【1月15日】蒼の畢生


<オープニング>


 2012年1月15日、鎌倉市銀誓館学園校門。
 その日、休日の校舎の前に、異形の姿が現れた。
 水晶剣ルルモード。この世界と異界とを繋ぐ門の役割を持つ異形は、最初1体だけ現れると、次々とその数を増やす。
 そして、そのルルモードの群れの中に、1体の原初の吸血鬼が現れた。
 見た目は、チョビヒゲの小男だが、侮る事などできよう筈は無い。
 彼こそは、かつて『伯爵』の片腕であり、現在は、『情熱』のブリュンヒルデと異形の同盟軍の指揮官を務める、『闇の右腕』アドルフその人であったのだ。

「出でよ、我が新たな力、抗体ゴーストよ。この我に逃走を強いた憎っき敵、銀誓館学園を滅ぼすのだ。
 進軍せよ、蹂躙せよ、撃滅せよ。我が闘争は、ここから始まるのだ!」
 アドルフの号令に、彼の体内の抗体ゴーストがはじけるように出現し、そして、進軍形態に移行する。

「狙いは銀誓館学園の戦術の要、運命予報士である。電撃戦にて、これを打ち破れ!」

 アドルフの右手が高くかざされ、そして、振り下ろされる。
 それが、銀誓館学園への侵攻開始の合図となった。


 その大きな蒼の瞳はこの日も、凛とした光を決して失ってはいなかった。
「皆様、お集まりいただき有難うございますの」
 水無瀬・詩杏(高校生運命予報士・bn0212)は深く深く頭を下げた後、集まった能力者達にこう続ける。
「善悪の彼岸の戦いで逃走した原初の吸血鬼達が、異形の軍勢と手を組んだようですわ。彼らは、1月15日に銀誓館学園への攻撃を目論んでいるようですの」
「逃走した原初の吸血鬼と異形の軍勢が、銀誓館へ!?」
 能力者のひとり、五十嵐・右京(紅い火狐・bn0248)が思わず上げた声に、大きく頷く詩杏。
 しかもその敵の軍勢は、何の作戦もなく学園に侵攻してくるような愚かさは持ち合わせてはいない。
 なんと、同日同時刻に、日本各地の都市に対する無差別殺戮作戦を行い、その間に手薄になった銀誓館学園を襲撃するという作戦を企てているというのだ。
 原初の吸血鬼の無差別殺戮を放置する事は出来ない。だが勿論、銀誓館学園を防衛しないわけにもいかず、今回は戦力を分散する事になるがその全てに対応する必要がある。
 そして、さらに。
「学園に乗り込んでくる『闇の右腕』アドルフは、正面から軍団を進めるだけでなく、運命予報士を暗殺するための暗殺部隊も組織していますの。私達運命予報士は、戦う力を持ちません。戦闘になれば、皆様に護っていただくしかありません……足手まといになってしまいますが、私の前に現れる暗殺部隊の迎撃を……どうか、お願いできないでしょうか」
「運命予報士の、暗殺部隊だって!?」
「ええ。今から学園の外へと待避する事も考えましたが、待避した場所を襲撃される危険も否定できません。それならば、銀誓館学園に立て籠もった方が安全かと。銀誓館学園に居てダメであれば、日本中どこにも安全な場所など無いでしょうから」

