<運動会2009>フォークダンス大決戦! ジャンケン編(中学生競技)


<オープニング>


 10月12日体育の日。
 体育の日といえば何か? 学校で最も盛り上がる行事の一つといえば? そう、運動会だ!
 キャンパスや学年の枠を越えて集った9つのチーム。
 意地と体力がぶつかり合う戦いが、今、幕を、開ける!

 普通ならば運動会の息抜き、もしくはコミュニケーションの場となるはずのフォークダンス。
 だが、今回は違う。
 ここではフォークダンスは、ガチバトルだ!
 中学生種目のルールは、ジャンケン列車方式。ジャンプやステップを織り交ぜたフォークダンスを激しく踊りながら、決められたタイミングで出会った人とジャンケン。負けた者は勝った者の後ろにまわり、列を作る。
 途中で疲れて足を止めてしまっても、脱落だ。
 時間は曲が終わるまで。その時に最前列で踊る者たちだけが勝者だ。得点は、連れている人数で決まる。あまりに素晴らしい踊りを踊った者には、芸術点も加算されるぞ!
 モノを言うのは持久力と根性、華麗さ、そしてジャンケン運だ!

「……それ、フォークダンスなの?」
「フォークダンス、なんだべな……」
 校内に貼られたポスターを眺めて、島牧・こたん(中学生牙道忍者・bn0275)が呟く。
 銀誓館の運動会では、全員参加の競技以外は、希望者が自由に参加競技を決めることができる。
 普通の運動会とはちょっと違う競技だけど、足の速さなんて関係ないこんな競技、ちょっと出てみても面白いかもしれない。
「おらは参加するよ! 踊りだったら出るしかないべさ!」
 こたんがそう宣言する隣で、あなたは……

 根性入れて情熱的に、ガンガン踊りまくるもよし。
 華麗なステップで優雅に踊るもよし。
 自分の中のリズムに任せて、ふしぎなおどりを踊るもよし。

 決戦の日は、10月12日!

マスターからのコメントを見る

参加者
八木山・聖夜(黄金山羊座の守護剣士・b55076)
佐藤・稲穂(秋田小町・b55263)
ヴァイ・シュトーレン(常楽我浄の冬紅梅・b57102)
宮古島・うるみ(赤点補習中の必殺撲殺赤貧少女・b57318)
穂宮・乙樹(眠りを誘う霧・b62156)
山原・武美(青い夢目指し歩く剣術少女・b62269)
成海・雪隆(紅鴉・b63339)
穂村・火翔(中学生フリッカーハート・b68022)
ジュリア・レクイエム(黙秘せし終焉鎮魂曲・b68236)

NPC:島牧・こたん(中学生牙道忍者・bn0275)




