夜の夏 果てぬ夢


<オープニング>


 楽しかった、銀誓館学園の学園祭も無事に終了を迎える事ができた。
 総参加者が1000人を超えたため、候補者を確認するだけで大仕事になった、銀誓館水着コンテスト。
 更に、当日まで謎のベールに包まれていたバトルロワイアルで繰り広げられた激闘に次ぐ激闘は、その殊勲者とともに語り継がれるかもしれない。
 そして何よりの思い出は、結社の仲間達とともに作った結社企画だったろう。

 心地良い疲れと達成感を得た学生達だったが、若い彼らにはまだまだやるべき事があった。
 そう、学園祭の打ち上げが残っていたのだ。

 学園祭終了後のお楽しみ、結社ごとに行なわれる打ち上げパーティーを、存分に楽しみましょう。

●打ち上げ会場、江ノ島海岸
 学園を出てしばらく歩けば辿りつける夜の浜辺。
 ピクニックのように連なって歩いてきた学生達は、海岸に幾つかの灯りを発見します。
 それは、燃え盛るキャンプファイアーの炎でした。
 今日は、特別に許可を得て、学園祭の打ち上げの為にキャンプファイアーが設置されているのです。
 踊るのもよし、歌うものよし。
 結社の仲間達と、キャンプファイアーの炎に照らされながら、夜の浜辺で楽しい一時を過ごしましょう。
 なお、キャンプファイアーにゴミを投げ込むのは禁止です。
 また、ゴミは各自で必ず持ち帰るようにしてください(キャンプファイアーの後片付けは、翌日までに業者の方がしてくれます)。


マスターからのコメントを見る



<リプレイ>

●黄昏と夕闇と
 学園祭の2日間は熱を孕んだまま通り過ぎていった。あたかも強弓から放たれた矢が飛ぶかの如く。けれど祭りもいつかは終わる。鳥達が空を飛び続けてはいられない様に、夜を飾る星達がいつか海に還る様に。けれど、その終わりさえも美しく楽しくある事は可能なのだと夜の海は教えてくれる。
 夏の遅い夕暮れの海岸には食欲をそそる匂いが漂い始めた。
「む、これはまだダメだ。あ、肉と一緒に野菜も取りたまえっ」
 グリルには食べられるのを待つばかりの食材達。その前には炭火の熱をものともせずに十架が陣取っている。お弁当屋さんは浜辺で特選バーベキュー。
「お肉、お肉♪ うう〜早く食べたいよ〜」
 我慢の限界をあっさり突破した清美が十架の隙を見て手を伸ばせば、つまみ食いはダメ、と月の手が飛ぶ。早く食べたいんだもん、と少しばかり膨れてみせる脇で、恵は食材の皿を両手にじっと待っている。十架はそんな彼女の頭をぽんと叩いた。
「ほら、そこ。ちゃんと食べてる?」
 恋月の女将ぶりはここでも健在。もっともこんな事をこのメンバーにわざわざ言う必要などないのは判りきっているのだけれど。
「いやー、美味ぇもん喰ってる時って幸せだよなー」
 食事には遠慮も会釈も無用とばかりなのは常に腹ペコな高校男児の泰昭。甘い玉葱も大好きだとのたまう顔はまさに幸せそのもの。琢己と菊乃は自分のペースで箸を動かしつつくすりと笑った。
 食べる事も幸せならば、それを眺める幸せもある。アキは目の前のマヤの食べっぷりに目を細めていた。食の細い自分とは対照的な彼女に食べられるならば動物も野菜も完璧に成仏できそうで……。口元のソースを拭いてやりながら、アキは満たされた自身の心を感じ取る。
「皆で食べる……ごはんは……美味しいですね」
 笑い返したマヤの顔は本当に幸せそうで。今、この笑顔が自分のものなのだ。
「ねえ、もう一度言ってもいい?」
 指先に彼女の頬を感じながら、アキは問う。マヤが微かに頷いた。耳に入るのは魔法の言葉。
 ――好き、だよ。
 マヤの銀の瞳が一層明るくなった気がした。

 恋人達は互いの声以外耳に入らなくてもよしとしても、やはりBGMは欠かせない。響慈が奏でるサックスは穏やかに深かった。
「どうぞですにゅ〜」
 リューンが運んでくれる料理を時折口にし、
「今回、がんばったよ、でも材料費は付けておくから」
 月の差入れに苦笑しつつも、その音色は途切れることなく浜辺を満たしていく。

