冷やし中華、始めてなるものか!


<オープニング>


●神奈川県某所
 『冷やし中華、始めました』と書かれた張り紙を頑なに貼ろうとしなかった中華料理店があった。
 その理由は定かではないが、冷やし中華だけ特別扱いをするつもりがなかったからかも知れない。
 また、その店では季節に問わず、冷やし中華が出されており、ある意味で主力メニューになっていた。
 しかし、一部の客からネチっこいクレームが来ていたらしく、店側がブチ切れて張り紙を貼る騒ぎとなった。
 『冷やし中華、始めません!』と……。
 それは、その店で冷やし中華を出さないという、強い意志の現れであった。
 だが、それは店にとっての死を意味しており、冷やし中華を目当てに通っていた常連客達を失う事にも繋がった。
 たった一部の心無い客の一言によって、この店は大切なものを見失い、廃業に追い込まれてしまったのである。
 ……たぶん。
 それから、しばらくして……。
 この場所で関係者と思しきゴーストが確認された。

「みんな、集まった? それじゃ、話を始めるね」
 運命予報士、長谷川・千春(高校生運命予報士・bn0018)。
 今回の依頼は彼女の口から語られる。

 ゴーストが確認されたのは、廃墟と化した中華料理店。
 ここでは一通りの中華なら食べる事が出来たんだけど、そこでも一番の売りが冷やし中華だったらしいの。
 しかも、この店のこだわりは半端じゃないのよ。
 たれは店主が納得いくまでブレンドを繰り返した酢醤油と、ゴマをふんだんに使って、その香りまで楽しむ事の出来る2種類。
 冷やし中華の具材も、その時に旬なものばかり。
 もちろん、お客さんが希望するなら、定番タイプのものや、アレンジタイプのものまで、柔軟に対応していたらしいの。
 だから常連客の大半は、冷やし中華目当て。
 ここに行けばいつでも好きな時に、冷やし中華が食べられたんだから、当然よね。
 でも、ある事件をきっかけに、冷やし中華をやめちゃったから、常連客もパニック状態。
 『つべこべ言わずに、冷やし中華を食わせろっ!』という事態になっちゃったみたい。
 それでも、店主は頑なに拒否!
 だから、誰も店には寄り付かなくなって、潰れちゃったみたいなの。
 廃墟と化した店内には、リビングデッドと化した常連客がウロついていて、未だに冷やし中華を求めているわ。
 おそらく、冷やし中華をあげれば大人しくなると思うけど、味にこだわりを持っていたりするから、コンビニで売られているようなものじゃ納得しないかも。
 それと、店主がたれのブレンドをする時に使っていた作業場が特殊空間と化していて、頑固親父を絵に描いたような地縛霊が留まっているわ。
 地縛霊はここでタレの調合をしているらしく、各地から取り寄せた醤油を混ぜたり、白ゴマや黒ゴマの分量を変えて、すり鉢ですり潰しているようなの。
 どうやら、冷やし中華に変わる新しいメニューを作るため、タレの調合を変えているようなんだけど、この様子じゃその苦労が結果に結びつく事はなかったようね。
 そのせいか、地縛霊はピリピリ、イライラ。
 ちょっとした物音がしただけでも、すり棒を振り上げて襲い掛かってくるわ。
 そのたび、ゴマの香ばしい匂いと、醤油の香りが漂って、妙にお腹が空くから気をつけて。

マスターからのコメントを見る

参加者
リーテ・ハインツ(底無しの胃袋を持つ同人作家・b05215)
渕上・陽菜(青天の唄・b14582)
遠野・由香里(紫紺の癒し手・b15424)
伊藤・洋角(百貨全用・b31191)
猫叉・雨吉(なんとなく水練忍者・b35974)
鏡・月白(シルバースター・b37472)
多比羅・惣一郎(凍てつく業火・b43715)
天童・将(桃花の譜・b46020)
闇憑・氷影(ブラックイルミネーション・b54588)
遊馬崎・水葉(空色笑顔日和・b56288)
紅孔雀・發音(とても影が薄い牌の音団長・b58794)
颯生・ムジカ(天上音樂・b67603)



