西灰三
基本画面 リプレイを見る
公開中のシナリオ

公開中のシナリオはありません。


自己紹介(2012/12/25 雑記更新)
いつもお世話になっています。マスターの西灰三と申します。
あ、読み方はお好きなようにお願いします。(オフ会では「ひぐれ・かいざん」「にし・はいさん」と呼ばれたりします)

シナリオ傾向などは出しているリプレイを見ていただければと思います。コメディやシリアスなどが多目でしょうか。大体満遍なく書いていこうと思っています。

またプレイングに「思っていること」「具体的な行動」「セリフ」を書いていただけると活躍の描写が増える傾向にあります。

判定はやや厳しい方だと思われます。またたまに「成功はしたけれど……」と言うような判定もありえますので、望む結果がある場合は相応のプレイングをお願いします。

白紙プレイングはリプレイへの出現率が著しく下がります。イベントシナリオでは表記しません。事前のプレイング投稿をお勧めいたします。

いただいたファンレターなどは大事に保管させていただいています。ふと読み返してはパワーをもらったり。いつもありがとうございます。

また更紗嬢・アラン・知代子の担当をさせていただいていますので、彼女らともどもよろしくお願いします。
GTや手紙なども大変ありがたく頂戴しております。
NPCとのイラストの申請については既に感情をこちらから抱いている場合はご自由にどうぞ。されて無い場合は各NPCに連絡をお願いします。その際イラスト発注文を添えていただけると幸いです。

結社シナリオの申請については、申請時の説明書きや図書館等の記述を参考にして申請文の作成をしていただけると受理率が上がると思われます。

それでは皆様がこの世界でよい冒険と成長の日々を過ごされることを願います。

*07/05/10 名前の読み変更、白紙プレについて追加、その他細部変更
*07/10/02 再び名前の読み変更、NPCに知代子を追加、イラストの項の追加
*08/06/02 判定の厳しさの部分を変更、結社シナリオについて追加
 雑記:2012/12/25

あとしばらくの日時を置いてシルバーレインは終わりとなります。
最初期から今まで約6年と3ヶ月ほど、一緒に参加させていただきました。
これまで多くのプレイヤーとキャラクターの方々のご協力もあり、終わりの日を迎えることができそうです。

……何書いていいか分からなくなりますね。

いささか簡潔ではありますが次の言葉に代えさせていただきます。

長い間のお付き合い、本当にありがとうございました。

 雑記:2012/12/25
西「ところで最後まで浮いた話なかったよな」
更「それも担当に」
西「やかましい」

 雑記:2012/12/25
西「……別に言うことないや」
更「そう言うと思ってました」
西「はなむけの言葉、必要か?」
更「いえ、別に。あ、でもお金くれるんなら下さい」
西「ねえよ。……お前本当に公式NPCなのか?」
更「担当に似たんじゃないんでしょうか」
西「こっちのせいにするなよ」
更「何はともあれさよならですね」
西「そうだな『然様なら』だ。仕方あるまいよ」
更「それでは『然様なら』」
西「『然様なら』だ」

 雑記:2012/12/25
西「で、だ。正直いろいろすまんかった」
知「だけど後悔はしてないわよね」
西「……うむ。結局、良かったのか?」
知「きっと生きていくって、出会って別れての繰り返しでしょ」
西「……泣いてもいいんだぞ?」
知「隠れて泣いたから。もう、大丈夫」
西「……そうか」
知「それよりも入試が近いんだから勉強の追い込みしないと、浪人は嫌だし」
西「そういう時期だよなあ、ま、体に気をつけてやれや」
知「ぼちぼち、ね」

 雑記:2012/12/25
西「これで、この物語はおしまいだな」
ア「だが物語が終わっても私たちは生きていく。この世界で」
西「関わった人の心の中でもな」
ア「寂しく無いのかい?」
西「よく分からん。……まあそう思う時もあるんじゃないのかな。分からないと言えば、結局最後までお前の事は理解できなかった気がする」
ア「そういうものだろう、他者というものは」
西「まあそういうもんだよな、今後も健闘を祈る」
ア「ありがとう」

 ⇒⇒⇒過去の雑記(95件)
合計ポイント 3897ポイント(納品数:148)
楽しい 28% 笑える 15% 泣ける 00% カッコいい 23% 怖すぎ 01%
知 的 11% ハートフル 10% ロマンティック 01% せつない 06% えっち 00%
【マスター登録日   2006/09/15】
結社シナリオ発注可能

NPC(マスターの使用するキャラクター)
顔アイコン 御鏡・更紗(白き娘・bn0014)
次の戦いがもう来てますね。
少し大人びた感じの美少女、でも内面は歳相応で他人の恋愛事が好きな普通の女の子。だが腹黒。そしてリアリスト。勝手な大人が嫌いだったが今は少しだけ理解しようと思っている。本人は気付いていないが結構な寂しがりや。銀誓館に来てから多くの経験を経て少し大きくなった。「ぶっ殺したい」は使わなくなったが、教えてくれた恩人の事は忘れないようにしている。最近は能力者としての自分についてどうすればいいか考えはじめた。
顔アイコン 鍛冶野・アラン(運命予報士・bn0063)
諸君、よく来てくれた!
芝居がかった口調で説明をする運命予報士。身振り手振りを交じえながら能力者達に説明をする姿は珍奇である。もっともそれは建前であり、命の危険がある依頼などの時は真剣になる。能力者達の判断を尊重する部分もある。//日本人と米人のハーフ。国籍などを気にしてはないようだ。趣味は映画鑑賞。本人曰く「運命予報は最後まで見ていない映画と同じさ、結末は分からないからね」//事件による残留思念を減らすため法学部に進学。
顔アイコン 麦畑・知代子(ブラウニー・bn0137)
大丈夫、問題ないわ。
どこにでもいる感じの普通の女の子。でも気付いたら能力者だった。性格はいたって真面目かつ朗らか、とは言いつつもそれなりに柔軟性はある。主に悪ノリする方向に。ある時なんとなく自分が夢の中で漫画を書いてるのを見て、実際に書き始めたのが能力者に目覚めたきっかけ。書くからには本気でやろうと資料から探す人。名前にはちょっとコンプレックス有り、でもチョコレートは好き。//大人っぽくなるためにはどうしようか研究中。