透花色

<チェンジ可能ジョブ一覧>

ジョブ 気魄 術式 神秘
魔剣士
 魔剣士は、自己の魂を武器と合一し、その『覚悟』と『意志』とにより強大な破壊力を生み出す闇の剣士です。
 闇に生き、闇に染まりし暗殺の剣は、今日も敵を求めて彷徨うのです。
↑↑ ↓↓
ファイアフォックス
 降り注ぐ陽光をその身に受け、その生命の力を活性化させて熱と光とを操る超能力者がファイアフォックスです。
 その力は、炎による破壊だけでは無く太陽の恵みをも生み出します。
↑↑↑ ↓↓
青龍拳士
 その身に数千年の武術の力を秘めた格闘家が青龍拳士です。
 その身にまとう王者の風は、その歴史の重さと格の違いを思い知らせるに充分でしょう。
↓↓
符術士
 長き忘却期の間、陰陽道として幾世代にもわたって受け継がれてきたのが符術士の力です。偽身符は、ゴースト退治に東奔西走する仲間を学園生活の面から強力にサポートする事でしょう。
水練忍者
 水練忍者は代々伝えられた忍びの技を駆使する忍軍の一派です。
 水遁の術を極めた彼らは水中でも普通に生活する事ができると言います。
↓↓ ↑↑
魔弾術士
 禁忌の魔導書に導かれし魔弾術士は、西洋を発祥とする正統魔法を操ります。
 魔導書と杖、箒を操り、猫の形に姿を変える彼らは、由緒正しき魔法の継承者なのです。
↑↑↑ ↓↓
白燐蟲使い
 白燐蟲使いはその体の中に無数の蟲を飼い慣らし、その力を利用して力を発揮します。
 無数の蟲が体の内側を這い回る感触は、共生の関係にある白燐蟲使いにとっては心地よいものなのです。
↓↓ ↑↑
霊媒士
 死者の魂に触れ異形の者を操る霊媒士は、その性質ゆえに邪悪とされていました。
 霊媒士は、使役ゴーストを操る力に特に秀でています。
↓↓ ↑↑
フリッカースペード
 音楽という芸術を魔術の域にまで高めた存在。それがフリッカーです。
 声を操るフリッカースペードの魂のライブに触れた者は、その心を強く揺さぶられると言います。
↓↓ ↑↑↑
ゾンビハンター
 ゴーストを見つけ出し完殺(ジェノサイド)するべく生み出されたのが、ゾンビハンターです。
 ゾンビハンターには戦士としての誇りはありません。あらゆる方法を用いてゴーストを完殺する。それこそが、彼らの唯一の望みなのです。
↑↑ ↓↓
ヘリオン
 世界の根源をなす聖なる光の波動を、自身の魂を媒介として行使する超能力者がヘリオンです。
 ヘリオンを、「聖なる光の導きに従い、善を為す者」とする伝承もあるようです。
↓↓ ↑↑
月のエアライダー
 重力から解き放たれ、風のように疾走する存在。それがエアライダーです。
 月のエアライダーは、その特性を活かしたアクロバティックな戦いを得意とします。
↑↑ ↓↓
土蜘蛛
 古代から日本に存在し、世界結界の綻びと共に復活した蜘蛛の来訪者、それが土蜘蛛です。
 土蜘蛛は、古来から受け継いできた蜘蛛の力を利用して戦います。
↑↑ ↓↓
鋏角衆
 土蜘蛛の「出来損ない」として生まれたもの、それが鋏角衆です。
 鋏角衆は虫の動きに似た技を操りながら、使役ゴーストと共に戦う事を得意としています。
土蜘蛛の巫女
 来訪者「土蜘蛛」の力を最大限に引き出す事ができる能力者の男女、それが土蜘蛛の巫女です。
 巫女は仲間をサポートする能力に長けており、更には、傷付いた土蜘蛛を癒す力も持っています。
↓↓ ↑↑
牙道忍者
 牙道忍者は代々伝えられた忍びの技を駆使する忍軍の一派です。
 彼らは、己の内に秘めた「獣」の力を、自由自在に引き出して戦います。
↑↑ ↓↓
フリッカークラブ
 音楽という芸術を魔術の域にまで高めた存在。それがフリッカーです。
 弦を操るフリッカークラブが奏でる変幻自在な旋律は、聴衆に激烈な衝撃を与えるといいます。
↑↑ ↓↓
フランケンシュタインの花嫁
 死者に寄り添う事を誓った能力者の男女、それがフランケンシュタインの花嫁です。
 彼らは、自分が使役しているゴーストの能力を高める技術に秀でています。
コミックマスター
「卓越した漫画技術」と「創作への情熱」を力に変えて戦う存在。それがコミックマスターです。
 現代社会が生み出した、新しい形の能力者と言えるでしょう。
↓↓ ↑↑
除霊建築士
 大陸を発祥とする風水士の一派であり、建造物に満ちた不浄な残留思念を祓う者。それが除霊建築士です。
 魔を祓う力を応用することで、様々な大陸発祥の秘術も操ります。
ナイトメア適合者
 自らの夢の中に来訪者「ナイトメア」を捕獲し、支配した存在。それがナイトメア適合者です。
 彼らは、ナイトメアの力を現実世界でも使い、戦うことができます。
クルースニク
 魂の根源に眠る「魔狼」の殺戮衝動を駆使する来訪者、それがクルースニクです。
 悪しきものによる洗脳を解かれた彼らは、誇り高き「人狼騎士」の名にかけて勇敢に戦います。
