【1月15日】その日の運命予報士


<オープニング>


 2012年1月15日、鎌倉市銀誓館学園校門。
 その日、休日の校舎の前に、異形の姿が現れた。
 水晶剣ルルモード。この世界と異界とを繋ぐ門の役割を持つ異形は、最初1体だけ現れると、次々とその数を増やす。
 そして、そのルルモードの群れの中に、1体の原初の吸血鬼が現れた。
 見た目は、チョビヒゲの小男だが、侮る事などできよう筈は無い。
 彼こそは、かつて『伯爵』の片腕であり、現在は、『情熱』のブリュンヒルデと異形の同盟軍の指揮官を務める、『闇の右腕』アドルフその人であったのだ。

「出でよ、我が新たな力、抗体ゴーストよ。この我に逃走を強いた憎っき敵、銀誓館学園を滅ぼすのだ。
 進軍せよ、蹂躙せよ、撃滅せよ。我が闘争は、ここから始まるのだ!」
 アドルフの号令に、彼の体内の抗体ゴーストがはじけるように出現し、そして、進軍形態に移行する。

「狙いは銀誓館学園の戦術の要、運命予報士である。電撃戦にて、これを打ち破れ!」

 アドルフの右手が高くかざされ、そして、振り下ろされる。
 それが、銀誓館学園への侵攻開始の合図となった。


 書道室で待っていた井伏・恭賀(運命予報士・bn0110)が、一枚の半紙を摘まみあげる。
 一月十五日――能力者達が覗き見ると、半紙にはそう記されていた。
 記憶に新しい『善悪の彼岸』で逃走した原初の吸血鬼たちが、異形の軍勢と手を組み、策を弄しているのだと、恭賀は説明を始める。
「彼らはその『策』……銀誓館学園への攻撃を、一月十五日に実行するつもりなんだ」
 もちろん、何の準備も持たず学園へ侵攻するほど、彼らも愚かではない。
 日本各地の都市に対する無差別殺戮を行い、その作戦を阻止するため能力者達が出払い手薄になった銀誓館学園を狙う作戦のようだ。
 殺戮作戦を放っては置けず、学園の防衛もあるため、こちらも戦力を分断する運びとなった。
「俺から頼みたいのは、学園の防衛なんだー」
 学園へと乗り込んでくる『闇の右腕』アドルフは、軍団を進攻させるだけでなく、暗殺部隊も組織しているらしい。
「暗殺……」
 不穏な単語を繰り返して、能力者たちは眉根を寄せた。書道室どころか学校にも似合わない、物騒な響きだ。
「彼らが暗殺しようとしてるの……運命予報士、なんだ」
 書道室内に緊張が走った。
 運命予報士はゴースト退治に対する理解こそあるが、戦う術を持たない一般人だ。巻き込まれでもすれば、無事では済まない。
 僅かな沈黙ののち、恭賀は能力者達をひとりひとり見回して、頬を掻いた。
「敵はもう動き出してるし、今から下手に学外へ退避するのも危ないかなー、と」
「……だからお前もここに篭っているのか」
 神谷・轟(真ゴーストチェイサー・bn0264)の呟きに、恭賀はゆっくり頷く。
「能力者さんが集まるこの学園にいて駄目なら、どこへ行こうと安全じゃないと思うし」
 だから自分を狙いに来る暗殺部隊を迎撃してほしい。そう彼は話した。

