神の左手争奪戦:螢惑守心〜赤の戦火〜


<オープニング>


 2012年6月17日。
 熾烈を極めた概念世界の戦いは、「生と死を分かつもの」の消滅により決着した。
 等活地獄から無間地獄まで到る強固な防御陣も、銀誓館学園、妖狐、悪路王軍の共同軍の前に脆くも崩れ去り、生と死の境界線は、ここに失われたのだ。

 境界線の先に広がっていたのは『死の領域』。
 この宇宙の中枢に連なる、今だ生命の息吹に侵されていない、『清浄』なる世界。
 これが、宇宙の本来の姿だったのだ。
 しかし、今。この清浄に、さざなみの如き何かが広がりつつあった。

 それは、生命の息吹。
 科学的に信じられるあらゆる手順を無視しながら、しかし誰もが確実に感じられる、生きとし生けるものの世界特有の息吹が、死の領域を侵食してゆく。
 無間の空間が歪み、脈動するかのように蠢く。それは美しくもあり、醜くもあった。
 能力者達の中には、天空の島で知識を秘蔵せし書庫が言った『宇宙を生命で満たせばよい』という言葉を思いだした者もいた。

「このまま、生命の無かった世界に生命が満ちれば、それが、異形を滅ぼす事になるのだろうか?」
 その呟きは、答えを求めるものでは無かっただろう。
 だが、しかし。
『その通りだ、銀誓館学園の諸君』
 その問いに答える者が、存在したのである。

「ラ、ランドルフ?」
 驚き見開く眼。だが、見間違いでは無い。
 それは幻影……「生と死を分かつもの」によって創造され、その死と共に消えゆく運命にあった幻影のランドルフ……聖骸布をたなびかせ、聖杯剣ランドルフを携えた彼が、そこに立っていたのだ。

『私は幻だが、どうやら誰かが、生命を分け与えてくれたらしい』
「ランドルフ……!」
『この結果が、そしてこの私が今ある事こそが、お前達の強さなのだ、銀誓館。
 お前達に【選択】など必要なかったのだ。
 ……悩みながら、もがきながら、全てを手に入れんとする。
 それこそがまさに≪生命賛歌≫。それでこそ、銀誓館学園だったのだ。
 お前達に選択を迫ったのは、私の間違いだった』

 そして、静かにランドルフを見つめる能力者達を前に、言葉を続ける。
『生と死を分かつものが失われた以上、もはやこの宇宙のどこにも、異形の安住できる場所は無い。ならば、≪奴≫の目的はひとつだ。ディアボロスランサーを破壊する為に、まずは神の左手を手中に収めんとするだろう』

「ですが、神の左手は宇宙にあるのですよね? 私達には、そこに行く手段が無い」
 能力者は、ランドルフの言葉が嘘とは断じなかったが、対応可能とも思えず、訝しげに答えを返す。

『ふふ、だから言っただろう? この私が今ある事こそが、お前達の強さだと。
 これは聖杯剣ランドルフ。斬った者の力を奪う、私の切り札だ。
 本当は、万一の時に≪伯爵≫を斬るために作ったのだが、分からないものだな』

 そしてランドルフが聖杯剣を振るったのは、
 自我を失いただの転移門と化していた、無間域を漂う巨大ルルモードであった。

 一撃! ルルモードは聖杯剣に斬られ、完全に消滅した。
 同時に、聖杯剣がその姿を変え、刀身が渦のように蠢き始める。

『これで、この剣は≪転移剣ランドルフ≫となった。この剣による転移は、ルルモードの意志によって転移先を歪められることはない。
 だが、使用できるのは今、ただ1度だけだ。この剣は一度に200有余人を斬ることで、その者達を神の左手の場所まで転送し、事を終えたら銀誓館学園に帰還させる。
 これを振り終えたら、今度こそ俺は完全に消えることになるが……。
 さあ、志願者は居るか?』

