旧ソルレオン王国平定:牙の拳



<オープニング>


●旧ソルレオン王国平定
 陽光の砦リドマーシュが、同盟諸国の国境を守るために『正義の防壁マルティアス』を奪還し、西方プーカ街道機動警衛隊は、西方プーカ街道の安全のために『悪』の旗の軍団を打倒して『光輝の武都ディグガード』を解放した。
 冒険者達の尽力により、旧ソルレオン王国との国境付近のモンスターは討伐され、西方プーカ街道が通じ、『樹上都市レルヴァ』をトロウルの手から取り戻す事ができた。
 こうして、同盟の人々を脅かしていた脅威は取り除かれたのである。

 しかし、旧ソルレオン王国には未だ沢山の人々が暮らしている。
 ソルレオンが壊滅したため、守ってくれる冒険者も無く、彼らはモンスターに怯えながら暮らしているのだ。
 彼らを救うには、一刻も早く旧ソルレオン王国を同盟に受け入れ、モンスターを倒すしかない。
 また、トロウルとの戦いが迫る今、樹上都市レルヴァと同盟諸国の間にある空白地帯――旧ソルレオン王国を確保する事は、同盟にとって急務なのだった。

※※※

「みんなも、レルヴァ再奪還戦の成功は聞いているわね。でも、強敵であるトロウル達と戦うには、まだ解決しなければならない事があるわ」
 ヒトの霊査士・リゼルは冒険者達を見渡し、今回の依頼についてそう切り出した。
「それは、滅ぼされたソルレオン王国のモンスターを退治して、安全に活動できる場所とする事よ」 と。

 旧ソルレオン王国は同盟領ではない。
 しかし、ソルレオンの冒険者は光輝の武都ディグガードが陥落した時に全滅している。
 つまり、旧ソルレオン王国には、その土地を守るべき冒険者が存在しないのだ。
「トロウル達に彼らを守る気は無いでしょうから、私達が彼らを守ってあげないと……」
 ソルレオン王国は、レルヴァ大遠征の敗北から多くの被害がでているが、元々、とても豊かな土地であったので、今、モンスターの被害さえ抑える事ができれば、復興までの道筋をつける事は難しくないだろう。
 しかし、この状態で冬を迎えてしまえば、状況はかなり悪化するかもしれない。

「という訳で、早急にモンスターの討伐を行うのが良いという事になったわ。モンスターがいる場所やその特性については、担当の霊査士が説明するから、よく聞いてちょうだいね」
 そして、リゼルは眼鏡をキランと輝かせて、最後にこう付け足したのだった。
「旧ソルレオン王国のグリモアは、今、主はいないのよね。住民の人々の理解を得られれば、この地域のグリモアを獲得できるのじゃないかしら」

●牙の拳
「皆さんには、旧ソルレオン王国内の街道に出現するモンスターを退治していただきます」
 真実求む霊査士・ゼロ(a90250)の真剣な表情に冒険者たちも耳を傾ける。同盟の今後に関わってくる依頼であることが、いつも以上に気を引き締めさせているのかもしれない。
「その魔物は全身が白く、まるで生気が感じられない人形のように一色で塗られたような姿をしています。顔には眼も口も無く、何処を見ているのか、何を考えているのかを察することはできません。……ただ、その両の拳から鋭い牙のようなものが生えていて……そこだけが血に染まって白では無い色をしています」
 拳を突き出すと牙が刺さるような形になるのだと、しゅっと拳を突き出す身振りを交えて説明するゼロ。
「見事な体捌きに格闘術……接近戦では無類の強さを誇るでしょう。ただ弱点は遠距離に対する攻撃方法が無いことです。何とか距離を空けて戦えば、被害を抑えることはできるかもしれません」
 それでも間合いを詰めようと近づいてくるかもしれない、油断は禁物だとゼロは言う。
「お気をつけて……よろしくお願いします」
 ゼロはそう言って、冒険者たちに一礼を送るのだった。

!注意!
 このシナリオは同盟諸国の命運を掛けた重要なシナリオ(全体シナリオ)となっています。全体シナリオは、通常の依頼よりも危険度が高く、その結果は全体の状況に大きな影響を与えます。
 全体シナリオでは『グリモアエフェクト』と言う特別なグリモアの加護を得る事ができます。このグリモアエフェクトを得たキャラクターは、シナリオ中に1回だけ非常に強力な力(攻撃或いは行動)を発揮する事ができます。

 グリモアエフェクトは参加者全員が『グリモアエフェクトに相応しい行為』を行う事で発揮しやすくなります。
 この『グリモアエフェクトに相応しい行為』はシナリオ毎に変化します。
 真実求む霊査士・ゼロ(a90250)の『グリモアエフェクトに相応しい行為』は『不殺(korosazu)』となります。
 グリモアエフェクトの詳しい内容は『図書館』をご確認ください。

