ジハード救援作戦:深き森を越え、奇襲せよ


<オープニング>


●ジハード作戦の危機
 巡礼士と人狼騎士を主力とするジハード作戦の参加者達は、さしたる妨害も無く順調に東南アジアまで進出していた。
 ジハード作戦を行うにあたり、要注意地点とされていた、インド亜大陸をほぼ無傷で通過できた事で、かえって拍子抜けしたという安堵が彼らの中に広まったとしても、それを、責める事はできなかったであろう。
 一部で通信や交通のトラブルは発生していたが、どれも、人為的なトラブルであり、ゴーストが関わっていない事は明白であったので、目的地である日本への到達は時間の問題であるかに思われていたのだ。

 その情勢が急変したのは、東南アジアの大河、メコン川沿いに軍勢を進めていた時であった。
「るーるるーるるーるるー」
「るるるるるるるーるるるるるー」
「るーるるーるるーるるー」
「るるるるるーるーるー」
「るーるるるーるる」
「るーるるーるるー」
 突如現れた数十体の灰色の少女達が、手にもったスコップで大地を掘るしぐさをしたのだ。
「こいつらは、ゴーストだ! 気をつけろ!」
「各員第一級戦闘配備」
「巡礼士、リベレイション許可、ゴースト殲滅を最優先」
 慌ただしく戦いの準備をするジハード作戦軍。
 だが、彼らには、まだ、侮りがあった。
 しょせんは数十体のゴーストであるし、灰色の少女ゴーストは、それほどの強敵とは思えなかったのだ。
「いや、待て、俺は聞いた事がある。銀誓館に入学した、俺の従兄弟が……」
 そう言葉を発した人狼騎士は、その言葉を言い終える事は出来なかった。
 何故なら、彼らの足下から、大量のリビングデッドが這い出して来たのだから。

「こいつら、リビングデッド使いかっ!」
「だが、ここは、日本では無い。それほど多くのゴーストを作り出せるわけが」
「そもそも、リビングデッドの元となる死体を集めるのさえ難しい筈……」
 百戦錬磨の巡礼騎士と人狼騎士の冷静な分析。
 その分析は本来ならば、正鵠を射ていたことだろう。
 だが、現れたリビングデッドの数は、彼らの想像を超えていた。

「ばかな、こんな場所に数千体の死体が埋まっていたとでも言うのか?」
「いや、驚くべきは残留思念の量だ、死体があろうと残留思念が無ければ、これほど多くのゴーストが生まれるはずはない」
「つまり、この場所で、数千人が怨みと共に殺されたというわけか? バカバカしい」
 が、事態はこれだけに収まらなかった。
 別方面から侵攻していた一団から、彼らの前にも数千体のリビングデッドが現れたという急使を送ってきたのだから。

「――と言う状況らしいわ」
 放課後の武道場。集まった能力者達に厳しい表情で八重垣・巴(高校生運命予報士・bn0282)が告げた。
「現在はジハード作戦の参加者はアンコールワット遺跡まで後退して籠城作戦中らしいわ。でも、リビングデッドの数は日増しに増えていく一方――遠からず、彼らは全滅を強いられるわ」
 そのために今回の作戦は行われるの、と強調し、巴は続ける。
「リビングデッド自体は戦闘能力も低いし脅威ではないわ。ただ、問題はそのリビングデッドの出所――ルールーの存在よ」
 巡礼士や人狼騎士もその存在には気付いたものの何千何万のリビングデッドの群れに阻まれてルールーを倒す作戦は失敗に終わったという。
 ――だが、これは視点を変えるだけで状況は一変する。
「ようするに、供給源であるルールーさえ倒せればいいのよ。ルールー達はリビングデッド達の最後尾に存在するわけだから、そこへ隠密作戦で強襲――『援軍』さえ途切れさせれば逆転出来るわ」
 ただし、こうなると隠密性のために少人数精鋭が好ましい――ここに集まった者は、そういう者達、という事だ。
「あなた達に頼みたいのは、ここね――ここにはルールーが十体いてリビングデッドを掘り続けているわ。ここにたどり着くまでの一番の問題はまず密林による視界の悪さね、ばったり進行中のリビングデッドと遭遇すると囲まれて面倒な事になるわ。場所柄、仲間との連携を取るのも困難になるから相手と不用意な遭遇をしないようにきちんと周囲を警戒して、はぐれないように進む工夫が必要ね」
 その隠密移動ののち、ルールー達のいるポイントは密林の中でわずかに開いた平地だ。
「ここにはルールー十体と白骨化した作りたてのリビングデッドが存在するわ。タイミング的にはリビングデッドもその周囲には最低十体以上は存在してると思って。周囲を移動中のリビングデッドに気付かれる前にルールー達を一気に殲滅する必要があるわ。これも慎重にタイミングをはかる必要があるわね」
 奇襲が失敗したなら、すぐ撤退して――巴はそう念を押した。周囲を囲まれてしまうと帰還が不可能となる――そうなれば、とても危険な状況となるだろう。
「この作戦に失敗すれば遺跡に立てこもっている巡礼士や人狼騎士達の全滅は必死――『ジハード』自体が失敗に終わってしまうわ。どうにかみんなの力で彼等を助けてあげて――大丈夫、あなた達なら出来るって私は信じているわ」
 じゃあ、よろしくね、と信頼の笑みと共に巴は能力者達を見送った。

