一花のダンディーなる臨海学校〜岩場での死闘〜


<オープニング>


 夏休みに行なわれる学校行事といえば臨海学校であろう。
 鎌倉市内にある銀誓館学園でも臨海学校は行なわれる。
 銀誓館学園の臨海学校は、生徒数が多い事から、全生徒が同じ場所に行くのでは無く、参加希望者を募って、幾つかある海辺の学校施設に宿泊して研修したり、或いはキャンプ場を借り切ってキャンプを行なうなど、毎年いろいろと催されている。

 そして、今年の目玉は、クルーザーで無人島に出かけるという2泊3日の臨海学校。
 無人島でキャンプ生活をしながら、自然について学ぼうという趣旨なのだが……。
 その本当の目的が、海のゴースト退治である事は、関係者以外は誰も知らない事だった。
「皆、良く来てくれた」
 王子・団十郎(高校生運命予報士・bn0019)は、臨海学校の告知を見て集まった能力者達を、そう言って出迎えた。
 クルーザーで無人島に行く臨海学校とは仮の姿、本当は、海で大量発生していたゴースト事件の原因では無いかと推測される『ゴースト島』を攻略する大作戦なのだ。
 この場には、団十郎以外にも運命予報士が多数出席している。

「現在、目的地となる無人島には、数百体のゴーストが集結しているらしい。どうやら、この島を拠点として、ゴースト達は海岸に押し寄せてきていたのだろう」
 そういうと団十郎は、島の地図を広げて島の説明を行なった。
 広い砂浜に小さな森、ちょっとした岩場に洞窟などなど、ゴーストさえいなければ臨海学校の場所としても、なかなか楽しそうな島に見える。

「幸い、この島のゴースト達は余り強力な奴がいないようだが、数が数だから油断はできないだろう。担当の運命予報士から詳しい説明があると思うが、自分の役割をきちんと確認して、臨海学校とゴースト退治の両方を成功させて欲しい」
 団十郎は、そう言うと、能力者達に軽く頭を下げた。
「皆さんご苦労様です。それでは、説明を引き継がせていただきますね」
 団十郎と入れ替わる様に能力者達の前へとやって来た浜月・美香乃(高校生運命予報士・bn0049)は、ブレスレットについた装飾の鎖をしゃらりと鳴らしつつペコリと頭を下げた。
「皆さんに向かっていただくのは、ベースキャンプから見て反対側の海岸です」
 岩場が続くこの場所にそれなりに強い力を持った2体を中核に複数の妖獣が居るんです、と美香乃は口にする。
「岩場には1つ大きな岩が突き出していて、複数の岩寄り添い小さな丘の様に盛り上がった地形があるのですが」
 主力である妖獣の一体はその岩のてっぺんに居るイソギンチャクの妖獣だという。
「この妖獣は移動力こそほとんどありません。でも、龍撃砲を強化した様な強力な直線に伸びる範囲攻撃を持っていて岩の上から皆さんを狙ってくるでしょう」
 そして、もう一体は岩で出来た疑似丘の麓にいるのですと美香乃は言う。
「こちらは皮膚のかわりに甲羅を貼り付けた人の上半身に、ハサミを取り外した大きな蟹の身体を下半身代わりにくっつけた様な姿をしています」
 こちらの妖獣は防御に秀ていて、自身の防御力を引き上げ体力を大幅に回復する力を持つらしい。
「蟹の妖獣はこのほかに足や手の先から水の刃を飛ばすことも出来るようです」
 戦場ではこの2体をメインに、複数の弱い蟹妖獣が潜んで居ますと美香乃は説明する。
「イソギンチャクの妖獣は大して探さなくても見つかりますし、戦闘になれば他の妖獣も援護に現れるでしょうから」
 探す苦労だけはほとんどしなくて良いらしい。
 
「ええと、妖獣退治が終わったら魚釣りをしたり泳いでくるのも良いかもしれません」
 「でも、岩場でのキャンプは難しいので、暗くなる前にベースキャンプに戻ってきて下さいね」と釘を刺しつつ、美香乃は簡易な島の地図の写しを能力者達に差し出した。
「いくら心配でも、私には皆さんの無事をお祈りすることしかできません」
 美香乃は、再び鎖をシャラリと鳴らし手を組むと、どうかお気をつけて、と頭を下げ能力者達を送り出した。