マスターからのコメントを見る

参加者
蠱惑の妖狐・ライカ(a00857)
生屍・レイオット(a19271)
紅黒揚羽・ミン(a20429)
黒焔の執行者・レグルス(a20725)
焔纏う一陣の風・ディーン(a32427)
荒波を穿つ海賊娘・ランディ(a36144)
白翼に抱き守るは深紅の猟姫・ボナ(a39195)
謳う癒しの調べは荘園の宴・ハーティア(a44260)


<リプレイ>

●牙と格闘
 しゃっ!
 投げ放たれた不幸のカードが戦いの火蓋を斬って落とす。蠱惑の妖狐・ライカ(a00857)が放ったバッドラックシュートをヒラリとかわし、そのまま冒険者たちの元へモンスターはダッシュしてきた。
 ぐっと肘を曲げて構えられた拳には血に汚れた牙が並んでおり、その体は目が覚めるような白で塗られていた。目も口も無い顔からは表情も気迫も読めないが、素早い動きに白翼に抱く幸せと赤き風刃・ボナ(a39195)が立ち向かう。
「なかなか手強そうだね……」
 呟き、ボナはサーベルを握り締める。間合いに入る直前で、牙の拳士は地を蹴って一気に飛び込んできた!
 がっ!
 拳士は間合いを一気に詰めてボナのサーベルの脇へと滑り込み、同時に顔面へと拳を叩きこむ。牙が突き刺さりボナの頬から血が噴き出した。
「こんな悪夢から早く解き放ってやりたいな……」
 拳士のボナへの追撃は焔を纏う一陣の風・ディーン(a32427)の矢が阻む。キルドレッドブルーの力が込められた矢を横に跳んで回避する拳士だが、そこに荒波を穿つ海賊娘・ランディ(a36144)が構えていた。
「悪く思うなよ」
 振り下ろされる一撃を拳士はがっ、と拳の牙で軽く払う。軌道を逸らされてランディは大地をドンッと叩いた。続いて紅黒揚羽・ミン(a20429)がデンジャラススイングを仕掛けるべく掴みかかるが、拳士は身を沈めてミンの手をかわす。ちっ、と僅かに拳士の肩を掠めてミンは空を握り締めた。
「また面倒で面妖なモンだな……」
 言いながらも黒焔の執行者・レグルス(a20725)は鎧聖降臨をミンへと施し、仲間と自分、そして拳士との距離に注意していた。霊査士によれば相手は遠距離攻撃を持っていないらしいので、回復を担う言葉無き癒しは静寂なる理・ハーティア(a44260)や自分が攻撃されないようにと気をつけているのだ。
 そのハーティアはライカへと鎧聖降臨を発動させ、それを見た生屍・レイオット(a19271)は高らかな凱歌でボナの傷を回復させていった。
「まだ始まったばかり……か」
 異形となったモンスターも元は冒険者だった……その事実を今は胸に押さえ込み、レイオットは拳士を睨み付ける。

 ミンの前で身を沈めた拳士がきゅっ、と拳を握る。曲げられた膝が力を伝え、体ごと伸び上がるように一撃を突き出した!
「マズいっ!」
 咄嗟に盾を回すミンだが間に合わない! 盾は拳の軌道に割り込みかけるが弾かれて、腕と一緒に跳ね上がる。
 ずんっ!
 拳がミンの胸へとめり込み、貫くような痛みと衝撃が突き抜けた。カハッと口から小さく血飛沫が舞う。
「……いかせないよ」
 それでもミンは手を伸ばす。掴もうとするその手から拳士は後ろに跳んで逃れ、そこにボナが詰め寄ってゆく。急いでそのボナに後ろから鎧聖降臨を発動させるのはディーンだ。
 ミンにはハーティアが即座に癒しの聖女を飛ばしていた。光り輝く聖女のキスが、ミンのダメージを癒してゆく。
 残像を描くボナのミラージュアタックが、拳士の腕を浅くではあるが薙いでいた。一撃を受けて拳士は半歩だけ下がって体勢を立て直し、続くランディの攻撃を身を捻って回避する。
「猛き邪竜よ、捧げし我が身と引き換えに一時の力を」
 レグルスの体に黒炎覚醒の炎が纏わりつき、邪竜の力が高まってゆく。ライカもボナとランディが攻撃を仕掛けている間に、イリュージョンステップの構えを取っていた。
「お帰りはあちら……ってなっ!」
 レイオットが両手杖を向け、爆発的な風を解き放つ! 緑の突風に押されるように、拳士はざざっと後退った。

