愛憐 -砕けた絆-


<オープニング>


●氷の柱〜流氷の正体
「これを見てくれ」
 蒼氷・麻凛(武踏月騎・b42218)が皆を呼ぶ。海底までを凍結させて作られた氷の大橋の上に立つ、氷柱のひとつ……その中には、女性らしき人物が一人と、大きな獣のようなものが1体、氷付けにされているらしい。他の氷柱は確認できないが、なにか影のようなものは確認できた。
「なんとロマンティック……いやいや、まだ息があるかもしれません、急いで助け出しましょう」
 橘・松(人生空回り・b80496)がさっそく、手にしていたブラックレインで、その氷の柱を破壊した。それは意外にあっけなく壊れた。
 と同時に。
『きゃーんっ☆ 伯爵さま、お疲れ様でしたわー☆ もう仕事を終わらせるなんて、流石は伯爵さまーん☆』
「おわわわ!?」
 ぎゅむっと側にいた黒鋼・輝刃(牙鳴散らす・b09479)に抱きつくのは。
「「リリス!?」」
 能力者達の言葉に、輝刃に抱きついていた女性……いや、リリスはぱっと離れた。
『あらやだ、良く見たら伯爵さまじゃなーいっ! 伯爵さまが起こしてくれたと思ってたのにっ!!』
「伯爵!? ま、まさか……」
「凍結の目的は、検討がついています」
 狼狽する天城・凍夜(真魔剣士・b01188)をさておいて、神楽・美玖(未来の歌姫・b70540)が続ける。
「美味しい宗谷黒牛を強奪するため、海峡を凍結して道を作ったことを! ……図星でしょう?」
『ぶふーーー!!』
 思わずリリスが噴出す。
『そんなワケあるわけないじゃん! 伯爵さまが日本に上陸する為に、この道を作ったのよ』
「伯爵は、もう北海道にいるのか!?」
 臣・拓也(妄想愛好家・b33221)が叫ぶ。
『そうよ。既に上陸しているわ。今頃は目的地に向けて移動している頃よ』
 
「赦せないのです……」
 閑雅にて穏やかなる少女、詩条・美春(兄様といっしょ・bn0007)の声に籠もる僅かな怒気に、星崎・千鳥(高校生運命予報士・bn0223)は無言。注意深く見れば同じぐらいの僅かさで紅を見開いたのに気づけはしただろうが。
 それは千鳥がこう予報を唇にのせた後に零れた言の葉。

 宗谷海峡にて、季節外れの流氷調査に向かった能力者達から、驚くべき報告があった。
 流氷と周りを騙していた凍てつきは、実は海底まで根を張る『氷の橋』だった――そう、流れを渡れぬ伯爵を日本へと誘う悪しき路。
 その橋を維持しているのは、氷柱に封じられしリリスと妖獣。

「そのリリスはきっと、伯爵のためならば身を犠牲にすることを厭わないのだと思います」
 少女は胸の銀のブローチを握り締め、珍しく饒舌に続ける。
「その気持ちを利用し作った『氷の橋』……そして逃げる際は彼らを躊躇わず捨て置くであろう伯爵が、私は赦せないのです」
 もちろんこの度の戦いで伯爵と相まみえるとは思っていない。
 千鳥から語られた依頼はリリスと連れる妖獣を倒し『氷の橋』を破壊する内容であり、それは理解している。
「既に伯爵は北海道へ潜伏してる、何を企んでるかはわかんないけどね。そしてこれは狡猾な彼が確保した『退路』だと、思う」
 想いを利用することを厭わず踏みにじる奴、それは美春と同意だと添えて予報士は戦う存在の能力説明に移る。