「この書道室を襲撃するのは、五体だよ」
 獣人二体とナンバード二体、パフュームリリス一体で構成されたチームだ。
「数はこっちより少なくても、一体一体が強敵だから油断しないでね。で、五体の詳細だけど……」
 ナンバードの片方は、一丁の銃を扱う、ニヤニヤとした笑みの絶えない男。
 彼の放つ銃弾は、相手に与えた痛みの一部を体力に変えて吸収するという、厄介な効果を有している。この銃弾による単体への集中攻撃は追撃を伴い、また高笑いに合わせて直線上に連射することもできる。
 ナンバードのもう一体は女だ。
 真っ白な扇で風や衝撃波を起こす。衝撃波は近距離までしか届かないが、回避困難な能力だ。
 そして彼女が舞うように扇を動かすことで生じる柔い風は、書道室程度の広さなら室内のほぼ全域へ届いてしまう。風は痛みこそ感じないものの、こちらが強化していた能力は全て吹き飛ばしてくる上、暗殺部隊の体力を回復する。
「獣人はね、狼の獣人が剣の使い手で、蜂の獣人は巨大針の使い手だよー」
 剣士が振るう一撃は風を切り、骨が砕けるほどの苦痛を与えてくる。力任せな攻撃だ。
 また、床を叩き割る勢いで剣を振り下ろすと、一直線に強風が吹き荒れ、戦場をかき乱す。痛みを全く感じない風だが、それまでにできた傷などを覆うようにしつこく纏わりつき、回復が不可能となる。
 長槍ほどの大きさをした針の使い手は、自らを軸に独楽のように回転し、構えた針で周囲を切り裂く。運が悪いと追撃に追撃を重ねられ、あっという間に体力を削られてしまう。
 もうひとつ、針の先端からはどろりとした黒い液が射出される。好きな場所へ飛ばせる黒液で、着地すると同時に弾けるため、着地点の近くにいると巻き添えを食らう。痛みを与えるだけだが、威力は侮れない。
「それと、パフュームリリスから漂う香りにも気をつけてね」
 通常の戦闘行為とは別に仕掛けてくるリリスの色香は、戦場内の敵全員を魅了する恐ろしいものだ。パフュームにより魅了された仲間は、リリスを回復させるような行動を取ってしまう。
 パフュームによる魅了を除けば、爪で引っ掻いてくるだけのリリスだ。油断は禁物だが。

「奴らはここを襲撃すると言ったが、その間、お前はどうする?」
 轟に尋ねられた恭賀は、教室前方、黒板の両脇に設置された扉を指差す。
「準備室……って言っても物置部屋みたいなものだけど、あそこに隠れておくよー」
 準備室と書道室を繋ぐ扉だ。この奥に隠れて息を潜めておくと言う。
「襲撃時だけど、窓を割ってナンバードとリリスが、獣人は廊下から入って来るんだ」
 話しながら恭賀は、教室後方の扉を一瞥した。廊下へ繋がる唯一の扉で、獣人はそこから攻めてくるとのことだ。
「書道室内での迎撃戦になるよ。……油断ならない相手だから、気をつけて」
 静かに口の端を上げて、恭賀が目を細める。
「頼んだよ、能力者さん。……全部、君たちに預けるね」
 能力者達へ依頼する平時と変わらない音と表情で、彼は話を言い終えた。

マスターからのコメントを見る

参加者
九曜・沙夜(神韻・b01823)
梶浦・暁(焔の刀狼・b06293)
乾・玄蕃(魔法使い・b11329)
本眞・かいな(動物好き・b15714)
近藤・翔太(八と零を三度連ねて・b21769)
烏森・メジロ(いつか月に行ってみたい・b26804)
紅月・レイアス(剣・b37451)
アルノー・ケンプフェルト(明星擁きし蒼穹・b53216)
NPC:井伏・恭賀(運命予報士・bn0110)




