夜を行く列車に乗って〜night train party


<オープニング>


 7月20日、21日の両日に行われた銀誓館学園の学園祭2008は、無事に終了の時を迎えた。
 参加した生徒の中には、土蜘蛛や除霊建築士、クルースニクや吸血鬼などのように、この1年間に銀誓館学園に入学したり、編入するなどして、これが初めての学園祭だったという者も多い。
 それもあってか、今年の学園祭は例年以上の盛り上がりを見せ、2日間の学園祭はあっという間に過ぎ去っていった。
 毎年大盛況の水着コンテストは、総参加者が1800人を超えたため、候補者の水着を見て回るだけで日が暮れる程であったし、多数の能力者同士が最後の一人になるまで戦ったバトルロワイアルもまた、熱戦に次ぐ熱戦が繰り広げられたのだ。
 勿論、結社の仲間達と共に準備した結社企画も、例年以上に趣向をこらしたものが多数あり、盛況のうちに幕を下ろしている。

 そして今、一般客は全て家路につき、校舎の明かりも消え、下校を促すアナウンスが流れている。
 だが、まだまだ学園祭は終わらない。
 そう、学園祭の最後を飾るイベント、打ち上げパーティーは、これから始まるのだから。

 さぁ、学園祭終了後のお楽しみ、結社ごとに行なわれる打ち上げパーティーへ、仲間と共に出かけましょう!
 
●打ち上げ会場、詠唱調律車両
 学園祭が終わり、皆が打ち上げを楽しむ頃。
 しかし、交通機関の問題で、その打ち上げに参加できない学生も少なくなかった。
 少しだけ寂しい、学校帰り。
 しかし、その彼らにも、楽しいイベントが用意されていたのだ。
 鎌倉市内を走る市電の中に、時折紛れている『詠唱調律車両』。
 銀誓館学園の能力者ならば、イグニッションカードを手にした時に必ず一度は乗車する詠唱調律車両。
 その車両は、家路を急ぐ学生達の為の打ち上げ会場として用意されていたのだ。
 ちょっと狭い場所だけれど、気の置けない仲間とのちょっと不思議な個室パーティー。
 あなたは、どんな楽しみを見つけるでしょう。

 なお、詠唱調律車両は市内を行ったり来たりした後、学園まで戻ってきますので、屋外での打ち上げはどうも……というインドア派の結社の人達の打ち上げパーティーにも最適です。
 電車の窓から見える鎌倉の夜景を楽しみながら、楽しい時間を過ごすのは、きっとロマンティックなことでしょう。


マスターからのコメントを見る

参加者
NPC:夏越・ちがや(中学生運命予報士・bn0062)




<リプレイ>

●詠唱調律車両
「イグニッションカードの電車は、イグニッションカードを手に入れるときにしか乗れないと思っていました」
 翔梧は人生2度目に足を踏み入れた列車を見回す。
(「入学以来乗ってなかった詠唱調律車両に乗れる……っ! 機械大好きな人間には……見逃せない体験よね」)
 ヴァージニアも瞳を輝かせて彼に続く。
「ゆっくり、夜景を見ながら楽しめるなんて素敵よね。そういえば学園に来る時は緊張してて景色なんて……」
 車内を見回す虹湖も、結社仲間たちと車内に足を踏み入れる。
「……ちょうど一年前も同じシチュエーションだったな」
「一年ぶりの場所ですが、此処は変わりませんわね……。ふふっ、懐かしいですわね」
 車内の喧噪から外れるように2人の世界を楽しむのは、凶司と蒼姫のカップル。卒業生同士の2人は落ち着いた恋人同士という雰囲気で互いに肩を寄せ合い座る。
「学園祭、御疲れさま。今年も一緒に見て回ったりは出来なかったから、最後くらいは一緒に過ごそう」
「ん、そだね。だけど一緒に店員さんしたりできたから、満足だよ! それに今一緒だもん。去年も一緒に列車に乗ったよね。あっというまの一年だね」
 英二と和沙も1年前の後夜祭を思い出し、互いに笑顔を向け合う。
「初めまして」
「こちらこそ、初めまして」
 礼儀正しくちがやに挨拶するのは心。2人は喧噪から外れた場所で自己紹介しながら話を始める。それは心が好きな星の話や互いの日常、ちがやの生業についてなどの話。2人は控えめながら楽しそうに話をする。
「初めての学園祭すごく楽しかったね!」
 隅の方に腰を落ち着ける灯里は、沙環に明るい笑顔を向ける。
「とてもたのしかった。もう来年が待ち遠し〜」
 沙環も灯里に、負けず劣らずの明るい笑顔を向ける。
 この列車が終着駅に着くまでに、2人はより親密になるだろう。そんなふうに思わせる様子で、2人は楽しげに話を弾ませる。
 そんな具合に、楽しい後夜祭は始まりを告げたのだった。