 それから――詩杏は。
 言葉を切り、ほんの一瞬だけ、蒼き両の目を伏せるも。
 すぐに顔を上げ、開いた瞳を能力者達へと真っ直ぐに向けてこう続けたのだった。
「私が殺されますのは、図書館に向かう途中の廊下……ちょうど、家庭科室の前です」
「なっ!? あんみな、おまえ……」
 瞳を大きく見開く右京に頷いてから。詩杏は、毅然とした態度で続ける。
「私を暗殺すべく家庭科室の前に現れますのは、獣人が2体、ナンバードが1体、パフュームリリスが2体のチームですわ」
 詩杏を殺しにやってくるのは、まず斧を持ったワニの獣人が2体。斧を大きく振り回し近くにいる者全てに斬りかかってきたり、大振りではあるが相手の身を真っ二つに裂く様な強烈な斧の振り下ろし攻撃を仕掛けてきたり、鋭い牙で何度も噛み付き体力を奪ったりするという。
 ナンバード1体はチェーンソー剣の抗体兵器を持っていて、何度も斬りつけてきたり、追撃を伴う衝撃波を放ってきたり、広範囲に炎の雨霰を降らせてきたりするという。
 パフュームリリス2体は念動剣に類似した抗体兵器を持ち、行動ごとに魅了のパフュームを振り撒く他に、広範囲に凍てつくような竜巻の衝撃と魔氷を繰り出してきたり、氷の霧で広範囲の相手の詠唱動力炉を停止させてきたり、自らと相手1人の回復や攻撃力強化をしてくるようだ。
 運命予報士が戦場に出ると範囲攻撃や遠距離攻撃一発で死亡してしまう。なのでまず詩杏を家庭科室の奥にある家庭科準備室へと待機させてから、家庭科室にて抗体ゴーストの群れを能力者達皆で食い止め、殲滅して欲しい。

 そこまで説明を終え、再び深々と頭を下げる詩杏であるが。
「おい、あんみな?」
「……申し訳ありませんの……日本各地や銀誓館が危機だという時に……無力な私のために……」
 頭を下げたまま、そうぐっと震える拳を握り締める詩杏に、右京は首を振る。
「あのな、無力なヤツを狙う程、原初の吸血鬼達が暇だと思うか? ほら、顔上げてねーと肝心な時に上手く隠れられないだろ?」
「皆様……」
 詩杏は顔を上げてから、自分を見つめる能力者達を見回して。
「はいっ、精一杯皆様の足手まといにならぬよう努めますの。どうぞよろしくお願いいたします」
 蒼の瞳を細め、大きく頷いたのだった。

マスターからのコメントを見る

参加者
茅薙・優衣(宵闇の蜘蛛姫・b52016)
久我屋・明彦(蒼狗・b54539)
氷神・睦月(白銀のロップイヤー・b55639)
雪乃城・あやめ(白き結晶は何色に染まる・b56494)
穂宮・乙樹(桜纏う戦乙女・b62156)
有珠川・茉莉花(有珠川宮の揺れない震源地・b62582)
イーライ・ウォルシュ(キルケニ猫・b64189)
真中・縫子(笑顔を君に・b75389)
NPC:水無瀬・詩杏(高校生運命予報士・bn0212)