<リプレイ>


 年も明けて間もないというのに、学園内は忙しない。
 冬休みの宿題で大わらわだった日々が遠い昔のようで、烏森・メジロ(いつか月に行ってみたい・b26804)は書道準備室へと続く扉の前へ、机と椅子を積み上げていった。資材こそ心許ないが無いより遥かに良いだろうと、梶浦・暁(焔の刀狼・b06293)も位置を確認しながら廊下から来る突入に備えて、バリケードを作る。
 限りある時間を惜しみ、乾・玄蕃(魔法使い・b11329)はバリケード作成に用いるものを除いて、室内にある障害物と成り得る物を退かした。
「井伏先輩、そっちのバリケードできました?」
 厳重に閉められた準備室への扉に向かって、本眞・かいな(動物好き・b15714)が呼びかける。バリケードによって護られた扉の先から、なんとかね〜、と応えが届いた。扉と壁に阻まれているためか、声の透りは非常に薄い。
 少し待っててね、とその声へ返したのは九曜・沙夜(神韻・b01823)だ。
「必ず、私たちが扉を開けるから」
「いってきます!」
 近藤・翔太(八と零を三度連ねて・b21769)も明確な意志をもって告げると、扉の向こうから嬉々とした返事が伝わった。待ってるね、いってらっしゃい、と。
 僅かな間の日常と死線の境目が、ここではっきり分かたれる。
 紅月・レイアス(剣・b37451)が窓を振り向くと同時、みな扉と窓に注視した。
「きましたね」
 呟いたアルノー・ケンプフェルト(明星擁きし蒼穹・b53216)に、神谷・轟も頷く。アルノーの呟きを皮切りに、予め打ち合わせていた布陣を整えた。
 襲撃が判っている状況下での静寂は、能力者達に緊張を走らせる。窓と扉が心なし震えて見える程だ。
 静けさを切り裂く衝撃と音が書道室に轟く。窓ガラスの破片が柔い陽射しを浴びて散らばり、積み上げたバリケードが崩壊する。扉からは獣人が、窓からはナンバードとパフュームリリスが飛び込んできた。
 何も無いよりかは善いと口を揃えた通り、今回の状況もあってか二体の獣人がほんの僅か、バリケードを壊すのに手間を要していた。
 その間に、各々の位置に立つ能力者たちの眼差しが一箇所へ集った――先駆けて狙うは、リリスただひとり。


 ひとりの能力者は想起した。
 この場に居たかった人を、無事を祈っている人を。だから託された想いの為にも退かないと拳を握る。
 ひとりの能力者は、お守り代わりの武器を振るった。
 お前に誘惑されている暇なんかないのだと。
 別の能力者は、大切な存在を思い起こした。
 あの子の方がずっと綺麗で可愛いと、そこまで叫びかけた顔を赤くして、熱を放出するようにかぶりを振る。
 また別の能力者は戦いが始まる前、抱きついたときの運命予報士の感触を思い出していた。
 ――温かいのね。
 季節を問わず、誰もが持っている温もりを噛み締める。沸き起こる彼女たちの熱こそが、ふわりとした混濁の中を漂う能力者達を、引っ張り上げていく。
「目覚めたか」
 始めにそう告げたのは、聖職服を纏った青年だ。二つ設けられた準備室への扉の一方を背に、意識を弄ばれていた仲間たちへと声をかける。
 パフュームリリスの魅了により、半数近い能力者が我を忘れ、ふらついていたのだ。
 しかし奪われた意識は長くなく、打ち克とうとする心の強さにより、みな我に返った。
「さ、いよいよだね」
 銀糸のような髪を揺らして、ひとりの能力者が拳を握る。互いに顔を見合わせて、既に書道室内へ踏み入っている暗殺部隊をねめつけた。
 同じように、茜色の髪の少年が視線に力を入れる。
「ここに駆けつけたかっただろう皆のためにも」
 平穏に満ちた書道室を荒らそうとするゴーストの群れが、任務を阻む能力者たちへ唸りだす。
 しかし響く低音にも怯まず、蒼き衣を纏う少女が日本刀を構えた。
「殺させるなんて、絶対にさせません」
 ゴーストの威圧感や狂気など、能力者たちにとって牽制にすらならない。
 狼の剣士の一撃が、骨の軋みを暁へ与えた。重い、と零しかけた呟きを慌てて飲み込んだ直後、蜂の獣人がその場で独楽のように回転し、槍のように大きな針で暁と轟を裂く。
 しかし二人は、眼前の獣人から意識を逸らす。玄蕃の短剣が、リリスを射程に収めていたからだ。
 俊敏さを頼りに仲間を先導する玄蕃から、蒼き雷弾が放たれた。戦端を開いた蒼がリリスの香気をも吹飛ばす勢いで飛ぶのに、翔太も蒼の魔弾を重ねる。
 そして準備室の扉の片方を守るアルノーが水刃を生んだ。暮れに向かい和らいだ日差しを受けた水の流れは、足元に鏤められたガラスとは異なる煌きを見せる。視線をガラスの破片へ落として、アルノーは息を吐いた。
 ――守りたいんだ。それを、こんな。
 無残な姿を晒すガラス片を目の当たりにして、怒りがアルノーの中に込み上げる。
 彼の憤りを繋げるかのように、暁と轟が得物を構えた。暁の足元から生まれた赤き腕の影。それがリリスを裂くのを待たずして轟のチェーンが伸び、怒りにリリスが狂いだす。
 ナンバードの男が高笑いをあげながら撃つのを横目に、かいなの振るった黒影を纏う一撃がリリスを叩く。
 続こうとしていた連携の波を遮り、女のナンバードが扇をはためかせた。純白の扇から持たされた衝撃波が、近くにいたアルノーを襲う。
 他の敵に構わずレイアスがインパクトをぶつけるが、平静を取り戻したリリスは自慢の爪で防ぎ威力を削いでしまった。ぺろりと爪の先を舐めあげたリリスはその爪で、かいなの腕を抉る。
 しかし満足げに目を細めるリリスは、能力者たちの動きを完全には読めずにいた。
「まだこっちの攻撃は終わっていないのねっ」
 直後、メジロの巻き起こした風と沙夜の放った青白い月光が、色香を漂わせていたリリスを屠る。
「次、行くわよ」
 沙夜が告げながら攻撃を受けていた仲間たちの様子を窺う。目に見えて疲弊している気配こそ無いが、強敵が相手だからこそ機会を見極めねばと、インカムに手を添える。