マスターからのコメントを見る

参加者
エルレイ・シルバーストーン(銀石の操霊士・b00312)
楠手馬・鹿菜子(嗚呼なんて馬鹿な子・b02861)
藤枝・優美奈(語部綺媛・b02996)
張・暁文(瘋狂猟狗・b04138)
黒乃・雪人(天元を駆け抜ける一陣の風・b05212)
姫野・息吹(温もりの黒猫・b09551)
楫・涼音(マグスのしっぽ・b11342)
ディーン・リンドブルム(高校生ゾンビハンター・b16043)
天堂・紅羽(輪廻に廻る鮮紅の風車・b23989)
織原・聖(疾風の如く翔る翼・b25302)
カレン・エイヴァリー(雷の魔弾・b28708)
香取・慧(中学生ヘリオン・b28937)
NPC:梅咲・一花(ダンディーの追求者・bn0027)




<リプレイ>

●無人島にようこそ
「オイーッス! 『レティクル定点観測所』団長、ナンテバ・カナ子だ!!」
 そこに誰かが居るかの如く、楠手馬・鹿菜子(嗚呼なんて馬鹿な子・b02861)は片手をあげて声をかける。それは仲間達へ向けた挨拶だったのか、それとも訪れた島への挨拶だったのか。
「……ああ、どうしましょう」
 初依頼からかそれとも臨海学校であることからか、緊張した面持ちで、香取・慧(中学生ヘリオン・b28937)は周囲にいる仲間達を見回す。無理に詰め込んだのか手に持った鞄は今にも破裂しそうなほど膨らんでいた。
「ゴースト島ァ? 楽しい臨海学校になりそーだな!」
 今から起きる事が楽しみで仕方がないと言う様ににやけた張・暁文(瘋狂猟狗・b04138)は挨拶をしている見知った顔に言葉を返し、「日が暮れる前に片付けねーと遊べねーからなァ」と言いながらベースキャンプを後にする。それは予報士に釘を刺された言葉なだけに真実みがあった。
「そうだな、ま、さっさと終わらせて楽しむとするか」
「ええ、物騒極まりませんし、早く退治して、楽しい臨海学校を過ごしましょう」
 苦笑しながら「やれやれ……のんびりと夏休みを過ごせると思ったんだがな」と呟いた黒乃・雪人(天元を駆け抜ける一陣の風・b05212)は仲間の言葉に頷いて肩をすくめて後に続けば、同じ様に同意を示した天堂・紅羽(輪廻に廻る鮮紅の風車・b23989)も後に続いて目的地へ向かって歩き出す。更に他の能力者達が続いたのは言うまでもない。
「綺麗な島……」
「何だか、いわくありげな島ですね……」
「そうね……」
 青々とした木々、キラキラと陽光に輝く海。目に飛び込んできた光景に感嘆と共に1人の能力者が思わずもらした言葉。同じ景色を目にした藤枝・優美奈(語部綺媛・b02996)は所感述べ、をカレン・エイヴァリー(雷の魔弾・b28708)は島の景色を撫でる様に視線を巡らせると、視線を落として小さく嘆息しながら姫野・息吹(温もりの黒猫・b09551)の言葉に同意した。
「こんな島にも歪められた命が居るなんて。能力者として、せめて早く眠らせてあげよう」
「私達の受け持ち、妖獣の御供養……しっかりと」
 持っていた釣り道具や水着の入った鞄をぎゅっと抱きしめながら紡がれる言葉は妖獣達への慈悲に満ちて。
「そして、一緒にきた『ちくわ部』の仲間と一緒に」
「スゴ〜イ! 無人島に来たの初めてっ!」
「まずは、イソギンチャクと半人半蟹と雑魚蟹の退治だねっ」
「半人半蟹の蟹男……どうせなら美人な人魚の方が良かったぜっっ」
「どっちにしても折角臨海学校に来たんだし、とっとと倒してみんなで遊ぼうよっ!」
 呟く視線の先には、周囲の景色にはしゃぐ楫・涼音(マグスのしっぽ・b11342)、呟いてふと顔を上げた織原・聖(疾風の如く翔る翼・b25302)、ブーツを履き手に持ったメモを見るディーン・リンドブルム(高校生ゾンビハンター・b16043)、同じ結社に所属する仲間達の姿があった。やがて能力者達が着いたのは、ゴツゴツとした岩の連なる岩場が主体となった海岸。視界内には予報士の説明にあった物と思われる大きな岩が見て取れた。

