出歯亀温泉


   



<オープニング>


●青森県某所
 出歯亀被害が多発し、問題視されていた温泉宿がある。
 その温泉宿は覗きに適した地形をしていたため、出歯亀にとっては最高のフィールドであったのだが、それに対抗して様々なトラップが設置され、重傷者まで出る騒ぎになってしまい、温泉宿は閉鎖されてしまったらしい。
 それから、しばらくして……。
 この場所で関係者と思しきゴーストが確認された。

「みんな、集まったな。それじゃ、話を始めるか」
 運命予報士、王子・団十郎(運命予報士・bn0019)。
 今回の依頼は彼の口から語られる。

 廃墟と化した温泉宿で、関係者と思しきゴーストが確認された。
 温泉宿の敷地内にはリビングデッドと化した出歯亀達が潜んでおり、熱い息使いでこちらに視線を送っている。
 一応、大した被害はないことか間違いないが、ずーっと見られているので、気持ちが悪い。
 それに、あまり見られていると、トラウマになるかもしれないから、早めに退治しておくといいだろう。
 また、女湯が特殊空間と化しており、湯気のせいでまわりが見えない。
 特殊空間の中には地縛霊と化した美女が留まっており、見えそうで見えない位置から、お湯を飛ばしてくるので、くれぐれも気をつけてくれ。

マスターからのコメントを見る

参加者
佐神・忍(豪快鬼畜戦士・b00089)
高原・美弥子(白き陽・b00495)
遠野・由香里(紫紺の癒し手・b15424)
白雪・晴姫(白にして銀翼・b18621)
皇・紫苑(常世乃姫・b21018)
サラ・モラトリアス(は今日も龍の夢を見る・b36309)
諏訪神・ひすい(蕾を咲かすカルマートの旋律・b41677)
天野・星流(白燐ちゅっ使い・b52809)
桃宮・紅綺(ミュージックファイター・b57806)
冬柴・細(ペンネームは姉小路細雪・b60582)
塔間・里奈(真面目な風紀委員・b61045)
城段・絵梨奈(炎のエロ子・b61265)
NPC:葛城・未織(高校生土蜘蛛の巫女・bn0081)