<リプレイ>

●決意は秋の空高く
「いいですかー? 右、右、左、左、前、後ろ、前っ前っ前っ! ですよー!」
「「「はいっ!」」」
 踊り方講習も終わり、数十名の選手たちがグラウンド中に散らばる。
「初めてのうんどうかーいっ! とってもわくわくですよっ」
 しっかり準備を整え、気力も体調も万全、とB組の佐藤・稲穂(秋田小町・b55263)が元気に張り切る。
「だけど、変わった競技ね。踊りで勝ってもじゃんけんで負けたら意味が無いし……だけど勝負は時の運だから、私は踊りに全力を注ぐわ!」
 同じく運動会初参加のH組、穂宮・乙樹(眠りを誘う霧・b62156)がさらに決意表明。ちなみに一位になれなければ、彼女には罰ゲームが待っているそうな。
「変わってますけどクラス連合の勝利がかかってるんじゃ手を抜けませんよね。勝ちますよ」
 ダンスに自信があるというG組、穂村・火翔(中学生フリッカーハート・b68022)が、さっそく勝利宣言。
「これがいわりゅるダンスバトルってやつッスね! 張りきっていくッスよ!」
 フリッカーハートにジョブチェンジしておけばよかったかも、などと思いつつも、気合いを入れるC組、宮古島・うるみ(赤点補習中の必殺撲殺赤貧少女・b57318)。ところで手に持っているのは……、
「フォーク……?」
「フォークダンスッスから!」
 首をかしげる島牧・こたん(中学生牙道忍者・bn0275)に、うるみが自信満々で頷く。
「どんなだんすなのか調べたけどよく解んなかった! けど誰が相手でも手加減しねぇかんなっ! 勝負だ!」
 元気一杯のA組、成海・雪隆(紅鴉・b63339)も、両手に持っているのはフォーク。同学年のG組、ヴァイ・シュトーレン(常楽我浄の冬紅梅・b57102)に「負けた方は何か罰げーむってのはどうだ?」と声をかければ、ヴァイもニコリと笑ってそれに応える。
「勝負には燃えるな! 日々鍛えてる俺の体力なめるなよ」
 ステップを確かめながら不敵に笑うはF組の山原・武美(青い夢目指し歩く剣術少女・b62269)。
「自分より勘が鈍そうな人を……って、居るのかにゃ、そんな人!?」
 周りを見回し、ちょっと手ごわそうだと警戒するA組のジュリア・レクイエム(黙秘せし終焉鎮魂曲・b68236)。
 そんな中、八木山・聖夜(黄金山羊座の守護剣士・b55076)は心の中でそっと呟く。
(「幼い頃から除霊建築士の厳しい修業に耐えてきたボクだ。エイトセンシズまで駆使して死ぬ気で踊れば、結果は自ずとついてくるだろう……しかし、踊りで他のメンバーに後れを取っていることは紛れのない事実。その差を詰めるのはジャンケンだっ!」)
 自分の技能をフルに生かそうと決意し、気合いたっぷりに叫ぶ。
「このサバイバル生き抜いて見せるぜ!」
 同時に鳴り響く最初のフレーズ。
 さあ、フォークダンスバトルの始まりだ!

●ステップ&ジャンプ&ジャンケンポンっ!
 まずは華麗に飛び出しました、リズムに合わせて情熱的に踊る武美!
 体力を温存か? 少し控えめにステップを踏む乙樹。
 きょろきょろと同チームの選手を探しながら、器用に踊るジュリア。
「ちゃららんちゃんちゃん♪」
 ちょっと外れてる気もするが音楽に合わせて歌いながら、元気に飛び跳ねて踊る稲穂。
 そしてここでジャンケンだ!
「手加減なくやらせてもらうぜ!」
 言葉通り一発で勝ちを収め、敗者を後ろにつけて再び堂々と踊りだす武美。
「お願いしますにゃっ……よしっ!」
 同じA組の選手との対戦に、しっかり勝利を収めるジュリア。
「なんとか、最初は勝てたわね」
 ほっとした顔で、再びステップを続ける乙樹。
「ありがとうございましたっ!」
 しっかりとお礼を言いながら、勝ったことに大喜びで飛び跳ねる稲穂。
 軽快な音楽に合わせて、ジャンケンが繰り返されるたび、少しずつ列が出来上がっていく。
 互いに数名の手勢を後ろに引き連れて、出会ったのは雪隆とヴァイ。
「いざ、尋常に勝負だっ!」
 フォークを構える雪隆。対するヴァイも、不敵に笑って手を振り上げる。
「「じゃん、けん、ぽん!」」
「おっふゃぁ!」
 フォークのごときチョキを出した雪隆が、歓声を上げる。ちょっともごもごしているのは、ジャンケンのためにフォークを片方口にくわえたから。
「……負けたか。俺に勝ったんだから頑張れよ!」
 負けたけど、それでも晴れ晴れとした顔で、ヴァイは列の後ろに付いた。

「いざ、勝負ですにゃ!」
 かなりの人数を引き連れたジュリアが、同じA組の雪隆に勝負を挑む。
「おっと!? あんまし同じちーむの奴ばっかり集めてると、不利になるぜ!」
「おや、そうなのですにゃ?」
 きょろきょろと辺りを見回すジュリアに、こちらも長い列を作った聖夜が目を付ける。
「キミの手は見切った♪ ボクと勝負だよっ!」
「じゅりあは負けるわけには行きませんにゃ……あの人の罰ゲーム衣装を見るために……!」
 音楽の盛り上がりを背景に、二人が拳を握る。
「「じゃーんけーんぽん!」」
「……あれ?」
 聖夜の手はグー。ジュリアの手もグー。
 ジャンケンの癖を覚えるのと絵画の才能は、ちょっと違ったかもしれない。
「ま、まだまだこれからさ! あいこでしょ!」
「しょ!」
「あーいこーで」
「「しょっ!」」
 そして、一フレーズ分にも及ぶ長い戦いを制したのは。
「やったっ!」
「ま……負けちゃいました、にゃ」
 ジュリアの手を出す順番を読み切った、聖夜だった。