「企画大成功でしたよね」
 月が恋月に笑いかける。お客さんも多かったし、注文も沢山入ったし。
「うん、皆のおかげで……」
 大成功だった。凄く嬉しかった。楽しかった……言いたい事が沢山ありすぎるから、恋月はかえって黙り込む。海の風が彼女の髪を撫でた。風の向うに仲間達がいる。この仲間がいたから私は頑張れた。皆の為の女将でいられる。
「……本当にありがとう」
 心からの言葉がそっと風に乗った。

●月影と潮騒と
「月光カフェ最後のお客様は先輩達ですね」
 小さなテーブルには紅茶のシフォンケーキ。冷たいミントティーには本物のミントの葉を添えた。
「サンキュ、雛姫」
 祭りは彼女の髪をくしゃくしゃと撫でて笑う。澪が掲げたグラスには琥珀色に揺れる液体。金色の月の光をすかす輝きに、グリーンが爽やかに匂い立つ。
「思ったよりも客が多かったし、今回は成功だったな」
 振返ってみれば色々な人が来てくれた。用意したお菓子も好評で皆が楽しんでくれたと思うと体に残る疲れまでもが心地いい。
「学園祭……終わってしまったのっはちょっぴり残念でっすねぇ……」
 2日間を澪は振返る。彼にとってはこれが最後となるかもしれない学園祭。来年の春は高校を卒業するのだから。
「皆で何か一緒に何かしたのは初めてでしたよね……」
 祭が淹れた紅茶に雛姫はそっと口をつける。熱いお茶もグラスの氷に出会えば瞬く間に冷えていく。溶け出す氷はやがて紅茶にとけていく。それは体験した事が心のうちで思い出へと醸成されていくのにも似ている……。向うのグループの華やかな笑い声が風に乗ってやってきた。3人はふっと顔を見合わせた。からからと鳴る氷の音が快い。
「また、いつか……」
 こうして皆で過ごしたい。そんな祭の願いが彼らの心の中を通り過ぎていった。

●空を照らす火焔
 積み上げられた薪に火が入る。盛大な篝火は漸く暗くなった空へと火の粉を散らす。一瞬の綺羅の火花の向う先には、輝きを増し始めた金の月。飼育部の面々が確保したのはそんな炎も星空も全てが視界に入る場所だった。
「海といったらこれだよね〜?」
 篝火の明かりを全身に浴びながら、真海が疲労したのはソース焼きそば。
「オニギリは三角、できなかったのでボールのカタチ、ナノデスガ……」
 グローリアはお茶と供におにぎりを差し出した。
「日伊おにぎりたいけつです」
 理緒も作ってきたおにぎりを取り出して。日本とイタリアがおにぎりで対決というのも奇妙な気がしないでもないが、ライスのいびつな塊とボール型で勝負というのも中々味があるようなないような……。
「可愛いな……」
 十がひょいっと丸いおにぎりを摘む。一生懸命握ったんだろうなとグローリアに笑顔を送れば銀色の髪がふわりと揺れて笑顔が返る。
「「「学園祭終了を祝して、かんぱーい」」」
 ジュースのグラスを掲げれば、火焔が赤く照り映える。バーベキューの面々も優雅なお茶会の面々もそれぞれのカップを掲げ返し、時が緩やかに流れ始める。
「私は、コンテストに拘束されてましたねー」
 結果はまあ……頑張ったんですよ、とラテルはホットケーキを切り分けながら照れ笑い。
「水着は理緒ちゃんも真海ちゃんも元気いっぱいで、とっても可愛かったのです」
 露がスコーンを差し出した。
「皆の前でポーズをとって、拍手して貰えたりするのは楽しかったなあ」
「本当は、あたらしい水着のおひろめをしたかっただけなんですー」
 女の子達が集れば話はいつまでも尽きない。可愛い水着も格好いいバトルもすべて彼女達の思い出につながっている。
「バトルロワイヤルも、お強くて……」
 ああ、あの粉塵爆発が……と十の顔に少々複雑な表情が浮かぶと、ぱちぱちと炎の爆ぜる音がした。
「が、頑張った……うん」
 少女達の笑い声も弾ける。皆似合っていたよと十がほめると来年は是非水着コンテストへ、と理緒が誘う。
「……ゆ、浴衣なら……」
 言葉に詰まった十を見て更に笑顔がはじけた。

 波の音が聞こえる。お弁当屋さんの女の子達だろう。昼間ならガラスの様に砕け散る雫も今はただ音だけが……。だが、その音の何と楽しげな事だろう。砂を洗う波の音も波を蹴る足音も。水をかけあう音も響く嬌声も、飛び込む水音も、何もかも。
「いよいよ夏か……」
 あんな風に皆で遊べるといい……。十は水際の少女達に柔らかな視線を向けた。