<リプレイ>

●一蓮托生
 窓の外に広がる風景は、いつもと変わらない見慣れた学園の景色のはずなのに。
 1日のうち僅かだけ世界を支配し染め上げる夕陽の赤が、どうしても、残酷な血の色に見えて。
 思わず眩暈を覚える。
 この日――【1月15日】。
 銀誓館学園内の空気は、異様な程の緊張感で満ち溢れていた。
「詩杏さん、私達に任せてくださいね」
 念のため家庭科準備室と廊下を繋ぐドアをしっかりと施錠し、机を重ねバリケードを作りながら。
 茅薙・優衣(宵闇の蜘蛛姫・b52016)は水無瀬・詩杏(高校生運命予報士・bn0212)に声を掛けた。
 その言葉に微笑んでみせて頷く詩杏であったが。その顔色は血の気がなく、冴えない。
 それも無理はない――もうすぐ自分がこの場所で斧で真っ二つにされ、死ぬのだから。
 人間の死を視ることに慣れているはずの彼女達運命予報士も、所詮は一般人。
 生々しい生と死の匂いには慣れてはいないのだ。
 そしてこのまま放っておけば、戦う力のない予報士達は、皮肉にもそれぞれが視た通りの最期を迎え殺されてしまう。
 そんなことは、決してさせない。
 ……でも。
(「自分の命にかえても守る……私はそんなこと言うつもりはありません」)
 それをこの予報士の少女が一番望んでいないことも、分かっているから。 
 だから、氷神・睦月(白銀のロップイヤー・b55639)は、こう言葉にする。
「なにがなんでも、みんなで生き抜いてみせますよ〜」
 それは有珠川・茉莉花(有珠川宮の揺れない震源地・b62582)も、同じ気持ち。
(「この身に代えてもとは言わん。妾が傷ついたら詩杏も悲しむからのぅ」)
 能力者や運命予報士など関係なく、詩杏と茉莉花は仲の良い友達同士。
 我が友を狙うなぞ絶対に許せんのじゃ! と茉莉花は憤りながらも。詩杏に、おーちょー特製の桃まんをひとつ、手渡した。
「すぐに終わらせるから、これでも食べて待っておるのじゃぞ?」
 終わったらもっと作ってやるからの♪ と笑む茉莉花に、はい、と詩杏も頷いて。
 これ以上足手まといにならぬよう頑張りますのと、震える掌を誤魔化すように、必死にぐっと握り締めた。
 その言葉に、イーライ・ウォルシュ(キルケニ猫・b64189)は大きく首を振る。
「あんみなちゃんは足手まといじゃないよ」
 詩杏は、いつも予報で助けてくれる大事な仲間で、友達。
 日々の依頼だけでなく、学園祭やクリスマスパーティー、季節ごとに行ったいくつものお出掛け。
 これまで一緒に過ごした時間は、沢山。
 仲間や友達を守るのは当たり前、そう笑むイーライに続いて。
「詩杏ちゃんは、運命予報士の皆は、ボク達能力者よりもずっと強いと思うよ」
 自分が殺される姿を見てしまっても、しっかりと自分の役割を全うする予報士達の姿に。
 真中・縫子(笑顔を君に・b75389)も頷いて言った。
 詩杏ちゃんが笑顔で居てくれることが、ボク達にとっては何よりも力になるのだから、と。
 そして、心に誓う――だからこそ絶対に殺させなんかしない、と。
「今までの予報のように絶対阻止しますから、絶対守って見せますよ」
 詩杏や睦月と一緒に空飛ぶカツラを追いかけ楽しんだ、ちょっと変わった運動会の事を思い出しながら。申し訳なさそうに深々と頭を下げる詩杏に微笑む、雪乃城・あやめ(白き結晶は何色に染まる・b56494)。
「何時もと同じ守るべきものを守るんです、水無瀬さん絶対守りますよ!」
 ゴーストから一般人を護る。
 それは、いつもと何ら変わらない、能力者の使命だ。
「守りきってこれからも一緒に過ごせるようにしましょ」
 穂宮・乙樹(桜纏う戦乙女・b62156)も詩杏や皆にそう言った後。
 ふと、詩杏を心配気な様子で見ている五十嵐・右京(紅い火狐・bn0248)に声を掛ける。
「少しだけ肩の力を抜いておきましょ? 大丈夫、みんなでやれば守れるわ」
 右京はそんな乙樹の言葉に、そうだな、と漆黒の瞳を細めてから。
 お互い余計な力は抜いていこうなと、無意識的に自分も力が篭っていた乙樹に笑む。
 そして久我屋・明彦(蒼狗・b54539)が詩杏へ託すのは。
「護衛には心許無いかもしれないが俺の大事な相棒だ」
 大事な相棒の、モーラットのノルウェ。
 そのふわふわな手触りに笑顔を少し取り戻してから。ノルウェや、念のため制服姿で臨むあやめのサキュバスの椿さんにも、よろしくお願いいたしますのとぺこり頭を下げる詩杏。
 ――その時だった。
「椿さん、水無瀬さんと回復を頼みますね……大丈夫です、絶対通しませんから」
 ふいに運動神経が鈍い詩杏を抱きかかえた椿さんに、あやめはふと表情を引き締めてそう言って。
「さぁ、ゆこうか。必ず護ってみせるのじゃ」
 家庭科室から準備室へと詩杏達を急いで促しながらも、茉莉花も遠くに目視できるその存在を見据えた。
 それは――抗体ゴーストの、運命予報士暗殺部隊。
 明彦は詩杏と共に準備室へと入っていくノルウェを見送った後。
 準備室への扉を護るように布陣し、家庭科室で敵を迎え撃つべく身構えながら思う。
(「運命予報士の力で俺達は今まで悲劇を防げていた。事前に察知する力も戦う力も、どちらかが欠けては成り立たない」)
 そしてそれは。
 今までも、これからも変わらない――と。