「もう一度いきますわ!」
 ライカがその手にカードを生み出し、バッドラックシュートを投げ放つ。拳士は一足跳びでカードをかわして再び間合いを詰めに駆け出そうとした。
 ごっ
 その進行を黒き炎が阻害する。レグルスが僅かにタイミングをずらしてブラックフレイムを撃ち出していたのだ。流石にこれはかわし切れず、拳士の肩を炎が包む。
「これ以上はやらせないのだ!」
 足の止まった拳士にボナが飛び込む! 二刀流サーベル『朱雀の双翼』を翻し、ミラージュアタックを叩きこんだ!
 残像が駆け抜けるように拳士の脇腹を薙いでゆく……が、ボナの右胸にも拳が突き刺さっていた。攻撃を受けながらも拳士は牙の拳を突き出していたのだ。じわり、と白い羽毛が血で染まる。
「やるのだ!」
 しかしボナは叫び、その場に身を伏せた。駆け込んできたランディとミンが、代わって拳士へと跳び込んだ!
「そら、吹っ飛ばせ!」
 ランディの一撃が拳士の胸元を僅かにかすめ、ジャッと音が響いた。キルドレッドブルーの力までは伝わっていないが、連続攻撃を受けて拳士の体勢が少しだけ崩れた。
「行かせないよっ!」
 その隙を掴もうとミンの腕が伸びる。ガガッと腕と腕とがぶつかり引かれ突き出され、ミンは掴もうと、拳士は掴まれまいと腕が幾度か交差する。
 ミンが拳士の片腕を掴むが、逆の手は拳士に掴まれる。ミンはぐっと歯を食いしばり、力比べに入るかと思われた……その時!
「大人しくしてろっ!」
 ディーンから放たれたホーミングアローが、ミンを掴んでいた拳士の腕に突き刺さった! 力が緩んでミンは振り解き、逆にしっかりと掴む事に成功する。
「はぁぁっ!」
 豪快にデンジャラススイングが拳士を投げ飛ばし、後方へと吹き飛ばした。その間にハーティアは癒しの聖女を発動させ、伏せた体勢から起き上がるボナへと治療を施してゆく。止め処なく流れ出していた血が止まり、傷口が塞がってボナも小さく頷いた。