<リプレイ>

●出歯亀温泉
「すげぇ……。覗きに適した温泉、トラップで廃業、ゴースト出現……。本当に、どこからツッコんでいいのかわからん温泉だな」
 温泉のパンフレットを読みながら、冬柴・細(ペンネームは姉小路細雪・b60582)が廃墟と化した温泉宿にむかう。
 出歯亀温泉では覗きが多発していたらしく、様々な対策を施していたようだが、あまりにも度を越したトラップが多かったため、共倒れするような形で閉鎖されてしまったようである。
「でも、タダで温泉に入れるなんて、夢みたいな話ですよね。最近は覗きの被害も報告されていないようですし、のんびり疲れを癒す事が出来そうです」
 のほほんとした表情を浮かべながら、葛城・未織(高校生土蜘蛛の巫女・bn0081)が楽しそうに鼻歌を歌う。
 どうやらゴーストの事などすっかり忘れ、温泉に入る事だけ考えているらしく、まったくと言っていいほど緊張感がない。
「のんびり温泉に浸かるためには、ゴーストを退治する必要がありますわ」
 苦笑いを浮かべながら、皇・紫苑(常世乃姫・b21018)が鋭いツッコミを入れた。
 その一言を聞いて、未織の表情が凍りつく。
「……えっ? そうなんですかー!?」
 未だに信じる事が出来ないらしく、未織が驚いた様子で目を丸くさせる。
 だからと言って、このまま帰るわけにはいかない。
 お気に入りの温泉グッズを、無駄にしないためにも……。
「それ以前にまだ温泉って出るの? 確かここって閉鎖されているんでしょ?」
 キョトンとした表情を浮かべながら、高原・美弥子(白き陽・b00495)が口を開く。
 一応、源泉が湧いているので、浸かる事は可能のようだが、しばらく放置されていたので、あまり綺麗な場所ではないようだ。
 しかも、トラップの中には発動せずに放置されたままになっているものもあるため、よほどの物好きでなければ温泉宿に近づく者がいないらしい。
「どちらにしても、覗きに対してトラップで対抗するのは突っ込み所が有り過ぎですね。まあ、団十郎のおっしゃる通り、被害はないと思うのですが……」
 ゆっくりと辺りを見回しながら、遠野・由香里(紫紺の癒し手・b15424)が溜息を洩らす。
 温泉宿の経営者と出歯亀達との戦いは壮絶だったらしく、落とし穴や、トリモチ、トラバサミや、竹槍などがトラップとして仕掛けられていた。
 最初はトラップに引っ掛かっても、かすり傷程度で済むものが大半だったが、まったく出歯亀達が怯まなかったため、殺傷率の高いものが使用されていったらしい。
「ところで出歯亀って何でしょうね?」
 不思議そうに首を傾げながら、桃宮・紅綺(ミュージックファイター・b57806)が疑問を投げかけた。
 仲間達と話しているうちに、何となくイメージする事が出来たようだが、ハッキリと分かったわけではないので、頭上にいくつもハテナマークが浮かんでいる。
「まぁ、覗きを趣味にしている変態野郎の事よ。こう云う連中は、即・滅・斬ね♪」
 指に関節を鳴らしながら、白雪・晴姫(白にして銀翼・b18621)が温泉宿をジロリと睨む。
 温泉宿の周辺は異様な雰囲気に包まれており、まるで誰かに監視されているような錯覚を受けた。
「はぅぅ、の、覗きはいけないと思いますよぅ。もちろん、トラップもいかがなものかとは思いますけど……」
 今にも泣きそうな表情を浮かべ、サラ・モラトリアス(は今日も龍の夢を見る・b36309)が瞳を潤ませる。
 トラップに引っ掛かった出歯亀達は、見せしめの意味も込めて、晒し者にされていたようだが、その事で逆に温泉側が訴えられた事もあったらしい。
「……のぞきって……、そこまでするほど……おもしろい事なのぉ? 女の子が……嫌がること……するなんて……馬鹿だなぁ」
 リビングデッドと化した出歯亀達の気持ちが理解できず、諏訪神・ひすい(蕾を咲かすカルマートの旋律・b41677)がバッサリと斬り捨てる。
 彼らにもそれなりの信念があったのかも知れないが、とても命を捨てるほどの価値があったようには思えない。
「それでも、見たい気持ちはわかるかもっ。ただし、【好きな人の体なら】ねっ。でも無断で見るのはっ、許されない事だねっ。ちなみに出歯亀って、女湯のぞきの常習犯だった出っ歯の池田亀太郎が語源らしいよっ」
 携帯電話で調べものをしながら、天野・星流(白燐ちゅっ使い・b52809)が出歯亀の語源について説明をする。
 色々と詳しく調べていたようだが、今回の事件と関係はなさそうだ。
「それにしても、なんでこんな破廉恥なゴーストばかり……大減点だわ……」
 不機嫌な表情を浮かべながら、塔間・里奈(真面目な風紀委員・b61045)がこめかみをピクつかせた。
 リビングデッド達の存在自体が風紀を乱していると思っているため、早く倒してしまうべきであると心の底から思っている。
「……たくっ! 死体になってまで覗きしてどうするのだろな? そこらへんを小一時間問い詰めたい所だが邪魔なんでご退場願おう。そんじゃ行くぜ、野郎共!!」
 仲間達に気合を入れながら、佐神・忍(豪快鬼畜戦士・b00089)がイグニッションをした。
 それと同時に複数の視線を感じ、仲間達の間に緊張が走る。
「わたしは、わたしのすべき事を成すだけです!」
 ゴーストの気配を感じた途端に気が引き締まり、城段・絵梨奈(炎のエロ子・b61265)がゆっくりと歩き出す。
 そして、能力者達はゴーストの巣窟と化した温泉宿に足を踏み入れた。