マスター:波多野志郎 紹介ページ
まさにゲリラ戦の様相をていしてまいりました、どうも波多野志郎です。
今回はルールー達の群れと戦っていただきます。

【成功条件】
・ルールー達の殲滅。
 以上となります。

ルールーの攻撃手段は、
・通常攻撃:近接単体
となります。

リビングデッドの攻撃手段は
呪われた手:近接単体 マヒ
となります。

ルールー自体の戦闘能力は低いので、いかに奇襲へと及ぶか? が重要な点となります。
いかに隠密行動を行うか? 仲間達とのいかに連携を取るか? 皆様のプレイング次第で状況が大きく変わります。

それでは、皆様の参加をお待ちしております!

参加者
草薙・藤次郎(真水練忍者・b01852)
レイヴンロア・カラスマ(タクティカルランチャー・b26609)
小暮・蔵人(魔弾の狙撃手・b49923)
護宮・マッキ(輝速アレグロコンブリオ・b71641)
神谷・恭一(灰色の幻視・b73549)
水姫・優希那(おちこぼれ妖狐・b73873)
瀬河・苺子(道を求める少女・b77693)
神宮時・蒼(幻想綺想曲・b78116)



<リプレイ>


「忍んでこその忍者ですが、コレは忍者じゃないよね」
 メコン川沿いの森。その中で草薙・藤次郎(真水練忍者・b01852)が自分の姿を見下ろし苦笑した。
 迷彩帽をしっかりと被り迷彩服に身を包み、泥化粧を施し服のあちこちに葉や枝をつけた姿は忍者と呼ぶのには確かに程遠かった。
 だが、身を隠すという意味ではこの場でこれ以上の格好もない。
「ゆきな、どう? 見えてないよね」
「大丈夫ですよ、マッキ様。カッコいいのです〜」
「そ、そっか……」
 自分の着慣れない服装を見下ろして尋ねる護宮・マッキ(輝速アレグロコンブリオ・b71641)に、同じ服装の水姫・優希那(おちこぼれ妖狐・b73873)が満面の笑みで太鼓判を押した。褒められると思っていなかったのだろう、マッキが珍しく赤面しながら笑みをこぼす。
「必要だから仕方ないですよね……」
 まさに植物人間、といった自分の姿に深い溜め息をこぼすのは瀬河・苺子(道を求める少女・b77693)だ。その隣で小暮・蔵人(魔弾の狙撃手・b49923)が携帯端末を手に呟いた。
「アンコール遺跡か……成立は忘却期前、九世紀から十一世紀あたりらしいな。ま、興味は尽きないが今はルールー掃討が最優先だ、来てない奴らの分まで働かねぇとな」
 携帯端末をしっかりとしまい蔵人が言えば、神宮時・蒼(幻想綺想曲・b78116)が言葉を継ぐように言った。
「なんとしても、成功させましょう……!」
 蒼の言葉は全員の想いの代弁だ――深くうなずいた能力者達は、目的地へと移動を開始した。