●岩場
「「起動」」
 何人かの能力者がしたことはほぼ同じ動作だった。イグニッションカードを取り出し、詠唱兵器を身に纏う。
「居ました、やっぱりあの岩で良いみたいです」
「うっ……何で馬鹿馬鹿しくて気持ち悪い妖獣が……イソギンチャクなんて、うにょうにょぺたぺたで……嫌ですのぅ……」
 望遠鏡を覗き込み、イソギンチャク妖獣の姿を見つけた仲間の言葉にエルレイ・シルバーストーン(銀石の操霊士・b00312)は表情を曇らせた。先ほどまでは麦わら帽子をかぶって兎のぬいぐるみをぎゅっと抱きしめていた彼女だが、今では起動を終えている。
「イソギンチャクは見つかったし他の妖獣も探すよっ!」
「行きます……」
 また、妖獣の一体が見つかったことで不意打ちを避けようと能力者達が残りの妖獣達を探し始めたのも自然な流れだっただろう。同時に数人の能力者達が戦闘の準備に移った。頭上で回転する黒龍が唸りを上げれば、構えられたblaze of fateの前方に魔法陣が展開する。妖獣の存在が目視できて何時戦闘になってもおかしくない以上、事前の準備は妥当だと言えるだろう。
「地面がデコボコしてて歩きづらいな〜っ」
「岩場だからね、足元に注意かな」
「同感だ。すッ転んだ所を集中攻撃されましたなんてカッコ悪ィのはごめんだしな」
 岩場を進みつつ能力者達はお互いに声をかけ、仲間の言葉に1人が苦笑気味に頷いた。何人かはこのために運動靴など足回りの対策を施してきたが、これはある意味正解だっただろう。藻が生え濡れた岩場は滑りやすいものだ。
「気を付けて歩かないとっ。滑るよっ、気を付けてっ!」
 声をかけながらの捜索は続く。
「蟹男は岩場で擬態してるかも」
「うん、カニ男は岩と同化していると思うしっ、岩をよ〜く見ておかないとねっ」
「ま、確かにそれもありそうだけどね」
 梅咲・一花(ダンディーの追求者・bn0027)が呟いて一歩踏み出したのと、少し先にあった岩が起き上がったのはほぼ同時。岩だと思われたのは妖獣の身体だった。気がつけば、その奥の大岩上にいるイソギンチャクの頭が能力者達の方に向いて居た。
「さて、楽しい楽しい臨海学校の前に楽しい楽しい妖獣退治のお時間です」
「作戦名、『蟹まっしぐら』!! …まあ要は、脇目も振らずに突っ込むんだがな」
 更に周囲の岩場から次々に蟹妖獣が姿を現す。
「一花さんは雑魚蟹へ『ブラストヴォイス』をお願いします」
「了解。それじゃ、行ってみようかダンディにね」
 戦闘が開始され、指示と同時に放たれた衝撃波が複数の雑魚を貫いた。

