【1月15日】運命予報士月島生樹暗殺計画防衛線


<オープニング>


 2012年1月15日、鎌倉市銀誓館学園校門。
 その日、休日の校舎の前に、異形の姿が現れた。
 水晶剣ルルモード。この世界と異界とを繋ぐ門の役割を持つ異形は、最初1体だけ現れると、次々とその数を増やす。
 そして、そのルルモードの群れの中に、1体の原初の吸血鬼が現れた。
 見た目は、チョビヒゲの小男だが、侮る事などできよう筈は無い。
 彼こそは、かつて『伯爵』の片腕であり、現在は、『情熱』のブリュンヒルデと異形の同盟軍の指揮官を務める、『闇の右腕』アドルフその人であったのだ。

「出でよ、我が新たな力、抗体ゴーストよ。この我に逃走を強いた憎っき敵、銀誓館学園を滅ぼすのだ。
 進軍せよ、蹂躙せよ、撃滅せよ。我が闘争は、ここから始まるのだ!」
 アドルフの号令に、彼の体内の抗体ゴーストがはじけるように出現し、そして、進軍形態に移行する。

「狙いは銀誓館学園の戦術の要、運命予報士である。電撃戦にて、これを打ち破れ!」

 アドルフの右手が高くかざされ、そして、振り下ろされる。
 それが、銀誓館学園への侵攻開始の合図となった。


「みんな……あ、えと……うん、集まってくれてありがと。今から説明するね」
 空き教室で能力者達を待っていた、月島・生樹(高校生運命予報士・bn0202)は、集まった皆の顔を見て何かを言いかけたようだったが、すぐに口を噤んでいつものように資料のファイルを開き事件の説明の態勢に入った。
「あのね、この間の善悪の彼岸の戦いで逃走してた原初の吸血鬼達が、異形達と手を組んだらしいの」
 彼らは、1月15日に銀誓館学園への襲撃を目論んでいるらしい。しかも、同日、同時刻に日本各地への無差別殺戮を行い、銀誓館学園が手薄になったところを狙ってくるというのだ。

「日本各地の無差別殺戮は、もちろん見逃せない……けど、学園を守らないわけにもいかないよ……どっちも守らなきゃいけない……」
 ふと、生樹の言葉が途切れた。流れた沈黙に、生樹の側で説明を聞いていた、五條・梅之介(高校生真魔弾術士bn0233)は心配そうに彼女の顔を覗き込む。
「……どうしました?」
「……あっ、うん、ごめん」
 梅之介の呼びかけに、はっとしたように取り繕って、生樹は資料のページを捲って説明を続ける。
「学園に乗り込んでくるのは、『闇の右腕』アドルフっていう原初の吸血鬼だよ。でね、その部隊の中には、運命予報士を暗殺するための部隊もいるらしいんだ……」
「……! それって……」
 能力者達の間に緊張が走った。
 まさか、運命予報士が標的にされる日がくるなんて。信じたくない事実だが、事件は起こってしまうのだ。

「それで……実はさ、あ、あたしの所にも、くる、みたいなんだ……あたし、今回ほど自分が戦えないことを恨んだことない……悔しいよ……! ごめん、ごめんね。今日、ここに集まってくれたみんなには、あたしを狙いにくる暗殺部隊の迎撃をお願いしたいの」
 深く頭を下げた生樹の歯を食いしばる音が、教室内に僅かに響く。
「銀誓館の外に逃げて待ってる方がいいんじゃないかって思ったんだけど、その逃げた場所を襲撃される事もあるかもしれない……学園に立て篭もった方がいいと思ったの」
 色々考えた結果、襲撃の日を銀誓館学園内で迎えることを決めたのだと生樹は言った。
 確かに、同日同時刻に日本中の都市が襲撃される中、下手に学園の外へ逃げるよりはその方が賢明かもしれない。

「あたしを殺しにくる部隊の情報も、予報で見たよ……男女のナンバードが1人ずつ、狼の獣人が4体に、パフュームリリスの構成だった」
 男のナンバードはナイフ、女のナンバードはガトリングガン、狼の獣人達は長剣で武装しており、パフュームリリスはあまり動くことはしないが、その身体から滲むパフュームの他、他者を含む回復の能力を備えているという。

「場所は、体育館。この日は学園もお休みだし、みんなにはそこで戦ってもらうことになるよ。あたしは、体育館と繋がってる体育館倉庫に隠れて待ってるね。みんなと離れすぎても危ないし……ホント、ごめん。今回あたしすごく足手まといだ……」
 力なく呟きながら資料のファイルに顔をうずめた生樹は、何度か自分を鼓舞するように頷いてから顔を上げ、そして能力者達に向かって笑顔をみせる。
「でもね、怖くはないよ。あたし、みんなのこと信じてるから……! 今回は、みんなに迷惑かけちゃうけど……よろしくお願いしますっ!」
 再び、深く頭を下げた生樹の肩が、小さく震えている。
「……やりましょう。仲間を狙われて、守らない理由はありません」
 それをあえて見ないように視線を逸らした梅之介が、能力者の皆に向き直って頷いてみせた。