 敵はリリスとシロクマ妖獣、あわせて2体。
 たった2体だが、あの抜け目ない伯爵が退路の礎として用意した存在だ、万が一交戦となったとしてもそうそう負けぬ知略を持っていることは想像に難くない。
 ……リリスは神への奉仕を誓いしシスター服姿だという。
 浮かんだ人の名を呟く美春に千鳥は淡々と返す。
「何を思って彼女がそんな格好をしてるのか、ボクはわかんないよ」
「そう……でしょうか」
 唇を噛む少女はなにか思う所あるのか、だが言葉は続けずただ頭を垂れた。
「シロクマ妖獣は周囲への猛吹雪を起こすよ。あと、近づけば範囲を巻き込み追い払うような力任せの攻撃……かなりダメージが高いから、油断しないで」
 吹雪は更に肌を蝕み持続的なダメージを与え続ける、油断して放置するとそれで命を落としかねない。
「リリスは自分に魅入らせる力を、もってる。どこにいても彼女は手を伸ばし……そして手駒にするよ」
 忠誠はただひとり『あの御方』へ。
 それを為すためならば偽りの愛を囁くことなど心の傷になるものか。
「あとは自分と他者を同時に回復するよ。その際に降りかかっているバッドステータスも振り払う」
 戦機を読み、シロクマと連携し彼女は巧みに行動を仕掛けてくる。確かに難敵だ。
 
「能力の説明は以上だよ……やれる?」
 愚問か、と予報士は僅かに唇の端を持ち上げる。
「はい」
 兄と共にある矜持を携えて、少女は顔をあげる。
 ――人の心を弄ぶ伯爵の存在を消すための第一歩。まずはその退路を、絶て。
 

マスター:一縷野望 紹介ページ
 一縷野・望(いちるの・のぞみ)です。
 最初は雪国なので椿同行で考えていましたが、思う所あり美春と運命の糸がつながりました。

 難敵です。
 心して挑んでください。

>敵能力
◆シスター・リリス
愛しさ偽り:20m1体に超魅了
ぬくもり泡沫:20m1体と自分回復&幸運度チェック3回

◆シロクマ妖獣
氷嵐:20m全周ダメージ+超魔氷
カイナ:近接範囲に大ダメージ+吹き飛ばし

>NPC
 美春が同行しています。
 指示がなくとも足を引っ張らぬよう動きます。
 なにかございましたらプレイングにてご指定ください。

 以上、ご参加をお待ちしております。

参加者
霜月・神無(氷雪のカメリア・b04161)
樹・吉野(永訣のサウダージ・b16185)
リュクサーリヒト・ユーバー(夜想玉兎・b23319)
高月・世良(ハティ・b24657)
御幸・榮(ほんとうにいとしいものの為に・b26499)
羽住・楓(風詠ブルーバード・b37021)
ブライト・アカツキ(純白の希望・b59563)
舞城・笑弥(運命に抗う娘・b59830)
NPC:詩条・美春(兄様といっしょ・bn0007)