●信じる心
『あれれー? 運命予報士ちゃんはどこ行ったのかなぁ?』
 廊下から家庭科室へと入ってきたナンバードは、薄ら笑いを浮かべつつ室内をぐるりと見回して。
 あ、そこでかくれんぼしてるぅ? と、わざとらしくけたたましいチェーンソー剣を鳴らしながら、能力者達が立ち塞がる家庭科準備室の扉を指さす。
 詩杏を暗殺すべくやって来た抗体ゴーストの数は、詩杏自身が予報した通り、全部で5体。
 明彦は、これ以上先に進ませはせぬと。地を蹴り、敵の眼前へと躍り出てクルセイドモードを発動させて。
「英霊たちよ、我らに愛する者を護る力を!」
 明彦と同時に動いた縫子の成した霧の兵団が、すかさず仲間の射線を伸ばせば。
 一斉に前へと飛び出したイーライの、狙い澄ましたインパクトの一撃が霧に乗ってパフュームリリスへと叩きつけられ、右京も自己強化をはかりつつワニ獣人の前へ立ちはだかる。
「友達がいる、大切な思い出もあるこの学園で……これ以上好き勝手はさせません!」
「此処から先へは行かせぬぞ?」
 まず集中して狙うは、パフュームや武器封じなどのバッドステータス付与の能力が厄介な、リリスから。
 氷纏いしあやめの指先のひと撫でと、茉莉花の獣のオーラ宿る獣撃拳の一撃が、後方に位置取る同じリリス目掛け飛んでいく。
 だが敵は、万有の稲妻を取り込んだ抗体ゴースト。
 ダメージは与えたものの、まだパフュームリリスの身が揺るぐ気配はなく。
 逆に、荒ぶるように唸りを上げる、ナンバードのチェーンソー剣が。
『邪魔。死んじゃえっ』
 幾重もの追撃を連ね、目の前のイーライを何度も斬りつけたのだった。
 さらにワニ獣人2体も、立て続けに力任せに斧をぶん回し、戦場に鮮血が飛び散る。
 だがすかさずその傷口を塞ぐため飛ぶのは、乙樹の投じた病魔根絶符。
「治癒の符よ、しっかり呼吸を整えていきましょ」
 回復手が少ない中、符術の力宿す乙樹がこの戦いにおいて、能力者陣営の戦線を維持する要となるであろう。
 続いてワニ獣人1体を捉えきつく縛り上げたのは、優衣の土蜘蛛の糸。
「さぁ、土蜘蛛の糸をじっくり堪能なさいませっ」
 自らの術が封じられるかわりに、成された蜘蛛の糸は敵へとしっかり絡み付き、相手の動きを抑制した。
 その間に、能力者達の様々な攻撃を乗せた霧の幻影が、執拗にパフュームリリスを狙って戦場を駆ける。
 ふっと吐かれた睦月の吐息が激しい魔氷を帯び、リリスの身を凍らせる程の衝撃となって。確実にまず1体沈めるべく、明彦は禁癒覚悟で、蒼と翡翠の獣爪に凍てつく魔氷を宿し敵を見遣った。
 【1月15日】――全国で一斉に行われた地方都市の破壊に、運命予報士暗殺、銀誓館学園襲撃。
 原初の吸血鬼達がとった作戦は、確かに悪くはない。
 ……だが。
「戦いは俺達の専売特許だ、喧嘩を売る相手を間違えるな馬鹿者共が!」
 刹那響く声と共に放たれた強烈なフロストファングが、パフュームリリスに炸裂する。

