明を始めた。

 判明しているのは、4体のモンスター。

 1体目は、巨大な盾を持った騎士形のモンスター。
 攻撃はしてこないが、その持っている盾を使って、自分の体力を回復してしまうのが難点だ。

 2体目は、長い槍を持った騎士形のモンスター。
 その槍で、後方にいる敵も攻撃する事ができる。また、槍を使った突撃攻撃を行う。

 3体目は、巨大なハンマーを持った騎士形のモンスター。
 そのハンマーの攻撃は強力で、一撃で相手を戦闘不能にさせてしまうほどだ。

 4体目は、2本の剣を持った騎士形のモンスター。
 2本の剣を巧みに使い、敵を惑わしたり、敵の攻撃を防いだりする事に長けている。
 一番力が弱いが、攻撃を当てづらい敵になるだろう。

 このモンスター達を探し出し、退治するのが今回の目的となる。
 どのモンスターも重い鎧を着込んでいるので、すぐに分かるだろう。
「このモンスター達に囲まれてしまえば、熟練の冒険者といえども大打撃を受けかねません。囲まれないように探し出して、全て倒してください」
 アルペジオはそう区切り、また口を開いた。
「ですが、この4体以外にも恐ろしい敵がいるかもしれません。その場合は……できるだけ情報を集めて撤退するようにお願いします。この4体の他に新たな敵が加われば、勝利する事はできませんから」
 そういうとアルペジオはぺこりと頭を下げたのであった。

!注意!
 このシナリオは同盟諸国の命運を掛けた重要なシナリオ(全体シナリオ)となっています。全体シナリオは、通常の依頼よりも危険度が高く、その結果は全体の状況に大きな影響を与えます。
 全体シナリオでは『グリモアエフェクト』と言う特別なグリモアの加護を得る事ができます。このグリモアエフェクトを得たキャラクターは、シナリオ中に1回だけ非常に強力な力(攻撃或いは行動)を発揮する事ができます。

 グリモアエフェクトは参加者全員が『グリモアエフェクトに相応しい行為』を行う事で発揮しやすくなります。
 この『グリモアエフェクトに相応しい行為』はシナリオ毎に変化します。
 エルフの霊査士・アルペジオ(a90032)の『グリモアエフェクトに相応しい行為』は『献身(devote)』となります。
 グリモアエフェクトの詳しい内容は『図書館』をご確認ください。

マスターからのコメントを見る

参加者
桐一葉・ルカ(a05427)
黒龍騎朱雀眼・ザンクウェル(a08604)
蒼風煌弾・スピット(a10147)
碧・ヘラルディア(a13998)
嵐の中に舞い戻った戦竜・ソウリュウ(a17212)
詩歌いは残月の下謳う・ユリアス(a23855)
正義の矢・リュティーク(a27047)
天空の青・パニエ(a28408)
深淵の水晶・フューリー(a36535)
最終決戦の異邦人・ノヴァ(a47304)


<リプレイ>

●小さな石碑と
 冷たい風が、黒龍騎朱雀眼・ザンクウェル(a08604)の頬を撫でていく。
 彼の目の前にあるのは、小さな石碑。
 刻む名前はわからないが、ただ一言だけ。
『彼らに安らかな眠りを願う』
 少しだけ、風が暖かく感じられたのは、気のせいだろうか?
「この光景が夢だったら……」
 ふと、呟くように正義の矢・リュティーク(a27047)が囁く。
 瞳を細めて、悲しげにかつての村だった場所を見つめる。そう、ここは4人の騎士モンスターによって滅ぼされた村だった。幸いにもモンスターがいなかったため、先に準備を終えたザンクウェル達が慰霊のための石碑を建てたのだ。
 と、リュティークはゆっくりと首を横に振り、顔を上げた。何かを決意したかのように。
「英霊たちの遺志を継ぐためにも戦わないと……いけないわね」
 そのリュティークの言葉にザンクウェルは黙って頷く。
「いろいろ思う所はありますが、今は役目を果たしましょう」
 力強く同意するのは、木陰に眠る詩唄い・ユリアス(a23855)。
「はい、頑張りましょう、なぁ〜ん」
 ザンクウェルの手伝いをしていた、碧・ヘラルディア(a13998)も僅かに微笑む。
 と、準備を終えた深淵の水晶・フューリー(a36535)らがやってきた。
「そろそろ、行きましょう」
 フューリーの言葉を合図に、彼らはゆっくりと村を後にしたのであった。