●リーフボックス
「2日間みんなお疲れ様ーっ! 葉里はいっぱいいっぱいお疲れ様ーっ!」
 雛乃は団長の葉里と仲間たちを笑顔でねぎらう。
「まずはジュースで乾杯かなっ? お疲れ様ーっ♪」
 結社の面々を前に聖はジュースを掲げる。
「お疲れ様、かんぱいっ」
 それにヴァージニアも満面の笑みで応える。
(「とりあえず鬼気迫る頑張り方してた団長に心から……」)
「お疲れ! ……すごい顔になってるよ……?」
 疲れが顔に現れた彼女を気遣い、栖は葉里に声をかける。
「お疲れさん、大丈夫かー?」
 シュカブラも疲れた様子の葉里を心配し、声をかける。
(「今回一番頑張った葉里には沢山お疲れ様って言っちゃいます!」)
 弓姫も笑顔で団長をねぎらう。
「お疲れ様ー! 今夜の僕のおもてなし料理は、アリスのティーパーティー! 我が故郷イギリスの料理がマズイなんて言わせない!」
 フィッシュ&チップス、ローストビーフ、ミートパイなどのイギリス料理の数々と紅茶を持ち込んだ玲樹は、仲間たちの前にそれらを広げる。それに歓声を上げ、仲間たちは手を伸ばす。
「みんなお疲れ様ー。手伝えなくてごめんね。店長が無理やり……」
 一夜は遠い目で二日間を振り返ると、
「じいさん直伝足裏マッサージ要る人ー? 痩せるツボとか知ってるけど」
 と指を鳴らし、疲れた人たちを足裏マッサージで癒すと申し出る。
「学園祭すっごい楽しかった!」
 つかさも短い言葉に、楽しかった二日間への思いを込める。しかし彼女は、頑張りすぎた結果の寝不足故のあくびを漏らす。
 その時、ヴァージニアが持ち込んだCDプレーヤーから、聖おすすめの踊れるメロディーが流れ始める。
「一緒に踊らないっ?」
 歌いながら踊り始める聖に誘われ、仲間たちも踊り始める。
「えぇぇと、え、踊って歌うの? ……こう、火を囲んで踊るような北欧系みたいな踊りならっ?」
 困惑しながらいくえは踊りに加わるが、疲れた体は空腹を訴える。その欲求に素直に従い、食事を楽しことにする。
「よし! 皆が踊るならお姉さんは写真を撮るわよ!」
 後夜祭はマッタリしようと参加した真燐は、楽しそうに踊る仲間たちに持参したデジカメを構える。
「……ま、こういう夜もいいかもしれないわね」
 狭霧も、その言葉とともに仲間たちの輪に入る。勿論、仲間たちが羽目を外し、周りでそれぞれの後夜祭を楽しむ者たちに迷惑をかけることがないように気をつかっている。仮装姿のままのアリーセも、彼女と同じように仲間たちの動向に目を配る。
(「学園祭は少ししか参加できなかったけど、こうして皆と後夜祭を過ごすことが出来て嬉しいな」)
 踊りや食事を楽しむ仲間たちを見つめ、雛は目を細める。思い思いに楽しむ仲間たちを見つめるだけで、自分も楽しくなってしまう。
 そして、そんな中でも葉里は休むことなく仲間たちの世話を焼き続けていた。