<リプレイ>

 たとえ顧みてくれないのだとしても、わたしは構わないのです。
 あなたを生かす礎となることに、誇りを感じるのです。

●最果ての地にて、わたしは謳う
 氷点下の白に捧げられるように氷に封じられた聖女と白の獣の氷に、霜月・神無(氷雪のカメリア・b04161)は嘆息する。
 ただ撤退の道を造るためだけに多数のゴーストを使い捨てにする、その伯爵との戦いは如何ほどの激戦となるのか。
「本当に『聖女』の……彼女の姿に似ていますね」
 人狼の誇りを穢され走狗とされた紅の目を浮かべ、樹・吉野(永訣のサウダージ・b16185)は胸に指を置いた。
 アリス。
 彼女を真似るほどに伯爵への想いが強いのか……その深さはただ、哀しい。
「確認を」
 高月・世良(ハティ・b24657)の声を皮切りに最後の戦術すり合わせ、そして陣も敷いた。
「よろしいですか?」
「うん、お願い!」
 神無の確認に羽住・楓(風詠ブルーバード・b37021)はコートの裾を掴み大きく頷く。。
 先程まで詩条・美春(兄様といっしょ・bn0007)を「勝って皆で帰ろうね!」と励まし、その内なぜか宗谷黒牛の話へ逸れていたのだが、再び気持ちを引き締めた。
「……いきます」
 指先に馴染む氷に神無は力を注ぐ。
 キィン。
 砕けた氷が仲間を傷つけぬよう桃源の衣で立ちはだかれば、耳に届くは――歌。
 曇天すら純なる白に見せかける幾多の雪が舞う中で、一人の聖女が歌を謳いだす。
 異国の言葉かはたまた造語か。ただその音は耳にした者の心に刺すような愛しさを呼び覚ました。
 愛しさに傍らを振り返る者が幾人か、世良もそのひとり。
(絆は互いに糸を紡ぎ合って、初めて成るもの)
 銃を携えしケットシーのベルは世良から言い含められた策を胸に顔をあげる。
 ぬくもり。
 信じてる。
 銃を手にしたまま世良の想いのつまったマフラーを押さえた。
『神なるマスターと出迎え叶わず申し訳ありません』
 ふ。
 謳いやめた彼女は楚々とした仕草でお辞儀する。神に尽力し身を捧ぐ聖なる娘、そうとしか見えなかった。
 だがリュクサーリヒト・ユーバー(夜想玉兎・b23319)は見誤らない、絶対に。
「貴方は、祈り仕えるべき神を違えた」
 身につけし喪の黒。
 指先には闇、片側の掌には寄り添うように琥珀の星を。
 人柱として伯爵の道に身を窶す娘へ――殉じることをせめて祝福せんとの手向けの装い、か。
「……あなたは『死が二人を分かつまで』の生涯の愛を主に誓ったのですか?」
 ブライト・アカツキ(純白の希望・b59563)の声は彼らしくもなく渇いていた。これは少年の静逸な決意。
 ――リリスに同情は、しない。
『愛は生まれ堕ちたその時から』
「それは愛なんかじゃない」
 傍らのヤツフサの鬣を撫でていた舞城・笑弥(運命に抗う娘・b59830)は、低く湿った声で否定する。
『神の愛が数多に注ぐように、わたしに注がれしモノは小さな欠片かもしれません』
 聖女は緩く首をふるとこう継いだ。
『命令、そこには信頼という愛があります。あなた達も同じでしょう?」
「わたし達は、違う」
 笑弥の言葉に御幸・榮(ほんとうにいとしいものの為に・b26499)は口元に幸せをのせた。
 ……やはり信じた通り、同じです。
 ちょんとモーラットヒーローの白檀の額を撫る。くすぐったそうに目を細めるこの子は掛け替えのない存在。
 哀しみの夜を越えられたのも大切な人を憎まぬ自分でいれるのも、全ては白檀がいてくれたから。
 だからこそ……伯爵の遣り口が腹立たしい。

