<大周防炭鉱>賽の目仁義


 大周防炭鉱が活況だった頃、鉱山労働者達の間では賭博が頻繁に行われていた。
 娯楽も無い山間の鉱山で、賭博は数少ないストレス解消手段でもあったのだろう。
 「飲む、打つ、買うは男の甲斐性」と言われた時代でもあった。
 男達は寝泊りする飯場の片隅で賭場を開き、酒代を賭けて賭博に興じたのだ。

 その賭場に、ふらりと現れた一人の天才賭博師がいた。
 恐るべき直感と博打の才能、比類なき強運により、彼は次々と勝利を収めていく。
 数多くの勝利と多額の金を得た彼は、ニヒルな笑みと共に賭場を去ろうとした。
 ……………………。

 次の瞬間、室内に鈍い音が響いた!
 飯場の男達が、賭博師を殴り倒したのだ。
 賭博に負けた者達が、映画や小説のように潔く負けを認めることなど、ある筈がない。
 そのまま賭博師は坑道の奥に連れ去られ、無残に撲殺されてしまった。
 賭博師の死体は、殺害に加担し賭博師の金を巻き上げた6人の男達によって6つの肉片に分けられ、坑道の奥底に打ち捨てられたという。

 そして現代。事件の現場となった坑道は、ゴーストの巣窟へと変貌した。
 坑道にひしめくゴースト達を討つべく、能力者達は暗闇の中へと歩を進めるのだった。
シナリオタイプ:サブシナリオ
公開日:2009年01月08日
総制覇数:57825



 あなたのキャラクターで探索を行う場合は、
 ログインしてください。

⇒⇒⇒各種設定

⇒⇒⇒探索報告を見る

⇒⇒⇒最短制覇100傑

体験版に挑戦!