旧ソルレオン王国平定:誰が為の勝利



<オープニング>


●旧ソルレオン王国平定
 陽光の砦リドマーシュが、同盟諸国の国境を守るために『正義の防壁マルティアス』を奪還し、西方プーカ街道機動警衛隊は、西方プーカ街道の安全のために『悪』の旗の軍団を打倒して『光輝の武都ディグガード』を解放した。
 冒険者達の尽力により、旧ソルレオン王国との国境付近のモンスターは討伐され、西方プーカ街道が通じ、『樹上都市レルヴァ』をトロウルの手から取り戻す事ができた。
 こうして、同盟の人々を脅かしていた脅威は取り除かれたのである。

 しかし、旧ソルレオン王国には未だ沢山の人々が暮らしている。
 ソルレオンが壊滅したため、守ってくれる冒険者も無く、彼らはモンスターに怯えながら暮らしているのだ。
 彼らを救うには、一刻も早く旧ソルレオン王国を同盟に受け入れ、モンスターを倒すしかない。
 また、トロウルとの戦いが迫る今、樹上都市レルヴァと同盟諸国の間にある空白地帯――旧ソルレオン王国を確保する事は、同盟にとって急務なのだった。

※※※

「みんなも、レルヴァ再奪還戦の成功は聞いているわね。でも、強敵であるトロウル達と戦うには、まだ解決しなければならない事があるわ」
 ヒトの霊査士・リゼルは冒険者達を見渡し、今回の依頼についてそう切り出した。
「それは、滅ぼされたソルレオン王国のモンスターを退治して、安全に活動できる場所とする事よ」 と。

 旧ソルレオン王国は同盟領ではない。
 しかし、ソルレオンの冒険者は光輝の武都ディグガードが陥落した時に全滅している。
 つまり、旧ソルレオン王国には、その土地を守るべき冒険者が存在しないのだ。
「トロウル達に彼らを守る気は無いでしょうから、私達が彼らを守ってあげないと……」
 ソルレオン王国は、レルヴァ大遠征の敗北から多くの被害がでているが、元々、とても豊かな土地であったので、今、モンスターの被害さえ抑える事ができれば、復興までの道筋をつける事は難しくないだろう。
 しかし、この状態で冬を迎えてしまえば、状況はかなり悪化するかもしれない。

「という訳で、早急にモンスターの討伐を行うのが良いという事になったわ。モンスターがいる場所やその特性については、担当の霊査士が説明するから、よく聞いてちょうだいね」
 そして、リゼルは眼鏡をキランと輝かせて、最後にこう付け足したのだった。
「旧ソルレオン王国のグリモアは、今、主はいないのよね。住民の人々の理解を得られれば、この地域のグリモアを獲得できるのじゃないかしら」

●誰が為の勝利
 ――この道を行けば、きっと助かる筈だ
 ――この道を行けば、食べ物も水もある、安心して眠れる場所に辿り着ける筈だ
 魔物に村を追われ、なす術もなく散り散りになって逃げたのが遠い昔の事のようだ。だが現実は……傷ついた体からは未だに血が流れ、ズキズキと鈍い痛みを訴えている。父はどうしただろう? 母は? 朦朧とする意識を支えているのは、この先にある町に辿り着けば助かる、という希望だけだ。
「……リク? どうしたの?」
 もう泣く気力も無いのだろう、ぐしゃぐしゃになった顔を何度もこすりながら必死に後を歩いていた弟が足を止めていた。声を掛けると、紅葉のような手を懸命に伸ばしてくる。
「おんぶする?」
「……うん」
 コックリと頷いた顔に少しだけ生気が戻ったのが嬉しかった。可愛い弟。この子だけは、私が守らないと。
 満足に動かない体に鞭打って、小さな体を背負った。右腕は動かない。左手だけで、背中のぬくもりを支える。
「あと、もう少しだから……頑張ろう」
 自分に言い聞かせるためにも呟いて。一歩一歩、街道の先を目指す……