●この声枯れ果てようと、謳う
『皆様にご理解いただくにはこの絆は難しいようですね』
 あなたが望むのならば、わたしは穢れた売女にもなろう。
 あなたが望むのならば、わたしは死神としてここにあろう。
「ハヤ!」
 聖女が偽りの愛を仕掛ける前に、楓が覇気ある声で空気を斬った。
 瓶を飲み干し虚空に消す楓に応じるように迅義・ハヤギは鬣色の炎をシロクマへ!
『耐えろ』
 炎に巻かれる獣に聖女は凍てついた声で短く命じた。その瞳に先程までの和らぎはなくただ冷たい。恐らくは伯爵から彼女に向けられる物と、同じ。
 これは『願い』ですら、ない。
「行こう、ヤツフサ」
 ……笑弥は傍らのヤツフサに笑いかけた。たとえ立つ場所は違っても、わたしはあなたを護る。
「死がふたりを分かつまで!」
 一緒だよ。
 赤き糸を結び同族が散らした炎をかいくぐりヤツフサは征き、まずは白の獣に食らいつく!
 ――リリスとシロクマは距離がある。同時に近接で巻き込むのは難しい、か。
 冷静に分析する最中、リリスを抑え込む位置に立つ骸が目に入る。後方では祈る仕草の美春。兄妹に過去の自分を見出して神無は穏やかな笑みを灯した。
 時に前に出てくれた兄。
 今は私が仲間の盾となる!
 二体の間に入り込むよう体を滑り入れ、護り雪を纏った。
(……街を、人を、心を)
 世良は唇を噛む。氷点下の風は容易く彼女の唇を朱に染めるが、過去数年の間蹂躙された命の痛みに比べれば如何ほどのものか。
(これ以上踏み躙らせてなるものか)
 魔方陣で力を編む間、傍らのベルは精一杯前につきだした二挺の銃でリリスを打った。
 タタタッ。
 背後には舞い手の千郷とブライトを庇う。
 支える。
 寡黙な千郷が瞳を細め頷いた。
 大和撫子の一歩前に立つブライトは聖職服をたなびかせ戦況をじっと見据える。
 ……ついていける。
 どこか自分と似た月色金糸が前で揺れる。リュクサーリヒトが天に夜を招き、月を呼んだから。
 光。
「此方も曲げられぬ意志を以て……」
 それは月より苛烈なる、
「抗わせていただきます!」
 矜持を孕む光。
 眼鏡越しの瞳を眇め、彼は祓い飛ばすように月を沈める。型など、ない。だがその動きは古から預かりし舞いのように、厳か。
『ッ……くぁッ』
 厳かなる光は槍となりて娘を貫く。
「白檀に、おまじない」
 榮の手の中、白磁のオカリナが蒼の輝きを帯びるのに、白檀はまるで背伸びをするように跳ねた。
「誰一人倒れさせないこと」
 オカリナから零れ落ちる力を全て受け止めるように、白檀は細い手を広げ輝きを受け止める。
「約束よ?」
「もっきゅ!」
 絶対違えることなき、約束。
 永く紡いだ絆に、誓う。
「キリエ・エレイソン!」
 同情は、しない。
 けれど聖職者として、あなたの魂に主の憐れみが届かんことを、祈る――。
 リュクサーリヒトの槍にブライトの光が重なった。
『神なるマスター』
 口元の血を拭うと、聖女は首元で頼りなげにゆらめく十字架を掴み黒緋の唇を動かした。
『わたしはあなたの路を護り通すことを改めて誓います』
 ……そのためには、どのような手も使います。
 まずは、これ。
 聖女が絡め取ったのは目の前で大鎌を振りかぶる骸だった。
「兄様?! 皆さん気をつけてください、兄様が……」
 異変に勘づいた美春が眉をしかめ注意を喚起する。つい先ほど雑霊を放ってしまったことを後悔しながら。
 兄様はリリスの前から離れると神無を後方から斬りつけた。
「ッ、大丈夫」
 全てを受け流しきれなかったが傷は浅いと軽く手を振った。頬を張り飛ばすのはあんまりか。
『道をあけろ』
 聖女の声に従い、シロクマが空をきり轟音たてて腕を振り回す。
 噛み殺したような、悲鳴。
 神無はその場に留まったものの、距離をつめていた吉野とヤツフサが吹き飛ばされた。
「白檀」
「もきゅ」
 榮との約束を護るため、白檀は戦禍渦巻く前に跳ね吉野の傷にてちてちと舌を這わし舐めとった。
「ありがとうございます」
 両腕の黒刃をしかと握り直し、吉野は小さくも心強い仲間に笑みを向けた。泣き黒子が柔和さを色濃く見せる和装美人は、だがすぐに『いくさびと』の眼差しに戻った。
 陣を敷けたのが徒になったかと思うは一瞬、そもそもが自分達がひき付けるは覚悟の上。更に言えば読みが当たった、堪えるにはこれは行幸。
 神無の隣、聖女からの視界を遮る場所に再び駆け込むと、手に馴染む二振りをシロクマへと差し込み命を食った。
 怒り露わに両腕を振り上げる獣に「そう、此方」と吉野は唇の端をあげる。

●わたしは嘘を、謳う
 リュクサーリヒトは素早く幻夢の癒しを展開した。
「あ……なた……を、愛し、護り……ます」
 偽ること苦手なブライトの唇から嘘の愛が零れ落ちた。
『わたしもあなたを愛していますよ』
 聖女は、聖職服の少年に再び傷を塞げと甘く請う。