 ――その頃。
「! ……ひ……っ」
 もう何度目か分からない、家庭科室から聞こえる衝撃音に一瞬驚くも。
 その隣の家庭科準備室に隠れている詩杏は、慌てて声が漏れそうになった口を押さえる。
 ここでもし大きな声や音を出してしまったら、能力者の皆の迷惑になってしまう。
 静かにじっと、息を潜めて。もうこれ以上、足手まといにならぬように……。
 瞳を閉じたいけれど、耳を塞ぎたいけれど。
 きちんと気を確かにもって、見て聞いておかなければ。
 しっかり、しなければ……。
 震える足を必死に抑え、汗ばむ両の掌を合わせ、詩杏は何とかその顔を上げた。
 ……その時だった。
「っ、はわっ」
 ぽふんと、ノルウェのふわもこ毛並みが、硬く強張っていた詩杏の頬をくすぐって。
 すぐ近くまでやって来て寄り添ってくれる椿さん。
 そして2体は詩杏の傍から離れずに、主人へと祈りを捧げる。
 もしもこの場所で、たったひとりだったら。
 きっと……襲ってくる不安や恐怖に、押し潰されそうになっていたかもしれない。
 ひとりじゃないということが、どれほど今の彼女の心の負担を和らげているか。
 廊下に続く扉へのバリケードもそうだ。敵にかかれば簡単に開いてしまうようなものでも。
 何もなく扉がむき出しの状態と比べたら、気持ち的に随分と違う。
 それに運動神経がなくよく転ぶ詩杏のことを案じ、椿さんに抱きかかえ準備室に移動するよう指示してくれてたりと。
「本当に皆様……ありがとうございます」
 詩杏はぎゅっとノルウェと椿さんを抱き締め、皆の行き届いた配慮に心から感謝する。
 そして自分に出来ること、今すべきことを全力で成すべく、ぱちぱちと頬を数度叩いた。
 今、彼女がやるべきことは、上手にこの場所に隠れておくこと。
 能力者達が迎えにきてくれることを、信じながら。