●相馬組
「えー本日はお集まりいただきー、まぁこのメンバーで何かやったわけじゃないけど、それぞれの学園祭お疲れ様ー。かんぱいー」
 打ち上げ言い出しっぺの団長・都の音頭で、集まった仲間たちは手にする飲み物を掲げ、打ち合わせる。
(「……イベント、久しぶり……。それに、とても…楽しみ……」)
 淡い笑みを浮かべる凛は、楽しげな仲間たちの中で飲み物に口をつける。
「味の好みとか解らなかったんで適当に買ってきました」
 十六夜は数種類のスナック菓子を仲間の前に広げる。さらに、汚れた手を拭くためのウェットティッシュやゴミを入れるゴミ袋も用意済みのようだ。
「ぅと、その……よろしかったら、いかがでしょうか……?」
 紫衣は冷たく冷えたミニ缶飲料を取り出す。紙コップだと零してしまいそうだからという理由で持ち込んだジュースは、仲間だけで飲みきるには多い。それは周りで楽しむ同乗者たちにも配られ、お礼の言葉と笑顔が行き交う。
 凛もお気に入りの紅茶でいれたアイスティーを詰めた水筒と手作りスコーン、市販のお菓子を取り出す。
「売れ残りですが……よろしければどうぞ」
 沢山の木苺タルトを鈴香は並べる。
「……ぁ、俺も余り物ですが、ラムネ持ってきました。どうぞ呑んでください」
 シグルドはラムネの瓶が入った段ボールを床に置く。
 2人が持ち込んだのは、それぞれが所属する別の結社企画での余り物。仲間たちはお礼とともに、それらに手を伸ばす。
「ふぁ、こちらのお菓子、とてもおいしいですね」
 みんなが持ち込んだお菓子は、紫衣が評するように美味しい物ばかり。それらを摘みながらの気心の知れた仲間たちとの会話は楽しく弾む。
 弾む会話の中で、今日どこに行ったかという話を振られた鈴香とリリアはお化け屋敷を見に行ったと応え、どんな物だったのかと突っ込まれると、
「それは、ね?」
 リリアは鈴香の様子を伺うように応え、当の鈴香は澄ました様子で、
「まあまあ面白く、そこそこスリルがありました」
 と応える。どうやらお化け屋敷では何かがあったようだ。そんな仲間たちの中で汀と伊留麻の会話も弾む。
「昨日はどうもありがとう、ケーキおいしかったですよ」
「そうか、それはよかったのじゃー」
「イルマさんの格好可愛いですよね、こっちはさすがに着ぐるみのままだと暑くて死にそうで」
「そ、そうか? そんなことないのじゃよぅ……。あー。暑かったからのう……。お疲れ様じゃな」
 素直な汀の言葉に、伊留麻は頬を赤らめ飲み物を飲み干す。
「都にぃ、口元にお菓子のカス付いたまま」
 小学一年生とは思えない落ち着いた雰囲気の葵にお弁当を指摘された都は、慌てて口元を拭う。
「綺麗な夜景〜……。そういえば、こんな風に夜景を見る事は、あんまりなかった様な気がするんだよぉ〜」
 リリアが外に広がる景色を指差す。切れ切れに続く明るい光を纏う夜の町の合間から、月明かりに輝く黒い海が覗く。
「あ、キャンプファイヤー始まってる」
 汀の言葉に彼らは、光を点々と灯す海岸線を見つめ続けた。

