夏の浜辺で海遊び〜あ、ついでにゴースト退治も


<オープニング>


 学園祭も終わり、銀誓館学園も夏休みの季節となりました。
 夏休みは、海にプールにカキ氷、そして夏休みの宿題や自由研究など、やる事がたくさんあります。
 しかし、忘れてはならないのは、学校行事の臨海学校でしょう。
 銀誓館学園では、小笠原諸島の浜辺で、8月18日〜20日の3日間、臨海学校が行われます。
 この臨海学校で、普段の授業では得られない様々な体験を楽しんでみましょう。

 なお、臨海学校が行われる小笠原諸島近海は、日本版バミューダトライアングルである『ドラゴントライアングル』の地域に含まれているようです……。

「『ドラゴントライアングル』って知ってるかい?」
 桐原・葵(高校生運命予報士・bn0169)が問いかける。
「房総沖と小笠原諸島、それにグアム諸島。この3点を結んだ3角形の海域のことらしいんだけど……日本版の『バミューダトライアングル』みたいなもの、なんだってさ」
 葵自身が初耳だったのだろう、少し首を傾げながら思い出すようにして言葉を紡ぐ。
「で、『ドラゴントライアングルに多数のゴーストが存在する』って言う情報を、とある人物が提供してくれてね」
 その人物はディスティニーサーガ事件を追っていたエージェントなのだという。海外の能力者組織の一員で、「銀誓館学園の能力者達が事件を解決してくれたお礼に」と日本周辺のゴースト情報を教えてくれたらしい。
「情報を元に指定海域の調査を行った結果、数年前から船舶の多くがこの地域を不自然に避けて航行していることがわかったんだ」
 その後の追跡調査で判明したのは『日本近海で発生した海のゴーストの多くがこの海域に集まってきている』という事実。
「原因の究明と対処は別途行うことになってる……けど、集まったゴーストを放置するわけにはいかないからね。夏休みを利用して『ゴーストの数を減らす』作戦を行う事になったんだ」
 作戦は小笠原諸島で行う臨海学校に合わせて決行される。
「いろいろ面倒だとは思うけれど、よろしく頼むよ。楽しむところは楽しんで、やることはきっちりこなして……ね」
 葵が更に具体的な説明を始める。
「皆には、とある海岸に行ってもらおうと思って」
 その海岸は遠浅で潮の満ち引きの差が大きく、干潮になると「泳ぎの下手な妖獣」が浅瀬に取り残されているらしい。
「時間が経てばまた潮が満ちてくるせいか、妖獣達に逃げようとか隠れようとかいう気はないようでね。丁度いいからそのタイミングでサクッと倒してきて欲しい」
 相手はハゼのような姿をした妖獣で、体長は1mほど。発達した胸ヒレを使って飛び掛ってくるのだという。
「海岸の端にある岩場に10体。さほど強くはないけれど、少し数が多いし……複数の妖獣が同じ相手を襲い続ける可能性があるから、そのあたりは少し気をつけたほうがいいかな?」
 伝えるべき事は伝えた、ということなのだろうか。彼女は軽く頷いて、ニコッと笑う。
「それはそれとして。妖獣を片付けたら、海岸で遊んでくるのもいいと思うんだ」
 妖獣達がいるのは海岸の端、奥まったところにある岩場だが、海岸の手前は少し粒が粗いものの砂浜になっている。海辺でやる遊びは一通りできるだろう。
「せっかくの臨海学校だし、妖獣退治だけじゃつまらないしね。他に人目はないから、楽しんでくるといい」
 ただし、あまりハメを外し過ぎないようにね――そう言って、葵は能力者達を送り出した。

マスターからのコメントを見る

参加者
風見・玲樹(の弱点は虫・b00256)
白瀬・友紀(蒼の浄巫女・b03507)
ティアリス・ベルンシュタイン(月虹トロイメライ・b06127)
岬・勇護(高校生鋏角衆・b20918)
長谷川・陽子(の頭は十六ビット・b25375)
皇・羅蟻(ジブリールの片翼・b30910)
天宮・漣(双月の繋がれし絆・b52754)
金剛院・空花(静謐の権禰宜・b56447)



