ミュントス略奪部隊:紫電の繰り手



<オープニング>


●ミュントス略奪部隊
 5月8日行われた大作戦『ザンギャバス包囲網』において、冒険者達は苦い敗北を味わった。
 多くの冒険者が命を落とし、或いは重傷となりながら、ゲート転送を使い退却してきたのだ。

 しかし、退却できたのは冒険者だけであった。
 チキンレッグランで街道が整備され、本格的な復興が始まったばかりの旧モンスター地域に住む人々は、冒険者という楯を失い、侵攻して来るミュントス軍の前に無防備で置き去りにされたのだ。
(アンサラー護衛士団、エルドール護衛士団の一部が、旧モンスター地域の砦に駐留しているが、その戦力ではミュントス軍の侵攻を牽制する程度の効果しか見込めず、旧モンスター地域全域を守ることは不可能だった)。

 この事態に、円卓の間でも、ザンギャバスとの再戦・死者の祭壇の再奪取を行う為の議論が続けられていたが、そこに、旧モンスター地域の現状を知らせる報告がもたらされた。
 それは、ミュントス軍の冒険者達が、旧モンスター地域の住民を襲い、次々と死者の祭壇方面へと連れ去っているという報告であった。

 冒険者にとって、この報告は到底見逃せる物ではなかった。
 冒険者としての誓約の中で最も大切な誓約。
 それは『自らの民を守り、助ける為の努力を怠らない』なのだから……。

※※※※

「どうやら大変な事になっているようね」
 今回の依頼の背景を説明したヒトの霊査士・リゼルは、沈痛な面持ちで、こう続けた。

「彼らが何故、人々を攫っているかは判っていないわ。でも、若い女性が攫われて残りは皆殺しにされたという村が多いみたい」

 ミュントス軍は、数人のノスフェラトゥ冒険者と多数のアンデッドで一つの部隊を編成して略奪を行っている。
 そして、アンデッドの中には『骨で出来た家のようなアンデッド』が居て、そこに攫った人々を閉じ込めて護送しているようなのだ。
 ノスフェラトゥ戦役で使われた『骨の城』の小型の物といった物なのだろう。移動速度はノソリンより少し早い程度だが、一度捕まったら、冒険者で無い者が自力で逃げ出すのは不可能だろう。

「今回の作戦の目的は、ミュントスの略奪部隊から人々を守る事。そして、攫われてしまった人達を、無事に救出すること。それに、ミュントス軍が放った強力なアンデッド……ゾンビジャイアントやアンデッドモンスターを退治する事も重要な任務になるわ」
 ゾンビジャイアントやアンデッドモンスターは、周辺の街を襲いながら街道沿いに移動している。

 周囲にノスフェラトゥの冒険者の姿が無い事から、略奪では無く破壊工作の為に放たれているのだろう。
 同盟諸国に打撃を与えるだけで無く、街道沿いに多くの死体がある事は、ノスフェラトゥ軍の次の作戦に有益な事なのだろう。

「いま、先の大作戦や旧モンスター地域から送られた物品などから霊査士達が最優先で霊視しているわ。詳しい事は、それぞれ霊査士から聞いて頂戴」
 リゼルはそう言うと、冒険者達に、祈るような視線を向けた。

●紫電の繰り手
 紫の雷光を身に纏い、駆け行く獣が二匹。
 大型の狼の姿をしたその獣は、逃げ惑う民を追う。
 容易く追いつかれた年若い夫婦と、生まれたばかりの新たな命は、ただすれ違っただけで、紫電に打たれ絶命する。
 その獣が爪を振るう必要など無い。ただすれ違えば、それだけでヒトなど死すのだから。
 数十に及ぶ避難民の群れを蹂躙した獣は、ただ街道をひた走る。
 後には黒焦げの、ヒトだったものだけが残された……

「獣……いえ、あれはアンデットモンスターね。目標はただ街道をひたすらに南下。途中遭遇した村や避難民の集団を蹂躙し、走り続けているわ」
 霊査士リィーンは語る。獣は紫電を常に身に纏っており、接近戦を行う際はそれによるダメージを覚悟しなければならない。
「また、目標は全く街道を外れていないのに、街道から離れた位置にも犠牲者の亡骸が『見えた』わ。これより考察するに……」
 獣には遠距離攻撃手段もあるようだ。距離をとって攻撃すればよいと言うものでもないだろう。
「皆がつく頃には、奴は新たな獲物……避難民の一団と遭遇した頃よ。避難民の数は六〇人……半数、救えれば良い方ね……」
 冒険者が遭遇した際には既に獣による殺戮が始まっている。全てを救うことは……不可能だ。
「私も行きます」
「オランゲ? ……大丈夫なの?」
「少なくとも避難民の方々よりは遥かにマシだと思います。……私だって、冒険者です」
 突然のオランゲの発言に驚き、つい聞いてしまったリィーンだったが、オランゲの凛とした返事に考えを改める。
「そうね、行って来なさい。冒険者の使命を果たす為に」
 