 フォークを手に、グラウンドの真ん中で二人はにらみ合っていた。
「お互い、準備がいいっスね!」
 フォークを空高く投げ上げて背面キャッチ。踊り……とはちょっと違うが器用な動きを見せながら、うるみがニヤリと笑う。
「ふぉーくだんすなんだから、ふぉーく持つのは当たり前だろ!」
 対する雪隆はフォークに二刀流。元気よく踏むは全力のステップ。
「それじゃ、本格的フォーク対決っスよ!」
「加減はしねぇぞっ、うし、勝負!」
 雪隆は右手のフォークを口にくわえ、うるみは左手でフォークをくるりと器用に回して。
「「じゃんけん、ぽんっ!」」
 うるみの手は撲殺のグー。雪隆の手はフォークのチョキ。
「やったッスー!」
「うおっ、負けたーっ」
 雪隆は悔しそうな顔を、けれど一瞬で笑顔に変えた。
「こうなったら、お前の応援してやるからな! 頑張れよ!」
「もちろんッス!」
 フォークでアクロバットするうるみを先頭に、フォークダンスの列が再び歩みを始める。

(「勝ち続けないと先頭に立てないなら、じゃんけんの回数はあまり多くならないほうがいいんじゃないかな。なら、効果的に狙ってみようか……」)
 ダンスも中盤。そろそろ長い列が出来上がりつつあるのとは裏腹に、火翔は後ろに二人ほど連れただけで踊っていた。
 勝ち続けるためにジャンケンの回数を最小限に、という作戦により控えめに行動していた彼女が、そろそろ動き出そうとしている。
「えーと、上手い人たちは……」
 辺りを見回せば、ちょうど通りかかる長めの一列。
「明日全身筋肉痛になったってかまうものか!」
 先頭はリズムに合わせて元気よく、パワフルに踊る武美だ。
 火翔が、さっとその前に立ちふさがる
「G組、穂村です。いざ、ジャンケン勝負!」
「おう、受けて立つぜ!」
 それぞれ列を背負って立つ両者が、拳を振り上げる!
「「じゃんけんぽんっ!」」
 勝負は、一瞬。
「ちっ……負けちまったか」
 残念そうに言いながら、武美が列の後ろにつく。けれどまだ踊りの時間は終わっていないと、再び情熱的に踊りだした。
「さて、次は……」
 次の標的を探しながら、火翔も軽やかにステップを踏む。


 そろそろ戦いも終盤。すでに大半は、長い列に組み込まれている。
 あまりに激しいダンスを踊ってダウンした者とか、コースアウトして客席からお弁当のおかずをつまもうとして連れ戻された者もいるが、遂に勝負も大詰めだ!

「いざ、勝負ですよっ!」
「よし、見切ってみせるよ!」
 大きな振り付けで元気に踊る稲穂と、自信がないながらもいろいろ潜在力とかを駆使して上手く踊り続ける聖夜。
 稲穂が楽しそうに大きな動作で、聖夜が相手の手を読もうというような真剣な目で、それぞれ拳を振りかぶる。
「「じゃんっ、けんっ、ぽんっ!」」
 出された手はパーとパー。
「「あいこでしょっ!」」
 チョキとチョキ。
「「あいこで……しょ!」」
 再びパーとパー。
 数度のあいこを繰り返した後……
「やりましたっ! ありがとうございましたっ!」
「くっ……見切りきれなかったな」
 天真爛漫に手を出し続けた稲穂が、勝利を収めたのだった。

