旧ソルレオン王国平定:双頭の獣



<オープニング>


●旧ソルレオン王国平定
陽光の砦リドマーシュが、同盟諸国の国境を守るために『正義の防壁マルティアス』を奪還し、西方プーカ街道機動警衛隊は、西方プーカ街道の安全のために『悪』の旗の軍団を打倒して『光輝の武都ディグガード』を解放した。
冒険者達の尽力により、旧ソルレオン王国との国境付近のモンスターは討伐され、西方プーカ街道が通じ、『樹上都市レルヴァ』をトロウルの手から取り戻す事ができた。
こうして、同盟の人々を脅かしていた脅威は取り除かれたのである。

しかし、旧ソルレオン王国には未だ沢山の人々が暮らしている。
ソルレオンが壊滅したため、守ってくれる冒険者も無く、彼らはモンスターに怯えながら暮らしているのだ。
彼らを救うには、一刻も早く旧ソルレオン王国を同盟に受け入れ、モンスターを倒すしかない。
また、トロウルとの戦いが迫る今、樹上都市レルヴァと同盟諸国の間にある空白地帯??旧ソルレオン王国を確保する事は、同盟にとって急務なのだった。

※※※

「みんなも、レルヴァ再奪還戦の成功は聞いているわね。でも、強敵であるトロウル達と戦うには、まだ解決しなければならない事があるわ」
ヒトの霊査士・リゼルは冒険者達を見渡し、今回の依頼についてそう切り出した。
「それは、滅ぼされたソルレオン王国のモンスターを退治して、安全に活動できる場所とする事よ」 と。

旧ソルレオン王国は同盟領ではない。
しかし、ソルレオンの冒険者は光輝の武都ディグガードが陥落した時に全滅している。
つまり、旧ソルレオン王国には、その土地を守るべき冒険者が存在しないのだ。
「トロウル達に彼らを守る気は無いでしょうから、私達が彼らを守ってあげないと……」
ソルレオン王国は、レルヴァ大遠征の敗北から多くの被害がでているが、元々、とても豊かな土地であったので、今、モンスターの被害さえ抑える事ができれば、復興までの道筋をつける事は難しくないだろう。
しかし、この状態で冬を迎えてしまえば、状況はかなり悪化するかもしれない。

「という訳で、早急にモンスターの討伐を行うのが良いという事になったわ。モンスターがいる場所やその特性については、担当の霊査士が説明するから、よく聞いてちょうだいね」
そして、リゼルは眼鏡をキランと輝かせて、最後にこう付け足したのだった。
「旧ソルレオン王国のグリモアは、今、主はいないのよね。住民の人々の理解を得られれば、この地域のグリモアを獲得できるのじゃないかしら」

●双頭の獣
 荒れた大地が、くすんだ赤に満たされていく。
 詩情めいた紫煙の霊査士・フォルテの言葉に、庭園の守護者・ハシュエルは眉を寄せた。
「双頭はそれぞれ魔氷と魔炎を放ち、獣型であるが故の素早さはちょっとやそっとのことじゃ、攻撃をあてさせねぇ」
 剣の一撃が、光り放つ紋章の一撃が当たらずに地面におちると霊査士は言った。
「その爪は鋭く、2つに割れた尾によるなぎ払いも強力だ。周囲の敵をなぎ払い、吹き飛ばせば距離を開ける。間合いに入り込もうとすれば、相応の危険がある。前足による攻撃は、出血のバッドステータスをあたえるのが見えた」
「……豪華な敵だね」
「ま、そうだな」
 肩を竦めた霊査士にハシュエルは小さく息をつき、大きさは? と問う。新たに集まった冒険者たち数人を目にいれて、霊査士は再び口を開いた。
「見上げる程ってーわけじゃねぇが、大人が顔つきあわせる程度だ。俺で見て、同じくらいだな。戦場は開けた荒れた大地だ。街道を行けば、向こうからやってくるだろう」
 奇襲に備えるように、と霊査士は言って席を立つ。
「荒れた大地を濡らすのはくすんだ赤。双頭の獣は引くことを知らない。どれほどの血が流れても、攻撃の手が緩められることは無いだろう」
 霊査士はそう言って、冒険者達を見た。
「決して簡単な依頼ではないが、出向く者はいるか? 街道と双頭の獣の待つ場所へ」
 問いかけは疑問符などつかない音をしていた。とりあえず、とハシュエルは手を上げた。ついで声を上げる冒険者たちを見た霊査士は薄く開いた。
「武運を、グリモアの加護と共に」