=========================
!注意!
 このシナリオは同盟諸国の命運を掛けた重要なシナリオ(全体シナリオ)となっています。全体シナリオは、通常の依頼よりも危険度が高く、その結果は全体の状況に大きな影響を与えます。
 全体シナリオでは『グリモアエフェクト』と言う特別なグリモアの加護を得る事ができます。このグリモアエフェクトを得たキャラクターは、シナリオ中に1回だけ非常に強力な力(攻撃或いは行動)を発揮する事ができます。

 グリモアエフェクトは参加者全員が『グリモアエフェクトに相応しい行為』を行う事で発揮しやすくなります。
 この『グリモアエフェクトに相応しい行為』はシナリオ毎に変化します。
 ストライダーの霊査士・リィーンの『グリモアエフェクトに相応しい行為』は『献身(devote)』となります。

※グリモアエフェクトについては、図書館の<霊査士>の項目で確認する事ができます。
==========================

マスターからのコメントを見る

参加者
凍華・フレア(a00410)
朱弦月の紡師・オラトリオ(a00719)
蒼輝の珠玉・クウォーツ(a00767)
想唄の日晴猫・ファミリア(a03208)
紅蓮と白銀の翔剣士・カイ(a03487)
お昼寝大好き・シャンテ(a14001)
陽煌の剣風・シフォン(a17951)
闘姫・ユイリ(a20340)
火の・ハンソー(a22844)
雷獣・テルル(a24625)
NPC:大樹が如き力を求む・オランゲ(a90097)



<リプレイ>

●成すべき事を成す為に
 霊視の結果を頼りに、ひた走る十三人もの冒険者。
 だがこれだけの手勢が集まっても、全ての難民を救うことは叶わない。
「(紫電を纏った獣……わしら冒険者が呼び込んでしまった災厄……)」
 長時間の疾走は冒険者と言え体に大きな負荷をかける。だがそれ以上に重い心の痛みを、輝石の皇子・クウォーツ(a00767)は感じていた。
「(全てを救いたいと思う気持ちは……身の程知らずの傲慢さなのだろうか……?)」
 答えの出ない思考の迷宮。迷う彼の背を、ポンっと叩く者がいた。
「オラトリオ?」
 振り向いたそこに普段どおりの笑顔を浮かべ走る朱月の絃奏師・オラトリオ(a00719)の姿があった。
「僕たちは所詮神ならざる者です。抱えられるものは有限、全てを救うことは出来ません。それでも、救いたいと願うのなら……踏み出しましょう」
 と、その時先頭を走っていた深緑の雑草・カイ(a03487)が声を張り上げた。
「見えましたよ!」
 一行の纏う空気が変わり、更に進軍のスピードが上がる。
「少しでも避難民をモンスターから護り抜きます」
「これ以上は……やらせない!」
「全ては無理でも……救えるだけは救うまで」
 蒼の想唄・ファミリア(a03208)、闘姫・ユイリ(a20340)、蒼穹の銀雪・シフォン(a17951)が、それぞれの誓いを言葉に込めた。
 一人ではない、志を同じくするものがこんなにも近くにいるのだ。
「クウォーツくん?」
 再びオラトリオがクウォーツに呼びかける。クウォーツは脇に抱えていた魔道書を握りなおした。
「まだ、膝を付くには早すぎる……まだ救える命があるのじゃからな」
「行っくなぁ〜ん!」
 お昼寝大好き・シャンテ(a14001)の声に合わせ、冒険者達が動き出す。
 全員が真正面から向かっていくと、逃走中の避難民の邪魔となる為、ある者は集団の左手から、ある者は右手から。そして集団の真っ向からも冒険者達は駆けて行く。
 ただ、成すべき事を成す為に。