●リビングデッド
「……何だか……妙に視線を感じる……けど……。ひょっとして……これが……噂の出歯亀?」
 警戒した様子で辺りを見回しながら、ひすいがリビングデッド達の気配を探る。
 リビングデッド達は茂みに隠れているようだが、まったく襲いかかってくる様子がない。
「どうやら、そのようだな。そんなところに隠れてないで、早く出て来いよ。俺は弱いぜ〜」
 含みのある笑みを浮かべながら、細がパラノイアペーパーを炸裂させる。
 そこに描かれていたのは、老人が大量にいる混浴露天風呂。
 途端にリビングデッド達が口元を押さえ、茂みの中から飛び出した。
「……えっ? こんなに!?」
 白燐奏甲を発動させながら、星流がダラリと汗を流す。
 その間もリビングデッド達は脳内に焼きついた老人達の姿を掻き消すため、激しく首を横に振っている。
「次から次へとゾロゾロと……。一体、何匹いるのか知らねーが、根絶やしにしてやるよ」
 リビングデッド達の行く手を阻み、忍が素早く長剣を振り下ろす。
 そのため、リビングデッド達が身の危険を感じ、オロオロとした表情を浮かべて逃げ道を探し始めた。
「一体、どこに行くつもりですか、出歯亀さん」
 雪だるまアーマーを発動させ、由香里がリビングデッド達の逃げ道を塞ぐ。
 リビングデッド達は……、動けない。
 引きつった笑みを浮かべたまま、その場に凍りついてしまっている。
「そのままじっとしていてくださいね。痛い目に遭いたくないのなら……」
 ひなぎくのドスを上に大きく掲げ、紅綺がダークハンドを炸裂させた。
 その一撃を喰らってリビングデッドが悲鳴を上げ、茂みに中に断末魔をあげて倒れ込む。
「お前らに日本の温泉の現実を教えてやろう!!」
 リビングデッド達を鋭い視線を送り、細が再びパラノイアペーパーを放つ。
 次に描かれていたのは、男同士の青春(?)漫画。
 それがリビングデッド達の脳裏にこびりついていた老人達の全裸と、男達の青春を描いたワンシーンが奇妙なコラボを果たし、彼らを精神的に追い詰めていく。
「出歯亀さんにはまとめておしおきですよ?」
 爽やかな笑みを浮かべながら、由香里が森王の槍を撃ち込んだ。
 自然の慈悲に満ちた巨大な植物の槍は、リビングデッド達を巻き込むようにして爆発した。
「それじゃ、紅綺先輩っ! 神楽舞、行くよっ!!」
 紅綺に声をかけながら、星流が赦しの舞を踊り出す。
 それに合わせて紅綺がヒーリングヴォイスを歌い、傷ついた仲間達の体を癒していく。
「……たくっ! 面倒かけやがって」
 深い溜息をつきながら、忍が長剣についた腐汁を払う。
 リビングデッド達は腰にバスタオルを巻いたまま、情けない格好で肉塊と化している。
「ふぅ……」
 星流から受け取ったコーヒー牛乳を飲み干し、紅綺がホッとした様子で溜息を洩らす。
 戦いで疲れていたせいもあるのか、コーヒー牛乳が身体に染み渡る。
「人間の……欲望って……恐ろしいね……」
 肉塊と化したリビングデッド達を眺め、ひすいがゆっくりと牛乳を口に含む。
 リビングデッド達にとって、覗きは人生のすべて。
 肉塊と化すまで女性の柔肌を拝む事が出来なかった彼らにとって、最後まで脳裏に焼き付いていた映像は、どんな攻撃よりも強力だったのかも知れない。