「自分も牙道だったことがあるッス。仲間ッスね!」
「おおーっ、それは仲間だな! むしろ先輩、だべか?」
 グラウンドの端の方でばったり出会い、ジャンケンの前に思わず盛り上がるうるみとこたん。
「けどここは、負けないッスよ!」
「もちろん、おらも手加減はしねぇだよ!」
 うるみが投げ上げたフォークを格好良くキャッチし、こたんが胸元でぱん、と手を合わせる。
「うおお、すっげーかっこいいぞー! 頑張れー!」
 勝負に挑もうとするうるみに、後ろから雪隆の声援が飛ぶ。
「「じゃーんけーん……」」
「いくッスよ、獣撃拳!」
「おわっ!?」
 うるみの獣撃拳(グー)に対し、こたんの手はチョキ。
「牙道の最初は獣撃拳ッスよ!」
「なるほど! また一つかしこくなったわ、ありがとう先輩!」
 牙道忍者の心得(?)を説くうるみに、こたんは何だかひどく納得して、嬉しそうに列の後ろに着いた。

「ちゃん、ちゃん、ちゃららららんっ」
 元気に手拍子を入れて踊る稲穂の隣に、乙樹の列が並ぶ。
「やっぱり、楽しまないとねっ♪」
 最初は少々控えめに踊っていた彼女も、音楽に乗っているうちに吹っ切れたらしい。
「楽しいのが一番ですよねっ!」
 元気いっぱいの稲穂と、激しすぎずにでも見栄えよく、を意識した乙樹が、しばし楽しげに並んで踊る。
「それじゃ、いきましょうか!」
「受けて立ちますよっ!」
 踊り仲間は踊り仲間、けれど勝負は勝負とばかりに、拳を振りかぶる二人。
「「じゃんけんっ……ぽんっ!」」
 稲穂がグー。乙樹の手は……パー!
「残念でしたけど、お見事でしたっ」
 清々しく一礼し、稲穂は元気よく後ろに回る。
「まだまだ、ノッていくわよ♪」
 思いっきり華やかに、乙樹は再び踊りだした。

 曲が最後の盛り上がりを見せようとしたところで、出会ったのは火翔と乙樹。
「さあ合わせて! せーのっ」
 列全員で綺麗なダンスを見せようと、声を掛けながら踊る火翔。
「最後まで、私の心を踊りに表すだけよ」
 激しいステップを、疲れも見せずに華麗にこなす乙樹。
「最後は綺麗にキメます」
「勝負は時の運だけど……いくわよ!」
 踊りを崩さぬようにしながら、二人は手を上げる。
「「じゃん、けん……ぽん!」」
 運命の一手は……乙樹チョキ、火翔がグー!
「負けちゃったか……でもいい気分ね……全力で踊って楽しんだわ」
 ニコ、と笑って、乙樹が列の後ろに着く。
 音楽の終わりが、踊り続けた選手たちに競技の終了を告げた。

「お疲れ様でしたっ!」
 後ろに続く人たちに声を掛け、額の汗を拭う火翔。
「何か後ろに人がいっぱいいるッス!」
 結局最後まで先頭にいたうるみが、ふと後ろを見て驚きの声を上げる。
 列全体の踊りをリードして見事にまとめた火翔、力強く華麗な踊りを繰り広げた武美、元気いっぱい大きな動作で踊った稲穂、心を踊りに表さんと華やかに踊った乙樹には、芸術点が与えられる。
「罰ゲーム衣装……見たかったにゃ……」
 踊りきった満足を表しながらも、ちょっと残念そうにジュリアが汗を拭く。
「おめでとうございます! でもこれからの勝負は負けませんよっ」
 勝者たちに向かって爽やかに、稲穂が笑顔を向ける。
「楽しかったよな!」
 雪隆が元気に声を掛ければ、ヴァイや聖夜、武美もにっこり頷いて。
 乙樹が、ふと思い出したように呟く。
「そっか……罰ゲームがあったわね。ん……でもいいわ」
 そして、晴れ渡る空をゆっくりと見上げた。
「こんなに楽しかったんだからね」
 踊りきった選手のみなさん、本当にお疲れ様でした!


マスター:旅望かなた 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
楽しい 笑える 泣ける カッコいい 怖すぎ
知的 ハートフル ロマンティック せつない えっち
いまいち
参加者:9人
作成日:2009/10/12
得票数:楽しい15  ハートフル1 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。