 一瞬にして宙に広がるは、瞬く星々の光さえも飲み込む虹の煌き。
 それは銀の雨となりて宇宙ゴーストらに容赦なく降り注ぎ、数多の敵を消し飛ばす。
 ――神の左手の周囲に漂う、小さな浮島。
 そして神の島のカケラのようなその場所を護るのは、1体の真のシルバーレインであった。
 七色の輝きを解き放ち神秘を封じるその力が、襲い来る宇宙ゴーストを次々と撃ち倒していく。
 だが……戦況は次第に、明確に一方へと傾く。
 多勢に無勢とはまさにこの事。
 赤い蛍光を帯びた宇宙人型や真紅の鯉型、鬼型や蝙蝠型の宇宙ゴーストが、その強大な力に怯むことなく前へ前へと進軍して。
 得物を携えた首無き将を侍らせ軍を率いるは、舞うかの如く宙を浮遊する赤き天女。
 圧倒的に数で勝る宇宙ゴーストが、真のシルバーレインを徐々に包囲していく。
 そして銀色の光が、宇宙に燃える螢惑星の如き赤に染め変えられんとした――その時であった。 
 瞬く星々の間に突如煌いたのは、怪しげな光。
 その輝きの中から、姿を現したのは。
「ぬお、宇宙人っぽいのとかいるし……!」
 やっぱ宇宙なんだな、などと妙な感心をする五十嵐・右京(紅い火狐・bn0248)ら、能力者達。
 転移門を潜りやって来た、銀誓館学園の者であった。
 そして神の島のカケラに降り立った能力者達は迅速に陣形を成す。
 神の左手を、奪還する為に。

マスターからのコメントを見る

参加者
蜜月・杏奈(あんみつ姫・b00657)
飛鳥・瑛士(蒼き流星・b49579)
麻生・流華(風雪の囁き・b51834)
デイヴィッド・ミサキ(イールサーンの騎士・b65867)
真中・縫子(笑顔を君に・b75389)
高梁・弥花(死の草原に咲く橙の花・b78547)
八幡・鋼鉄(心地よい住環境を貴方に・b80128)
星宮・美優(金糸梅・b81310)
NPC:五十嵐・右京(紅い火狐・bn0248)




<リプレイ>

●遺志を継ぐ道
 星間でぶつかり弾けるは、二の色。
 神秘を撲滅せんと銀の虹を宙へ架ける真のシルバーレインと、燃え盛る螢惑星の如き宇宙ゴーストが繰り出す灼熱の赤。
 それは幾千もの星の輝きをも凌駕し、容赦なく猛り狂う。
 絶大な力を持つ真のシルバーレインと、数で圧倒し前へ前へと進軍する宇宙ゴーストと。
 そして――この双方がぶつかり合う様を窺う、もう一つの勢力が。
(「ランドルフさんがくれたこの機会逃がしません。何としても神の左手手に入れてみせます!」) 
(「ランドルフさんが作ってくれた千載一遇のチャンス、逃すわけには行きません。必ず、神の左手を!」)
 飛鳥・瑛士(蒼き流星・b49579)や麻生・流華(風雪の囁き・b51834)は、戦況を注意深く見ながら、より決意を固くする。
 幾つもの奇跡が重なり生まれた、ランドルフが作ってくれた道。
 それを、決して無駄にはしない――と。
 その為に『転移剣ランドルフ』の導きで、宇宙へとやってきたのだ。
 神の左手を、手に入れるために。
 いや、彼の紡いでくれた機会を失いたくない気持ちを抱くのは、瑛士や流華だけではない。
(「幻想とはいえ、やっとわかりあえたランドルフさんがくれた機会は無駄にせん」)
 後顧の憂いを取り除くためにも必ず持ち替えろうな、と仲間を見回す八幡・鋼鉄(心地よい住環境を貴方に・b80128)は、勿論。
 今この場にいる銀誓館の9人の能力者達や他戦場で戦う他班、そして地上で待つ能力者達の強い思い。
 心模様は千差万別、同じ銀誓館の者でも様々な考えが各々あるだろうが。
 今、別勢力に、神の左手を渡すわけにはいかない。
 これまで……死と隣合わせな中で必死になって守ってきた、それぞれの大切なものの為に。
 それは、星宮・美優(金糸梅・b81310)にとっても同じ。
(「みんなと、いたいの。これからも、ずーっと。いろんなことしりたい」)
 だから、ランドルフさんがくれたチャンスしっかりつかまえるの、と。
 一生懸命、五十嵐・右京(紅い火狐・bn0248)の背中の後ろからひょっこり顔を出しつつ、周囲を窺う。
 目の前の戦場は勿論、他の戦場や神の左手も確認できればと。
 そして、真のシルバーレインを攻める宇宙ゴーストを見て、瞳をぱちくり。
「うちゅーじん?」
 そんな美優同様、相手は本物の宇宙人なんだよなと、同じく瞬きした右京に。
「こんな宇宙の片隅で、どちらが赤い色にふさわしいか争うことになるなんて、思わなかった」
 そう思わない? と、軽口を叩いてみせる真中・縫子(笑顔を君に・b75389)。
 まともにぶつかっても勝ち目は薄い、余裕などない相手。
 ……でも。
(「ボクはいつだって、今を楽しむことだけは忘れないよ!」)
 縫子は、作戦等のすり合わせを行いながら機を待ちつつも、仲間達と笑みを交し合う。
 それにしても――この戦いの舞台は、宇宙。 
(「想い人を追いかけてきて……ここまで来てしまいました……」)
 高梁・弥花(死の草原に咲く橙の花・b78547)は皆と一緒に、眼前の星々へと目を向けて。
(「地球……いいえ、学園には…彼や、友達が待っています。責務は必ず果たします……」)
 戦況を見極めながらも、そっと青の星を探してみる。
(「宇宙……来ちゃってるんだね」)
 最近は本当に何が常識で非常識なのか、わからない事だらけなの、と。
 蜜月・杏奈(あんみつ姫・b00657)はそう首を傾けつつも。
 これまで辿ってきた道のりを思い、そして色々な気持ちを、その胸に抱く。
「宇宙に居るのも慣れてきた感じがしますね」
 瑛士はそうそっと、『TEAM BUバンダナ』に触れて心を落ち着かせて。
 同じ様にバンダナと誇りを手にした結社仲間のデイヴィッド・ミサキ(イールサーンの騎士・b65867)や右京の姿を見つめ、気持ちを確かめてから。
「!!」
 徐々に傾き始めた戦況に気付き、表情を引き締める。
 じわじわと敵の数の多さに圧されはじめる、真のシルバーレイン。
 だが能力者達が狙うは――両者相打ちの、漁夫の利。
 そしてそれを成す為に最も重要なのは、タイミングだ。
 このままだと真のシルバーレインは倒されてしまうだろう。
 だがそれが早くても遅くても、この作戦は決して成功しない。
 成す為には、かなりの危険覚悟で臨まなければならないが。
(「倒れる時も前のめりのつもりで行きますっ!」)
 目まぐるしく展開する戦況を確認したデイヴィッドは、素早く周囲の皆と頷き合った後、仲間と足並みを揃え一気に地を蹴った。
 より「良い」未来を、掴むために。
 