<リプレイ>


 亜熱帯特有の木々が茂る細い道。進んだ先にあるのは自然が作り出した岩のトンネル。短いトンネルを抜ければ、そこにあるのは普段人の寄り付かない静かな海岸。
「ん〜、海だー!」
 青い海、波の打ち寄せる砂浜。降り注ぐ太陽の光を浴びて、長谷川・陽子(の頭は十六ビット・b25375)が思い切り伸びをした。
「まるで楽園にいるみたいですわね」
 ティアリス・ベルンシュタイン(月虹トロイメライ・b06127)もふわりと微笑む。海の青、空の青。それぞれに趣は違うが、どちらも澄んだ美しい青色をしている。
「高校最後の臨海学校、全力で楽しまなきゃっ」
「思い切り楽しみますよ!」
 陽子の言葉に、白瀬・友紀(蒼の浄巫女・b03507)が頷く。自分が卒業生なのは、とりあえず脇においておくことにしたらしい。
「妖獣さんを退治して臨海学校を思いっきり楽しむのです♪」
「せっかくの臨海学校だしな。さくっと倒して遊びまくるぜ〜」
 にこにこ笑顔の天宮・漣(双月の繋がれし絆・b52754)に同意して、岬・勇護(高校生鋏角衆・b20918)がニヤリと笑う。
「……あ」
 そんな会話の直後、声をあげたのは陽子。
「もしや『忘れていた』とか言うのではあるまいな……?」
 金剛院・空花(静謐の権禰宜・b56447)が突っ込む。
「やだなぁ……勿論忘れてマセンヨ?」
 あはは、と笑う陽子。真実は本人のみぞ知る、というやつである。
「なんにしてもゴーストがたくさんいるなら僕たちでなんとかしないとね」
「臨海学校を楽しむ為にも、負けるわけにはいかないよ!」
 皇・羅蟻(ジブリールの片翼・b30910)が言えば、風見・玲樹(の弱点は虫・b00256)もグッと握りこぶしを作ってみせた。
「そろそろ干潮の時間だよ」
 時計を見ながら羅蟻が仲間達に声をかける。
「おう、がんばって来いよ」
「俺達はこっちで準備してるから」
 ルドルフ・ジルバークーゲルやシュヴール・ルドルフに見送られ、能力者達は奥の岩場へと歩いていった。


 砂浜だった海岸は、歩を進めるにつれ徐々に大きな石が目立つようになっていく。いかにも『磯』といった雰囲気の場所に能力者達が辿り着いた時、彼らの視界に現れたのは巨大な魚の群れだった。
 潮の引いた磯でビチビチ跳ねる体長1mはあろうかというハゼ妖獣、その数10体。なんとも言えない微妙な光景に、能力者達は一瞬顔を見合わせたものの……意を決して近づいていく。
「「イグニッション!!」」
 ギリギリまで近づいて、カードを起動させる。気付いたハゼ妖獣が次々と能力者達に向き直った。動き出す妖獣達――が、それは僅かに遅く。
「ふふ、ボクの速さについてこられますか?」
 表情だけは穏やかなまま、ティアリスがナイフを翳す。突如湧き出した原稿用紙が宙を舞い、複数のハゼ妖獣をの体を切り刻んだ。
 陽子が開放した夢の力が、能力者達を優しく包み込んでいく。友紀が彼女達を守るようにして前方に立ち、武器を構えた。
「蟲さん、いっくよーっ」
 言葉とともに、漣が黒燐蟲で出来た弾丸をハゼ妖獣達の中心へと放つ。弾丸が爆ぜ、周囲のハゼ妖獣の体を黒燐蟲が貪り食う。
「ジブリール、行くよ!」
 親であり親友であり……かけがえのない自らの使役ゴーストに、羅蟻が声をかける。ジブリールは静かに頷き、主を守るべくゴースト達の前に立ちはだかった。ジブリールの両腕が、羅蟻の施した黒燐奏甲で黒く輝く。
 勇護と玲樹も動き、後衛向きの4人――ティアリス、陽子、羅蟻、空花――を内側に配した陣形を作る。
「海を荒らされるわけにはいかないからね! 僕がきっちりと倒すよ!」
 豪華な装飾の施された大鎌を頭上でぐるりと旋回させて、玲樹が宣言。空花がその身に似合わぬ地獄の底から響くかのごとき叫び声をあげ、遠野・由香里が吹雪の竜巻を巻き起こせば、ハゼ妖獣達は痛みにその身を捩じらせた。
『………!』
 もちろんハゼ妖獣もやられっぱなしではない。標的となったのは友紀とジブリールだった。
「キャッ!」
 次々と飛び掛ってくる妖獣に、友紀が思わず小さな悲鳴を上げる。
「友紀先輩っ!」
 彼女を庇おうと、漣が手を伸ばす。これ以上先へ進むことは許さないとばかりに敵の攻撃を受け止めるのはジブリール。
「ハゼさん……ここにいつまでも留まってはだめなのですよ」
 小さな声で呟いて、ティアリスが再び原稿用紙を乱舞させた。耐え切れなかった数体のハゼ妖獣が、消滅していく。
「だいぶ弱っているみたいです、一気に片付けてしまいましょう」
 その言葉に頷いて、友紀が生み出すのは光り輝くエネルギーの槍。1体のハゼ妖獣に投げつければ、その妖獣は悶えながら消え失せた。
「ジブリール、サンダーブラストだ!」
 羅蟻の声に応えてジブリールが電撃を放つ。彼自身も暴走黒燐弾をハゼ妖獣の只中に撃ち込み、さらに数体の妖獣が姿を消す。
 漣がローリングバッシュを決め、陽子の召喚したナイトメアが戦場を駆ける。これで残りの妖獣は2体となった。
(「確実に倒す!」)
 闇のオーラを纏った玲樹が妖獣に迫る。黄金の大鎌を振り上げ、勢いよく振り下ろす。大鎌に裂かれた妖獣の体が、そのまま掻き消えていく。
 勇護も続いて駆け出した。放たれた蹴りは三日月の弧を描き、ハゼ妖獣の体を直撃。攻撃に耐え切れず、最後の1体も他の妖獣達と同じ運命を辿っていく。
(「お空で楽しく泳げているでしょうか」)
 消えた妖獣達を思い、目を閉じて黙祷するティアリス。やや間があって、彼女は仲間達に向き直った。
「さあ、戦いの後はいっぱい遊びましょう♪」