●夜の波 夜の花
「つかまえてごらんなさいな〜」
 花火片手の勝郎が逃げる。うふふと笑い声を残して。
「待てよ〜」
 陸央が追う。満ちかけた月が海上に黄金色の道をつけていた。足元に跳ね上がる水の飛沫にも金の光は穏やかに降り注ぐ。陸央の瞳もこれまでになく冴え渡って見えるのは気のせいではあるまい。少なくとも月だけは彼らに微笑んでくれるかの様だった。

「……今のは何です?」
 あわよくば水中に仲間達を引張り込んで……と潜水していた菊乃は思わず姿を見せ、海にダイブしたまま雫をたらしている恋月に問いかけた。彼女もその周りで水遊びに興じていた者達も目の前をすり抜けていった衝撃に目を丸くしたまま答えはない。幻覚か。はたまた新手のゴーストか。それが夢でも幻でもない、ある意味全く無害なのはすぐに解ったのだが……。
 
「……恥ずかしい奴ら」
 他の結社の人もいるのに、と思わず哲人は頭を抱えてしゃがみこむ。手作りしたキレンジャーのお面を深くつけ直した心境を周囲の者は一瞬にして理解した。茫然と立ち尽くす他の結社の人々に心の中で目一杯頭を下げて彼は総てをなかった事にはできないものかと思い始める。
「女装させるべきでしょうか」
 一方を美少女にでも仕立て上げれば少しは見苦しくなく……紫唖の瞳が怪しく輝きだしたのにも何となく脱力感を覚え。確かにフリーマーケットを成功させた日の出壮の総力をあげれば美少女をでっち上げる位……いやでも、しかし。
「うわあ……恥ずかしい人もいるもんさねー」
 ねいやがあっけらかんと笑い飛ばしてくれなかったら、哲人の心は救われなかっただろう。
「走る男2人はさぞキモ……じゃなくて、感動的に写るやろなぁ」
 祈一郎もやっと何とか体勢を立て直し、カメラを構える。沢山のフラッシュが煌めいても、ご当人達は「あはは、うふふ」と走り回っているままだ。いつまで続ける気だろうと軍服姿の万里は密かにため息をついた。
「……どうぞお幸せに」
 人魚にいたっては完全に諦観の域に達しているらしい。見た目は子供頭脳も子供とはよく言ったもの、と。

「花火! 俄然、花火!」
 篝火からは離れた暗がりで古湖は両手の花火で円を描く。こうして残る光の跡が彼女は一番好きだった。あっちはほっといて、とバケツにたっぷり水を用意してねいやもはしゃぐ。
「この色良いカンジっ!?」
 花火2本分の火花、ぶつけたら派手になって綺麗なんさよ、とねいやが言えば人魚が綺麗とうっとりする。花火は触った事がなかったから自分で持つのは何となく怖い気もするのだけれど……。
「たーまやー!」
 ロケット花火が打上げられれば、紫唖が星空に叫び、鼠花火が足元をかすめれば凛が小さな悲鳴をあげる。
「いやあ、いいですねえ……」
 いつのまにか常識人に戻った勝郎と陸央も加わって、炎の花は一層明るく闇に咲き、学園祭の思い出話に花が咲く。皆で過ごす夜は楽しくて……ふんわりとした喜びがこみ上げてくる。こんな日の夜は絶対に1人になんか戻りたくない。凪いだ暗い水平線を見遣れば、星の群れが空と海とを区別する。

