≪酒場『Eulenspiegel』≫闇鍋誕生会

 その晩、酒場『Eulenspiegel』には『貸し切り』の札が下がっている。いつも貸し切りみたいなものだが……という野暮はよそうじゃないか。
「昨日と今日が誕生日の諸君、おめでとさん!」
 美麗! グレイト! オカッパ頭の青い髪! いつも格好いい店長ことネロが宣言する。
 ごく平穏な誕生パーティのようなのだが、さにあらず。
「誕生日会のメイン料理に闇鍋を作ってみました!」
 などと叫んでネロは、ずしっと巨大な鍋をテーブルに置いたのである。
 湯気が踊り、温かな香が漂った。
「えーっと……とりあえず皆さんおめでとうござ……」
 パルは箸を取ったところで、ぴくりと静止した。
(「闇鍋、って言いました?」)
 温かな香……の正体は刺激臭だ! 鍋の中に、得体の知れないものが顔をのぞかせている。信じがたいが紙束(!)まであった。
「こーいうのは主役が先にやってくれないとアレですから。私はもう少し後でお願いします」
 蒼白になり、パルはそそくさと身を引いた。
「ヒィ! 丸ごと蜜柑も混じってない!? 祝い事にスリル求めなくてもいいじゃんか」
 ピジョンが抗議の声を上げるも、ネロは胸を張って答えた。
「だって我輩、今、甘いモンも辛いモンも食べる気分じゃないんだもん」
「全然それ納得いく説明になってないヨ!」
「安心しろ! この優しい我輩が、しっかり甘い物も辛い物も入れといてやったから」
「ますます安心できな……!?」
 店が暗転する。ネロが店内の灯りという灯りを消したのである。
「ケーキとかさ。普通のパーティ的な………無理ですかそうですか」
 半泣きのチノは、小さいものをつまんで口に含んだ。
「酸っぱ! 鍋なのに酸っぱ!」
「ちぇっつまんねーの! ただの梅干しだ」
「いえ十分インパクトはあると思うんすけど!」
 ディオも鍋に近づく。
「塩辛が、お鍋をカオスにしている気がする。せっかくだし私も……」
 彼女がつかんだのは椎茸、セーフ食材だが、カオス汁につかってイイ味加減(?)だったりする。
「遅くなってごめんなー! ン? なんか店暗い? これ食べるのか?」
 来店するなりクロウは、ぱくっと白いものを口に入れた。
「うん、餅だな。甘辛いが美味い」
 セーフ。
 ペルレが掴んだブツも、ラッキーなことに長ネギだ。
「ネギといえば、してやんよーでごザイましてヨー」
 彼女はネギ一束を片手に踊るのだった。
「これは野菜なぁ〜ん?」
 クルックの選択も比較的当たりといえよう。アボカドなのだ。
 もちろんセーフでない人もいた。ピジョンはマグロの目玉に悶絶し、パルも飛ぶ。
「それでは地雷を踏みに行きましょうかっ!」
「残念。ただの羊羹のようだ」
「この温かい甘さが……はぅ!」
 ネロはニヤニヤと笑った。
「完食できなかったか……ならばこのまま年越しと行こう!」
 マジデスカー! という抗議の声を聞き流し、
「喜べ、まだまだ具はある!」
 湯気上げる鍋をネロはつつくのである。来年もよろしく!
【マスター候補生:桂木京介

⇒⇒⇒元スレッドを見る