「ギャハハハッ!!」
 ナンバードの男が大口を開けた。広いとは決して言えない戦場に、直線を描いて弾丸の雨が降る。
 ――下卑た笑いを、この学び舎で零すとは。
 全身を叩く弾を鍛えた刃で辛うじて弾いた玄蕃は、不敵な笑みを浮かべ、女のナンバードを狙い定める。響く男の笑いなど、今は眼中に無かった。時空を歪めて撃ちだされた魔弾が、女に直撃する。
 小さく呻いた女の懐へと、続け様に翔太が駆け込む。素早さで相手の目を翻弄し、そのまま三日月の軌跡を描いた蹴りを入れる。よろけた女は、しかしすぐさま翔太をキッと睨み付けた。死を一度得た者の惨い眼差しに、翔太は息を呑む。
 ――ずっと見守ってて欲しいから。ゴーストにはきっと解らないけど。
 情を失くした存在を負けじと睨み返す。
 突如、書道室を緩やかな風が飛び交っていく。ナンバードの女が舞い始めたのだ。肌を撫でる風に苦痛は欠片も感じないが、女に与えた傷が癒え出した。それこそ、能力者たちが彼女を二番目に撃破しようと決めた証拠でもある。室内に行き渡る風は、強化した能力を根こそぎ奪い取り、暗殺部隊を癒していく。
「本当、厄介だよ」
 実感した敵の力にアルノーが瞳を眇め、掌に水刃を浮かべる。
 一方、かいなの日本刀には影が這った。アルノーの投げた手裏剣を模った水が、ナンバードの握る扇のすぐ脇を抜け女に刺さると同時、かいなの刀が女の肩口から斬りこまれていく。深々と入った刀を振りぬけば、女と目が合った。
 おまえに用は無いんだと言わんばかりに、女の口角が釣り上がる。そしてバリケードと立ち塞がる能力者によって、通行を難くしている準備室の方を見遣った。
「暗殺は失敗に終わります。失敗に終わらせます」
 運命予報士は戦友だ。戦友の暗殺など成功させはしない。かいなはそう女へ宣言した。だが女は可笑しそうに肩を震わせる。
 一直線に強風が吹き荒れたのは、まさにその時だ。
 獣人の剣が起こした風だった。衣服を裂かれることも肌を痛めつけることもない強風だが、しつこく纏わりつく。
 風の余韻からも伝わってくる威圧感に、メジロが生唾を飲んだ。しかし肌を突き刺す殺気も、今のメジロにとって集中力を高める追い風になるばかりだ。秘められた潜在能力が、ゆっくりと手繰り寄せられているように感じる。
「優しい風、悪意ある風を吹き飛ばして!」
 だから清らかな風を呼び寄せた。獣人が剣を振りかぶる挙動は見えていた。前兆を見逃さなかったメジロの手により、室内を風が通り抜けていく。
 潰えず、垂れた腕をそのままに立つ女をレイアスが狙う。書道室の後方を一瞥してみれば、暁と轟が二体の獣人の行く手を阻んでいた。抑えに回る仲間がいて、扉を守る仲間がいる。
 ――皆がいるから大丈夫。
 言い聞かせるように胸の内で確認し、レイアスは愛用する武器で女の命に最期を添えた。
 ナンバードが一体減ったところで、蜂の獣人が針を掲げる。針先から射出された黒い液体が、獣人を抑える暁と轟めがけて落ちた。どろりとした塊だったものが、着弾と同時にはじける。液をまともにかぶり、皮膚が溶けてしまうほどの激痛が走る。
 冗談じゃないわ、と呻いた沙夜が、歯を噛み締めたその唇で歌を紡ぐ。優しさに溢れた歌声は、戦いの空気に絡み取られた仲間たちの傷を癒した。
 黒い液の余韻に眉根を寄せていた暁は、耳朶をうつ歌声にほっと息を吐く。
「……リリスを真っ先に倒して正解でしたね」
 汗ばんだ額を手の甲で拭い、暁が二刀の得物で迫る獣人の巨躯を押し返す。
 近くで剣の獣人を開いてしていた轟が、暁の呟きに頷く。
「リリスの生存が長引いていたら、戦局もどうなっていたことか」
 相手は自分たちより数こそ少ないものの、暗殺部隊として襲撃してきた面も鑑みれば、下手をうつと能力者たちを凌ぐ強敵であるのは予想できた。
 暗殺か、と噛み砕くように呟いた暁のまなこにより強い光が宿る。
「来るわ!」
 響く沙夜の声に重なり、書道室の中を真っ直ぐに数多の銃弾が撃ち抜いていった。