●砲火の応酬
「僕の変幻自在の蹴り、避けられる物なら避けてみなよっ!」
 三日月の軌跡を描いた蹴撃が妖獣の胸甲へと叩き込まれる、がその手応えは重い。妖獣は予報士が口にした防御力を見せつけるかの様に甲羅に囲まれた胸を突き出し、蹴撃をあっさりと受け止めた。間の悪いことに妖獣自身が装甲を強化したタイミングの方が刹那の間ではあるが早かったのだ。おそらくダメージはほとんど無いのだろう。
「哀れな命への鎮魂歌を……」
 だが、この蹴撃に連携して放たれた息吹の歌声は追撃のフレーズこそ振るわなかったものの、衝撃波でボロボロだった数匹の雑魚妖獣を纏めて葬り去った。
「まずはザコ蟹から退治だねっ」
「あの蟹、喰えねぇんだよな……勿体ない」
 仲間がリフレクトコアを呼び出すのにディーンは連携し、イソギンチャク妖獣への接近を阻むかの様に散らばる雑魚妖獣へ銃弾の雨を振らせる。
「仲間も援護してくれる、少しばかりのダメージは気にせずにぶちかまして行こうか!」
 鹿菜子が渾身の力で振り上げた二振りの斧は妖獣の装甲と激突し、金属の様な甲高い悲鳴を上げさせる。攻撃は防がれた、だがこの攻撃は妖獣に隙を作らせるのに充分だった。
「thunder penetrate the ghost」
 突きつける様に真っ直ぐ向けられた長剣から放たれたカレンの魔弾は、腕を上げ斧を受け止めたことでがら空きになった妖獣の腹部を貫いて反対側へと抜けた。同時に妖獣の動きを止めた一撃は、正にクリティカルヒットと言えるだろう。これは堪えたか、妖獣の身体が大きく傾ぐ。
「くっ」
 だが、これに前後し、轟と音を立て、イソギンチャクから一直線に伸びた衝撃波が能力者を貫く。真っ直ぐ伸びた衝撃波は龍撃砲を思わせるが、威力の方は確かに青龍拳士のそれをしのぐものだった。
「さーて、カニ叩きのハイスコアを叩き出してやろーか!」
 妖獣の反撃を受けた仲間を穴と見たのか群がってくる雑魚妖獣に今度は暁文が銃弾の雨を降らせる。威力が今一つな範囲攻撃では流石に一撃で仕留めるという訳には行かなかったが、銃弾の雨に弱っていた分を片付けるにはそれで充分だった。頭数の減った妖獣なら万が一攻撃を受けても戦線離脱者が出ることはないだろう。
「蟹の妖獣……食べれなくて……勿体無いの……」
 十字架型の後光を背負ったエルレイは呟きながら裁きの光を放つ。余韻の追撃は五度にわたり、光に打たれた複数の雑魚妖獣が光の中に消え去った。
「っ、こんだけ居れば、流石に痛いか」
 雑魚妖獣は4割程までに数を減じていたがそれが油断に繋がったと言えば酷だろう。反撃に押し寄せてきた妖獣達の攻撃は雑魚故にほとんど当たらなかったが、数が居る故に希に紛れ込むラッキーヒットは意外にも能力者の体力を奪って行く。そして、雑魚や蟹男の存在故に後方に控えたイソギンチャク妖獣は優位なはずだった。
「漆黒……招来……!行け、ダークハンド!!」
 だが、衝撃波が届くと言うことは逆に能力者の遠距離攻撃も届くと言うことだ。雪人の伸ばした影は反撃が来ないと油断していた妖獣を激しく引き裂いた。通常の倍近い威力の一撃に妖獣のからだが大きく曲がり動きが目に見えて鈍る。
「傾向としては……」
「御機嫌よう、そしてさようなら……なんてね♪」
 ブツブツと呟きながら慧が放った魔弾は、反撃できない蟹男の装甲を剔り、何故か背筋が寒くなりそうな呟きと共に紅羽がバラ撒いた銃弾の雨が雑魚妖獣を打ち、一花の歌声で手傷を負っていた雑魚妖獣数体を葬り去る。
「今回復を……」
 優美奈の放った符は、もっとも消耗が激しかった仲間を全快させた。
「キミに恨みはないけど、ここに居たのが失敗だったねっ。行くよっ、クレセントファングッ!!」
「涼音君、行っくよ〜!」
「いっけ〜っ、禍炎剣っ!」
 二度は外さないとばかりに繰り出された聖の蹴撃は絶妙のタイミングで蟹男を捉えた。脇腹を剔った勢いで片腕を吹き飛ばされた妖獣は地に倒れ伏し輪郭をぼやけさせて消滅すると、岩の上のイソギンチャクもまた涼音達の連携攻撃に2度目の反撃も出来ぬまま屠られ、炎に包まれながら消え去る。
「そろそろ消えるお時間ですよー?」
「……雑魚共はとっとと消えろ!」
 二人の能力者の言葉通り、残された少数の雑魚が掃討され、全滅するのに大して時間はかからなかった。