●紫電の繰り手
 既に獣は避難民の集団へ接触していた。
 肉の焦げる嫌な匂いがする、人々の悲鳴が周囲を満たし、時折あがる断末魔。
 そこは、言わば地獄。逃げ惑う難民達をすり抜け、目標の獣へと冒険者達は接近していく。
「クッ、これでは満足に動く事も出来ん……あれは!?」
 入乱れる難民を掻き分け、やっと獣を己の視界に捕らえた時、凍華・フレア(a00410)は獣の纏う紫電が一瞬膨張したのを見た。
 次いで開かれた獣の口より放たれる雷光。一直線に伸びた雷光は、ただ掠めただけの民をも一瞬にして絶命させた。
「チッ、あれが紫電を纏うアンデッド?……ったく、何でもアリだな」
 予想以上の雷光の威力に、運送屋・ハンソー(a22844)は思わず悪態をつく。
「!? これ以上、傷つけさせない!」
 一撃で奪われた多くの命を前に、ファミリアは険しい顔で鮫牙の矢を放つ。
 鋭い逆棘を備えた矢は、獣の体を傷つけ黒い血を流させた。
「オランゲ、束縛の一撃を!」
「了解です!」
 雷牙・テルル(a24625)の言葉に答え、黒炎覚醒により黒炎を纏ったオランゲが暗黒縛鎖を放つ! オランゲの体より放たれた、歪な形の鎖が二匹の獣に伸びた。
 獣に絡みつき締め付ける鎖。だが一頭がその束縛から脱してしまう。対し、オランゲは反動で体の感覚を失い膝を付く。
「抜かせん、この場に留まれ!」
 再び難民に向かい走り出そうとする獣にシフォンが間を詰めた。駆けつけた勢いを殺さず、そのまま両手剣を持って獣の脚に切りつける。
「!? クッ……!!」
 途端全身を駆け巡る電撃。彼女の銀髪が紫電を浴びて乱れ舞う。それでも踏み耐え、剣を振りぬく!
「アナタの相手は此方ですよ!」
 その間に獣の後方に回り込んだオラトリオがスーパースポットライトを発動した。白昼にも関わらず目が眩むほどの閃光を受け、獣は一瞬オラトリオに注意を向けるが、それでも興味は難民にあるらしい。
「効果は薄いようですが、効かない訳ではないようですね」
 カイはもう一方。今だ鎖に束縛されている獣の注意を引くためスーパースポットライトを発動する。
 此方も注意を引くのは一時的なものだが、それでもその間に難民が逃げてくれれば……。
 無論、素早く敵を倒せればそれに越した事は無い。雷牙・テルル(a24625)は長剣を腰に添え、束縛されている獣に迫る。
 近づくだけで自身を襲う雷光を耐え踏み込み、此方も闘気を稲妻に変え剣に宿し、白き軌跡を描きつつ居合いを放つ!
 紫の雷光を、白の稲妻が切り裂き、テルルは確かな手ごたえを感じた。
「こいつは俺たちに任せて逃げろ! こいつらはここから一歩も通さねぇ!!」
 振り返り背後の避難民に檄を飛ばす。……避難民は、あまりの出来事に動けないでいた。

 既に多くの者が死んでいた。冒険者の到着により気が抜けてしまったのか、自身が置かれた状況を、先程より少しばかり深く理解した避難民はその一部が腰を抜かしてしまったのだ。
「皆こっちに逃げるなぁ〜ん!!」
 冒険者達が獣の誘導を試みている方向とは逆方向、シャンテが尻尾をピンっと立て、思いっきり手を振って合図をする。
 必死にそちらに向かっていく者たちも居るには居るが……。
「ホラ……しっかりしろ。前のヤツ等に着いてくんだ」
 ハンソーが肩を貸し、二人運ぶ。だが圧倒的に手が足りない。これでは安全な場所までの退避など不可能だ。
「(だが……守るって決めたんだ。諦めねぇ、諦めねぇぞ……!!)」
 それでも少しづつ、難民をつれハンソーは進む。他にも動ける避難民が仲間を支え、なんとか全員が動き始めたが、その動きは酷く緩慢。
 徐々に湧き上がる焦りをハンソーが感じ始めたとき、先頭で誘導をしていたシャンテが駆け戻ってきた。
「ハンソー! 後ろなぁーん!!」
「チッ!!」
 肩を貸していた難民を突き飛ばし、ハンソーは反転。二本の剣を引き抜くと地面に突き立てた。
 次いで来る衝撃と熱。体を駆け巡る電撃。歯を食いしばり耐え、ハンソーはその攻撃を受けきった。……が、更にもう一撃!
「なぁ〜ん!!」
 自ら体当たりで止めに入るシャンテ。雷光に弾かれ、彼女の体は僅かに飛んだ。
 立ち止まり心配げにこちらを見る避難民達。
「わたしは冒険者だから丈夫だなぁ〜ん。皆早く逃げるなぁ〜ん」
 体の痛みに耐えながら、それでも彼女は笑う。これが、今の自分の大切な仕事なのだと信じて。

