<旧宙見村集落>故郷に錦を飾る


 かつての宙見村集落に、一人の少年が暮らしていた。
 都会で生まれた彼は、早くに両親を自動車事故で亡くし、祖父母の暮らす、この宙見村集落に引越して来たのである。
 両親の死によって傷ついた心も、祖父母と宙見村集落の人々から受ける温かな思いやりによって、次第に癒されていく。そうした中で、彼の心には宙見村の人々への感謝の念が育っていった。

 やがて時を経て、大人になったかつての少年は、村を離れ、都会で職に就く。
 宙見村集落の人々から学んだ献身の精神は、彼に産業廃棄物の処理という、誰もが嫌がる職に就くことを選ばせる。
 だが、その仕事の中でも、彼は村で培われた思いやりの心を失う事はなかった。
 いつか、宙見村の人々に恩返しをしたい。
 熱意に燃える彼は、たちまちのうちに頭角を現していく。そして40代に差し掛かる頃には、廃棄物処理の業界においては、右に出る者がいないと言われる程の存在となっていた。

 今こそ、宙見村の人々に恩返しをする時だ。
 彼は宙見村に戻り、村の人々に廃棄物処理場の誘致計画について説いて回った。
 既に、宙見村集落は過疎に陥っている。
 そうした状況の村に住み続けるよりも、土地を高く売却した金で都会に出る方が、村の皆の幸せに繋がる……彼は、そう固く信じていたのだ。
 既に祖父母は亡くなっていたが、かつての自分の家に腰を据え、彼は村民達の説得にあたる。
 住民達の反応も悪くなく、彼の村への恩返しは上手くいくかに思われた。

 だが、彼は忘れていたのだ。
 宙見村集落に伝わる、『ワタリ様』信仰の存在を……!!
シナリオタイプ:サブシナリオ
公開日:2009年09月02日
総制覇数:25446



 あなたのキャラクターで探索を行う場合は、
 ログインしてください。

⇒⇒⇒各種設定

⇒⇒⇒探索報告を見る

⇒⇒⇒最短制覇100傑

体験版に挑戦!