 少女は知らない。
 この先に待ち受ける絶望を――

※※※

「時間がないからサクっと説明するわね。この依頼でみんなに倒して欲しいモンスターの数は3、戦う場所は街道よ」
 その街道は旧ソルレオン王国内に無数に存在するであろう、小さな村と町を繋ぐものの一つで、無論地図などは無い。リゼルはそこに至るまでの道筋を繰り返し冒険者に聞かせ、十分に浸透した事を確認すると、やや硬い表情になって再び口を開いた。
「街道の途中に草木もまばらで赤茶けた岩が無数に転がる荒地があるの。そこでモンスターは通りがかる人間を無差別に襲っているわ。それぞれがとても強い力を扱うから、気を引き締めてね」
 モンスターの外観は『身の丈5メートルもの岩の巨人』『六本の腕を持つ細身の剣士』『鈍い光沢を放つ黄金の竪琴』で、それぞれ「重騎士」「翔剣士」「吟遊詩人」に似た特殊能力を有する。
 巨人はその巨体を生かした強力無比な一撃を振るい、岩よりも尚硬い外装は生半可な攻撃を通さないだろう。細身の剣士は素早い動きで冒険者を翻弄し、六本の腕に握った剣で連続して斬りつけてくる。また、遠距離からの剣風は鎧を貫通して鋭い傷を穿つだろう。竪琴は浮遊能力を有し(高度は10メートル以上にはならないが)、戦場を自在に飛び回りながら常に歌い続け巨人と剣士を回復してしまう。
「それと……もう一つ問題があるの。村を無くして避難しているエルフの姉弟が街道を進んでいるわ。急いで向かわないと、助けられない……」
 でもね、と言い難そうに声を落として。
「本当に、急がないと間に合わないの。今すぐ出発して、それこそ脇目も振らずに全速力で駆けつけないと……」
 つまり十分な準備もできず、間に合ったとしても体力は著しく損なわれ、本来の実力を発揮できないかも知れないのだ。
 だから、リゼルは「急いで」とは言わなかった。それは冒険者に恐ろしいほどのハンデを背負わすことになるのだから。
「どうするかは話し合って決めてちょうだい。……いい? モンスターをボッコボコにして――そして絶対に生きて帰ってくるのよ!」
 顔を上げていつもの調子に戻って。拳を握り締めたリゼルは冒険者たちを元気に送り出した。笑顔で――信じている、と。

!注意!
 このシナリオは同盟諸国の命運を掛けた重要なシナリオ(全体シナリオ)となっています。全体シナリオは、通常の依頼よりも危険度が高く、その結果は全体の状況に大きな影響を与えます。
 全体シナリオでは『グリモアエフェクト』と言う特別なグリモアの加護を得る事ができます。このグリモアエフェクトを得たキャラクターは、シナリオ中に1回だけ非常に強力な力(攻撃或いは行動)を発揮する事ができます。

 グリモアエフェクトは参加者全員が『グリモアエフェクトに相応しい行為』を行う事で発揮しやすくなります。
 この『グリモアエフェクトに相応しい行為』はシナリオ毎に変化します。
 ヒトの霊査士・リゼルの『グリモアエフェクトに相応しい行為』は『協力(consensus)』となります。
 グリモアエフェクトの詳しい内容は『図書館』をご確認ください。

マスターからのコメントを見る

参加者
猫の日広報活動中・ヨナタン(a00117)
朽葉の八咫狐・ルディ(a00300)
お天気パパさん・スレイド(a00854)
焔銅の凶剣・シン(a02227)
巨剣の傭兵・アレグロ(a10145)
空ノ蒼色・イオ(a21905)
漂う銀尾・ヒユラ(a28099)
エレメンタルディア・ティー(a35847)
荒野を渡る口笛・キース(a37794)
八葉蓮華・セリハ(a46146)


<リプレイ>

 荒野を渡る風は乾いた土の匂いがする。ゆるやかな起伏を幾度も経る度、緑は徐々に姿を消してゆき、やがて街道は岩が無数に転がる荒地に至った。頭上に広がる紺碧の空には秋の到来を忍ばせる鱗状の雲が悠々と流れ、地平線を望む赤い大地と不思議なほど美しい対比を成している。
 もしこんな場合でなかったら、レイミアは素直に歓声を上げていただろう。それは村から一度も出た事のなかった少女にとって未知の世界であり、きっと生涯知ることのなかった景色なのだから。
 風がその『声』を届けたのは偶然なのか、必然だったのか。立ち止まり顔を上げた少女の瞳は驚愕に彩られていた。
 ……いま、確かに、聞こえた。
 それは、間違えようの無い、人間の悲鳴だった。