●楽しみ方は他にも沢山!
 他にも結社員同士や友人同士、または1人で打ち上げを楽しみたいと参加した者たちも多い。
 結社『Nehellenia』からは、団長の皓凱を筆頭に、虹湖、光國、志津乃の4人が参加している。
「まずはジュースで乾杯な!」
 時間が経っても美味しい焼き菓子類を広げる光國は、ジュースを手に乾杯の音頭をとる。
「焼きソバやタコヤキあたりは、冷めてるのよね。……って時間たってもOKなのあるの? さすがみっちー。なーいす!」
 彼の持ち込んだ品に、屋台で買い込んだ物を広げる虹湖は笑みを浮かべる。
「みっちー、冷凍ミカンいるかい?」
 双子の妹同様、屋台のあまりの品を山のように買い込み、アイス類をクーラーボックスに詰め込んできた皓凱は冷凍ミカンを光國に差し出す。彼と同じく冷やしたお刺身やアイスクリンを持ち込んだ志津乃は、
「良ければ摘んでいきませんか?」
 と見かけたちがやに声をかける。さらに虹湖もりんご飴をちがやに差し出す。2人にお礼を言いながら、ちがやは嬉しそうに相伴に預かる。
 龍麻は楽しそうな仲間たちに、参加できなかった学園祭の感想を聞く。
 宗は持ち込んだ様々なチップスを乗り合わせた仲間たちに配る。それらは笑顔とともに仲間たちの胃袋に消える。
(「次の学園祭にはいっぱいの友達を作って参加したら、楽しいだろうなぁ」)
 そんなことを思う翔梧は楽しそうな仲間たちを見つめ、ポテトチップを口に運ぶ。
「みぞれ味美味しかったですね、でもイチゴ味も美味しかったでしょ?」
「はい、とても。イチゴはあまり食べた事がなかったので、新鮮でした」
 友人同士で参加したマサトと九葉は、学園祭で食べたかき氷について話が弾んでいるようだ。
(「本当は、どこの結社の方トカ気にせず色々と話し掛けて友人を作れたら、と思ったのデスが」)
 淡い微笑みを浮かべ、偉龍はスケッチブックに筆を走らせる。彼がそこに描くのは、楽しげな仲間たちの姿。
 結社『+どくどくキングダム+』からは、テラと葬の2人が参加している。
「去年の結社依頼では、ロシアンマシュマロなるものをやったわけじゃが」
 そんなことを口にするテラが持ち込んだのはロシアンティー。それはジャム入り紅茶のことではなく、ロシアンな6種のフレーバーティーのことである。赤、緑、黒、紫、青、無色のお茶は、それぞれが危険な空気を纏い、2人の前に鎮座する。
「あ、夏越先輩夏越先輩。良かったら一緒にお茶を飲みませんか?」
「うん、いいよ」
 かくして、3人による危険なロシアンティーパーティーが始まる。一見平和そうなティーパーティーは無事に済みそうではない。
 3人にどのような結末が訪れたのかは、それはこの夜だけの秘密である。