 襲撃の日は、1月15日。

マスターからのコメントを見る

参加者
アキシロ・スチュワート(幽霊屋敷の執事・b01500)
月見里・明(兎のアリス・b43112)
日比・京(高校生ナイトメア適合者・b55963)
フルラージュ・エグランティエ(月白蝶・b64014)
東儀・ゆかり(高校生真土蜘蛛・b65590)
風霧・來那(石段の先の護り人・b71827)
九原・終(ナインライヴス・b73832)
彩水音・雫流(幽明滅定・b79335)
NPC:月島・生樹(高校生運命予報士・bn0202)




<リプレイ>


 銀誓館学園体育館。休校である今日は、しん、と静まり返っていた。
 体育館の隅にある小さな扉の向こう側が、体育館倉庫である。跳び箱やマット、ボールの入った籠などが置かれているそこには窓もなく、体育館へ続く扉を閉めてしまえば完全な密室となるような仕組みだ。
 体育館倉庫の安全を確認したところで、能力者達は、月島・生樹(高校生運命予報士・bn0202)をその中へと促す。
「あ、あのっ、今日は来てくれてありがとう……ホント、ごめん。あたし、完璧に足手まといだけど……」
 倉庫へと足を踏み入れて能力者達を振り返った生樹が、深く頭を下げた。と、その上に、月見里・明(兎のアリス・b43112)が、ぽんぽん、と軽く手を置く。
「だいじょうぶだいじょうぶ、怖くないからね。絶対に守る。傷一つだってつけさせないんだから! ね!」
「ああ、もちろん。大丈夫、僕たちが絶対に守ってあげるから」
 降り注いでくる、穏やかだけど頼もしい、風霧・來那(石段の先の護り人・b71827)の声。
「決して足手まといなんかではありませんよ。大切なお友達で、仲間ですもの」
 顔を上げてみれば、フルラージュ・エグランティエ(月白蝶・b64014)の優しい笑み。
「わたし月島さん大好きですので! 護らいでかっ!」
 力強く言った、東儀・ゆかり(高校生真土蜘蛛・b65590)が手を握ってくれる。
「……っ、みんな……」
 生樹は、込み上げてくるものをぐっと堪えて唇を噛む。そして、もう一度能力者達に頭を下げ、ようやく少し、笑顔をみせた。そんな彼女の様子に、アキシロ・スチュワート(幽霊屋敷の執事・b01500)も安心したように表情を和らげる。
「どうか、心配しないでいて下さいね。今まで生樹さまには大変助けて頂きました。だから、今度は私たちが助ける番です」
「……うん、ありがとう」
 そう、小さく頷く生樹の顔は、先程よりもずいぶん晴れたように見えた。
 どこか遠くの方から、大きな物音や仲間達の声が聞えてくる。戦いの時は近い。能力者達は少しでも生樹の気持ちが和らぐようにと、お守りや甘いお菓子やお茶を持たせてから起動し、戦闘準備を整え始める。
「あっ、ちょっと待って!」
 閉じかけた体育館倉庫の扉を押さえた生樹が、真剣な顔つきで能力者達を見つめた。
「ひとつだけお願い。危なくなったら、迷わず逃げて。あたし、みんなを失くしてまで助かりたいなんて、思わないから」
「……無論、自分の命に代えても、なんてことは言わないぞ」
 答えながら、九原・終(ナインライヴス・b73832)は生樹に背を向け構えを取る。
「全員揃ってこその勝利だ。絶対に勝つ。任せておけ。きっちり守ってやる」
「……っ! うんっ……!」
 最後にもう一度、生樹は深く深く頭を下げた。それを見届けた後、体育館倉庫の扉を閉め、しっかりと鍵を掛けた能力者達は、鋼線でさらに扉を固定する。
「…………っ」
「きゅぅ?」
「駄目ね、やっぱり緊張しちゃう……知ってる人の命が懸かってるって思ったら尚更……」
「信じましょう。生樹もきっと、精一杯俺達を信じて送り出してくれたはずです」
 側に寄ってきて心配そうに顔を見上げてくるモーラットピュアの白さんを震える指先でそっと撫でる、彩水音・雫流(幽明滅定・b79335)。穏やかに言って聞かせた、五條・梅之介(高校生真魔弾術士・bn0233)も、その目の奥には真剣さが見て窺える。
「……生樹さんを絶対に守りましょう」
 その横顔をふと見やった、日比・京(高校生ナイトメア適合者・b55963)もまた、決意を改める。
 間近に迫る敵勢の気配。能力者達は武器を構えた。
 響いていた物音が、だんだんと近づいてくる。