!注意!
 このシナリオは同盟諸国の命運を掛けた重要なシナリオ(全体シナリオ)となっています。全体シナリオは、通常の依頼よりも危険度が高く、その結果は全体の状況に大きな影響を与えます。
 全体シナリオでは『グリモアエフェクト』と言う特別なグリモアの加護を得る事ができます。このグリモアエフェクトを得たキャラクターは、シナリオ中に1回だけ非常に強力な力(攻撃或いは行動)を発揮する事ができます。
 グリモアエフェクトは参加者全員が『グリモアエフェクトに相応しい行為』を行う事で発揮しやすくなります。
 この『グリモアエフェクトに相応しい行為』はシナリオ毎に変化します。
 紫煙の霊査士・フォルテの『グリモアエフェクトに相応しい行為』は『挑戦(challenge)』となります。
 グリモアエフェクトの詳しい内容は『図書館』をご確認ください。

マスターからのコメントを見る

参加者
陰陽満欠・キヨミツ(a12640)
月煌・ハーク(a16699)
医術士・サハラ(a22503)
栄光の詠い手・シグリア(a25952)
光陰を纏う者・ゼフィス(a30982)
苺・アソート(a45042)
翠鳴至風・ヴァイン(a49717)
セイレーンの元気な翔剣士・ティファーナ(a50455)
NPC:庭園の守護者・ハシュエル(a90154)



<リプレイ>

●荒野
 街道に咲く花は無かった。夏の盛りが過ぎたとはいえ、その残り香すら感じることができないのはこの地に嘗てあった戦の所為か。荒野にその身を横たえる葉を見ながら、陰陽満欠・キヨミツ(a12640)は後の戦を思う。トウロル。奴等との戦はこの地域を取ってからか、と息をつき乾いた空気を吸い込む。灰色医術士・サハラ(a22503)、栄光の詠い手・シグリア(a25952)、庭園の守護者・ハシュエル(a90154)と術士を囲む形で遠眼鏡を構えた。時折吹く風が砂を舞わせる。靡く髪を押さえることなく、先を見据えた宵風遊走・ヴァイン(a49717)の装束は風に揺れることはなかった。黒鋼の鎖の編み込まれたそれを影と思うのは考え過ぎか。夜に似た深さを思いながら、ハシュエルは耳をすました。霊視の通りならば、そのうち姿を現す。と言ったところだろう。話に聞く限りじゃ相手にとって不足ナシ、ってトコだな。と微かに笑うヴァインは剣に手をおいた。微かな金属の音も無いのは、忍び故か。気配を伺う月煌・ハーク(a16699)の剣も今は剣戟という旋律を奏でることは無い。吹く風だけが戦場の音となれば、靄のうちにあった『冒険者になった意味』がじわり、じわりと染みこんでくる。ちょっと、分かってきたかもですねー。とシグリアはコントラバスフルートに触れる。
 みんなが安心して暮らせるように。
 みんなが笑って過ごせるように。
 そう思って冒険者になったのだと、姿を見せた思いにふ、と笑みを零した。
「……」
 黒塗りの斧が、鈍く光る。差し込む陽は柔らかく、暖かなだけでは無いのだと鈍い光りを目の端に光陰を纏う者・ゼフィス(a30982)は先を見据えた。穏やかな笑みこそ失われることなく、未だにぴりりとした空気の走らない戦場はまだ、ただの街道であった。大っきいってお話だからすぐ見つかるよね。とセイレーンの元気な翔剣士・ティファーナ(a50455)は遠眼鏡で辺りを見渡す。荒野に似た街道も、明るい声が響けば、彩りも添えられる。
「どっこだ〜♪ 出ってこ〜い♪ 負っけないんだぞ〜♪」
 明るい歌声が響く。その、時だった。ティファーナの頬を柔らかに撫でていた風は急速に熱を帯びる
 炎だ。
 遠眼鏡から顔を上げるそれよりも先に、ただそう思う。一瞬の間に行き着いた答えと共に鳴り響く警鐘。そして、危ない!という仲間の声。
「――っ」
 そして、熱と傷みが同時にやってきた。

