<新戎地下街>禁断の核シェルター


 新戎地下街を探索していた能力者達によって発見された、一つの書類。
 『地底都市型核シェルター計画』と題されたそれは、新戎地下街の真実を示すものであった。

 その書類によれば、ある大富豪が建築した「地底都市型核シェルター」こそが、この新戎地下街の真の中核であるという。
 彼は来たるべき第3次世界大戦に備え、数百人規模の大シェルターを作り上げ、その上にカムフラージュのために通常の地下街を作ったのである。

 さらに驚くべきことには、核シェルターでの生活実験のため、何百人のもの人間が、地下街下層に設けられた実験用シェルター区画へと、極秘裏に送り込まれたのだという。
 実際のシェルター生活との再現性を確保するため、この実験には金に物を言わせて多種多様な人間が集められる。そうした中には、誘拐同然の方法で連れて来られた人々までがいた。

 それは、表沙汰になれば到底許されない、非人道的な実験……。
 だが、その実験は、思わぬ形で頓挫した。
 実験の最中、計画を主導していた大富豪が突然に亡くなったのだ。
 大富豪の後継者は実験が表沙汰になることを恐れ、核シェルター計画の存在を、秘密のままに大阪の地下に葬り去ることを決定する。
 そう、実験のため、シェルターの内部に閉じ込められていた人々と共に……。

 忘れ去られた実験区画。
 開かれた入り口の奥からは、数十年の歳月の間に澱み切った『死』の気配が色濃く漂う。
 果たしてその奥で、能力者達は何を目にするのだろうか?
シナリオタイプ:サブシナリオ
公開日:2008年10月22日
総制覇数:19203



 あなたのキャラクターで探索を行う場合は、
 ログインしてください。

⇒⇒⇒各種設定

⇒⇒⇒探索報告を見る

⇒⇒⇒最短制覇100傑

体験版に挑戦!