 暫く続いた猛攻にも、容易く倒れてなどくれない屈強のゴーストだ。力の篭った一撃を防がれたのも含め見舞っても、平然としている。
 凄まじいものだと、切れた口端を指の腹でこすったのはアルノーだ。
 身軽さで仲間を引っ張る彼の視点からは、戦場を駆けた弾痕も知れる。彼とて無傷とはいかず、そして獣人を抑止し続ける暁と轟もまた、著しく疲弊していた。長期戦にならずとも、一発一発の重さは侮れない。
 アルノーは三度水流を抱いた手裏剣を編み上げ、剣士である獣人へと投げる。咎を知らしめるように澄んだ水が獣人を突いた。
 反撃に牙を剥いた獣人が剣を振るい、轟を叩く。ぶんと風を切り振り下ろされた一手に身を揺らがせた轟を、戦場の中央からメジロと沙夜が癒す。体勢を立て直す間に矢継ぎ早、玄蕃が蒼の魔弾を飛ばした。
 締め括りの言葉は既に考えている。ならば。
「手前ら如きに……苦楽を共にした仲間を殺らせるかよッ」
 玄蕃の意志を乗せた弾は、剣を構えなおそうとしていた獣人が尽き果てるのを見届けた。
 治まらぬ呼吸の乱れと確かな手応え。それを実感するように玄蕃が拳をきゅっと握る。疲れが溜まってはいるだろうが、まだ誰一人落ちてはいない。
「残るは二体。井伏の信頼には勝利で応えるぞ!」
 天をも突き破るほどに掲げた決意に、仲間たちの声が応える。
 心強いばかりだと口角をあげたレイアスが、伸ばした闇の手で蜂の獣人を掻く。ここからならばと続いたのはかいなだ。指先に挟んで放った水刃で敵の命を削る。
 楽しげに笑いながらナンバードが銃を連射した。狂気に満ちた男へ轟が近寄り、パイルバンカーをうつ。笑い声をへし折りたい気分だと、眉間にしわを寄せながら。
 戦いの音に溢れた書道室を見渡し、沙夜は何度目かの歌を紡ぐ。
 ――私のいるこの場所で、仲間の命を取らせなどするものか!
 回復手の意識は迷いない。治療の重複が過ぎる心配もしたが、敵が敵だ。疲労困憊な仲間を見遣れば、重ねてこその分厚い回復であると、身に沁みる。
 次に、針から黒液を吐き出した獣人の足元をメジロが指差す。
「風よ、あの足を絡め取るのね!」
 混濁した液体が降りかかってきた代わりに、突風で獣人を巻き上げ、空中に捕らえた――足止めに成功したのだ。
 今だよ、と叫ぶメジロの脇を、翔太の編んだ術式によって形成された魔弾が走った。
「倒れてなんかあげないよ! 代わりにソレあげる!」
 蹴り技を使い果たしてしまった今、翔太の足に代わった魔弾は、針で遮る暇ももたらさず獣人を消滅させる。無様だろうとしがみついて妨害してやる。そう覚悟した少年の心が魔弾に宿った瞬間だった。
 しかし孤軍に追い込まれてもなお、ナンバードは不気味な笑みを絶やさない。
「何がおかしい」
 轟の問いに、男は気を違えた瞳を歪ませる。
「自分らからも見えないトコに隠しちゃってさぁ、心配にならないのかよぉ」
 口を封じるかのように伸びたのは赤き影だ。黒に映える赤は腕を模し、男を襲う。
「帰りを……僕達を二重に信じてくれている。だから……」
 影を放出した暁が、愉悦に唇を歪めたままの男を眼差しで射る。
 怯まぬ男へ斬りかかったのはレイアスだ。絶対に護ると、姿が見えないから何だとばかりの決意でナンバードを押しやり、すっかり枠のみとなってしまった窓際へ詰める。
「見えないものもあるのっ。見えなくてもあるの!」
 存在そのものは姿かたちが無い。けれど映る光景や人々でわかるのだと、激しい上昇気流にメジロが想いを重ねた。首を縦に振ったかいなの掌から、木の葉のように薄い水の手裏剣が舞う。
 魔弾を男に直撃させた玄蕃が、敵の犯した間違いを一つ指摘する。
「この学び舎で事に及ぼうとしたのが、最大の敗因だ」
 アルノーを呼んだ玄蕃に応じて、少年が大地を蹴り跳躍する。彼は分身と共にナンバードを挟み、掌を敵の胸元に定めエネルギーを逆流させた。
 数字に翻弄される身が、鏤められたガラス片の上へ埋もれていく。きらきらと外から注がれる陽を受けて眩しい床に、けれど男は完全に倒れることができない。倒れるよりも一瞬速く、男の存在そのものが、溶けるように消えてしまったからだ。