●遭遇、強襲
 滅ぼされた村を中心にして、冒険者達は探索を開始する。
 この付近にいるかもしれない、騎士を探すため。倒すために。
 先行するのは、牙狩人の蒼風煌弾・スピット(a10147)とリュティーク。
 ユリアスの獣達の歌奥義で、騎士達が西の方角へと向かった事を知り、村の西側から探索を進めている。
「各個撃破できりゃええんやけど、『他の敵』ちゅうのも気になるわ。そうそう予定通りに運ばへんのが戦闘やからなぁ……」
 スピットは思わず呟く。
 スピットとリュティークは、後方の本隊と離れすぎず、近すぎずの距離を保ちながら、辺りを探索していた。
「どうや、姐さん。何かおったか?」
「いいえ、まだ何も」
 スピットの言葉に小さな声で応えるリュティーク。
「まあ、始めたばっかや。気長にやろか」
 その言葉に頷くリュティーク。
 と、そのとき。
 2人から少し離れた場所の草むらが動き出した。
 とっさに2人は弓を構える。
 そこに現れたのは、剣の騎士であった。

 どどーーんっ!!
「どうやら、見つかったようだな」
 剣嵐武踏を舞う戦竜・ソウリュウ(a17212)の青い瞳が細められる。その手に握るは、使い込まれた両手剣、龍長『覇竜』。ソウリュウが放つウェポン・オーバーロード改によって、形を変えた剣が光を反射する。
 いや、ソウリュウだけではない。ザンクウェルの持つ大太刀【布都御霊】にも、同じ力が……いや、それよりも力のある光に包まれ、その姿を変えていく。
「俺達も行くぞ。準備はいいか?」
 桐一葉・ルカ(a05427)は鎧聖降臨改によって、姿を変えた鎧を纏い、前に進む。
「ええ、行きましょう。スピットさんとリュティークさんが待っています」
 鎧聖降臨改をかけ終えた表裏縹色・パニエ(a28408)も後に続く。
「2人だけに任せるわけにもいかないしね」
 身に着けている術手袋の感触を確かめるように、拳を握り締めるのは驚天動地の異邦人・ノヴァ(a47304)。
 ウェポン・オーバーロードや鎧聖降臨、鎧進化で装備を強化した彼らは、先に戦うスピットとリュティークの元へと急いだ。

 木々の陰に隠れながら、2人は駆ける駆ける駆ける。
 惑わされるは2本の剣を持つ騎士。
「もっと、戦いやすい場所に移したいわね」
 形を変えた弓で、闇色に透き通った貫き通す矢を放ち、リュティークが言う。
「そうやけど、それはちょっと無理なんやないか?」
 同じく形を変えた弓で矢を放つは、スピット。
 奇襲は成功した。敵は放たれる矢に向かって駆けてくる。スピットとリュティークは、その距離を稼ぐために距離を開ける。何とかこれまでダメージを受けずにきていたが、敵の足は思ったよりも速い。開けた距離は徐々に縮まっていく。接近戦になれば、守る術が少ないスピットとリュティークが大打撃を受けて倒れる可能性も高くなる。
 幸いな事に未だ敵は1体。
「覚悟するか?」
「まだ相手は1体ですものね」
 2人は頷き、後ろを振り返る。煌く2本の剣。とっさに2人は手に持つ弓で受け止めようとした。
「はぁっ!!」
 2体の残像と共に現れたのは、ルカ。ルカから放たれたミラージュアタック奥義が双剣の騎士を薙いだ。
「遅いやないか」
 スピットが思わず叫ぶ。が、その顔には笑みが零れていた。
「2人とも大丈夫ですか!?」
 ユリアスが尋ねる。
「大丈夫や。俺も姐さんも無傷やからな」
 手にした弓を構えなおし、スピットが答える。
 2人の目の前では、双剣の騎士に激しい攻撃を与えている仲間の姿が見えた。
「よし、これで止め……」
 もう一度、ルカがそのアームブレードで騎士を貫く瞬間。

 ガキンっ!

「何っ!?」
 ルカの目の前に立ちはだかったのは、盾の騎士。
「ルカクン、下がって!」
 ノヴァが声を張り上げた。その声にルカは即座に下がる。
「これでも喰らいなさい、スキュラフレイムっ!」
 ノヴァの攻撃に合わせるかのように、フューリーも。
「ゲート・オープン……コード【ブレス】!」
 緑の突風を放ち、盾の騎士を吹き飛ばした。騎士はその盾でスキュラフレイムと緑の突風を受けている。全く効いていないという訳ではないが、大部分はその盾によって衝撃を和らげているようだ。
 すぐさま盾の騎士は、手に持つ盾をかざして、負わされた傷を癒す。
「どうする?」
 確かめるようにザンクウェルが問う。
「まだ戦いは始まったばかりですなぁ〜ん。力の全てを使い切ったわけではありませんなぁ〜ん」
 予定通りに、そう答えるヘラルディアの言葉に、仲間達は、頷く代わりに更なる攻撃を騎士たちへと向けた。

