<運動会2007>仮装マラソン(中学生の部)


<オープニング>


 運動会、それは人の祭り。
 運動会、それは体育の祭り。
 運動会、それは清々しく爽やかな祭り。
 十月八日体育の日。それは、銀誓館学園運動会の日。
 楽しくもおかしい戦いの時は、刻一刻と迫っていた。

 仮装。それは、普通とは違う何らかの装束を身に纏うこと。
 マラソン。一般的に、長い距離を走ること。
 二つ合わせて、仮装マラソン。
 仮装マラソンとは、普段とは違う何らかの装束を着て、長い距離を走る競技。
 ルールは簡単。
 各参加者の持ちより、あるいは銀誓館学園の提示した装束を、着る。
 ただし、身につける装束は、全てを集めた後に行われる抽選によって定められる。
 故に男が女性の服を着る可能性もある。その逆もまたしかり。
 もっとも、あまりにも酷い場合は修正が加えられる。女性が男性用水着を引いてしまった場合、女性用水着に差し替わるなど。
 そして、装束を身につけたならば、後は走るだけ。四百メートルのトラックを七周半、計三千メートルの道のりを。
 この競技、仮装マラソンに関する説明は、以上である。

 とある学級会。運動会競技の参加者募集の時間。
 各競技の説明が一通り終わり、続いて希望を募る時となる。
 順序良く参加競技の希望が出され、埋まっていく中、仮装マラソンの時が来た。
 刹那、一人の生徒が狙いすましたかのように、手を挙げる。
 仮装マラソンに参加する旨を、意思を告げるため。

 さて、参加が決まったのなら、競技前にやるべき事が一つある。
 それは、仮装装束の提出。
 魔法使いのような格好か、はたまた迷彩色の軍人服か。
 自分が着るとは限らない。否、確率から考えれば自分が着る事はないであろう装束。
 勝ちに走るなら、できる限り走り辛い装束を選ぶべきだろう。
 ネタに走るなら、勝負は度外視してもいいかもしれない。
 無論、両方を兼ね備えた装束もあるだろう。
 全ては、参加者の心掛け一つ。
 ちなみに忘れた場合、銀誓館学園が用意した装束が使用されるので、ご安心を。

 さて、長々と説明してきたが、結論は一つ。
 スポーツマンシップにのっとって、正々堂々戦い勝つべし。
 運動会を、爽やかな青春の一ページとするために。

マスターからのコメントを見る

参加者
宵咲・羽散(魔女姫・b01851)
守久・美海(白銀を纏いし萌える幼き龍・b06353)
皐那・燐(特定天然記念物・b11483)
ヨギ・レカルド(狂紅の神罰代行人・b14772)
静月・明良(闇を切り裂く雷鳴の剣・b24511)
アルテア・マッコイ(看板娘・b25367)
ジャルナ・ドゥールンギ(水のソルティレージュ・b25602)
永陸・武史(恵みの叢雨を志す剣士・b26923)
春夏秋冬・未来(アカシャの使い・b30189)

NPC:春宮・静音(バトルマニアガール・bn0097)




<リプレイ>

●選手入場
 雲一つない秋の空。明るい陽射しに照らされて、輝き運ぶ青春の風。
 爽やかな心は戦士の証。今日、銀誓館学園で行われる運動会でトップを競うライバルの証。
 ほら今も、静かに視線が送られている。続く競技、仮装マラソン中学生の部の選手入場を、今か今かと待ちわびて。
 送られる視線は期待か好奇かはたまた闘志か。
 様々な思いが渦巻く中、今まさに一人目が姿を現した。
 ――スタートラインに、立つために。

 走る者が戦士なら、特殊な装い加えた彼らは勇者だろう。
 戦いのゴングが鳴るその前に、各選手の紹介へと参ろうか。

 初めに姿を現したのは小柄なシスター。
 Y字チェーンのロザリオ光らせて、ロングパニエたっぷりの聖職者服を身に纏い、分厚い聖書を胸に抱く、あどけない少女。
 その名は守久・美海(白銀を纏いし萌える幼き龍・b06353)!
 神との誓いを胸の奥へと仕舞いこみ、約束のゴールへと立ち向かえ!

 続いてきたのは少年刑事。
 カーキ色のロングコートに、紺色スーツと白いワイシャツ。赤いネクタイをワンポイントに、モデルガンと銃ホルダーまで備えてる。
 追ってる奴はどこにいる? 皐那・燐(特定天然記念物・b11483)!
 少年の心を信念に換え、ゴールという名の犯人を捕らえる事はできるのか?

 怜悧なお姉さんは好きですか?
 細身の体を包むのは、丈をギリギリまで上げたスカートと、胸元開いたウェイトレス風のドレス。
 大胆な格好で望むのは、ヨギ・レカルド(狂紅の神罰代行人・b14772)!
 恥らわないのは大人の余裕か。幾人もの男子を魅了して、勝利のメニューを運び出せ!