●岩場で遊ぼう
「イソギンチャク退治完了! 何でこんな妖獣がいたんだろっ?」
 妖獣達を倒し、涼音はふと首をかしげる。
「うっし、釣るぜぇぇぇ」
「何匹釣れるか競争だねっ!」
「泳ぐぞー、泳ぎ倒すぞー」
「妖獣を全滅させたし遊びタイーム!」
「水が綺麗ですねー……気分爽快です」
「まっ、イイか〜っ! 夕方まで時間があるからっ、釣りしてよ〜っとっ!」
 が、既に満喫する気満々の仲間達を見たらどうでも良くなったらしい。釣りの準備を始めた仲間と合流すべく移動を始めた。
「次は妖獣に生まれないようにね……」
 一方、線香と花が供えられた岩の側では数人の能力者が妖獣達の冥福を祈っていた。妖獣は死ねば死体が残らない。
「後はディーンさん、聖さん、涼音君と……」
 祈りを捧げ終えた息吹は、顔を上げると既に釣りの準備を始めた仲間の元へ歩き出そうとし、ふと視界に日焼け止めを塗る能力者の姿を認め、近寄って行く。
「エルレイちゃんも一緒にどう?」
 誘われた能力者はこくんと首を縦に振った。ちょうどその時、傍の海面に水しぶきが上がる。
「こう言うのは、楽しんだもの勝ちってやつだぜ」
 どうやら鹿菜子が海に飛び込んだらしい。
「ダンディとは……辞書に拠れば男性的、ということですか。男性的な臨海学校とは、どのようなものなのか……」
「それがダンディーだと思った物がきっとダンディーなのさ」
「だからさ、ダンディーなら立ち泳ぎだと思うんだよ、俺は」
 そしてブツブツ呟きながら泳ぐ慧と、片目をつぶって親指を立てる一花、泳ぐ顔なじみに向かってダンディー談義をする暁文。
「……ところで、ダンディって何なの?」
 ビーチパラソルを用意しつつ釣りの準備を続ける仲間の傍で、談義の様子を眺めていたエルレイは問いかける。
「さぁな。それよりも、大物つり上げて……刺身に焼き物に煮付けっ目指せ美味いモノっっ!」
 だが、尋ねられたディーンは既に魚しか見えていないらしい。
「おぉ!」
 しかも竿がしなっていては他のことに気が回るとは思えない。
「団長『だけ』これてねぇんだよな〜しかたねぇ土産作るか」
 リールを巻きながら思考は既につった後の事に移っているらしかった。
「いい眺めね……」
「岩場も走り甲斐があって楽しいーっ♪」
 賑やかなの声を傍に海を眺めていたカレンはその声にふと視線を岩場に向けた。そこにはエアシューズを使って上機嫌に岩場を走り回る聖の姿。
「特に変わった物はなさそうですね」
 優美奈は軽く泳いだ後、周囲を調べていたが特に何も見つからなかったらしい。気を取り直して、再び海で泳ぐ仲間の元へと戻っていった。
「受けろ……必殺のダンディー撃! チェストォォォォ!!」
 その頃、水泳組はダンディ談義が転じて、雪人提供の西瓜によるスイカ割りに興じていた。
「皆さまのご意見は多種多様なのですね。様々な解釈がある、ということでしょうか? 奥の深い世界なのですね」
「ま、俺もまだまだその全貌が見えてない気もするしね」
 その様子にひたすら感心する者一名。肩をすくめる者一名。
「ふっ、一仕事の後はスイカに限るな。んー……でりしゃす」
 そう言ってる間に西瓜が切り分けられ、釣った魚が捌かれて火にかけられる。
「魚が焼けたよ〜みんなで食べようっとっ。泳いでた人もっ、ど〜ぞっ!」
「ちょうどお腹が減ってたんだ、ご馳走になろうかな♪」
 遊んだ後に開かれるプチ宴会。
「蟹……蟹鍋……食べたくなるの……」
「ダンディーと言うのは、お洒落なバーでかっこよくお酒を飲むこと、というイメージがあります。残念ながら、私たちは未成年なので、お酒は無理なので代わりにこれをどうぞ……」
「あ、一花さんお疲れ様。お腹空きません?」
「おぉ?!」
 賑やかな宴の中、紅羽達が一花に差し出したのはたこ焼きと青汁。
「くっ、それがダンディーだというならやってやるさ!」
「あれも1つのダンディー道……何か違うような気がするけど気にしない、気にしないったら気にしない」
 一つ、二つ、とたこ焼きを頬張り、キザな動作で青汁を呷る一花を見て能力者の1人がそう言った。
「何……今の音」
 相変わらず海を見ていたカレンはふと耳にした音に振り返る。それは無茶をした一花が倒れた音だったとか。一通り岩場での一時を満喫した能力者達は、約1名を運搬しながら、ベースキャンプへと帰って行った。 


マスター:聖山葵 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
楽しい 笑える 泣ける カッコいい 怖すぎ
知的 ハートフル ロマンティック せつない えっち
いまいち
参加者:12人
作成日:2007/08/08
得票数:楽しい10  笑える6  泣ける1  せつない2 
冒険結果:成功!
重傷者:梅咲・一花(ダンディーの追求者・bn0027)(NPC) 
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。