 メコン川の周囲の森は深い。毎年多くの数々の新種の生物が発見され、十年間で千種類を越える新種が発見されたほど、生命に満ちた自然なのだ。
「…………」
 能力者達の一番前でレイヴンロア・カラスマ(タクティカルランチャー・b26609)が鋭い視線で周囲を警戒していた。レイヴンロアのヤドリギ使いの本業能力である隠された森の小路は、この険しい森において最大限に効力を発揮する。
「……方向は大丈夫ですか?」
 大きな音を出さないように、と慎重に歩く優希那が、肩越しに振り返った。そこには地図へと視線を落とす神谷・恭一(灰色の幻視・b73549)の姿がある。
「ああ、問題ない。この方向を――真っ直ぐだ」
 地図の上に浮かんだマーカーと目標地点を見比べ、恭一が自信を持ってうなずいた。
「死人嗅ぎも曖昧になってきましたね。近付いているのは確かです」
 苺子もそう表情を引き締めて呟いた。死人嗅ぎの効果範囲は半径三km。ゴーストが存在するか否かと大体の方向は掴めるが、その数や強さ、正確な位置までは読み取れない。
「そうですね、慎重に進むのに越した事はありません。リビングデッドと遭遇して戦力と時間を消耗するのもまずいですしね」
 使役ゴーストである真ケルベロスオメガの火狩が背を撫でながら藤次郎が言った。その鋭敏感覚は四方八方へと張り巡らされている――不意の出来事にも対応出来る心構えも出来ている。
 ――ただ、進む。
 それだけの事がこれほど精神をすり減らすものだと知っている者は多くない。慣れている者でも森を掻き分けて歩く事は、ただ歩く事よりも疲労させるのだ。その上、リビングデッドとの不要な接触を避けるために警戒をしなくてはいけない――その消耗は計り知れないものとなるだろう。
 しかし、レイヴンロアの隠された森の小路と恭一のスーパーGPSはその消耗を大きく軽減させた。森を歩くのは平坦な道を歩くのとは違う、植物を掻き分け足が取られないように気を配るだけで、加速度的に疲労を強いるのだ。
 それに加えて、方向を理解出来ると言うのは精神的に大きい。踏み入っても踏み入っても似た光景の森の中で正しく位置を把握出来るという安心がどれだけ頼もしいものか? ――期せず能力者達は思い知った。
 時折立ち止まっては周囲を確認し、リビングデッドの気配を感じれば身を隠すか、迂回する事を選択しやり過ごしていく。例え時間を浪費してでも慎重に移動した結果、不意な遭遇は避けられた。まさに、急がば回れだ。
(「……どうです?」)
(「ああ、間違いない」)
 なかよしファンガスでマインドトークによる確認を終え、恭一の答えに苺子がうなずく。そして、先頭を行く藤次郎へ無言でうなずいた。
(「――着いたようですね」)
 藤次郎のハンドサインに能力者達の緊張が高まった。今まで慎重に進んでいき――能力者達は見た。
「るーるるーるるーるるー」
「るーるるるーるる」
「るるーるるるーるーるー」
「るーるるーるるー」
 開けた平地。そこで一生懸命にスコップを動かす十体の灰色の少女達――ルールーの群れだ。
 気付かれていない――まずはその事に安堵して、能力者達は用意を整えていく。
 フラフラと森の奥へと二体のリビングデッドが消えていく。それを見たマッキが叫んだ。
「るーるー覚悟だ! るー!」
 ちょっと移った――マッキはそう思いながら飛び出す。その合図に能力者達もルールーの群れへと飛び込んだ。