●僥倖の算段
 銀誓館の皆が戦場に介入したタイミングは、銀色の虹が煌いたと同時に、激しく爆ぜた瞬間。
 真のシルバーレインに接敵していた竜鯉が口をパクパクさせ、怪しく赤に光る宇宙人が奇声を上げて消滅した、そのタイミングであった。
 2体が消滅したと同時に、虹の爆風に巻き込まれた他の数体の体力が大きく削られているのが顕著であると。
 そう確認した能力者達は、真のシルバーレインからも宇宙ゴーストからも、戦闘に支障ない程度に双方から距離を取って陣形を成して。
「まずはあいつから!」
「真新しき英霊よ、ご照覧あれ。我ら必ず神の左手を持ち帰らん!」
 皆を引っ張る様に素早く動いた鋼鉄の声に合わせ、縫子の作り出した霧が仲間達を包み込んで兵団の型を成し射程の強化を施すと同時に、右京のバス停から炎が放たれて。
 さらに右京と息を合わせ杏奈が繰り出した強烈な眩き月光の帯が、弱りかけてる宇宙ゴーストたちをより多く狙い駆け抜ける。
 そのまさに見事な奇襲を受け、真のシルバーレインが弱らせていた竜鯉と迷光燈、さらに3体がまとめて消滅したのだった。
 あともう少しでも様子を見ていたら、その手数の多さを武器に一気に攻め立てる宇宙ゴーストの猛攻に、真のシルバーレインは深い傷を負うか、下手をすれば倒れていたかもしれない。
 真のシルバーレインもそれなりに傷を負い、宇宙ゴースト2体を確実に倒した上に、3体目、あわよくば4体目5体目が弱っていることが見て取れたこのタイミングでの介入、そして弱ったゴーストへの攻撃を優先させた作戦は。まずは、上々の出来だといえるであろう。
 だが、まだ宇宙ゴーストの数はかなり残っている。戦場に立ったここからが、正念場だ。
 真のシルバーレインのすぐ傍で触手を揺らめかせる赤の宇宙人目掛け、轟音とともに撃ち出されるは、時空を歪める美優の蒼き雷弾。
 これまで真のシルバーレインにだけ向けられていた宇宙ゴーストの赤き殺意が、能力者達にも向けられるが。
「第三勢力として漁夫の利を得させてもらうよ」
 その間にバンダナを靡かせ黒燐蟲の輝きを得物に宿す瑛士と。結社仲間である彼のすぐ横をすり抜け戦場へと放たれる、逆凪に苛まれるほど強力なデイヴィッドの穢れし呪符。
 そして弥花はガトリングガンで敵を狙い撃ちながらも、ふと、真のシルバーレインへと声を掛けてみる。 
「すみません……お力添えする機会をうかがってました……」
 もしも、共倒れ狙いで様子を窺っていたことが知られ、心象が悪くなったり、即座に敵だと見なされてはと思ったからだ。
 だが……そんな弥花の声に。
 真のシルバーレインが反応することは、なかった。
 味方として何らかのアクションがあるわけでも、逆に敵として襲い掛かられることも、そのどちらも。
 そんな真のシルバーレインとは違って。
 此方から攻撃を仕掛けた宇宙ゴースト勢力は、完全に銀誓館の皆を敵と判断したようだ。
「絶対零度の輝きを!」
 流華は此方へと向かってくる宇宙ゴースト達を見遣りながら薙刀を構え、雪の鎧を纏って迎え撃つべく態勢を整える。
 そして、真のシルバーレインと宇宙ゴーストの双方から距離を取って陣形を成していたことから。
 銀誓館の能力者の元へとやって来る宇宙ゴーストの数は、幸いそう多くはない。
 知性の高くはないゴーストゆえに、多数の宇宙ゴーストは、能力者達が介入する前から包囲していた真のシルバーレインを引き続き打ち倒すべく攻撃を仕掛けているからだ。
 そんな状況下で漁夫の利を得るべく、真のシルバーレインが攻撃して体力が削られた宇宙ゴーストから優先して狙っていく能力者達。
 とはいえ、宇宙ゴーストもかなりの強敵。
「く……!」
 やって来た宇宙人の様な見目をした迷光燈の強烈な触腕が前衛を張る鋼鉄へと揮われ、同時に詠唱兵器がその動きを止めて。
 スコルピオバットの耳を劈く不快な怪音波が能力者全体に襲い掛かり、順に衝撃を繰り出してくる。
 だが、まだ耐えられる傷。
 それに。
「武器は無くとも気の流れは乱せるけん、固まっとってな!」
 引くどころかむしろ前へと踏み出し、お返しといわんばかりに「気」の力を断絶すべく掌底を叩き込む鋼鉄。
 そしてすぐに施される、仲間からの癒し。
「大丈夫ですか? もう少し頑張りましょう」
 同時に動いた瑛士と右京の黒燐蟲の癒しが、負った彼の傷を癒していく。
「うちゅーじん、こうげきするの」
 美優はそう皆へ声を掛けながら、石化して動けぬ迷光燈へと、魔法陣の強化を施し済みである威力増した蒼の弾丸を見舞って。
 よろめいた宇宙人へと雷の衝撃が撃ち抜くと同じタイミングで、踏み出した流華の冷気を帯びた指先が迷光燈にさよならの引導を渡した。
 杏奈は描いた魔法陣の力漲る炎を撃ち出しながらも、敵の動きをしっかりと見遣る。
 ただ闇雲に攻撃するだけでは、勝てないかもしれない強力な相手だから。
 生じた隙をついたり、衝撃の爆風などを利用して動いたりと、できる限り工夫を凝らして。
 デイヴィッドは真のシルバーレインの神秘封じに遭って無力な竜鯉へと御霊滅殺符をすかさず投じる。
 そして縫子は、螢惑天女の繰り出した神食の攻撃を受け、微かに上体揺れ始めた真のシルバーレインに気付いて。
 味方だと思って貰えるようにと、真のシルバーレインにも届くように再び幻影兵団を展開する。
 しかし。
「うーん……どうやら、こっちからの回復は受け入れてくれないみたいだね」
 傷が治った様子の全く見られない真のシルバーレインに、首を傾ける縫子。
 攻撃を仕掛けていない分、能力者達を攻撃をしてくることは今のところないが。
 真のシルバーレインにとって、銀誓館学園は――決して味方ではない、と。そういう認識のようだ。
 ならば、仕方がない。
「私たちの宙(そら)で……暴れないで下さい……」
 弥花は霧に乗せたインパクトを、デイヴィッドがダメージを与えた同じ竜鯉へと叩き込みながら。
 敵である宇宙ゴーストと真のシルバーレイン、そのどちらにも話すように、言ったのだった。

