YAMIDEITEI

基本画面 リプレイを見る

公開中のシナリオ・グリモアガード本部

公開中のシナリオはありません。

自己紹介(2006/05/03更新)
●YAMIDEITEIの色々

1、名前

YAMIDEITEI(やみでいてい)です。
お気軽にヤミーとでも何とでもどうぞ。
良くお手紙でそう呼んでいいか聞かれるので(笑)

2、返却

目標は常に三日以内。
遅くても十日以内を目安に出来るだけ頑張ります。
が、人間ですので書けない時は書けないですし、スケジュール、内容、メンタル面、好調不調、のっぴきならない事情、エトセトラによって速度のばらつき、返却順等がずれる事も有り得ます。
その辺は予めご了承の上、宜しくお願いいたします。

3、クエスト

基本的に余り開かないと思います。
リク見て受ける気になれば受けます。
あくまで気分的なモノですが「自分を狙ってくれてる」みたいなリクは受けてあげたい気持ちになるようです。

※戦闘は食指が動いたら。
リベンジは可能なら受けますが「難しい」は絶望的。
ラブコメは基本的に受け易い予感。

4、ピンナップ関連

素直に有難う御座います。
御連絡頂ければNPC感情弄りますですよ。

5、DG等

何時も連れてってくれる方はありがとですよ。
必要なら感情何とかしますので、御一報を。

6、NPCの旅団入団

入団可能NPCに縁のある人物からのお誘いなら受ける事も。
他NPCが居ない事、活動がそれなりに活発な事、旅団内容が外からある程度見える事等が主な条件です。

7、お手紙について

頂ければ感謝感激です。
養分として送っておくと生産シナリオ数が増えそうです(笑)


もうすぐ実働一年。
MS二年生となったYAMIDEITEIの活動にご期待を!

……されても、特に変わりませんが!

⇒⇒⇒むげふぁんの思い出
合計ポイント 7742ポイント(納品数:285)
冒険活劇 09% 戦闘 29% ミステリ 04% 恋愛 03%
ダーク 09% ほのぼの 12% コメディ 26% えっち 05%
【マスター登録日   2005/03/29】
クエストシナリオ発注可能

雑記(2010/02/15更新)
●近況・雑記

 本日の一言(2/15)

 試験その後。

 清純派のYAMIDEITEIは清く正しく受かりました。
 え? 借りてきた猫だったって?
 ……俺達の戦いはこれからだ!
 YAMIDEITEIの次回作にご期待下さい!

 
 歌ってみた:じゃすびーふれん


●ヤミー用語

 御質問が多い単語をピックアップして説明してみます。
 わかんない事があったらお便り下さいね★

 ヤオ:八百長の事。プロレスにおけるガチの逆。
    ヤミーは、失敗を狙わない限り失敗しないであろうシナリオについてこの名称を使用する。
    用法:ヤオグドン、ヤオ盗賊等。

 月ボス:一ヶ月〜二ヶ月に一度、月末に出現するモンスター依頼。
     その難易度は、固定で『難しい』である。
     ギミッククリア、高スペック、気合と根性を要するシナリオ。
     平均相談が二桁いってる参加者は常頑張っていると思う。

 EX:多くは普通以上の難易度のモンスターに用意される攻撃方法。
   使用回数一回限度の大技。その効能は様々だが、撃たせると重傷敗北率が大幅アップ。
   言うなれば、モンスターからすれば、信頼度のそこそこ高い特殊リーチのようなもの。
   月ボスに撃たれると十回に八、九回は負けそうです。

 ヤミークオリティ:名詞。残酷ヤミーのEX。
          ……と、言うのは置いといて。ヤミー的判定結果の事を指す。
          或いは、ヤミー的発想展開の事も指す。大抵の場合尖がってる。
          つーか、リテイク四天王らしいですよ?