<リプレイ>

●冷やし中華、始めますか?
「……『冷やし中華はじめました』や『かき氷はじめました』は、風物詩的な響きがありますね。なんとなく目にして季節を感じたり、移り変わりに無性に欲しくなったり……。キュウリがちょっと得意ではないのですが、錦糸卵をたっぷり入れて、トマトと3色。簡単に出来て見栄えよく手間をかけずに出来るのがよいですね」
 冷やし中華について語りながら、颯生・ムジカ(天上音樂・b67603)がニコリと笑う。
 ちなみにムジカは酢醤油派。
 ただし、リビングデッドのようにこだわりが無いので、スーパーで売っているものでも美味しく戴く事が出来るようだ。
「冷麺は麺がゴムみたいに硬かったりするから、あまり好きじゃないんだけど、冷やし中華はそんな事ないし、味もあたし好みだから、夏場はほぼ毎日食べているような気がするなぁ。最近はコンビニで売っている冷やし中華も結構レベルが高くて、中々侮れないんだよね。量が少ないのと、ちょっと値段が高いのが難点なんだけど……」
 苦笑いを浮かべながら、リーテ・ハインツ(底無しの胃袋を持つ同人作家・b05215)が答えを返す。
 コンビニで売られている冷やし中華も年々グレードが上がっているらしく、そんじょそこらの店より美味しかったりするらしい。
「ただやっぱり季節物って感じがするし、冬の寒い時には食べる気にはならないかな。このお店では年中メニューに出していて、更に主力にもなっていたのだから、余程美味しかったんだろうけど……」
 関係がありそうな資料に目を通し、闇憑・氷影(ブラックイルミネーション・b54588)が口を開く。
 どうやら、この店で出されていた冷やし中華は、季節に応じて材料を変えていたらしく、途中で飽きる事が無いように工夫が施されていた。
 そのため、店側にクレームをつけたのは、たいして常連ではなかったのだろう。
『ひやしちゅうか……いろがたくさんで、つめたくてびくってなるけど、たのしいのでス。そんなたのしいりょうりだからこそ、おみせのひともこだわりがあったんでしょうか?』
 不思議そうに首を傾げながら、渕上・陽菜(青天の唄・b14582)が白板を掲げる。
「どうやら、この中華料理店の店主はステレオモデルな職人気質な人だったようですね。こういう人って一度出した意見はたとえ自分が後悔していても、踏ん切りがつかずに意地でも撤回しないんですよ……。発端となった空気の読めないお客さんにも困ったものですが、常連客の皆さんもパニックになったとはいえ、『つべこべ言わずに、冷やし中華を食わせろっ!』というのはいただけませんね」
 当時の新聞記事を読みながら、鏡・月白(シルバースター・b37472)が呟いた。
 客側も随分とヒートアップしていたのは分かるが、そんな事を言えば店主がへそを曲げても仕方が無い。
「確かにそのクレームは、よろしくないですかねぇ……。それに他の店がやっているという事で、それを強要するのはどうなんでしょうか。その店や店主のスタンスやら、やり口があるのですからねぇ」