「大丈夫ですか!? エレア、ハンソーさんとシャンテさんに癒しの聖女の回復をお願い」
「うん!」
 ファミリアの要請に答え、彼女のサポート、エレアノーラ(a01907)はハンソー達に駆け寄った。
「あんま持ちそうにねぇ……。サッサと決めてくれ……!」
 辛そうなハンソーの答えに頷きファミリアは向き直る。
「(止められなかった……!)」
 雷光を打たせまいと攻撃を繋げていたのだが、痛覚の無いアンデットは意に介さなかったようだ。
 オランゲの束縛は二匹共に解かれ、追加の暗黒縛鎖は拘束に失敗。獣は今にも避難民の追撃に走ろうとしている。
 それをオラトリオとカイが使える限りのスーパースポットライトで引き止め、更に二匹を引き離せられたのはせめてもの幸運。
 分断に成功した冒険者達は、一気に仕留めるべく事前の決め事通り二班に別れ、獣の掃討に入った。

●冒険者の誓いの元に
「進ません」
 フレアの頭上に生まれた火球が、獣の横っ腹に炸裂する。
 体を僅かに揺らし、それでも獣は前に進もうとする。正面に立ちはだかるシフォンが紫電を纏った爪を剣で受けた。既に幾度目かになる電撃だが、慣れる物ではない。
「大丈夫ですか?」
 だが、その度行われるスタイン(a04948)の回復が、非常に心強かった。
 シフォンに攻撃を受けられ、動きが止まった獣。その鼻先に、オラトリオの剣舞が炸裂した。更に追い討ちにオランゲのニードルスピアが放たれる。
 流石に思わず後づさる獣、その横から無造作に接近したユイリ。獣がその存在に気付いた時には、目にも止まらぬ斬撃をその身に受けていた。
「……うぅ、ビリビリする」
 手をフラフラとさせ、呟くユイリ。獣はそんなユイリを見つめ、動かない……怯えている?
「ここが好機か!」
 当てられる時に当てる。シフォンは両手剣を下段に構え、一気に間を詰めた。闘気が白き稲妻となって刃に宿る、そして放たれた居合いの一撃は獣の体を大きく切り裂いた。
「!? ……ガアァァアァ!!」
 獣が始めて上げる雄叫び。纏った紫電が膨張し、口内に光が灯る。次いで放たれた雷光は……、
「皆、きっと凄く怖かったよね。だから、引かない。今度は……絶対、裏切らない……!」
 ユイリが、その手に持った盾で雷光を受け止める。先の接近戦で受けた紫電のダメージ、それに加えての雷光がユイリの限界を超えた。
「……いい加減、倒れろ!」
 先程より一回り大きな火球。フレアのエンブレムノヴァが獣の最後の体力を削ぎきった。

「やっぱり、回避したら助けに来たとはいえないでしょうしね……!」
 囲む冒険者を意に介せず、雷光による攻撃を続けようとする獣。それを体で受け止め、カイは唸り声を出した。
 やられてばかりではないとカイは正面から切りかかる。残像を残すほどの高速の攻撃。紫電により、体が痺れるのを感じながらカイは獣の胸を切り裂く。
「止まらない……!」
 ファミリアの表情に焦りが浮かぶ。ホーミングアロー、貫き通す矢、次々と放つ攻撃は確実に獣の体力を削いでいるのに、痛みを感じぬアンデットには牽制にもならない。
 そして、再び放たれる雷光。シャンテが受けてくれたようだが、彼女もそう長くは持たないだろう。
「くそ! 無視すんじゃねぇ!」
 電刃衝で攻め続けるテルル。緑の束縛を打ちつくし、エンブレムシャワーでの援護に徹していたクウォーツがそんなテルルを窘める。
「鎧聖降臨を行っているとは言え、出すぎは危険じゃぞ!」
「だけど逃げられると拙いだろ! だったら短期決戦しかないじゃねぇか!」
「それに戦っていれば、自然に紫電でダメージが蓄積します。慎重なんて言葉は抜きで行くしかありません!!」
 テルル、そしてカイの言葉ももっともだ。そして、獣の体力は確かに後僅かの所まで減っていた。
「……グルゥガァア!!」
 獣が吼えた。残った力を振り絞るように、正面に立ちはだかるカイの頭上を跳躍する。そして、着地と同時に放たれる雷光!
「!? 逃がさない!」
 咄嗟に放たれたファミリアの鮫牙の矢が、獣の喉を貫く。
 獣は、ゆっくりと倒れた。