●インタビューヤミー

「つー訳で、この新コーナーは、突撃リポーターみんなの美少女フィオナたんが、残酷ヤミー……もとい、YAMIDEITEIに色々聞いたり突っ込んだりするコーナーでっす、どんどんぱふぱふ♪」

(フィオナ、くるくる回る)

「……えーと、前置きは投げスピアして早速被疑者に特攻してみましょー!」

・第六回「判定」

「で、どういう意図ですか」
「勝手に喋ろうと思って」
「……ま、タイムリーっちゃタイムリーっすね」
「うん。まぁ、色々言いたくて」
「気持ちは分かるです。……で?」
「判定ってのはゲームの結果。出題された『問題』に対する解答に対しての結果。割とフレキシブルに扱われるモンなんだけど」
「……まぁ、そーすね」
「成功判定は言う事無いね。成功だから成功。どうして成功なのかはリプレイを読めば分かるしプレイヤーは『基本的には』これをきちんと目指しているのだから大団円」
「……例外あるんスか?」
「聞くなよ。ンなもん。言葉のあやだ、あや」
「まぁ、そんで?」
「失敗判定って結果もあるじゃないか。これは前述した成功判定とは逆なのだから当然(目標、想定という意味については)お客様の意には反する」
「良く出すじゃねーですか」
「個人的には少ない。十分自重してる。まぁ、その辺の感覚は個人次第だから多いと思う人もまだ温いと思う人も居るかも知れない。それはそれとして、何故失敗判定を出すか。これは要するに程度の問題と天秤の問題なんだ」
「んー?」
「感覚的にはガチでシヴィライゼーションをやると楽しくね? みたいな。或いはスパロボの中にいきなりファイヤーエンブレム」
「うわぁ」
「勿論、俺が触れる範囲とルールに許された範囲でだけどね。それに個人的にはゲーム性を見出してる訳。そんでもってそれがお客様にある程度望まれていると見込んでやる訳よ」
「し、失敗判定で喜ばれると?」
「そういう人って結構いね? 勿論判定妥当ならだけど」
「う、うーん……芸風?
 地獄ラーメンとか激辛カレーフリークみたいなもんすかね」
「そんなトコ。但しリプレイ描写は糖分大目」
「まぁ、良いリプレイは、参加者とMSの共同作業っすから。
 これ前も言った気がするですけど。……で」
「あん?」
「重傷とか死亡判定は?」
「死亡について少なくとも俺は賞賛以外で使った事は無い。
 俺のマスタリングの基準としては死亡は『死しても仕方ない劣悪なプレイング』、或いは『死亡判定として扱える優れたプレイング』の二点についてしか適用されないからだ」
「白紙とか薄プレは?」
「『至極どーでもいいプレイング』なのでどっちにも適用されない」
「……優秀だと死亡させられるですか?」
「ああ。『死亡する代わりに失敗を成功に、或いは不可能を可能に、絶望に希望を齎せる』からな。一人で盤面ひっくり返し得るプレイングや(リプレイ内の)奮闘を優秀と呼ばずして何と言う。ついでにそこに到るプロセスには『絶対的覚悟』が不可欠だ」
「覚悟っすか」
「誤解を招く言い方みたいでアレだが、極論を言えば死にたくない人は死なない。死にかけない局面になりゃ素直に失敗する。最終的には覚悟の有無が大きな差になるのよ。実際」
「うーむ」
「結構痛いよ。死んじゃった人のプロフとか見るじゃん」
「ええ」
「笑ってるアイコンとか見るじゃん。
 所属旅団で喋ってた姿とか見るじゃん。悲しいのよ、ホント。
 殺してるって事は評価してるって事だから。また書きたいって思ってるって事だから。顔馴染みっていうか何度も書いた奴が死ぬ事だって少なくない」
「……むう。えーと前者は?」
「意味ない自殺とか。関わった事ないけど」
「まぁ、その点は幸運すね。最後です。重傷については?」
「フレーバー」※
「て、テメーは……」