●夜を行く列車
「……こいつ、俺に体当たりとはいい度胸だよ……見上げた根性だよ……」
 半分寝ながら食べているせいで、何度も顔を埋めているネコ型パイ。それを栖は好敵手と認める。
「食べるか寝るかどっちかにしろ」
 そんな栖を呆れたようにシュカブロは見やる。
(「また来年も、こうやって皆一緒だといいなぁ」)
 そんな思いを抱く弓姫も睡魔に負ける。
 二日間の疲れと電車の振動は、彼らを夢の中に誘い込む十分な力を持っているようだ。車内のあちこちから健やかな寝息が聞こえてくる。
 疲れた様子の蒼姫に膝を貸し、安らかな眠りを守る凶司は、不穏な気配に顔を上げる。
 そこにあったのは蒼姫をお姉様と慕う紫姫の姿。
「蒼姫は疲れているから後にしてくれ」
「そのようですわね。でも、お目覚めになったら今日の話をたくさん聞いてもらいますわ」
 紫姫は安らかな眠りを妨げないよう、蒼姫を挟んで凶司の並びに座る。
「……いっぱいお話していたいけど……ちょっと眠いかもしれない」
「ん? 眠たいの? せっかくだから、巫女の膝枕はどうかな?」
 膝を誘うように叩きながらの和沙の言葉に甘え、英二は彼女の膝を借りる。
「ん、ゆっくりしてね」
 さらさらの髪を梳りながらの和沙の言葉と指先は、英二を深い眠りに誘う。
「ふぅ……やっぱり和沙ちゃんの膝が凄く落ち着く……よ……」
 寝言のように囁かれた睦言は、2人の心にだけとどめられる。
 バトロワ疲れの光國はすっかり夢の中。彼に毛布をかける志津乃に、
「おお、そういえばー、水着コンテストお疲れさーん! 特に草壁さんのは眼福、すごく眼福」
 と皓凱は声をかける。それに照れ、戸惑う志津乃の肩を抱き、
「それってセクハラよ」
 と虹湖は鋭く兄に突っ込む。その言葉に焦る皓凱を見やり、2人の少女は明るい笑顔を浮かべる。
 しっとりしたヒーリング音楽が流れる一角で、雛乃とヴァージニアも夢の中。
「ほらココにおいでなさい♪」
「ん……、まりりんありがとぉ……」
 真燐が貸してくれる膝枕で、完全燃焼故の寝不足でずっとあくびを漏らしていたつかさは、優しく頭をなでられる心地よさも手伝い深い眠りに落ちる。そんな2人を羨ましそうに玲樹は見つめる。
「皆、お疲れ様なの……」
 雛は眠り込んだ仲間を団扇で優しく扇ぐ。
「今だけは、ゆっくり休んで下さいね」
 アリーセも微笑みとともに仲間たちに優しい視線を向ける。
(「ずっとこうやって、みんなと大騒ぎして遊んでられたら幸せだけど、いつかはこの光景も思い出になっていってしまうのよね…」)
 寝入るみんなを見つめ感慨にひたる葉里に、
「みんなお疲れ様。葉里センパイはありがとう」
 といくえが声をかける。
 まだまだ話が尽きない灯里と沙環を見つめる一つの視線。それに気付いた2人は、視線の持ち主のちがやに手にするコアラのぬいぐるみの手を振り挨拶する。可愛らしい挨拶に、ちがやも笑顔で挨拶を返す。
(「……。夜景、綺麗……ほんと…綺麗です」)
 透花は車窓の移り変わる景色に目を奪われ、じっと夜景を見つめ続ける。どうにか眠りの誘惑に抗えていた者たちも、その美しさに気付く。
「うわぁ……凄い。あの灯一つ一つに、色んな人が生きてるんだよね……」
 マサトの言葉に誘われ、九葉は車窓の美しい夜景に目を向ける。しかし、夢中で外を見つめる彼女に、マサトが口にした決意は聞こえなかったようだ。やがて2人も周囲の寝息に誘われ、肩を寄せ合って深い眠りに落ちる。
(「楽しい思い出も、辛い思い出も今となって過ぎ去ったことです。それでも、胸の中に残しておくのは悪いことではないですよね」)
 1人で美しい夜景を楽しんでいた軍平は、静かになりつつある車内に視線を転じ、そんなことを思う。
(「目の前の小さな平和、ごく当たり前な幸せをこの手で守る!」)
 宴の後の安らいだ静寂の中で、真白もそんな思いを抱く。
 それは眠りに落ち、または、まだ宴に興じる者たちの胸の中にもあるかもしれない思い。
 楽しい思い出と数々の思いを乗せ、列車は静かに夜を行くのだった。


マスター:縞させら 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
楽しい 笑える 泣ける カッコいい 怖すぎ
知的 ハートフル ロマンティック せつない えっち
いまいち
参加者:50人
作成日:2008/08/03
得票数:楽しい6  カッコいい1  ハートフル15 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。