●赤の墜落 
 戦況は、目に見えての苦戦こそしてはいないが、余裕はない。
 とはいえ、真のシルバーレインの意識は例え違えども、宇宙ゴーストの殲滅を行なっているという面での共闘という形は、一応は成立していて。
 真のシルバーレインが攻撃した敵をピンポイントで狙い撃っている能力者達の作戦が功を奏し、徐々にであるが宇宙ゴーストの数も減ってきている。
「さて、お帰り願おうな!」
 鋼鉄の流れるような動きから繰り出された爆水掌が目の前のスコルピオバットへと叩き込まれると同時に、右京の炎が同じ敵の身を焦がして。
「清浄なる気にて邪心を封ず。その身を石と化せ!」
 縫子の気脈を砕く一撃がさらに決まった刹那、弥花のインパクトが止めをさす。
 そして前衛を請け負い敵の攻撃で猛毒を蝕んでいた弥花の身体を清めるは、瑛士の巻き起こす風。
「旋風よ 浄化の力を!」
 さらに同じく負担のかかっている前衛の流華へと、デイヴィッドは彼女を侵す猛毒や削られた体力を回復すべく、病魔根絶符を施して。
 美優の蒼の魔弾と流華の薙刀閃くさよならの指先が、銀誓館側に来ていた最後の別のスコルピオバットの身を貫く。
 ――その時だった。
「!!」
 全員が、ハッと一斉に顔を上げる。
 強烈な尖い鋭撃が真のシルバーレインへと突き刺さり、ぐらり巨体を揺らした刹那。
 螢惑天女の繰り出した星々を飲み込むかの如き激しい業火が渦巻いて、銀色の光を一瞬で飲み込んで。
 その衝撃についに耐えられず崩れ落ちた真のシルバーレインは、跡形なく消滅したのだった。
 そして、真のシルバーレインを打ち倒した螢惑天女と尖突将1体と縊鬼が。
 今度は銀誓館の能力者の方へと、殺気を漲らせる。
 残りの敵は少なく、縊鬼は真のシルバーレインの神秘封じに遭い無力だ。
 だが……相手は高い能力を持った、この戦場に置いての恐らくボスゴースト。
「……っ!!」
 真のシルバーレインがやられた時と同じように、尖突将の神撃が弥花の身にクリティカルに入り、続けてゆらり宙を舞う螢惑天女の神食が無慈悲にも追い討ちをかけ、彼女の膝を折らせる。
 能力者達も、宇宙ゴーストの群れを相手にアビリティも尽き始め、傷も完全には癒せてはいないが。
 あともう残った敵は僅か、声を掛け支え合いながら、まずは縊鬼から集中砲火を与え何とか打ち倒して。
 ふと、尖突将が動きをみせた――瞬間。
 尖突将と赤き天女をも巻き込んで満を持して繰り出されたのは、杏奈の凍てつく月光の帯であった。
 杏奈は一瞬氷に覆われた敵の群れを見遣りながら思う。
 頑張った先には、きっと明るい未来があると。そう信じて口にはしなかったが……天空の戦い以来、皆、苦しみ悩んでいた。
 でも……先の戦いを得て、確信できたのだ。
(「ずっと抱えていたモヤモヤが晴れた気がしたの。この道を進んでも良いんだって……」)
 だから、きっと。
「わたし達なら越えられる、わたし達ならきっと掴めるの!」
 強敵の攻撃に膝を折っても気力で立ち上がり続ける前衛、そして歯を食いしばり戦線を必死に支える後衛陣。
 あとは、全員でひたすら全力に、攻撃あるのみ。
 そして――ついに。
 流華の最後の一発となったさよならの指先が。
 螢惑星の如き炎を纏っていた天女から、赤の色を奪ったのだった。