●思いの力
「戦う力のない予報士を狙うなんて許せません。詩杏さんは守ってみせますよ〜」
 扉前をなんとしてでも死守すべく立ちふさがりながら。
 迸るパッションの光線を繰り出し、敵の攻撃を受け体力が減っている前衛の仲間を回復させる優衣。
 そして残り1体になったリリスが性懲りも無くパフュームを撒き散らしてくるも。
 強い思いを胸に、その魅了の誘惑を跳ね除け、乗り越える能力者達。
「こっちは仲間の命背負ってるんだ。引く理由も負ける理由も何所にある」
「こんなところで誘惑に負けちゃったりしたら、顔向けできないからね」
 それは、共に戦う仲間のことであったり、別の地で戦っている大切な人や好敵手への思いであったり。
「誰かの命を守る為に、こんなもので足止めされないわ」
 無事に生き延びる意思や、自分を待っていてくれる人のこと、人の命を守りたいという心。
「汝らの下らぬ術に負けるほど浅い友情では無いわ」
 それに、詩杏と強く結ばれた友情、彼女や皆との沢山の思い出。
「あんみなはな、壊滅的に不器用だし運動神経鈍いし、作る料理は残留思念顔負けで何度食べても死にそうになるけどな」
 右京もぐっと、バス停を改めて握り締めて。
「けど……殺らせなんて、しないんだぞっ」
 パフュームを振り払うかの如く、激しく燃え盛る炎のバス停を振るう。
 睦月も、楽しかったクリスマスや運動会の記憶を辿りながらも。
 自分が何のためにここに立っているのか――それを常に心に強く思い続けながら、戦場を踏みしめる。
 信じる仲間がいれば、辛くても頑張ろうという気持ちで心は一杯になるもの。
 イーライはそう顔を上げ、倒すべき敵の群れから視線を逸らさずに。 
「だから絶対、俺は仲間を裏切らない! お前らみたいに心が空っぽの化物に負けてたまるかっ!」
 再び立ち向かう力を奮い立たせるべく、白虎の文様を全身に浮かび上がらせた。
 抗体ゴースト達はかなりの強敵。少しでも気を抜けば、恐らくやられてしまうだろう。
 だが、衝動に任せ、ただ得物を振り回している輩達と。
 仲間と協力し合い、一体ずつ集中して敵を落としていく能力者達との差は、次第に明確になっていく。
「その吹雪なかなかですね……でも、それ以上を知る身ですしやられるわけにはいかないんですよ!」
 あやめは「それ以上」の凍気をもって。残り1体のパフュームリリスに文字通り、さよならの引導を渡して。
「妾の背には大切な友の生命と信頼を背負っておる。負けるわけにはいかんのじゃ!」
 ワニの振り上げた斧を避けた茉莉花は、今度は優先順位に従い、ナンバードへと獣の如く猛る強打をお見舞いする。
 ナンバードは飛び散る血の色に瞳を輝かせながら、尚もチェーンソー剣を振り回してくるが。
 乙樹の病魔根絶符が休みなく天を舞い、使役達の祈りが主人を癒し、自身の回復も怠らない能力者達。
 そしてナンバード撃破に邪魔なワニ獣人へと繰り出されたのは、敵の気脈を破壊する縫子の石兵気脈砕きであった。
「虚ろなる心にて動くこと能わず。その身を石に封じよ!」
「まだまだ、負けられませんよ」
 さらに優衣のダンスパフォーマンスが、残りもう1体の獣人を躍らせて。
 訪れたこの機会を、決して逃すことなく。
「攻めることが今回の守りにつながるなら!」
「生き抜く、そして護りきる。それが私の力の意味です〜」
 一気に勝負を決めるべく、攻撃をたたみかける能力者達。
 そして――ついに。
『な、何……っ、ぐふうッ!!』
 ここぞとばかりに向けられる猛攻に耐えられず、ついにナンバードが膝を折り、地に崩れ落ちたのだった。
 残りは、まだ身動きが取れないワニ獣人を残すのみ。
 踊っていた獣人が先に自由を取り戻し、再び大きく斧を振り回してくるも。
「この先へは行かせない。悲劇は俺達が止める、お前等なんかには負けない」
「倒されても何度だって起き上がってやる」
 一歩も引かず立ち塞がる、明彦やイーライ。
 この腕が動くならば、その足にしがみ付いてでも止めることはできる。
 絶対に退かない、目を閉じない。
 たとえ斃れたとしても……敵を全部、消し飛ばすまでは。
 それに、誰が欠けても駄目。
「この学園の笑顔は、1つだって奪わせたりはしない!」
 そして一丸となり、大切な仲間や場所を守るべく。
 得物を振っては攻めていく能力者達が。
 うまく身動きさえ取れなくなった獣人達を殲滅させるのは……もはや、時間の問題であった。

●共に、先へ
 家庭科準備室の扉が開いたその一瞬、詩杏は表情を強張らせ、ビクッと大きく身体を震わせたが。
 すぐに、その表情を和らげる。
 準備室の扉を開けたのは勿論、抗体ゴーストを殲滅した能力者達であったからだ。
 乙樹は念の為、10分ほど休憩を取る提案をし、皆とその身を休ませながらも。
 無事を確かめ喜び合う皆の姿を見て、そっと瞳を細めた。
 優衣は平穏が戻ってきたこの時を皆と楽しむべく紅茶やクッキーを予め用意していたが。
 お茶会の開催はどうやらもう少しだけ、後のようだ。
 詩杏の死の運命は、皆のおかげで無事回避することができたが。
 【1月15日】――この激動の1日は、まだ終わってはいない。
 襲撃されたこの銀誓館や地方都市、他の運命予報士のこと。
 それに……。
 能力者達の手によって安全な場所へと送られ、避難する詩杏は、改めて皆へとお礼の言葉を述べてから。
 いつも通り丁寧にお辞儀し、これまたいつも通り言ったのだった。
「皆様、どうぞお気をつけて」
 それから、もう一度。
「そしてこれからも……どうぞ、よろしくお願いいたしますの」
 深く深く頭を下げて。
 かけがえのない仲間達の無事を祈りながら、その背中を見送るのだった。


マスター:志稲愛海 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
楽しい 笑える 泣ける カッコいい 怖すぎ
知的 ハートフル ロマンティック せつない えっち
いまいち
参加者:8人
作成日:2012/01/15
得票数:カッコいい20  ハートフル13 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。