 自分なりの考えを述べながら、伊藤・洋角(百貨全用・b31191)が溜息を漏らす。
 もしかすると、客側からすれば何気ない一言だったのかも知れないが、店主側からすれば腸が煮えくり返るほどの思いであったのだろう。
「年中、冷やし中華だっていいと思うけどねっ。でも、あの『冷やし中華はじめました』っていう張り紙があると、夏がきたんだなーって気がしてくるよね! 店主さんも、気にしないで自分のスタイルを貫けばよかったのにねっ……」
 寂しそうな表情を浮かべながら、遊馬崎・水葉(空色笑顔日和・b56288)が店の入り口に張られた張り紙を眺める。
 張り紙には店主の直筆で『冷やし中華は始めねぇ』と書かれているものや、『冷やし中華、死す!』と書かれたもの、『冷やし中華は遠い国に旅立ちました』などがあり、どの張り紙からも冷やし中華を再開しないという強い意思が現れていた。
「冷やし中華といえば、某有名な美食家の先生が『冷やし中華など食い物ではない!』って名言を残しているよね。そこで僕もその先生に倣って一言言わせてもらおう。具にハムを使った冷やし中華など食い物ではない!」
 どことなく劇画タッチになりながら、紅孔雀・發音(とても影が薄い牌の音団長・b58794)がキッパリと言い放つ。
 別に冷やし中華が嫌いではないのだが、ラーメンにチャーシューを使っている店でも、冷やし中華にはハムを使う店が多いので、それを許す事が出来ないようだ。
「そのこだわりの冷やし中華、一度食べてみたかったですね。でも、主力メニューを出さなくなったら、こうなってしまうのも目に見えていたと思うのですが……」
 店主の気持ちを考えながら、遠野・由香里(紫紺の癒し手・b15424)がゆっくりと店内に足を踏み入れた。
 一応、店主も新しいメニュー作りに全身全霊を注ぎ込んでいたが、その努力も空しく店は潰れてしまったらしい。
「リビングデッドに成り果てても食べたい程の冷やし中華、きっとすばらしいレシピなんでしょうね。これからの季節をより幸せに生きる為にも今回の依頼は失敗できませんね。絶対に見つけ出して見せます」
 拳をぐっと握り締めながら、天童・将(桃花の譜・b46020)が闘志をメラメラと燃やす。
 店主の性格を考えるとレシピを残している可能性はゼロに近いが、それならば見よう見真似で再現するだけである。
「確かに、一体どんな味だったのかねぇ。……俺も食べてみたかったな」
 頭の中で冷やし中華を想像しながら、猫叉・雨吉(なんとなく水練忍者・b35974)がリビングデッド達を睨む。
 どうやら、それはリビングデッド達も同じらしく、冷やし中華を求めて店内を彷徨っていた。
「……『過ぎたるは及ばざるが如し』。とにかくリビングデッド達を倒す事が先だよ」
 仲間達に声をかけながら、多比羅・惣一郎(凍てつく業火・b43715)がイグニッションをする。
 それと同時にリビングデッド達が瞳をギラリと輝かせ、『冷やし中華を寄越せ』と叫んで襲いかかってきた。