 ――聖女はこちらの能力が高いと知るや、執拗に誘惑を仕掛けてきた。
 現在、ハヤギに吉野、ブライトと兄様……と、かなりの人数が敵の手に落ちている。そして先程世良もあちら側へ。
 同士討ち多数故に回復に手を取られ攻めきれぬと、平静を保つ面々に焦りが滲んだ。それでもリリスを狙うが恐らく最善手――信じて続けるしかない。
「……ッ、あ」
 千郷の舞いで、ブライトの瞳に輝きが戻った。
 燦々たる状況を前に翳りを宿すも、すぐに錫杖を掲げあげる。
「聖なるかな聖なるかな聖なるかな!」
 もう迷わぬと反旗を翻すが如くブライトは声を張り上げた。
 だがそのさなか、名を持たなかった少年はふと思う。

 彼女は伯爵から名をもらえたのだろうか。

 輝き。
 誇り高き名を与えられた自分のように。
「主よ、我らを赦したまえ!」
 あの時流れ込んだ寂しさは、なに?
 いや、これは嘘。
 だから、消す。
 苦手な嘘を、消す。
「ありがとう!」
 楓は輝く笑顔できちんとお礼を返した。それは暗鬱になりがちな戦闘の最中でも、曇りひとつない。
「美春ちゃん、これからだよっ」
 美春にウインク。虚空にシスター姿の娘を素早く描き飛ばした。
「ほら、お兄さんも頑張ってくれてるよっ」
 下に弟と妹を持つお姉さんだ、妹分の励ましはお手の物。兄も姉も妹弟が大事なんだよ。言外伝わる想いに「はい」と少女は顔をあげた。
 シロクマの射程に入りカイナで傷ついた兄を癒せば、応えるようにリリスを刻みつける。同じタイミングで先程は祈りを紡ぎかつベストポジションをとったハヤギが、背の刃で二体を切り裂いた。
『いくらでも絆を切って差し上げますわ。正しいのはわたしとマスターだけ』
 シスター服を血で染めながらも、聖女は恍惚と嗤う。
「……貴女は、それで幸せなのでしょう」
 笑弥は何度も何度もシロクマに殴られ、時に雪の上を転げるヤツフサに黄金の鎧を編んで着せた。
 何故、真であるハヤギが後方にまわりヤツフサが前衛にまわったか? それは糸と鎧を編める花嫁の自分がいるから。
 名のままに笑弥が微笑めば、視線に気づいた楓も照れたように綻んだ。
「攻撃は、任せてっ」
「ええ」
 わたしは護り手。
 一緒に歩む、互いに護る。
 一方的にお願いするんじゃない――背負わせるんじゃ、ない!
「ヤツフサ」
 コッ!
 今回は雪上踏み止まった電子の獣は、炎を聖女に吐きつけた。
『……ふぁッ! はっ、はぁあああ……』
 血と共に黒く焦げた息を雪原に吐きながら、聖女は頭を廻らせる。
 自分、シロクマ……攻撃が散っているお陰もあり今まで回復なしで敵の手駒を奪うことに集中できた。
 お陰で持久戦に持ち込むことが出来た。だが相手が想定以上に粘ってくるのが予想外であった。
(こだわり過ぎたのかしら……)
 けれど自分の作戦は間違っていないと、未だ心迷わせる世良を見て聖女は鼻を鳴らす。あの女の放つ雷光はそれはそれは苛烈。だから味方につけた、勝ち目はあるはず。
「……ッ! ベル?!」
 あるはず、だった。
 けれど黒猫が祈るだけで、それは霧散した。
「ありがとう」
 我に返った世良は道を誤らずにすんだと傍らの黒猫を撫でる。
「心は常に、二人共に――」
 召喚者の敵全てを灼き尽くす、強き名を持つ杖を掲げれば紅玉が業火の輝きを帯びる。
 喚び寄せるは、蒼。
 けれど。
 襲い来るであろう躰への痛みより、
「偽りの愛等に、裂かれるものか」
 ……その言葉に耳を塞ぎたい。