 おおっとお次は場違いか? ぺたぺたと歩く大きなペンギン春宮・静音(バトルマニアガール・bn0097)!
 高い背丈で可愛らしいこの格好。果たして他者への受けはいかに?

 真っ赤に顔を染めているのは、あどけない少女の証だろうか。
 大胆なバニー服で体を多い、網タイツで肢体を包む。ただしうさ耳ではなくネコ耳被り、お尻の尻尾もネコのもの。
 バニースーツの子猫ちゃん、その名も静月・明良(闇を切り裂く雷鳴の剣・b24511)!
 男子へとダイレクトアタックする恥らう姿、エネルギーへと返還しゴールへ走る事はできるのか?

 妖しい笑みは何へのものか。
 白の上着と紺のスカート。そしてガトリングガンを担ぐ姿。
 一言で例えるならセーラー服とガトリングガン、ジャルナ・ドゥールンギ(水のソルティレージュ・b25602)!
 花も恥らう女子中学生が、ガトリングガン片手に暴れまわるぞ!

 次なる選手は……あれか、モチーフはあれなのか!
 全身黒光りするスーツに、長い触角。独特の形状を持つ羽を背負う姿は……しかーし! そんな姿を恥らう事無く、胸を張り凛々しく立つ姿はただただ純粋にカッコイイ!
 そう、それはきっと女王様の証、宵咲・羽散(魔女姫・b01851)!
 黄色い声援浴びながら、ゴールへ向かって飛んでいけ!

 本人小柄であるが故、大地揺らすような印象は与えない。
 サッカーボール片手に歩いているのは、お相撲さんのコスチュームに身を包み、笑顔振りまく元気な少女。
 送られるのは暖かな微笑み、アルテア・マッコイ(看板娘・b25367)!
 微笑み振りまく癒しの星となりて、いざ戦い後へと赴かん!

 活発そうな彼を包むは、民族衣装をベースとした妖精の形。
 ゆったりとした衣装に身を包み、犬耳犬尻尾をを携えて、大きな蕗の葉っぱを傘とする。
 今、この銀誓館学園に舞い降りたコロボックル、春夏秋冬・未来(アカシャの使い・b30189)!
 精霊の力を内に抱き、邁進するはゴールへの道!

 これ以上マッチした姿はないだろう。
 黒い上着とズボンに白いシャツ。蝶ネクタイを結び、グラスを載せたお盆を片手に持てば、それはまさに執事のもの。
 頼りがいのある長身執事、その名も永陸・武史(恵みの叢雨を志す剣士・b26923)!
 落ちること無いグラスの乗った、お盆片手に疾風の如く走りぬけ!

 続いて……。

 紹介が一通り済んだころ。スタートまでのしばしの間、選手たちは各々準備に入る。
「体育は得意だし、普段のトレーニングの結果見せてやる!」
「美海は優勝を狙うですよ。静音ちゃん、勝負なのですよ」
「絶対負けないからねー」
「私だって、負ける気はないわよっ」
「ふっふっふ……正々堂々と勝負デス!」
 執事とシスター、虫の女王とペンギンとスモウレスラー……もとい、武史と美海、羽散と静音、アルテアは、笑顔で互いを牽制しあう。
 共に全力で戦うため。控える戦いに勝つために。
 傍では、自らの衣装にほっと胸を撫で下ろす燐。
 刑事服という装いなら、特に妙な面も無い。何より思いっきり、走れそう、と。
「神ヨ……我に勝利を……Amen」
 祈りを捧げるヨギの手には、陽光に煌くロザリオが。口付けする様は、ウェイトレスの衣装であるにも拘らず神秘的。
「ふふふ……」
 ジャルナはセーラー服の裾をつまみながら、何だか楽しそう。……ベクトルが変な方を向いているのか、どこか妖しいものになっているが。
「はっはっは……」
 別の意味合いで笑い声を上げるのは未来。コロボックル姿のこの衣装。見た目に問題は無いが、服が纏わりついて走り辛い。
「お前ら……」
 総じて、恥かしがってる様子なし。
「ちょっとは恥らえよぉぉぉぉぉ!!」
 子猫バニーな明良を除いては。
 彼女は様々な衣装を着た……特に自分が提出したウェイトレス服を着ているヨギに対し、盛大なるツッコミを言葉として吐く。
 曰く、裏切り者と。
 答えるものは誰も無く。否、時が訪れたため答えることのできるものは居らず、各々スタートの位置へと歩みだす。
 目標は一つ。
 一位で、ゴールテープを切る事。ただ、それだけ。