 砂浜ではビーチバレー用のネットが張られ、着々と遊ぶための準備が進められていた。着替える必要のない者はそのままネットのそばへと駆けていき、水着に着替える者は一旦物陰へと場所を移す。
「お待たせしました」
 友紀に続いて、由香里や漣が着替えを終えて歩いてくる。
「(うっわ、由香里ちゃんの水着も楽し……)」
 思わず心の声を漏らしてしまったのは勇護。それを聞いて由香里がニッコリと笑うが、目は笑っていないような気がする。
「……笑顔が怖いッス」
 勇護がつい、と視線を逸らす。
「……えと、似合ってるかなっ?」
 白地にピンクのドット柄の水着にデニムのようなショートパンツを穿いた漣が、少し照れながらルドルフに問いかけた。
「お疲れさん」
 何気なく彼女に向き直ったルドルフは、直後に一瞬目を見張り……慌てたように蓮から視線を外す。
「その……水着、似合ってるぜ」
 恥ずかしそうに続けられる言葉に、漣が心底嬉しそうに笑った。
「さあ、私達の本当の戦いはこれからだ!」
 黄色のツーピース水着の上にパーカーを羽織った陽子がビシィ! と男性陣を指差す。
「男女対抗ビーチバレーボール、ルール無用のサドンデス! 意識がなくなったら負けのデンジャラス仕様!!」
「負けたほうは砂に埋めて皆と記念撮影ですよー」
 マイペースに微笑む友紀。が、内心は絶対に負けられない、とやる気満々。
「ま、負けられません! 乙女チームの皆様頑張りましょうねっ」
「負けないですよーっ♪」
 えいえいおー、と結束する女子チーム。
「ジブリールも参加していいんだって。良かったね」
 羅蟻が自らの使役ゴーストに話しかける。海岸に他人が来る心配がないことは確認済み、ゆえに使役ゴーストとも一緒に遊ぶことができる――それが嬉しくて、彼はほんの少し笑った。
「ビーチバレーってあまりやったことないよ。でも、女の子も一杯いるし! ここは格好良くキメないとね!」
 胸を張り言い切る玲樹。なんだかんだで試合開始。
「くっくっく……覚悟せいやぁ…」
 ニヤリと笑って陽子がボールを宙に投げ上げる。
「必(ず)殺(すという気迫で放つ)サーブ!!!」
 叫びと共に繰り出されるのは容赦なしの本気サーブ。気合入りまくった一球が、男性側のコート目掛けて飛んでいく。
「女の子相手でも手加減な……ブッ?!」
 ベシィッ、と痛そうな音が響いた。ボールに顔面を直撃され、勇護がいきなり砂浜に沈む。
(「俺、ついてないな……」)
 薄れゆく意識の中、彼はぼんやりそう思った。
「任せるのじゃ!」
 自陣に向かって放たれたスパイクを空花がレシーブする。
「遠野さん、トス!」
「はい!」
 友紀の言葉に反応し、由香里が前衛のティアリスにトスを上げた。
「必殺アタック☆」
 かわいらしい言葉とは裏腹に、結構鋭いアタックが羅蟻を襲う……が。
「ジブリール?!」
 主の身が危険に晒されている、と勘違いしたのだろうか。ジブリールが羅蟻を庇い、ジブリールに当たったボールはそのまま地面へと落下した。
「これはビーチバレーっていう遊びなんだよ?」
 苦笑する羅蟻。ジブリールがどことなく申し訳なさ気に頷く。
「ほらよっ」
 友紀のブロックに阻まれたボールを、シュヴールが拾う。
「ルドルフさん!」
 玲樹がトスを上げる。ボール目掛けて駆け込むルドルフ。標的は、漣。
「漣ー、これ受けたらケーキ奢ってやるぜー!」
「ケーキっ…。絶対受けて見せるですっ。勝負なのですっ」
 叩き込まれるアタック。『ケーキ』の一言が効いたのか、漣は落下点に飛び込むようにしてジャンピングレシーブ。
 白熱する試合展開、果たしてその結末は?