●集いし騎士達
 2本の剣が煌き、鉄壁の盾が冒険者達の攻撃を防御していく。
 盾の騎士が双剣の騎士の前に立ちはだかり、守ろうとするので、冒険者達は、思うようにダメージを与えられずにいた。
 均衡する戦い。
 だが、それも時間の問題。
 騎士達が受ける攻撃は僅かながら、確実に蓄積されている。
 ルカの放つ粘り蜘蛛糸奥義で騎士の動きを止め。
 ザンクウェルが放った達人の一撃奥義は、盾の騎士に多大なダメージを与えた。
 スピットの放つ貫き通す矢奥義は、盾と鎧を貫き、更なる打撃を与え。
 ヘラルディアとユリアスは、後方で仲間達の傷をタイミング良く癒していく。
 パニエの放つスキュラフレイム奥義で、盾の騎士は爆炎に飲まれる。
「ふう、こういう姿を見せられると、ソルレオン達が優秀な戦士だったってのが分かるな」
「相手を侮ってはいけないわ。ソルレオンの戦士達は、勇敢で逞しく頼もしい人達なのだから」
 ソウリュウの言葉に、リュティークが答える。ソウリュウは少しばつの悪そうに苦笑すると。
「そうだな」
 レルヴァ大遠征の時の惨状。その原因の一端を担っているかもしれないという負い目が、ソウリュウの肩に重く圧し掛かるようであった。だがそれは、ソウリュウの闘志を奮い立たせるものでもある。
 ソウリュウはキッと騎士を睨み付けた。
 騎士ではなく、遠い何かに対して。
「うぉおおおっ!!」
 熱い思いを込めてソウリュウは、剣と盾の騎士を流水撃奥義で切り裂いた。

 ズガガガガガッ!!!

「敵確認……ハンマーです!」
 フューリーが大きな声で呼びかける。
 巨大なハンマーを持つ騎士が後方にいたヘラルディア、リュティーク、パニエ、スピットが一気に大打撃を食らう。
「皆さん、すぐに癒しますからねっ!!」
 運良くその攻撃から逃れていたユリアスが、高らかな凱歌奥義で皆を癒す。

 キィイイイン!!

 高らかな凱歌を歌うユリアスを貫いたのは、一本の長い槍。
 大怪我を受けたものの、ユリアスの息はまだある。
「4体、全部が揃ったみたいだな」
 ザンクウェルが僅かに笑みを浮かべた。
 彼の瞳に映るは、血に濡れた槍を構える騎士。
「ルカ、そいつは任せたぜっ!!」
「お前に任されなくとも、止めは刺す」
 ザンクウェルとルカは互いに頷き、動き出す。
 彼らの戦いはまだ、始まったばかりであった。

●地に眠れ騎士達
 モンスターとの戦いは激しさを増していく。
「ゲート・オープン……【レストレイント】」
 フューリーが緑の束縛を使用し、盾の騎士の動きを封じる。
 その横でハンマーの騎士がスピットを攻撃する。
「く、見境ないんやな……」
 切った唇をぬぐいながら、スピットは騎士から離れ、間合いを取る。
「ユリアス様、しっかりなぁ〜ん……」
 ヘラルディアのヒーリングウェーブ奥義で傷を癒したユリアスは、手に持った儀礼用短剣、蒼き浄化の風『環那岐』でハンマーの騎士に、強烈な衝撃波を当てていく。
「行きなさい、ホーミングアロー!!」
 リュティークが確実な一撃を双剣の騎士に当てた。
 同時に斜面を駆ける2体の残像が飛び掛る。
「これで最後だっ!!」
 渾身の力を込めたルカの放つミラージュアタック奥義。
『グアアアアアアアガアアアア!!!!』
 それが、双剣の騎士の最後だった。
 音を立てて、2本の剣が地に落ちた。

 がきん!!