●何でもいいから、早く冷やし中華を食わせろ!
「やはり未練が残る程、美味しかったのでしょうか?」
 ヤドリギの祝福を発動させながら、由香里がリビングデッド達に視線を送る。
 リビングデッド達の頭には冷やし中華しかないらしく、涎をダラダラと垂らして飛びかかってきた。
「どうやら、冷やし中華をあげたら、大人しくなるみたいですが、相当なこだわりがあるみたいですし、下手にあげて怒らせても面倒なのでやめておきましょうか」
 少しずつ間合いを取りながら、月白がプロトフォーミュラを発動させる。
 リビングデッド達は『冷やし中華』という言葉にも反応するらしく、その言葉が出るたび身体をビクッと震わせた。
「冷やし中華は犠牲になったのだ……。犠牲の犠牲にな……、多分。まあとにかく、大人しくやられてもらいましょう」
 クールな表情を浮かべながら、洋角がリビングデッドに暴走黒燐弾を放つ。
 その途端、リビングデッド達が冷やし中華だと思って飛びかかってきたが、途中で黒燐蟲だと認識してあたりに悲鳴を響かせた。
「そういえば君の名前、まだ決まってなかったね。この前はとりあえず玲也君2号って呼んでいたけど、さすがにそのままって訳にもいかないし……。う〜ん、一生懸命考えてみたけど、いい名前が浮かばないなぁ……。じゃあ、今回も玲也君2号で」
 真フランケンシュタインFWを眺め、リーテが満面の笑みを浮かべて命名する。
 心なしか玲也君2号が悲しそうにしている気もするので、近いうちにいい名前を考えておこうと思っているが、いまのところは浮かばない。
「さー、はじめましょうかっ。冷やし中華が欲しいのは、あんたたちだけじゃないんだからね!」
 リビングデッド達に語りかけながら、水葉が呪詛呪言で攻撃を仕掛けていく。
 そのたび、リビングデッド達が『冷やし中華を寄越せ』と両手を伸ばしてきたが、それを渡すよりも先にあるべき場所に還さねばならない。
「空腹の事と思いますが、たのしく踊ったらとっても美味しくなるかもしれませんよ、冷やし中華」
 予め旋剣の構えで攻撃力をあげておき、ムジカがダンシングワールドを発動させる。
 その途端、リビングデッド達が踊り出し、『やっぱり冷やし中華が食いたい!』と絶叫を響かせた。
「冷やし中華なら、ここにありますよー」
 試しにコンビニで買った冷やし中華を床に置き、水葉がリビングデッド達を誘き寄せる。
 それと同時にリビングデッド達が冷やし中華に心を奪われ、後先考えずに飛びかかってきた。
 だが、床に置かれた冷やし中華を口にした途端、『こんなモンは冷やし中華じゃない!』と言い放つ。
「ここの冷やし中華は売り切れらしいですよ、残念ですね」
 黒燐奏甲を発動させながら、洋角がリビングデッドに答えを返す。
 その言葉を聞いてリビングデッドが激しくショックを受け、『う、嘘だ……!』と全身を震わせた。
「今ここにいるよりも、先に逝かれた方が早く食べられると思います。冷やし中華」
 含みのある笑みを浮かべながら、ムジカがリビングデッドにダークハンドを発動させる。
 その言葉を聞いてリビングデッド達がハッとした表情を浮かべ、『それは本当か! こりゃ、ウカウカしていられないな!』と言って迫ってきた。
「さあ行け、玲也君2号! ファイナルキャノンでリビングデッドをぶっ倒せー!」
 玲也君2号と連携を取りながら、リーテがパラノイアペーパーを放つ。
 そこに描かれていたのは、冷やし中華と冷麺の違いを熱く語る漫画。
 その絵に描かれた冷やし中華を眺め、リビングデッド達ガ次々と力尽きていく。
「生まれ変わって、いっぱい冷やし中華を食べて下さいね。ちょっとお腹が空いたかも……」
 リビングデッド達に別れを告げ、由香里がグゥッと腹を鳴らす。
 脳裏に浮かぶのは、冷やし中華のみ。
「確かに、冷やし中華が食べたくなってきましたね。もう、冷やし中華やってるお店ってあるんでしょうか」
 ふとした疑問が脳裏を過ぎり、月白が心配した様子で店を出る。
 その視線の向こうにあったのは、『冷やし中華、始めました』と書かれた張り紙であった。