●一期一会
「日本の夏ですから……」
 風流も楽しまなくちゃとユーリリアは浴衣を着込む。どうせならこれもと佳和が渡してくれた団扇をぱたぱたさせながら夜空と花火に見入っていた。
「虹のようだな」
 梨月がトーチ風に掲げてくれたススキ花火の噴出す火花は半円の軌跡を描いて砂地へと落ちてくる。滝の様に落ち、虹の様に輝いて。目の前でくるくると変わる火花の色を心葉もうっとりと眺めていた。皆でお出かけをして、花火まで眺めていることが、彼女にとってはくすぐったいほどに心地いい。
「いちご屋さん……喫茶店部門……一位……なって、おめで、とー」
 依月のお祝いの言葉はいつもどおり眠そうで、儚げな美少女の様な外見も普段と異なる所はない。
「ほんとは……爆竹……持ってきたー」
 といいつつ、放出したのは沢山の鼠花火。流石に爆竹はうるさかろうとさりげない結社の配慮は心憎いばかりである。足元で回る火花に歓声が上がる。
「りんりん特製特大花火!」
 りんが用意したのは夜空に火花を散らすタイプの花火。はっしゃーと小気味のよい声とともに夜の海に火花が一瞬の絵を描く。
「にんじん?」
「あ、ウサギもね?」
 手を打って喜ぶ仲間達の声にりんは得意満面。こちらも見て下さい、と焦行が指さした先には何やら煙でできたらしい異様なモノ。『ももももも』とでも表記したくなる擬音とともに火花の殆ど見えないその花火の名は……。
「へび花火。これはこれで魅力があるのです……」
 真顔でいう焦行に誰が異を唱えることができようか。にんじんにウサギ、へび、ネズミ……彼らが持ち寄った花火は中々豊富で、日本の花火は奥が深いとユーリリアなど妙な所で感心している。
「俺は皆と一緒に協力することが出来たのだろうか? 皆の邪魔にならなかっただろうか?」
 梨月はふとそう聞いてみる気になった。慣れてきつつあるとはいえ、人と接するのは今ひとつ苦手意識を拭えない。
「企画を頑張れたのも、皆さんのおかげなのです」
 焦行は首を横に振る。感謝の言葉は最高の笑顔で、と彼女は決めていた。皆で喫茶店を開けて、大勢のお客さんが来てくれて、それが企画一位になって……。数え上げればお礼を言いたい事は数知れない。
「ありがとう、そしてお疲れさまなのですよ」
 ありがとうの言葉しか見つからないのが悔しい。感謝の気持ちはこの砂の数程にもあるというのに。

「ほらっ」
 ぱあんと澄んだ音がして空に小さな花が弾けた。夜目にも白く浮かぶのは小さなパラシュート。誰が最初に取れるかね、とハチはにやりと笑みを浮かべて、後を追って行く仲間達を眺めていた。
「ん、もう少し……」
 佳和とユーリリアが追っていった先には大きな篝火。
「しー……」
 赤茶の瞳の少年がそっと手を挙げた。火影に照らされながらすやすやと寝入っている少女の髪には小さなパラシュート。その寝顔があんまりに可愛らしくて2人はそっと微笑みあって立ち上がる。

「綺麗……」
 人魚の視線の先には闇にだけ咲く一瞬の火の花。これなら怖くないからと結社の皆が教えてくれた線香花火。あちこちに散らばっていた結社の人々は次第に篝火の周りに集り始めていた。ある者は濡れた髪を乾かしながら、ある者は特製のケーキやミントティーをごちそうになりながら。
 静かな夜が戻ってくる。線香花火の火花の散る音までもが聞き取れてしまいそうなほど。潮騒の音も薪の爆ぜる音も、今はただ素直に心にしみてくる。
「ちょっと淋しい花火かも……」
 お祭りの後に似ていて、という人魚の言葉を、あっという間に終わっちまうんだよな、とハチが引きとる。
「疲れもぱっと消えないかなあ」
 火花みたいに、と琢己は笑う。祭りの終わる物寂しさは何度経験しても慣れることはない。ましてこの2日間は熱狂的ともいえる大騒ぎだったのだから。
「いつまでも……このままずっと皆と一緒。夢の中―――」
 ねいやの言葉に古湖も凛もしんみりとなる。終わってしまうのが淋しいのは哲人も祈一郎も同様で。
 ―――静かな音色が流れ始めた。響慈の奏でる曲は願いをかける物語。星に願うほどの想いなら叶わないことはないのだと、確かそんな歌だった。
「皆様に、お疲れ様の気持ちを乗せて……」
 響慈が一礼すると音の出ない拍手が沸いた。お疲れさまの気持ちを乗せて―――それはここにいる者だけが味わう思いでもある。
「あっという間でしたね……」
 祭りは終わったのだ。けれど、何かが終わる時は新しい何かが始まる時でもあるのだと彼らは既に知っている。
「でも、終わらへんものもあるとええな……」
 祈一郎は笑い返す。夢だけは果てがない。いつまでも色あせず、暖かく思い出せるそんなものもきっとどこかにあるのだろう。彼らがここで手に入れたのはたぶん、そんな夢のかけら。一生に一度しか出会えないかもしれない夢の……。


マスター:矢野梓 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
楽しい 笑える 泣ける カッコいい 怖すぎ
知的 ハートフル ロマンティック せつない えっち
いまいち
参加者:39人
作成日:2007/07/31
得票数:楽しい4  ハートフル26  えっち1 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。