富士雄俊紀
基本画面 リプレイを見る
公開中のシナリオ

公開中のシナリオはありません。


自己紹介(2012/12/19 雑記更新)
 富士雄俊紀(ふじお・としき)と申します。
 どうぞ、よろしくお願いいたします。

●シナリオの傾向
 シリアスが中心になると思います。
 恋愛や、ハートフルなものは苦手です。特に恋愛は書いているうちにだんだん腹が立ってきて、ぶっ壊したくなる衝動に駆られるので禁断のジャンルです(笑)。

●プレイングについて
 キャラクターのイメージセリフは可能な限り尊重しますが、状況に応じて、多少の改変や、使いどころが変わることもありますので、その点ご理解ください。
 またプレイング本文だけでなく、ステータス内の自己紹介、性格、生まれ、入学理由も行動指針の一つとして解釈します。
 心情が重要視されるようなシナリオでは、強くその傾向が現れます。
 雑記:2012/12/19
【柚木崎と美悠、その後…… 2022年(1/3)】
『ラストバトル』より十年。
ついに、俺の中から運命予報の力が消えた。
何年か前から、頻度や精度が落ちていたが、今年完全に消えた。
俺にとって、運命予報は罰だった。
だから十数年間、この力がなくなることを望んできた。
なのに、いざなくなってみると、うれしさは何もない。
むしろ、運命予報をしていた頃の方が、充実していた気さえする。
何とも皮肉な話だ。

 雑記:2012/12/19
【柚木崎と美悠、その後…… 2022年(2/3)】
代わって授かったのは、能力者としての力と、使役ゴーストだ。
運命予報士の中では、割と遅咲きな方になるだろうか。
使役ゴーストは、ケルベロスオメガ。
今は俺の隣で惰眠をむさぼってるが、ボディガードとしては有能だ。
外見は怖いが、少なくとも、うちの社員は誰も驚かない。
なぜなら、社員の三分の一近くは能力者。警備に当たっている者に至っては、全員そうだからだ。

 雑記:2012/12/19
【柚木崎と美悠、その後…… 2022年(3/3)】
ここ数年で、世界の状況は大きく変わった。
その割に、大して混乱が起こらなかったのは、銀誓館の対外工作が、うまくいった証左だ。
無論、俺もその一翼を担っている。
この会社を継ぎ、様々な事業にアプローチをしてきた。次はいよいよ医療分野だ。
あと三年で美悠は小児科専門医、そうなれば、あいつは海外での医療活動を始めるだろう。
側面から、色々と援護してやらないとな。

 雑記:2012/12/18
【柚木崎と美悠、その後…… 2020年(1/2)】
国家試験合格!
ついに念願の医師免許を手に入れたよー。
でも、私が目指す小児科専門医になるためには、あと五年はかかる。
ビデオチャット越しに、ゆっきーに聞かれたことがある。
なぜ小児科なのか−−?
理由は簡単。貧困地域や紛争地域で、一番多いの患者は子供だから。

 雑記:2012/12/18
【柚木崎と美悠、その後…… 2020年(2/2)】
遠からず、全人類は能力者になる。
ちょっとやそっとの病気やケガでは、確かに医者は必要なくなるかもしれない。
しかし、ちょっとやそっと所じゃない大病や大ケガとなれば、話は別だ。
まして、体力が十分でない子供、特に乳児幼児は、それだけで致命的になりかねない。
栄養や、衛生の環境が劣悪な場所では、なおさらだ。
いずれにしろ、来月からは研修医。
まだまだ、道半ばだ。

 ⇒⇒⇒過去の雑記(95件)
合計ポイント 627ポイント(納品数:29)
楽しい 24% 笑える 18% 泣ける 02% カッコいい 28% 怖すぎ 00%
知 的 02% ハートフル 04% ロマンティック 01% せつない 16% えっち 00%
【マスター登録日   2006/11/13】
結社シナリオ発注可能

NPC(マスターの使用するキャラクター)
顔アイコン 柚木崎・寛将(運命予報士・bn0077)
俺の戦いはまだ終わらない……。
「戦いはより多くの情報を握る者が勝つ」が信条の端整な顔立ちの美少年。クール&ドライで、孤高を好み、群れることを嫌う。趣味は酸味の強いブラックコーヒーを飲みながら、読書にふけることで、生豆からロースティングするほどの徹底ぶり。卒業後はコンサルティングの個人事務所を開くが、仕事はほとんど来ず、暇をもてあましている。
顔アイコン 坂垣・美悠(砂塵の女豹・bn0215)
人生は食う寝る寝る。寝る寝るくー、だっけ?
自称『ミュウ』。人生の生き甲斐は、寝ることと、食べることだと思っているお気楽少女。極度のベジタリアンで、肉や魚は大嫌い(残酷だとすら思っている)。十歳以前の記憶が失われているが、本人は全く気にもとめていない。楽しければ、それでよし。普段はぼけぼけだが、起動すると、途端に攻撃的になる。撃ち合いよりも、狙撃を好み、一撃必殺を心がけている。甘いもの、イケメンに目がない。