●こだわりの逸品
「うえ〜、すげー良い匂い。腹減るわ〜」
 特殊空間に引きずりこまれた途端、雨吉が幸せそうな表情を浮かべて、ライカンスロープを発動させる。
 その間も地縛霊は黙々とゴマの調合をしており、醤油の香りと入り混じって、妙に空腹感を誘う匂いになっていた。
「それじゃあ、店長さん。このお店の冷やし中華にハムを乗せていたのかどうか教え……きゃー! すり棒を振り上げて襲い掛かってきたー!」
 ギンギンパワーZを一気に飲み干し、發音がハッとした表情を浮かべて逃げていく。
 しかし、地縛霊は殺気だった様子で、ブンブンとすり棒を振り回す。
『じぶんのきもちをせいりするじかんがつくれるように、ねむってほしいのでス』
 少しずつ間合いを取りながら、陽菜が白板を掲げてサイレントヴォイスを放つ。
 それに合わせて地縛霊がすり棒を振り下ろし、ゴマの塊を飛ばしてきた。
「えっと、ゴマと醤油の割合は……美味ッ! だ、駄目だ。何も考えられない」
 頭で考えるよりも先に口の中に旨みが広がり、惣一郎が身の危険を感じて忍獣気身法を発動させる。
 この味ならもリビングデッド達が虜になるのも無理はない。
 さすがにこの味を100%再現する事は出来ないが、使われている材料を導き出す事で、それに近い味を出す事なら出来そうだ。
「とにかく使っていそうな材料を口にしてください。可能な限り、再現します」
 メモ用紙片手に声をかけ、将が サイコフィールドを展開する。
 惣一郎も頭に浮かんだ材料を叫び、地縛霊の攻撃を避けていく。
「それじゃ、足止めしておこうかな」
 黒燐奏甲を発動させながら、氷影が一気に間合いを詰めていく。
 それに合わせて雨吉がクロストリガーを放ち、地縛霊の持っていたすり棒を破壊した。
「それにしても、どうしてここまで必死なんだろ? ……はっ! これはまさか……、ハムを使っている事がバレて、僕にお仕置きされるのが嫌だから、殺られる前に殺れって事なのか!? ハムを使っているくせに逆ギレして襲い掛かってくるなんて、いい度胸じゃないか。僕の考えた超人冷やし中華マンでお前なんか退治してやる!」
 自分の中で勝手に解釈し、發音がスピードスケッチを放つ。
 地縛霊が実際にハムを使っていたのか謎だが、ここまで怪しい時点でクロである。
「これで、終わりだ。……失せろ!」
 地縛霊の死角に回り込み、氷影が黒影剣を叩き込む。
 その一撃を喰らって地縛霊が血反吐を吐き、『せめてこのメニューだけでも完成させたかった』と呟いて跡形も無く消滅した。
『たくさんのひとがここにきていたのなら、きっとおみせのひとも、みんながだいスきだったとおもうのでス。でも、スきだからこそ、いろんなおもいがあったんでしょうか。……なんだかむつかしいけど、ちょっとだけかなしいのでス』
 特殊空間のあった場所を眺め、陽菜が白板を抱きしめて瞳を潤ませる。
 おそらく地縛霊にも譲れないものや、守りたいものがあったのだろう。
 それが原因で冷やし中華を超えるメニュー作りに没頭し、地縛霊と化してしまったのかも知れない。
「どうやら、レシピを残していないようですね。せめて特殊空間の中にあったすり鉢さえ手に入れば、もう少し材料が分かったと思うのですが……」
 心底残念そうな様子で、惣一郎が深い溜息を漏らす。
 目を皿のようにしてくまなく店内を調べたが、レシピらしきものがまったく見当たらない。
「まぁ、これだけの情報があれば、何とかなるでしょう」
 惣一郎を慰めながら、将が優しく肩を叩く。
 それに同じような体験をした仲間達が一緒にいるのだから、限りなく近い味を再現する事が可能かも知れない。
「あ〜、腹減った。冷やし中華が食べたい。そう言う訳で俺は冷やし中華を食いに行く」
 空腹感に襲われて何も考える事が出来なくなり、雨吉が迷う事なく『冷やし中華、始めました』に視線を送る。
 そこの味がどうであれ、いまは冷やし中華の事しか考えられなくなっていた。
 そういった意味で雨吉達も、冷やし中華になっているのかも知れない。


マスター:ゆうきつかさ 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
楽しい 笑える 泣ける カッコいい 怖すぎ
知的 ハートフル ロマンティック せつない えっち
いまいち
参加者:12人
作成日:2010/05/29
得票数:楽しい13  笑える2 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。