※ちゃんと判定はしてますよ。
でもTRPGルール完全準拠でなくPBW的味付けも多々あります。

●依頼雑記

4/29

シナリオ「放蕩奇術師スケアクロウ」審査中。

ラスボス。多分。
予定は未定なので真・ラスボスとか出るかも知れませんが、それはそれとして多分ラスボスです。
人数も十人となっておりますので一つよしなに。

5/14

リプレイ「放蕩奇術師スケアクロウ」アップ。

ご祝儀的に痛し痒し。
プレイングを忠実にリプレイにすればこうなるかなと。

6/16

リプレイ「【グリス・サフィーロ】3、4、5」審査中。

一日遅れました。すんません。
久々に6000字フルでした。ああ、グリス・サフィーロ(元)もそうでしたけど。字数が多いのはプレイングが良いからですね。
当然ながら良プレを貰えばテンションもあがるというものです。
いつもこうだと幸せだなア。

6/22

リプレイ「地獄列強追撃戦:Percent Zero」アップ。

当然ですが高く評価しての判定です。
プレイング全員良かったです。お疲れ様でした。

7/15

シナリオ「星空より来たる:蒼穹のメテオスラーク」アップ。

気をつけて下さい。
最も死が近いシナリオです。
気をつけて下さい。
命を惜しむ気持ちがあるならばプレイングではそれを忘れずに。
『屠殺領域』と同じです。最善を尽くしても危険。
くれぐれもそれを忘れずに。

7/28

リプレイ「星空より来たる:蒼穹のメテオスラーク」アップ。

号泣確定。
死亡以外のフラグも立てて死ぬのは酷い男だよ、スレッガーさん。

今までがそうでなかったという事は全くありませんが。
彼は私が二十回余も描き、無限で最も愛したPCの一人です。
相応しい最期と思ってくれたならばこれに勝る喜びはありません。


●重要な(?)御報告

 十月二十六日付で、TW2シルバーレインにMS登録されました。
 但し、コレはTW1無限のファンタジアのMS業を引退・移動するという訳ではなく、兼任MSとしての登録になる為、TW1無限のファンタジアのお客様も御心配(?)無用です。
 両立していく所存ですので、双方で御引き立ての程、宜しくお願い申し上げます。

●判定・プレイングについて

改めてになりますが、書いておきます。
YAMIDEITEIの判定は基本的にシビアです。低難易度(普通、やや易)でも失敗をする時はしますし、高難易度(やや難、難しい)では、的確な作戦と沿ったプレイングを求める傾向にあります。
以下に、判定上の諸注意等を書いておきますので御参考までに。


・全角文字のススメ

特に「」、。の半角は、非推奨で。

・事前に補助アビリティ使用

採用するかどうかはケースバイケース。
状況鑑みてサービスする時はしますが、期待はしませんよう。
サービスがある相手は大抵地獄モードなので、アレですが。

・持っていないアイテムは使えません

特に今後は徹底したいと思います。
普通の冒険者が持っているモノ、利用についてウェイトの低いモノに関しては其の限りではありませんが。

・装備していないアビリティは使えません

当たり前ですが、一応。

・撤退条件の設定

純戦依頼においては必須かと。
純戦における判定では、必ずしも成功は約束されません。
心構えの意味でも、緊張感を持つのは必要かと思います。

・一言以上、言いたい台詞を入れておくと採用され易い

せめて一言だけでも、入れた方がいいです。
色々な意味で活躍度上がると思います。
又、その台詞から口調等を察し易いのでキャラ把握も向上すると思います。

・ちょっとバタくさい演出もオススメ

趣味になりますが。
ある程度派手というか、濃いというか。見栄えする演出も場合によってはキャラを際立たせるテクニックかと思います。
YAMIDEITEIはコレの採用率も何気に高いので適度にやると宜しいかと思います。
無論、そればかりでは困りますが(笑)