 ザザーン、ザザザザーン。
 寄せては返す波。砂浜に転がる6つの人影。どうやら、試合の決着がついたらしい。
「折角だから綺麗に飾らないとですよね!」
 どこで集めてきたのやら、実に楽しげに花や貝殻で砂浜に埋められた玲樹を飾り付けるティアリス。
「己の無力を恨むがよい!」
 陽子が、捕まえてきたらしいヤドカリを勇護の鼻先に近づける。こちらもやはりテンション高め。
「ロルフ先輩、約束忘れないでくださいねっ」
 ニコニコ笑って、漣は埋まりきったルドルフの体に更に砂を盛る。並んで埋められた羅蟻とジブリールは、まるで大小連なった丘のよう。
「友紀センパイ、大人気な……」
「男の子には手加減をしない方針ですから」
 敢えてセンパイを強調して言ってみた玲樹、ニッコリ笑った友紀にあっさりと言い返される。
「どれ、早速写真に収めるのじゃ」
 嬉々として言う空花に、玲樹がポツリと呟いた。
「どうせなら可愛く撮ってほしいね」


 目隠しをした勇護が木製の棒を構える。少し離れたところに敷かれたビニールシートの上には、大きなスイカが。
 グルグルと回転し、スイカ割りスタート。
「ぐあ、全然見えねぇ……」
 呟く勇護に、陽子が声をかける。
「こっちだよー」
 声を頼りに歩き出す……が、その先にあるのはスイカではなく。
「岬様、こちらではありません!」
 由香里が慌てて訴える。
 波打ち際では、ティアリスが貝殻を探して歩いていた。綺麗な巻貝を1つ手に取り、そっと耳に当ててみる。ふと視線を上げれば、そこには元気に泳ぐ玲樹の姿。貝殻、空、海……仲間達の笑顔。全てが宝石のように輝いて見えて、彼女はふわりと笑った。
「少し休憩しませんかー? ジュースもありますよー」
 冷たい飲み物を用意して、友紀が皆に声をかける。
「はーい」
「飲む飲むっ♪」

 元気な声が夏の海岸に響く。
 綺麗な空、綺麗な海。
 願わくば、この平和がずっと続きますように――。


マスター:草薙戒音 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
楽しい 笑える 泣ける カッコいい 怖すぎ
知的 ハートフル ロマンティック せつない えっち
いまいち
参加者:8人
作成日:2009/08/19
得票数:楽しい5  ハートフル15 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。