●走破距離は三千メートル
 燦々と輝く太陽の下。賑やかな空気に包まれながら、告げられた言葉はスタート準備。
 各々自らの策を思い描き、走るための構えを取る。
 続いて聞こえてきたのは、銃声。スタートを告げる、大きな音。
 飛び出したのはペンギンもとい静音と、セーラー服姿のジャルナ。追うのはシスター美海にウェイトレスヨギ。少し下がった所には黒く光を跳ね返す羽散と、犯人を追いかける燐。
(「動かざること山のごとし」)
 今はまだ攻める時ではないと、犬尻尾を引き摺りながらペースを抑える未来。更に下がって子猫バニー明良とスモウレスラーアルテア。最後方に執事武史という状況。
 まだまだ衣装による差異は見られず、各々自らのペースを護り走ってく。
 衣装で風を、切りながら。
 やがて四週目も半ばといった頃、ヨギが静音とジャルナに追いついた。……否、静音とジャルナがペースを落とし、ヨギに追いつかれた形だ。
 少し下がった場所には美海がいて、懸命にトップを追いかける。
 ここに来て、羽散と燐がペースを上げた。
(「さてと、誰にしようかなー」)
 続いて、マークする相手を見定めながら、やはり未来もペースを上げる。
 後ろからはやはりアルテアがペースを上げ、未来を追う。明良と武史は、今はまだ動かない。
 全距離の半分を過ぎた頃。静音、美海は動き辛い衣装からスピードを保てず、ジャルナはガトリングガンが邪魔で無駄にスタミナを消費する。
 逆に動き辛いからこそ温存していた未来は、少しづつだけれど確実にペースを上げていた。
 順位の入れ替わった六週目の半ば。
(「負けマセンヨ」)
 トップを走るのはヨギ。すぐ後ろに羽散、燐、未来が並び、少し下がってアルテアがいた。静音とジャルナ、美海はトップ争いから遠ざかり。
(「よっしゃ、ココからは飛ばすぜ!」)
 武史と明良はスパートをかけ、彼女たちの横から飛び出してく。
 他の者たちも、これからが勝負時。各々ペースを上げていき、最終周のゴングを聞く。
 ヨギは逃げる。追う者たちから。
 追うのは羽散、燐、未来、アルテア。そして猛然と明良が突っ込んで来る。
 後ろではやはり突っ走る武史と、追い抜こうと苦心する静音、ジャルナ、美海。
 生徒達の声援を受けながら、頭一つ飛び出したのは……羽散!
 羽散はヨギの隣に並び、追い抜こうと最後の力を振り絞る。
 無論ヨギも抜かせない。負けない負けられないとの思いを胸に抱き、鋭い走りで逃げていく。
 逃げれば追いつき追い抜き。追い抜けば追いつかれ追い抜かれる。
 いたちごっこの繰り返し。けれどもいつかは終わるレースのさが。
 土煙を上げながら、ゴールテープを切ったのは……ほぼ、同時!
 続いて飛び込んできたのは燐で、明良と未来がほぼ同時。その次にはアルテア。後ろの争いは静音が制した形で終結し、ジャルナと武史が同時にラインを割った。
 そして美海がゴールする頃には……判定が終わり、告げられる。
 誰が一位で、誰が二位なのか。即ち、詳しい順位の内訳が。

 ――一位羽散、二位ヨギ、三位燐、四位明良、同着未来、六位アルテア、七位静音、八位ジャルナ、同着武史、十位美海!

●輝く青空の下で
 一つの戦いがここに終結した。
 雲一つない空の下で、勇者達は一時の休息を噛み締める。
「まぁ、こんなものデショウ」
 ギリギリで一位を逃したのが悔しいのか、あるいはいつもの様子か、ヨギはロザリオを握り締める。微笑みを、浮かべながら。
 近くでは羽散が、静音をぎゅっと抱きしめてから両手で握手。
「また勝負しようねっ! 次も負けないからっ」
「……次は、勝つわよ!」
 負けた事に対する悔しさはあるけれど、そんなものは些細な事。
 不敵な笑顔で返す静音は、続いて美海に抱きつかれた。
「楽しかったですよー」
「ええ、本当に楽しかったわ」
 健闘をたたえあい、笑いあう二人。
 続いてアルテアともハグしあい、楽しかったと笑顔で話し……友情を、深め合う。
 影では、こそこそ着替えに行こうとしているジャルナの姿が。曰く、このセーラー服は静音ちゃんの私物っぽいから、と。
 静音は何かを感づいたのか、とりあえず釘を刺す。持ち帰らないでね、と爽やかに。
 未来は参加者全員と、握手して回っていた。結果は結果で、過程は過程。お互い頑張った事を、たたえあいながら。
「詰めが甘かったか……もっと精進しないとな」
 武史は結果を残せなかった悔しさをバネに換え、誓う。もっと、速くなると。
 そして一通り、心に抱く想いを整理して、笑顔で皆に提案する。今の姿で、写真を撮らないかと。
 さっさと着替えに行こうとしていた明良を連れ戻し(あるいは連行し)、カメラのタイマーをセットして、各々思い思いのポーズを取る。
 突き抜けるような青空の下。
 健やかな風が吹く場所で。
 今、青春の一ページが、刻まれる――。


マスター:飛翔優 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
楽しい 笑える 泣ける カッコいい 怖すぎ
知的 ハートフル ロマンティック せつない えっち
いまいち
参加者:9人
作成日:2007/10/08
得票数:楽しい11  笑える2  カッコいい1  怖すぎ1 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。