「るー!」
「……具現せよ!」
 ルールーが反応した直後、蒼の幻影兵団が仲間達の背後に幻影兵を召喚していく。
「さって、全員踊っちゃいな!」
 そして、先頭のマッキがすかさず軽快なステップを踏んだ。ダンシングユニバース――踊りへと誘うそのダンスに、二体のルールーがスコップを振り上げカランカランと骨の足で不器用なステップを刻み出す。
「穴掘りの時間は終わりだぜ」
「手早く決めさせてもらいます」
 ゾワリ、とレイヴンロアの足元から茨が溢れ出し、優希那が十の絶陣を展開していく。ミシリ、と二体のルールーがレイヴンロアの茨の世界に絡め取られ、優希那がルールー達に苦痛を与える中、藤次郎の幻影兵と火狩が動いた。
「その掘り返し、やめてもらいましょうか」
 幻影兵が繰り出す霧影爆水掌と火狩の吐いた炎が一体のルールーを捉えた。バキン、と渇いた音を立てて膝を揺らしたルールーへ蔵人が詠唱ライフルを構える――!
「狙い撃つぜ――!」
 ドンッ! と雷の魔弾がそのルールーの胸を容赦なく撃ち抜いた。バキンッ! と軽い音を立てて、ルールーが砕け散る。
「雷の大蛇よ、貫け」
「お願い! これで!」
 恭一のライトニングヴァイパーが、苺子のバレットレインが戦場を一直線に貫き、銃弾の雨を降り注がせた。
「――リビングデッドは二体だな」
「……想定の範囲内です」
 蔵人がそう叫べば、蒼がうなずき封神十絶陣を展開させた。
 ――奇襲は成功した。
 ルールーの半数近くが体勢が整う前にマッキのダンシングユニバースとレイヴンロアの茨の世界、そして続け様に叩き込まれた攻撃で戦力を削がれた。問題のリビングデッドも慎重にタイミングを計った結果、二体に絞る事が出来た。
(「――後は、どれだけ早く倒しきれるか、です」)
 優希那が内心で呟く。幾度と想定した状況――ルールー達を広範囲攻撃で巻き込み、一気に殲滅させていく作戦に持ち込めた。
「理事長先生も、巡礼士の人も、人狼騎士の人も、絶対にやらせない!」
 苺子が、決意を込めた叫ぶ。この勝敗が、多くの人間の命に関わっているのだ――その事実を胸に、能力者達はルールーの群れを追い込んでいった。
「光の中で果てるといい……」
「ルールー……消えて貰うぜ」
 突き出した恭一の右手から一条の放電光が放たれ、それに合わせてレイヴンロアが頭上に生じた植物の槍を投擲する。恭一のライトニングヴァイパーが、レイヴンロアの森王の槍が、二体のルールーを巻き込みその腹へと風穴を開け粉砕した。
 その横を、二体のルールーと一体のリビングデッドが駆ける。二体のルールーがマッキへとスコップを振り上げ、一体のリビングデッドが火狩へその爪を振り下ろした。
「後、二体です……!」
「……悪しき者には罰を。勇敢なる者に癒しを……」
 優希那と蒼の封神十絶陣が展開されていく――目の前のルールーを苦しめ自分を癒す力の存在を感じながらマッキがサムズアップ。
「さんきゅ! ゆきな」
 そして、マッキの体が軽やかに舞う。打楽器が、ステップから繰り出される蹴りが、この世界でただ一つのマッキのダンスと共にルールーを打撃していく。ドンッ! という赤い爆発――マッキのヒロイックフィーバーにルールーの体が揺れた。
「火狩――!」
 藤次郎の水刃手裏剣とタイミングを合わせた火狩のブラックセイバーが放たれた。ブラックセイバーの斬撃はリビングデッドを切り伏せ、ルールーを捉える――そこに放たれた藤次郎の水刃が大きくルールーを切り裂いた。
「エイメン……とでも言やいいのかね、ジハード的に」
「落ちて!!」
 蔵人の炎の魔弾が、駆け寄った苺子のチェーンソー剣の横薙ぎが、それぞれ一体ずつのルールーへと繰り出される。ドゥ! と炎の魔弾がルールーを撃ち抜き燃やしつくし、唸りを上げたチェーンソー剣がルールーの胴を薙ぎ払った。
「――終わりましたね。長居は無用です」
 小さな溜め息と共に藤次郎がそう告げる――ルールーの群れを倒し終えた能力者達はすぐさま森の中へと駆け込んだ……。


「皆様お疲れ様でした。お怪我の具合は如何でしょうか?」
 戦場からある程度離れた場所で優希那が仲間達へ問い掛けた。前衛に立った者が軽い傷を負っているものの、それも大したものではない――完勝、そういうのにふさわしい戦果だろう。
「戦争の時よりも長く感じました……」
 深いため息と共に苺子がそうこぼす。肉体的疲労よりも緊張を強いられた精神的な疲労の方が大きい。
「ひとまず、安心……ですね」
「ああ、そうだな」
 蒼の言葉にうなずきながらもレイヴンロアの神経は周囲に注がれていた。戦場における弛緩は即死に繋がる――まだ、帰還は果たせていないのだ。
「さて、はたして巡礼士たちは無事でいてくれているのかどうか……」
 その視線を遺跡のある方へ向け、恭一も低く呟いた。
「のんびりしてる暇は無ェな。とっととズラかるとしようや……帰って見てェ顔も居るしな」
 しかし、照れくさそうに頬を掻いてぼやく蔵人の言葉には笑いが起こる。
「ミッションコンプリート、僕らの勝ちさ!」
 サムズアップして笑顔で言うマッキの言葉がその全てを物語っていた。
 自分達の任務を果たした――ならば、今度はあそこにいる仲間達を信じる番だ、と……。


マスター:波多野志郎 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
楽しい 笑える 泣ける カッコいい 怖すぎ
知的 ハートフル ロマンティック せつない えっち
いまいち
参加者:8人
作成日:2011/11/25
得票数:カッコいい13 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。