 最後に放たれた雷光。それは逃げ遅れていた老人に対する攻撃だった。
 老人に寄り添っていたハンソーは舌打ちする。自分は今かなりの手傷を負っている、シャンテは場所的に間に合わない、回復を行ってくれていたエレアノーラは折り悪くカイ達の回復に向かっていた。
 ハンソーの胸に、ふと冒険者の誓いが浮かぶ。
『自らの民を守り、助ける為の努力を怠らない事』
「……解ってるさ」
 老人を背に回し、ツインサーベルを突き立て構える。雷光が迫りぶつかる瞬間……ハンソーの前に光の障壁が現われた。
 雷光を受け止める光、衝撃は伝わってくるが耐えられない程でもない。
「グリモアの力なぁ〜ん……」
 シャンテの声が聞こえる。障壁は、雷光の消滅と共に消え去った。

●汝等は、希望のグリモアの冒険者
 戦闘直後。冒険者達が行ったのは謝罪だった。
 民を守るべき冒険者が呼び込んでしまった災厄。避難民達はただ黙って謝罪を聞くとただ一言返してきた。
「手伝ってくれ。仲間を……弔いたい」
 疲労していて動くのも辛い筈なのに、冒険者達は快く受け入れ墓を掘る。
 出来上がった簡素な墓の前に、オランゲに支えられユイリが立った。
「守れなくてごめんね……もう負けない。負けないから……」
 零れそうになる涙を必死に堪えるその姿を、民達は黙って見ていた。

 クウォーツの護衛の申し出を、民達は無言で受け入れた。
 街道を、ただ無言で歩く。非難もされなかったが、感謝もされなかった。
 冒険者達は心と体に疲労を抱えながら、それでも笑顔を崩さなかった。疲れた者に肩を貸し、重い荷物は代わりに背負う。
「お兄ちゃん」
「ん、なんだ?」
「お父ちゃん、見つからないの」
 駆け寄ってきた女の子がテルルに問いかけた。何も知らないという無垢な顔とその言葉が、モンスターに付けられた傷よりなお痛む。
「……任せてください」
 少女は、後ろからやってきた女性に連れられて行った。
「ごめんな……」
 謝る事、頭を下げる事しか出来ない。そんな自分が歯がゆかった。

「……辛いもんじゃな」
「仕方ありません。大切なものを失った人達、その原因となった僕達。……今は頭を下げる事しか出来ません。無力で愚かな冒険者には……」
「……そんな事、言わんでくれ」
 気持ちを吐露していたクウォーツとオラトリオ。そんな二人にフレアに支えられた中年の男性が声をかけてきた。
「さっき雷を防いだ光、グリモアの力なんだってな?」
「あぁ……」
 男性の問いかけに、フレアが答える。
「あんた等のグリモア、希望のグリモア。そのグリモアがあんた等に力を貸したんだ、じゃあ俺はあんた等を信じてみようと思う」
「……?」
 言いたい事を掴みかねて首をかしげる冒険者。そこにシフォンに支えられ、今度は青年がやってくる。
「希望のグリモアの冒険者なんだろ? だったら弱気な事言わんでくれよ……神様が居ないこの世界で、あんた等だけが、俺たちの希望なんだからさ……」
 青年は恥ずかしげに頭を掻き、控えめな笑顔を浮かべた。

 多くの人は、まだ冒険者への不信を拭えてはいないかもしれない。
 だが、信じてくれる者も、まだ確かに居る。今はただ、此処にある生を守れたことを誇りに、冒険者達は歩むのだ。


マスター:皇弾 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:10人
作成日:2005/05/31
得票数:冒険活劇17  戦闘10  ダーク5 
冒険結果:成功!
重傷者:闘姫・ユイリ(a20340) 
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。
 
雷獣・テルル(a24625)  2009年09月12日 13時  通報
この依頼が今の俺の原点……かな。
避難民の人にかけられた言葉、今でも覚えてるぜ。

はじめての戦争、はじめての敗戦、はじめての全体依頼。
俺もだいぶ後でグリモアエフェクト達成したけど、
このハンソーさんのには勝てないな……と今でも思う。