●地縛霊
「……まさしく覗きに適した温泉ね。景観だけを重視したせいで、こんな状況になったのかも知れないけど……、大減点だわ」
 銀誓館のスクール水着姿で結晶輪を構え、里奈が不機嫌な表情を浮かべる。
 地縛霊の作りだした特殊空間は温泉と一体化しており、湯気のむこうに地縛霊と思しき女性の姿が見えた。
 未織は何を考えたのか、のんびりと温泉に浸かろうとしていたが、物凄い勢いで温泉のお湯が飛んできたため、紫苑が彼女を守るようにしてリフレクトコアを展開する。
「し、死んでも色気丸出しなんて……。あんたみたいのがいるから、あたしのような年齢=彼氏いない歴の女の子が生まれるんだ! うわーん!?」
 湯気の向こうで揺れる大きな胸に気づき、美弥子が大粒の涙を浮かべて、旋剣の構えを発動させた。
 それでも、地縛霊は色気を振り撒く事を止めず、彼女を挑発するようにして、お湯の塊を飛ばしていく。
「申し訳無いけど、そこまでよ……ブラインド・フィールド」
 ある程度の見当をつけながら、晴姫が茨の領域を発動させる。
 その途端に地縛霊の動きが封じられ、少しずつ湯気が消えていく。
「はぅ、これはちょっと刺激的ですね。同じ女性としてうらやましい限りですよぅ」
 サイコフィールドを展開しながら、サラが地縛霊の裸体を眺めた。
 地縛霊の裸体は見えそうで見えない絶妙な状態が保たれているが、先程よりも湯気がなくなった事で、かなり刺激的な事になっている。
「そこです! フレイムカノン!」
 予め虎紋覚醒を発動させた上で、絵梨奈がフレイムキャノンを撃ち込んだ。
 その一撃を喰らって地縛霊の身体が魔炎に包まれ、辺りに凄まじい悲鳴が響き渡る。
「いまが反撃のチャンスですっ!」
 未織を守るようにして陣取りながら、紫苑が地縛霊に光の槍を炸裂させた。
 次の瞬間、地縛霊が派手にバランスを崩し、悔しそうな表情を浮かべて能力者達を睨む。
「響けッ、蒼の旋律! 其は一刃の閃光!」
 地縛霊の死角に回り込み、晴姫がクロスボウの一撃を放つ。
 そのため、地縛霊は反撃する機会を失い、胸元を押さえて血反吐を吐いた。
「これで最後よ。おとなしく罰を受けなさい!」
 一気に間合いを詰めながら、里奈が地縛霊に結晶輪を叩き込む。
 それと同時に地縛霊が断末魔をあげ、崩れ落ちるようにして、温泉の中に沈んでいった。
「な、何とか倒したようですね」
 温泉セットをガッシリと抱えたまま、未織がホッと胸を撫で下ろす。
 地縛霊が倒された事で特殊空間が崩壊し、ようやく本来の温泉が姿を現した。
 その温泉は思っていたよりも綺麗だったので、のんびりと浸かっても問題がない。
「皆さん、本当にありがとうございました。……本当は、凄く緊張していました。わたしでお役にたてるのかどうか……でもこうして、皆さんと力を合わせて依頼を達成することが出来て……ほっとしました」
 仲間達にお礼を言いながら、絵梨奈がゆったりと温泉に浸かる。
 リビングデッド達を倒しに向かった仲間達の姿が見当たらないので、しばらくの間は人の目を気にせず、身体の疲れを癒す事が出来そうだ。
「はぅぅ、とっても気持ち良いですよぅ♪」
 温泉の気持ち良さでとろけそうになりながら、サラが幸せそうに溜息を洩らす。
 未織もとても満足しているらしく、『ここって穴場スポットだったんですよ』と呟いた。
「……って、未織さん。ひょっとして、また大きくなった」
 マジマジと未織の胸を見つめ、晴姫が真剣な表情を浮かべる。
 その言葉を聞いて美弥子が色々とショックを受けたらしく、『あたしだって1年後にはっ!』と涙を浮かべて自分自身を励ました。


マスター:ゆうきつかさ 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
楽しい 笑える 泣ける カッコいい 怖すぎ
知的 ハートフル ロマンティック せつない えっち
いまいち
参加者:12人
作成日:2009/04/19
得票数:楽しい8  笑える14 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。