 体育館の重たい扉が、勢いよく開く。
『……あン、また外れ? ここにもいないじゃない』
 裸身に近い体に蛇を纏わり付かせたパフュームリリスが、体育館で戦闘態勢を整え待ち構えていた能力者達を見回し、残念そうに肩をすくめた。
『いや、待て……あれ見ろよ』
 ドカドカと大きな態度で体育館の中へと入ってきたナンバードの男が、能力者達が背にしている体育館倉庫を指差し、にやりと笑う。
『……運命予報士は、その中ね?』
 身の丈ほどもある大きなガトリングガンをガチリと鳴らして、女のナンバードが構えた。
 簡単に開かないよう、しっかりと固定された扉。知能を持つパフュームリリスやナンバードには勘付かれてしまったようだった。だが、それでいい。学園を襲撃し、運命予報士を狙う抗体ゴースト達をこのまま見過ごすつもりはない。
「ここから先は絶対に行かせない!」
 体育館倉庫の扉のすぐ前に陣取った明が、仲間達の背中を視界内に収め幻影兵団を発動させる。
『はっ、俺達とやろうってか? 面白れぇ!』
 くるりとナイフの柄を回したナンバードの男が体育館の床を踏み切った。その後から、剣で武装した狼の獣人達も続いて仕掛けてくる。
「……っ、皆、何とか持ち堪えよう!」
 振り下ろされた獣人の剣を受け止めて、來那は術式を練り上げる。その視線の先は、一番奥にいるパフュームリリス。
「まずはリリスが最優先、だねッ!」
「はい……私たちは、決して退いたり致しません!」
 競り合っていた剣を弾き返し、來那の放った蒼の魔弾と、フルラージュの神霊剣がパフュームリリスを捕らえる。
 能力者達作戦は、パフュームと回復能力が厄介なリリスを先に倒すことだった。上手くいけば、短期決戦で片が付くだろう。だが、敵側もそれを阻止しようと能力者達への攻撃を分散させ、陣形を撹乱させる。
『私がいることも忘れて貰っては困るわ』
 体育館に轟く銃声。ナンバードの女が撃ち放ったガトリングガンの弾丸は、前衛の壁を抜け、梅之介の肩口を貫いた。
「くっ、う……」
「くふ、ここは私に任せろ。その代わり……」
 向かってくる狼獣人の剣をひらりとかわした終が、自身の左手の小指にそっと口付ける。するとそこから眩い月の光が伸びて、梅之介と終の体を包み込んでいく。
「全力でぶっ放せよ、梅之介!」
「……っ、了解です!」
 終の援護を受けた梅之介は、じっくりと手の中で練り上げた隕石の魔弾の術式を、振り被って一気に解放させた。
 爆発に巻き込まれたパフュームリリスは悲鳴を上げ、ぐらりと体勢を崩す。
「このまま堅実に、進められたらいいんだけど……」
 さらに、そこへ駄目押しのように雫流の呪いの魔眼が光り、リリスの体が内側からブツリと音を立てて弾けた。
『ふ、ふふっ……中々やるじゃない?』
 苦しそうに体を押さえながらも、妖艶に口の端を持ち上げたリリス。その時彼女の体から、甘く、むせ返るような香りが漂ってきた。
 パフュームだ。思わず顔を背けながら、能力者達は自身に強く言い聞かせる。
「く、魅了なんかに……!」
 纏わり付いてくる甘ったるい香りを振り払うように頭を振って、京は腕を宙に持ち上げる。
「負けられない……絶対に!」
 呼び寄せられたナイトメアが、戦場を駆け巡った。
「この程度で……レイラねーさまが誇れないわたしになるものですか!」
 叫び、紅蓮撃の一撃を放つゆかり。
「あまり、わたし達を見くびらないで頂きたいですね」
 努めて穏やかに笑ってみせたアキシロが、凍てつく息吹を吹きかける。
『な……なんて奴ら……!』
 驚愕の表情でわなわなと震えていたパフュームリリスの体が、ゆっくりと消滅していく。
 これで、戦況はこちらに大きく傾いた。能力者達の攻勢が、畳み掛けるように展開し始める。


