<津ヶ森小中学校>誰も見てはならぬ


 全国の学校に伝わる『学校の七不思議』。
 津ヶ森小中学校にも、勿論の事ながら『七不思議』は存在していたという。
 だが、『七不思議』と言われながら、それらの怪談が語られる時には『六つ目』までで止めておくのが、一種の約束事となっていた。

 七不思議の『七つ目』を知ってはいけない。知ってしまった者には、不幸が訪れる……。

 それが、津ヶ森の七不思議に必ずつきまとう噂だったのだ。
 もちろん噂好きな生徒達にとって、『七つ目』が何なのかは話の種となっていた。
 怪談話が好きな生徒の中には自ら七つ目の不思議を創作する者もおり、そのせいもあって七不思議を十個以上も知っている生徒すらいたという。

 だが、ある夏。七不思議を取材していた一人の新聞部員が謎の失踪を遂げてしまう。
 生徒達は、新聞部員が本物の『七つ目の不思議』に辿り着いたのだと噂しあった。
 しかし、学校側は事件を契機に、生徒達が七不思議について語る事を禁止してしまう。
 まるで、何かを恐れるかのように……。
 新聞部員の行方も、七つ目の不思議が何であるかも、全ての真相は、津ヶ森小中学校を囲む森の闇の中に消えてしまったのだ。

 そして時を経た現在、能力者達は校舎を取り巻く強烈な思念を感じ取る。
 知ることすら禁じられた津ヶ森の七不思議は、今なおこの校舎に息づいているのだろうか?
 全てを確かめるべく、能力者達は校舎へと足を踏み入れていく――。
シナリオタイプ:サブシナリオ
公開日:2007年07月12日
総制覇数:48472



 あなたのキャラクターで探索を行う場合は、
 ログインしてください。

⇒⇒⇒各種設定

⇒⇒⇒探索報告を見る

⇒⇒⇒最短制覇100傑

体験版に挑戦!