●獣王
 声音に誘われるように姿を表した双頭の獣に、急ぎ武器を構える。弧状に展開すれば、纏う空気も厳しさを増した。
 ソルレオン王国の崩壊で、担い手を失った武器が増えたことだろう。
 ドゥンケルハイトに触れ、ソルレオン王国の崩壊で、担い手を失った武器が増えたことだろう。と真闇の通過者サスケ・アソート(a45042)は思った。何より楽の音を楽しむことができなくなった奴が多すぎる。
「--この、双頭の獣のごとく、な」
 抜き払った剣を構えれば、横に立つヴァインの装束がキヨミツによって防御力を増す。
魔術書に手をあてたサハラは「わぉ」と一つ声を上げた。
「ほんとに豪華な敵だねー。でもねー、ここで会ったがなんとかっていうやつだよー」
 そう、此処で。
 見据えられた現状がいつまでも続くとは限らず、ゼフィスはハークの鎧に守護を与える。
「無理も無茶もして欲しくはありませんけれど……守護を」
 鎧聖降臨の力によって変化した鎧にふ、と笑みを零しハークは月詠舞を構える。
「無理は禁物。無茶は推奨。あれを倒さなければ意味が無い……だろ?」
 街道の平和か、この後にある明日の為か。
 サハラの呼びだした癒しの聖女が、ティファーナに優しくキスを贈る。魅惑的な聖女は、戦場に不釣り合いな程に美しい笑みを残して消えはいいろの本が抱いた光もぱん、と消えた。
「回復はまかせてー、攻撃よろしくねー?」
 その声が響くことはなかった。業を煮やしたか、将亦来訪者の殲滅を始めたのか。力強く地面を蹴った獣が、こちらに向かって魔氷を放つ。たん、と地面を蹴ってゼフィスはその一撃を盾で押しとどめる。
「行かせません」
 頬に一筋、走った傷から一滴、また一滴と血が落ちる。時間が多くあるわけでは無かった。ヴァインは剣を構え、ハーク、アソートへと視線を向ける。一人は頷き、一人はただ瞳だけを帰せば言葉はいらなかった。黒鋼の刀身が持つ、月光の如き光には迷いは無い。
「戦りあおーぜ、オレらが終わりにしてやるよ」
 声をかけるのはこれが最後。語りかけるつもりは無い。今は、ただ全力をもって相手をするだけ。再び放たれた魔炎に危ないよ〜、とサハラが声をかける。たん、と地面を蹴って距離をあけティファーナはイリュージョンステップの構えをとった。体はまだ痛む。だが、立ち止まっているだけの暇は無かった。