「回復は任せて!」
 勢いよく言って、明が浄化の風を巻き起こした。
「私はこちらを……白さんはあちらを頼めますか?」
「きゅっ!」
「気休め程度だけど、無いよりマシだと思うから」
 フルラージュの白燐蟲が蝶の形を模ってふわりと舞い、モーラットピュアの白さんが傷口を舐め、雫流の黒燐蟲が集まって……。
 態勢の立て直しは整った。
「さあ皆! 攻撃は任せた!」
 明のよく通る声が、体育館中に響き渡った。
 パフュームリリスが消滅したのを好機に、能力者達は一気に攻め手をかける。
「打ち抜くッ!」
 素早く術式を編みこんだ來那が、狼獣人達の中に向けて隕石の魔弾を降らせる。
 体育館の床を揺らす、激しい地響き。
『グオォ……!』
「生樹さんは、傷付けさせない……! 喰らえ!」
「今回は、狙った相手が悪かったな。くふ」
 辛うじて残った狼獣人達を、京が光の槍で貫き、終は妖力を解放させた狐の尾で突き刺していく。
『無茶苦茶だな……オイ……』
「褒め言葉としてお受けしておきます」
 引き攣った笑みで呟いたナンバードの男に、アキシロが氷の吐息を吹きかけた。
 パキパキと音を立てて凍りついた男が崩れ去ってゆく中、最後に残った女のナンバードは諦めたように小さく笑う。
『……強いのね。貴方達』
「当たり前です。わたしは、大恩ある暗都さんの期待に背く土蜘蛛ではありません!」
 大切な仲間達の事を思い浮かべ、ゆかりは燃え盛る一撃を放った。
 静けさを取り戻していく体育館。運命予報士を狙ってきた部隊がひとつ、今ここで完全に消滅した。


 扉を固定していた鋼線を手早く解く。
 しっかりと掛けられていた鍵を開け、閉ざされていた体育館倉庫の扉を開く。
「…………っ!? みん……な……?」
 倉庫の隅で小さくうずくまっていた生樹が、一瞬ビクリと肩を跳ねらせて顔を上げた。
「言ったでしょ? 絶対に守るって!」
 半ば呆然と皆の顔を見上げている生樹に、明は明るく笑って、ビっと親指を立ててみせる。
「待たせたな」
「大丈夫。もう、終わりました」
 いつもの、ちょっぴり意地悪な笑みを浮かべる終の横で、穏やかに笑う梅之介。
「みんな……あっ、けっ、怪我は!?」
 しばらくの間、放心したままぽかんと口を開けていた生樹だったが、ようやく意識が追いついてきたらしく慌てて立ち上がり、能力者達のもとへ駆け寄ってくる。
「みんな怪我とかしてない? 大丈夫? も、もしかして痛い思いとかした? ごめん。ごめんね、あた、あたし……!」
「大丈夫ですよ。誰も、大きな怪我は負っていませんよ」
「生樹ちゃんが、頑張って予報してくれたお陰ね」
 今にも零れそうな瞳で声を震わせ、おろおろする生樹に目線を合わせて優しく言うアキシロに続いて、雫流もふと目を細めて微笑んだ。
「……っ、ありがとうみんな……! 本当に、ありがとう……!」
「まぁ、なんと申しますか。いつも辛い役を押し付けているご恩返しです」
「ですね。俺達にできることは、これくらいのことしかないですし」
 深く頭を下げた生樹に、ゆかりと京は笑いながら、なんてことないといった風に言う。
「ご無事で本当に良かった……」
 すっと屈み込んで生樹の手を取ったフルラージュが、微笑みながらその顔を見上げた。
「これから少しでも……明るい未来が視えたら良いのですけれど」
「……うん」
 じわり、と生樹の瞳が潤む。泣くのを堪えているのか、ふるふると肩を震わせ、先程からぐすぐす鼻を鳴らしている彼女に、來那は優しく、慰めるように声を掛ける。
「もし、怖かったり、辛かったりするなら泣いてもいいんだよ。また、立ち上がれるならね」
「あっ……あたし……っ」
 ついにぼろぼろと涙を零し始めた生樹が、手で顔を隠しながらひどくしゃくり上げた。
「ごめ、ん。みんな、ごめん……! あたしっ、ホントは怖かった……! みんながっ、守ってくれるって、言ってくれたのにっ! っく……ふ、うわああぁぁんっ!! ああああぁぁんっ!!!」
 大きな声で泣き叫ぶ生樹。
 能力者達を信じていなかった訳ではない。けど、それでも拭い去れなかった不安に、今までじっと一人で耐えていたのだろう。
 でも、もう大丈夫だ。こうして全て吐き出してしまえば、彼女ならきっと、すぐに立ち直ってくれるはずである。

 1月15日。学園を始め、日本各地で行われている襲撃事件。気になる情勢は多々あるが、とにかく、生樹を守り通すことができた。
 生樹が落ち着くのを待ちながら、能力者達はひとまず安堵の息をつくのだった。 


マスター:海あゆめ 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
楽しい 笑える 泣ける カッコいい 怖すぎ
知的 ハートフル ロマンティック せつない えっち
いまいち
参加者:8人
作成日:2012/01/15
得票数:泣ける6  カッコいい3  ハートフル17 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。