 重々しい音も遠のき、徐に準備室の扉が開かれた。
 扉を眺めていたらしい井伏・恭賀と真っ先に顔を合わせた玄蕃が、薄く頬を緩める。
 初めこそぱちりと瞬いた恭賀だが、次々覗かせた顔がすべて揃っているのを確認した後、緊張の糸が緩んだのか、笑いながらずるずると頽れた。
「あ、はは、能力者さ……っ、みんな、終わったんだね、待ってたよー」
 仲間に引き起こされた恭賀へ、今にも溢れてしまいそうなほどに瞳を濡らして翔太が口を開く。
「っ、ただいま」
 一番に告げたかった言葉だ。安堵の息を吐いた沙夜たちも、ただいま、と彼に続く。
 いつものように。帰還を報せる一言を。
 だから運命予報士も、常と変わらず一人ひとりの表情を確認し、満面の笑みを浮かべる。
「おかえり」

 言うのを、そして聞くのを待ち焦がれていた言葉だ。いつもと同じ、依頼から帰った能力者を出迎えるための。
 けれどその日の運命予報士の声は、なぜだかひどく震えて聞こえた。


マスター:鏑木凛 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
楽しい 笑える 泣ける カッコいい 怖すぎ
知的 ハートフル ロマンティック せつない えっち
いまいち
参加者:8人
作成日:2012/01/15
得票数:笑える35  泣ける2  カッコいい16  怖すぎ8  ハートフル4  せつない1  えっち12 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。