 鈍い金属音が響く。
 武器と武器が激しくぶつかる。
「其れを振るわす訳にはイカンのでね、少し付き合ってもらおう」
 長い槍をその剣で受け止めるザンクウェル。
 本来ならば、ウェポン・オーバーロードでソードブレイカーを発現化させて、相手の武器を絡め、封じるつもりであった。しかし残念ながら、ウェポン・オーバーロードには、そこまでの力は無かった。
 こうして、相手の攻撃を自分に引き付けるだけで精一杯であった。
 後方では仲間達が術で騎士達にダメージを与えている。
「スキュラフレイム!」
 ノヴァの放ったスキュラフレイム奥義が槍の騎士に炸裂する。
 その隙を、ザンクウェルは見逃さなかった。
 ザンクウェルは低い姿勢で相手の間合いに入り込む。
「この地で眠れ、哀れな騎士よ」
 呟くように囁き、達人の一撃奥義で槍の騎士を切り裂く。
『グオオオオオオオウウオオオオオ!!!』
 槍の騎士の断末魔が響く。
 からんと音を立てて、槍が1本、地面に突き刺さった。

「デモニックフレイム!!」
 体力が尽きてきたハンマーの騎士に向かって、ユリアスはデモニックフレイム奥義を放つ。
 しかし、まだ相手は生きている。
「く、まだですか……」
 そういうユリアスの後ろから声が掛かる。
「後は俺に任せろっ!!」
 ソウリュウの青い長い髪が風になびいた。
「うおおおおおっ!!」
 ソウリュウの力を込めた剣がハンマーの騎士を切り裂いた。
『ゴガガガガガアアアアアアガアア!!!』
 ずうんと、重いハンマーが地に落ちた。
 これで、残りは盾の騎士のみ。
 冒険者達の視線は、生き残った騎士に注がれたのであった。

●追うもの。追われるもの。そして、見つけたもの
「待ちなさい」
 逃げる盾の騎士。
 それを追う10人の冒険者。
 4体いた騎士は既に1体のみとなっていた。一人残された盾の騎士は、こうして今、逃げている。
「まさか、逃げるとは思いませんでした」
 冷静な瞳で盾の騎士を追うフューリー。
「全く油断も隙もありゃしないぜ」
 そう悪態をつくザンクウェルに良い知らせが届く。
「前を見るんや、行き止まりやで!!」
 盾の騎士が立ち止まる。
 その先には切り立った崖。
 そう、盾の騎士は行き場を失った。もう、逃れられない。
「フューリーちゃん、手伝って!」
「了解、行きます!」
 フューリーが緑の突風を放つ。
 そして。
「デモニックフレイムっ!!」
 ノヴァの放つデモニックフレイムは、見事、盾の騎士に止めを刺した。
 デモニックフレイムで生み出されたクローンは、ゆっくりとノヴァの元へと行く。
「……そういえば、これって、最後の敵だったのよね」
 同士討ちを狙っていたノヴァが苦笑を浮かべる。
「皆さん、あれを見てください!!」
 パニエが指差した先にあったもの。
「な、何だあれは……」
 ルカが思わず呟く。
 彼らの視線の先にあるのは、巨大な城砦。
 切り立った崖の下に鎮座するそれは、まるでチェス板を思わせるような壁をしていた。白と黒のタイルが眩しく見える。
 立派な城砦であるが……人の住んでいる気配がない。
「もしかして、アルペジオ様が言っていた恐ろしい敵ってこの事でしょうか?」
 ゆっくりと城砦に近付き、様子を伺う冒険者達。
 しかし、その探索もすぐに打ち切られる。

 ざっざっざっ!!

「ま、まさか……」
「モンスターっ!?」
 城砦に足を踏み入れようとした冒険者達に襲い掛かるは、何体ものモンスター。
 そう、敵はあの騎士だけではなかったのだ。
 女性型モンスターに、まるでチェスのポーン駒を思わせるようなモンスターまでいる。
 すぐさま戦闘状態に入る、冒険者達。
「撤退だっ! 早く逃げて、この事を報告しようっ!!」
「了解!!」
 モンスター達に追われるように逃げる逃げる逃げる冒険者達。
 この戦いで重傷を負ったのは4人だけ。盾の騎士のクローンがいなければ、さらに重傷者が出たことだろう。
 激しい戦いを潜り抜け、やっと同盟諸国の地に辿り着いた彼らは、怪我もそのままに報告を行う。

 モンスターの巣窟になっている城砦がある、と……。


マスター:風祭あいり 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:10人
作成日:2006/09/16
得票数:冒険活劇19  戦闘10  ミステリ6 
冒険結果:成功!
重傷者:桐一葉・ルカ(a05427)  黒龍騎朱雀眼・ザンクウェル(a08604)  嵐の中に舞い戻った戦竜・ソウリュウ(a17212)  詩歌いは残月の下謳う・ユリアス(a23855) 
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。
 
正義の矢・リュティーク(a27047)  2009年09月12日 18時  通報
この時のDG……カダスフィアフォートは後々色々な事件が起きたわね。
見つけたときは考えもしなかったわ。