 こいつらあたしの持ってない絆をみせつけるんだもん……。

『ああぁぁあッ!』
 たがが外れたような悲鳴が溢れた。
 涙が足下の雪を溶かした。
 でも誰も助けてくれない。
 ――また絆を引き裂いてやる!
 今欲しいのは、癒し。
 聖女は先程から傷つく者達の傷を塞ぎまわっている榮と白檀に目を向ける。
『いらっしゃい……』
(やれるものなら)
 榮は半色の瞳で白檀は漆黒のつぶらで、それぞれ真っ直ぐに見返した。
(白檀はわたくしの半身。使い捨てで働かせているつもりはありませぬ)
『わたしがあたためて差し上げますよ』
 誘惑を伸ばしたのは、白檀。

 さぁ嘆け、絶望しろ!

「ッもきゅ!」
 ばさり。
 忌わしはね除けるように紅のマントが閃いたそれで女の行動は無為となった。
『く……落ち着いて、狙え』
 ……それはシロクマへか自分へか。
 だが所詮繰り言と、シロクマを囲む戦乙女ふたりが、動く。
「ふッ」
 冬の獣とて凍てつく。
「魔氷は貴方だけの専売特許ではありませんよ……?」
 りゃん。
 艶然と微笑み神無の指元、翡翠の絵馬が鈴をつつき音をたてた。
 先程から仲間の傷を測りながら、攻めをシロクマとリリスに振り分けていた吉野は、目の前で氷を剥がすシロクマから藍を聖女へと、向けた。
 行動選択の理由は、シロクマはリリスを攻めた者を狙いがちだと読めたから。
 だが。
 絆を裂けなかった女が余りにちっぽけで……どうしようもなく胸を締め付けられた。
 ――それでも掛け替えのないものを護るには、彼女は倒されるべき存在。
 ぱちり。
 吉野の呪いにのたうつ躰が奏でる悲鳴に、リュクサーリヒトは月を手元で消した。
 どれで彼女を送ろうか。
 葬送の黒。
 闇夜の仄かな月明かり。
 白。
 ……やはり白、だろうか。
 白竹の神楽を前に、藤の瞳に瞼を落とす。
 大人の都合で歪んだ環境で育ちなお人を疑うこと知らぬ青年には、躰をどれだけ苛もうが嘘をやめない彼女をこれ以上目にするのが、辛い。
 ――だから全てを白に染めてしまいたかったのかもしれない。
「これで、終わりです」
 この光で。
 白に。
『――ッ』

 ますたー、ごめんなさい。

 息を呑む音。
 見開かれる瞳。
 ……涙。
 斯くして白き光の槍は嘘つき聖女の全てを貫いた。

●あなたにそばにいてほしかった
「畳みかけるよっ」
 雪で全てかき消されそうなこの場所でも、楓の澄んだ空色髪は消されない。闊達な合図と共に、白の獣への集中砲火が開始される。

 沈みゆく意識。
 視界に砂嵐。
 切れ切れの時間の感覚。

「柱を失えばこの周辺の氷は崩れる可能性が高そうですね」
 そんな神無の声に『ああ、終ったのか』とリリスは負けを理解した。
「私はともかく、皆さんに海の冷たさは堪えるでしょう?」
 冷たい。
 もうそれすら感じぬリリスは崩れゆく氷の上で最期の祈りを抱く。
 ああ、伯爵様……わたしでは何一つ足りませんでした。
 ここで砕け散ってしまうわたしを使えぬ女と蔑んでください、でもどうかわたしを忘れないで。

 ――彼女の願いは決して決して叶わない。


マスター:一縷野望 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
楽しい 笑える 泣ける カッコいい 怖すぎ
知的 ハートフル ロマンティック せつない えっち
いまいち
参加者:8人
作成日:2011/12/17
得票数:カッコいい2  せつない14 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。