「もう一丁!」
 レイオットが続けて緑の突風を放つが、これを斜め前に跳んでかわし、そのまま体勢を立て直しながら拳士は再び向かってくる。狙いはライカ!
「あら、お相手をご希望ですの?」
 たん……と軽いリズムで二刀流サーベル『夜殿神楽』を構えるライカ。間合いに侵入してくる拳士に牽制の一刀を繰り出し、突き出してくる拳の動きを制限する。
 ちっ!
 ライカの頬を拳の牙が掠め、つ……と血が流れ出した。お返しとばかりにライカは素早く残像を生み出し、至近距離からミラージュアタックを仕掛ける!
 しかし拳士は防御困難のその攻撃を牙で受け流し、そのまま小さくバックステップして何とか逃れていた。ディーンがキルドレッドブルーの力を込めて矢を放つが、これも横に大きく跳んで避けられてしまう。
 これで拳士は冒険者たちの横手に回り込み、更に進めば後衛にも手が届くような位置になった。そうはさせじとボナとミンが拳士の前へと急ぐ。
「舐めてもらっちゃ困んなっ!」
 だが拳士がその牙を向けるよりも速く、レイオットの緑の突風が押し返した。空いたスペースにボナとミンが滑り込んで冒険者たちは素早く隊列を整えた。
「こいつで波に呑み込まれちまえ!」
 ランディが巨大剣『鋼鉄の錨』に闘気を込めてゆく。突風に吹き飛ばされて着地した瞬間の拳士に向かい、思い切り烈風を叩きつけた!
 拳士は腕を交差させて防御の姿勢を取り、怒涛の如きレイジングサイクロンに耐えている。反動でランディは麻痺するが、冒険者たちの攻撃は止まらない。それは永遠に尽きぬ大海の波の如く。
「その灼熱の流れを我が手に、姿現せ異形なる獣よ!」
 レグルスから生まれたスキュラフレイムが顎を開いて拳士に襲い掛かる。思い切り拳を振り下ろしてそれを振り払い、拳士はダッシュで再び向かってきた。ぶすぶすとスキュラフレイムを叩いた腕からは薄く煙が上がっていたが、白き拳士は自分には拳しか無いことを自覚しているのか、ただ猛然と間合いを詰めるのみ。……その先は麻痺した状態のランディ!?
 急いでハーティアは静謐の祈りを捧げていた。何故かハーティアは効果範囲を気にしていたようだが、静謐の祈りは毒消しの風などとは違って対象を選択できるアビリティなので、味方だけを浄化することができる。
「くっ……」
 清らかな祈りで何とか動きを取り戻したランディだったが、拳士はもう目前に迫っていた。鋼鉄の錨をかざして牽制するが、ががっと拳がそれを弾いてランディへと突き出される。
 どすっ
 ランディが打たれたのは喉元。同時に牙が血を求めるかのようにえぐり、おびただしい量の血が噴き出してくる。しかし口からも血を滲ませながらではあったが、ランディは攻撃を止めなかった。叩きつけるように鋼鉄の錨を振り下ろし、がっと拳士の腕を受け止めに上げさせる。
 瞬間、拳士の白い顔が自身の腕を見つめる。そこには不吉なカードが突き刺さり、白い体にじわりと影を落としていた。
「その志、無駄には致しませんわ」
 ランディの攻撃を防御した隙にライカがバッドラックシュートを命中させたのだ。その場に膝を着くランディに代わり、ボナがミラージュアタックの残像を生み出しながら斬りつける。
「何考えてるかわかんない……けど!」
 その胸中は焦っているに違いないと、力を込めて鋭くサーベルを振り抜くボナ。じゃっと拳士の胸元を薙いだ。
(「聖女さんお願い」)
 思いを込めて放たれるハーティアの癒しの聖女が、ランディの傷を癒して出血を止めていった。
 じゃっ! 突然に拳士が拳を突き出し、雷光が炸裂した。ディーンのライトニングアローをかわしきれないと悟ったのか、拳で迎撃したらしい。小さく舌打ちするディーンだが、迎撃した拳はタダでは済まなかったらしく、拳士はそれを庇うように引いて構えなおした。
「いい加減、好き勝手してもらう訳にはっ」
 レイオットの杖から撃ち出された銀狼が戦場を駆ける。ペインヴァイパーのガスと融合して力を増したか、片方の拳を突き出す拳士の腕に喰らいついて組み伏せてゆく。
「鬼さんコチラって感じだネェ!」
 麻痺して動きの止まった瞬間にミンが掴みかかる。デンジャラススイングで豪快に投げ飛ばし、その行方を目で追った。
「真っ黒に……消し炭にしてやろうじゃねぇか!」
 レグルスの両手杖『アポカリプス』から獅子、山羊、蛇を象った炎が発射される。ペインヴァイパーの力を得た異形の炎は拳士へと喰らいついていった。
「今ならっ!」
 追って詰め寄るボナ。輝く斬鉄蹴が叩きこまれ、白い拳士の体からビシビシと音が響き渡った。ライカもサーベルで十字に斬りつけて駆け抜ける。
「確かな使い手だった……でもっ」
 ミンの拳が叩きこまれ、キルドレッドブルーの力が魔炎を、魔氷を立ち昇らせる。
「正々堂々と勝負したかったけどなっ」
 続けてランディ、同様に攻撃に加わるキルドレッドブルーが炎を、氷を迸らせ……。
「射抜かせてもらう」
 ディーンの矢が更にキルドレッドブルーの力を叩きこむ。紅蓮、赤黒、黄、それぞれの魔炎が拳士を蝕んでゆく。
 ぎしっ、動こうとしたのか小さな音が魔氷の中から漏れた。しかしバッドラックシュートの不幸の効果もあり、その拘束は破られない。
 スキュラフレイムの毒が巡り、血を滲ませ、魔炎がキルドレッドブルーの魔炎と共に暴れ回る。
 やがてバキッと大きな音が響いたかと思えば、白い拳士はその場に砕け落ちていくのであった。

●いつか朽ち果てるモノ
「諸行無常……っていうか、俺達もいつかこうなるのかもしれない」
 かつて冒険者だった者に小さく呟いて、レイオットは街道から外れた場所に穴を掘る。
「腕利きの冒険者だったのかね……今となっちゃわからねぇがな」
 レグルスも言いながら砕け散った白い欠片を葬るのを手伝っていた。ディーンも作業をしながら小さく、ほんの少しだけ溜息を吐く。
「いやはや……世の中にはスゴいモンスターがいっぱいいるんだね。みんなお疲れ様」
 やがて埋葬も完了し、皆に労いの言葉を掛けてゆくボナ。ハーティアもヒーリングウェーブで残っていたダメージを完全に治療してゆく。
「戦いを忘れて休んじゃってもいいんじゃないの? ……勝ち残った方は……そうはいかないけどね」
 静かに眠る魔物の墓に呟くライカの言葉を最後に、冒険者たちは帰路につくのだった。

 (おわり)


マスター:零風堂 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:8人
作成日:2006/09/09
得票数:戦闘53 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。