●剣閃
「♪ 安らぎへと誘いたる、眠りの精は〜♪」
 眠りへと誘う旋律に、双頭の獣が揺らぐ。しゅん、と放たれたアソートの粘り蜘蛛の糸が獣を絡め取り、衝撃に顔を上げた獣がその身を震うよりも先にハークが拘束の糸を放った。身を捩り、抜けだそうとするその姿をただ瞳に納めればヴァインの粘り蜘蛛の糸が最後の一手とばかりにその足を絡め取った。
「………早速で悪ィけど、ちょっとおとなしくして貰おーか!」
 無数の蜘蛛の糸が絡みつき、その身を捩る。いくよ、とハシュエルの描いた紋章から緑の葉が舞い踊る。彼の装束に守護を与えたゼフィスは、自らの鎧を変化させたキヨミツと共に戦場を見据えた。あと少しで完了する。距離を詰めたティファーナがミラージュアタックを叩き込む。怒りを表すことができれば言っただろうか。これをほどけ、と。それとも構わず戦い抜いただろうか。アソートに鎧聖降臨をかけたサハラは、魔術書を持ったままに戦場を見る。次は、シグリアにかければ守護は完了。攻撃へと切り替えたアソート、ハーク、ヴァインが前に出れば拘束された獣がまた大きく身じろぐ。たん、と地面を蹴って距離をつめたアソートが素早い足捌きと共に幻影多重攻撃を叩き込む。襲い来る影に獣が逃れる術はない。詰めた距離と共に闇の闘気の込められたヴァインの剣が音もなく獣を裂き、肌が弾け、その血が噴き出せばようやくそこで音となる。抜き払った剣と共にハークがシャドウスラッシュを叩き込み、たん、と距離を開ける。
「――」
 ひらり、と何かが舞った。白い、何か。
「外れそうだよー」
「下がって!」
 サハラとハシュエルの声が高く響く。大きく開かれた口から放たれる魔氷に、ハークは身をよじった。拘束が解けたか。キヨミツはそう言って、ウェポンオーバーロードした大型剣を構えた。動けぬ程のダメージがあるわけでもなく、双頭の獣がその口を大きく開く。来る、と警戒の声は複数から響き魔炎に狙われたアソートの肌を撫でてゆく。微かに傷むだけに終われば、回復はまだ。とだけ告げる声は自らに鎧聖降臨をかけたゼフィスにも響く。再び拘束をかけようとヴァインが放った粘り蜘蛛の糸が空を切った。
「そうそう何度もさせてはくれませんってか?」
 返事の代わりに放たれた魔氷を避け、距離を詰める。中空に描かれた光が、降りそそぐ容赦無き雨だと知れば獣の爪が地面にめり込んだ。怒りか、耐えか。たん、と地面を蹴って距離をつめたアソートのミラージュアタックが交わされる。振り返り、構えた盾がきぃ、と悲鳴のような音を上げる。鋭い爪の一撃に、微かにアソートが揺らぐ。追撃を覚悟した彼の前、双頭の一つが横を向く。放たれた魔炎を避けたハークがシャドウスラッシュを叩き込めば、ヴァインの剣もまた闇の闘気と共に獣を斬った。そして、斜め後ろに位置をとったティファーナのソニックウェーブが獣の足を切り裂いていた。