「みなさん、力は残ってますか?」
「ランドルフさんが静かに眠れるように、この戦い敗けられませんからね」
 流華の言葉に瑛士はバンダナを握り締め、再び立ち上がらんとその身を奮い立たせるも。
 激しい戦闘で、体力もアビリティも殆ど消費している状態。
 デイヴィッドの癒しの力を持つ符も傷ついた仲間を癒した分で、全て底をついて。
 水着コン楽しみにしとる彼女さん達の為にももう一分張りと、援軍へ向かいたい気持ちは大きい鋼鉄であったが。
「!?」
 杏奈と縫子、怪我を負った弥花に肩を貸す右京はそれぞれ顔を見合わせる。
 戦いが終わって――皆の身が、転移を始めたのだ。
 皆の待っている、地上へと。
 そして美優はふと、無数の星々煌く宙を仰いで。
「かえろ? ちから、かして」
 宇宙に揺蕩う神の左手へと、ぐんと、その小さな手を伸ばしたのだった。


マスター:志稲愛海 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
楽しい 笑える 泣ける カッコいい 怖すぎ
知的 ハートフル ロマンティック せつない えっち
いまいち
参加者:8人
作成日:2012/06/29
得票数:カッコいい16 
冒険結果:成功!
重傷者:高梁・弥花(死の草原に咲く橙の花・b78547) 
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。