↑↑ ↓↓
貴種ヴァンパイア
 ヨーロッパの「影の城」の中で、長い時を暮らしていた来訪者。それが貴種ヴァンパイアです。
 彼らは洗練された動作でマントを翻すと、作り出したコウモリで敵を襲い、獲物の血を啜るのです。
↓↓ ↑↑↑
従属種ヴァンパイア
 貴種ヴァンパイアの「吸血儀式」を受けた者は、従属種ヴァンパイアの力に覚醒します。
 肉弾戦と猟奇技を得意とする彼らは、貴種ヴァンパイアの血液で肉体を再生することもできます。
↑↑ ↓↓
黒燐蟲使い
 強い意志と覚悟によって、呪いの力を秘めた黒燐蟲を制御したのが黒燐蟲使いです。
 その体内で飼い馴らされた黒燐蟲の群れは、全ての獲物を跡形も無く喰らい尽くすでしょう。
↑↑↑ ↓↓
雪女
 氷雪を操る術に優れ、どんな極寒の地でも活動できる来訪者の男女。それが雪女です。
 彼らは「封印の眠り」につくことで忘却期を乗り越え、この現代に目覚めたのです。
↓↓ ↑↑↑
ブロッケン
 ブロッケンは、世界を拒絶し歪める「原初の霧」の力を操る超能力者です。
 彼らの生み出す幻影は、力なき者に底知れぬ恐怖を与えます。
シルフィード
 何者にも縛られない「自由な心」を風に変換して操る超能力者がシルフィードです。
 彼らが操る風は、その心のままに様々な現象を引き起こします。
呪言士
 日本古来より存在していた、森羅万象を汚染する呪われた「言葉」の使い手。それが呪言士です。
 呪言は魔法的な加護に反応することで、更なる呪いを引き起こします。
ヤドリギ使い
 自然の友であるヤドリギ使いは、西洋を発祥とする植物魔法を操ります。
 ありとあらゆる植物は、自然を愛する彼らに敬意を表し、その頭を垂れるのです。
↓↓ ↑↑↑
白虎拳士
 白虎拳士は、体内に眠る膨大な「気」の流れを制御し、武術として繰り出す格闘家です。
 彼らの一撃は重く素早く、爆発的な破壊力に満ちています。
↓↓
ファンガス共生者
 菌類の来訪者「ファンガス」と心を共鳴させた存在。それがファンガス共生者です。
 ファンガス共生者は共生関係になったファンガスの力を使い、様々な能力を使いこなします。
↓↓
ゴーストチェイサー
 ゴーストを追い求め、標的を一撃必殺の下に屠る『追跡者』。それがゴーストチェイサーです。
 彼らの標的となったゴーストは、決して生き延びる事はできません。
フリッカーハート
 音楽という芸術を魔術の域にまで高めた存在。それがフリッカーです。
 ダンスをこよなく愛し、踊るフリッカーハートの姿は、聴衆に多大な影響力を持つといいます。
科学人間
 DNA情報の人為的改造によって覚醒した「人造能力者」。それが科学人間です。
 生体電流を高速演算頭脳により制御し、科学で解明できない存在と戦いを繰り広げます。
↓↓ ↑↑↑
妖狐
 妖(あやかし)の力を振るう狐の来訪者。それが妖狐です。
 彼らは、狐の耳と尻尾によって、奇怪な妖術現象の数々を操ります。
↓↓ ↑↑
サンダーバード
 かつて人類に「雷文明」をもたらした超能力者、それがサンダーバードです。
 サンダーバードはその身を電気に変え、高度に文明化された世界を駆け巡ります。
↑↑ ↓↓
太陽のエアライダー
 重力から解き放たれ、風のように疾走する存在。それがエアライダーです。
 太陽のエアライダーは、その特性を生かしたダイナミックな戦い方を得意としています。
↑↑ ↓↓
巡礼士
 「世界結界」を構築した能力者達の決意と力を受け継ぐ『守護者』、それが巡礼士です。
 彼らは幻影の兵士を率い、磨き上げられた集団戦術で、ゴーストを討ち滅ぼすのです。
↓↓ ↑↑
処刑人
 歴史の闇に潜む「悪」を断罪する者、それが処刑人です。
 激しい気魄と共に放つ処刑技の数々は、罪人に不可避の死をもたらします。
書道使い
 「文字」に秘められた霊的な力を引き出す日本古来の術士。それが書道使いです。
 書道使いが文字を書く時、その力は人々に仇為す邪悪を撃ち滅ぼすのです。
↑↑↑ ↓↓
ルナエンプレス
 月より来たりし来訪者の男女。それがルナエンプレスです。
 ルナエンプレスは膨大な魔力を秘めた月光を操り、様々な魔法現象を引き起こします。
↑↑
カースブレイド
 呪われし剣の所持者(キャリア)、それがカースブレイドです。
 生物の本能すらも失い彷徨うカースブレイドは、尋常ならざる破壊能力を誇ります。
フリッカーダイヤ
 音楽という芸術を魔術の域にまで高めた存在。それがフリッカーです。
 フリッカーダイヤは音を制御し、フリッカーの秘密を守ってきました。
↓↓
ストームブリンガー
 降り注ぐシルバーレインをその身に受け、戦い続ける「嵐をもたらす者」。それがストームブリンガーです。
 嵐に由来する現象を操り、雨を浴びてその身を癒す彼らは、シルバーレインの申し子です。
↓↓