●葬華
 剣を振るい、斬りつければ応酬とばかりに放たれる魔炎、魔氷。噴き出した血が大地に染みこみ、黒く染めようとも獣が退くことは無い。シャドウスラッシュの後に距離を開けようと地面を蹴ったヴァインの足が爪に切り裂かれ、そのまま強かに背を打った。傷みに一瞬失いかけた意識を取り戻し、追撃に身を捩ればキヨミツの刃が獣を突き刺していた。退け、と響く声はなくただ瞳だけを見て距離を開ける。一撃の後に離脱しようとするキヨミツに魔炎が放たれた。一瞬にしてその身を炎に彩らせた獣に、アソートが粘り蜘蛛の糸を放つ。無数の糸がその身を絡み取り、緑の葉がその身にまとわりつけば動きが止まる。長くは、ない。急ぎ距離をつめたゼフィスの守護を受けた一撃が振り下ろされ、獣の肌が骨と共に露わになる。
「来るよー」
 そして、また拘束が外れる。決してかかりにくいわけでは無いが頼りすぎるわけにもいかない。一気に走り寄ったハークはシャドウスラッシュで獣を切り裂けば、攻撃をしかける全てを振り払うようにその尾が振るわれた。ハーク、ゼフィスが距離を開ける中、戦列に復帰したヴァインがシャドウスラッシュを叩き込む。
「イイ加減落ちろ……っ、しつこいヤツは嫌われるぜ!」
 血が、吹き出し。双頭の一つが大きく前に倒れる。外れかかった首に痛みの声を上げることなく、魔炎をもって応酬する獣に一度距離を開ける。サハラの「またくるよー」という声に方々剣を構える。荒れた大地に染みこむ血はサハラの足元までやってきていた。
「はいはーい回復ム」
 ヒーリングウェーブが辺り一帯を包めば、傷が癒え、体が軽くなる。キヨミツはハークに狙いを定めた獣のその背を切りつけ、魔炎と魔氷を手みやげに渡す。振り返りざまに大きく振るわれた尾が空を切る。弱ってきているのだろう。攻撃に鋭さはなく、ティファーナの叩き込んだミラージュアタックに獣が大きく横に倒れた。びしゃ、と響いた音は流れる血か。すぐに立ち上がろうとする獣に、たたん、たん、とシグリアがステップを踏む。フールダンス♪シグリアの動きにあわせるように踊り出す獣に攻撃の術は無い。距離を詰めたアソートの細身の剣が獣の肉を切り裂いた。ごとり、と双頭のうちの一つが落ち、思うがままにならない体にその口を大きく開くが魔炎が放たれることは無い。ただの虚空のようだった。距離だけはいっきにつめ、構えた剣の刀身が闇色に染まる。
「いい加減、倒れろって……」
 両の足が抵抗でもするかのように地面にめりこみ、ぼたぼたと血が流れる。微かに目を細め、ハークは一気に距離を開けた。来る。直感に似た何かは皆に囁いたか、シグリアはは、と顔を上げた。踊りが終わる。危険の声は最早方々から飛び、そして皆同時に距離を取る。どれだけこのパターンを見たか。退くことも、力を抜くことも、諦めることも知らない獣の劣勢は明らかだった。放たれた魔炎から後衛を庇うようにゼフィスが盾を構える。目の前、弾けて散った炎が一瞬、体を焼けばハシュエルの凱歌が響き渡る。たん、と距離を詰めたキヨミツの剣が電撃を纏う。振り下ろされた剣が、一瞬、光ったのを目に納めながら、サハラはヒーリングウェーブを放った。
 もうすぐ、この戦いは終わるだろうな。
 確信めいた思いは、医術士故の考えか。流れ出る血が荒野を染め上げ、ふらつく獣の体にティファーナがミラージュアタックを叩き込む。開いた口から放たれる魔炎が腕を焼き、かけ直す暇の無かったイリュージョンステップをほんの少しだけ悔いた。だが、敵の気がこちらにあれば仲間の攻撃はしっかりと入る。二振りの闇の刃を受けた獣は大きく仰け反った。黒と闇、影を纏う忍び達が一斉に距離を開ければどん、と一際大きな音をたてて獣が荒野に倒れた。
「……」
 そして、流れ出した血が大地を染めていく。口からもれた魔炎が獣の身を包み、ゆっくりと燃やしていった。

 双頭の獣は、確かな生の証を残して燃え尽きていった。サハラはヴァインの応急処置を終え、先に治療を終えたティファーナがその手伝いをしていた。
「ねぇねぇ大丈夫だから、しっかりしてね」
 戦いの中で一つの傷も無くとはいかず、重傷にこそ至らないが前衛の多くが傷を負っていた。入り込む故か、それとも双頭の獣の執念か。傷をつけ、つけられ。切り裂く為に、切り裂かれ。そうして、勝利した一行の前には伏した獣の亡骸があった。埋葬することは叶わず、ただ代わりにとシグリアは楽器に手をかけた。武器として使うのではなく、今は戦い続けた魂に、安息の祈りを込めた鎮魂歌を送る。アソートは剣の代わりに笛を構え、静かにその音に鎮魂の旋律を重ねた。荒れた大地に雨が染みこんで行くように。


マスター:秋月諒 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:8人
作成日:2006/09/17
得票数:冒険活劇3  戦闘21  コメディ1 
冒険結果:成功!
重傷者:翠鳴至風・ヴァイン(a49717)  セイレーンの元気な翔剣士・ティファーナ(a50455) 
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。