・ヒトノソリンは「なぁん」つきます。

基本的には。
特に本人が意識して頑張れば気をつける事は出来るので、場合によっては若干考慮しますが。原則的にはつけます。

・難易度

易しい:失敗はせんです。
やや易:致命的な地雷踏むと失敗します。
普通:プレイングが駄目だと失敗します。
やや難:平均点以上のプレイングに及ばないと失敗します。
難しい:一定以上のプレイングが揃わないと成功が覚束ない感じです。


気付いたら足しますが、取り敢えずはこの位。
一応、当方の依頼に参加する際、心に置き留めて頂ければ幸いかと思います。


●判定行程

 ついでに採点方式もちょっとだけ。
 これはMS毎に違うので、あくまでヤミー式ですが。
 以下行程。

 1、レベル・ステチェック(プレ評価点の最高到達点決定)

 1〜5。十分で5、後は不足次第で減点式。
 弱すぎたらプレイング到達最高点に、マイナスが付きます。
 都度に設定された適正レベルに足りない分、負荷がかかります。(プレ通りに動けるかどうか、という意味で。極論で言うと、レベル1のヒトが「前衛で敵を食い止める」が出来ないのと同じですね)

 2、プレイング個別評価

 各々のプレイングを1で決められた最高到達点を基準に評価します。(1で最高4と決められた場合、ここで80点を取れば、個人プレイング評価点3・2と評価されます)

 3、プレイング作戦・連携評価

 2の個別プレイングに連携と作戦点を加算します。
 最大は一点程度です。これを加算した時点で個人採点完了です。この点数は個人の活躍度、死傷率に影響します。
(突出した人物が居ればですが)リプレイで特に活躍しているPCのプレイングは、概ね「ここで比較的評価を得ている」という事になります。

 4、チームプレイング評価

 2+3を人数で割ります。
 この点数が依頼の達成率に影響します。
 思い切り連帯責任になりますから、私の判定の場合、「一人位適当でも平気だろ」はあんまりお勧め出来ないですね。

 5、判定

 上記を鑑みた上で、ダイスロール等の判定を行います。
 非常に優れたプレイングは(青天井に)判定にプラスを置く場合があり、逆もまた然りです。尚、ヤミーはあんまり「都合的・温情的振り直し」を行いませんので、プラスに働く場合も逆も大いにあります。

NPC(マスターの使用するキャラクター)
顔アイコン ピーカン霊査士・フィオナ(a90255)
……ばか。
童顔でグラマー、ネアカでコケティッシュな小娘。千一夜風の衣装に身を包んでいる。丁寧なようで乱暴な、気遣っているようで無神経な台詞を吐く困ったちゃん。底抜けに明るい・軽い調子に紛れて分かり難いが、基本的には無駄に聡明で露悪・冷笑主義だったりもする。時折、脆さも覗かせるが……同じく生来の調子に紛れて分かり難い。理知的な異性は割と好き。でもノーガードなようでいて、その癖ガードはキッチリ。
顔アイコン 舞朱色・ベージュ(a90263)
好きでしたよ、この世界
父の影響で、女だてらに剣を振る。鮮やかな赤毛が印象的なクールビューティー。性格は素っ気無く、合理主義で怜悧、冷静沈着で取り乱す事は無い。ともすれば周囲に冷たい印象を与えるが、それは本人の地でそこには他意は無い。最近、実は天然ではないかという疑惑が。ファンシーとか、小動物とか、可愛いものが大好き。美少女は、とてつもなく大好物。年上の男性が好きらしいが、難攻不落。ヒエラルキーの頂点に位置する。肉食。
顔アイコン ヒトの霊査士・ファイナ(a90305)
姉の事は、言わないでくれませんこと?
銀髪ロング。勝気な表情が印象的な少女。千一夜風の衣装(占い師風ルック)に身を包んでいる。至極分かり易くツンとしてデレ。分かり難い所は一片もなく、裏表の発言を繰り返す。ヒトの霊査士・フィオナ(a90255)は、腹違いの姉。彼女は、フィオナに多大なコンプレックスを抱いている。正妻の娘に当たる彼女は、役人の家・アルパレスト家の跡取りであったのだが……