●鮮血の道標
 突き付けられた選択。躊躇わず選んだのは、険しき苦難の道。
 誰もがまるで当たり前の事のように決めてしまっていた。口元に温かな微笑を湛えながら瞳には強い光を……毅然たる意思を秘めて。天上青・イオ(a21905)は言ったものだ。
「子供達は救う、敵は倒す。なんのこたない、それだけの事だわ!」
 そして驚くリゼルに武器を預けると僅かな逡巡もなく旧ソルレオン領を目指した冒険者たちは長い道のりを休まず全力で駆け抜けた。著しい体力の消耗も、多大なハンデを背負うことも、全て覚悟の上のこと。
 だから、疲弊しきった体でモンスターと相対した時、彼らの顔に浮かんだのは絶望ではなく安堵の色だった。――間に合った。霊査にあった姉弟の姿は見えない。
「うわぁ〜〜! モンスターだ!!」
 それは未だ見ぬ幼子たちに危険を知らせる為上げた一声。天気パパさん・スレイド(a00854)と漂う銀尾・ヒユラ(a28099)の悲鳴が響く中、彼らに向かって巨人の豪腕が叩きつけられ、剣士の六本腕が一閃されていた。
 ――今の声が聞こえたのなら、どうかそこから動かないでいて下さいよ……!
 此処より一歩でも遠くにいてくれ、と。素手のまま放った胡蝶の幻影をすり抜けられ、剣士の斬撃に襲われながらも、スレイドは姉弟の無事のみを胸中で願う。モンスターの剣が守るべき小さな命に振り下ろされる事に比べれば、こんな痛みなど何程の事でもない。
 彼の血で瞬く間に赤く染まってゆく白刃を危ういところで巨剣の傭兵・アレグロ(a10145)の無骨な巨大剣が阻み、使い込まれた刀身には新たな傷が刻まれた。人のものでは在り得ぬ針金のような体が悠々と剣を繰り、舞うように間合いを取った一瞬の後には再び襲い掛かってくる。翻る鋼色の召喚獣すら突き抜け、強化した鎧すら切り裂くモンスターの剣技は、アレグロに踏み込む猶予を与えない。
 ――だが、これでいい
 恐るべき六本の剣閃が己に向けられるのは望む所だ。温かな土色の瞳に気概を漲らせ、僅かに立ち位置を変えながら、敵の攻撃をその身に受け続けた。全ては仲間に道を開く為に。
 巨人の一撃を受けた焔銅の凶剣・シン(a02227)もその威力を受け流しきれずにいる。防御に徹しているからこそ致命的なダメージを受けずにいるが、一撃でも捌ききれず、まともに食らえばどうなるか……巨大剣を操る両腕に走る痺れが物語っていた。それでも退かない、退くわけにはいかない。首筋に鎌の刃を添えて嗤う死神と踊るのはこれで何度目かと胸中で呟いて――今は仲間を信じ、己が役目を果たすのみ。
 遥か高みから振り下ろされる岩塊の一撃が大地を揺らす。轟音にかき消されぬよう、喉を震わせ歌う想い紡ぐ者・ティー(a35847)の凱歌が幾度も傷を癒し、再び立ち上がる力を与えていた。冒険者たちを励まし支える、清水の如き透き通った美しい歌声――それと相反する禍々しき旋律は、黄金の竪琴が奏でる死出への葬送曲。先ずはこの曲を止めなければ。
 一進一退の攻防が続く中、荒野を渡る口笛・キース(a37794)が頭部から眩い閃光を放った。スーパースポットライトの注目効果をもって壁の如く立ち塞がる巨体を竪琴から引き離すのが狙いだ。その誘いに反応して巨人が動く――痛烈な一撃が強化した鎧でも防ぎきれぬ激痛をもたらしたが、堪えて敵を惹き付け続けた。
 ――全ては勝利を掴むため。勝利を誓うのは……明日を生きる命のためにだ!
 仲間が傷だらけになりながら切り開いた間隙を突き進み、竪琴へ迫る幾多の攻撃。猫道家・ヨナタン(a00117)の身体に絡む白き召喚獣が吐き出す紫煙の先、忽然と出現する木の葉の抱擁――緑の束縛。ヒラリと避けた竪琴に、イオが投じた白いブーメランが弧を描いて直撃したが、ヒユラの矢は僅かに反れた……もどかしい。荒い息、砕けそうになる膝、震える腕――今の状態ではどんなに気力を振り絞っても、自由に素早く天を翔ける敵を捉えきれない。
 巨人と剣士を相手取る仲間も苦戦を強いられている。息を整えては何度も何度も、力を送って仲間の鎧を強化する八葉蓮華・セリハ(a46146)の鎧聖降臨と、ティーの歌声、スレイドの放つ癒しの光輪、それらの加護があって漸く拮抗を保っている状態だった。そうきっと、長くは持たない……未だ勝機を掴みえず、選び取った道は血で塗り潰されようとしていた。

●流転
 転機をもたらしたのは、朽葉の八咫狐・ルディ(a00300)だった。飛び回りつつ剣士と巨人の間を行き来する竪琴の動きにある一定の法則があるのを見抜いた少年は、その軌道を目指して躊躇わず飛び出したのだ。
 巨人の股下を潜り抜ける無謀な突出。それを許す程モンスターは甘くない――それがどうしたと? 僅かなチャンスを逃さず掴まなければ疲弊して倒れるのが目に見えているというのに。風の唸りを聞きながらルディは空へ手を翳す。
 シンとキースの目前で小柄な体が踏み潰された。助ける間もない一瞬の出来事……倒れ伏す少年が残したのは、天空に描かれた蜘蛛糸に絡まりもがく黄金の竪琴だった。
 ルディがその身を犠牲にしてまで仲間へ繋いだ一筋の希望を無駄にしてなるものか。綴る秘術を業火に変えるヨナタンの杖から白金のオーラが迸る――約束したのだ。モンスターをボッコボコにして、そして必ず……
「必ず皆揃って生きて帰るんです!」
 解き放った力が業火を宿す黄金の木の葉を生み出し、天を焦がす紅蓮の嵐となって竪琴を抱きすくめた。戦場を駆け抜けた烈風に髪を舞い上がらせながら凛と立つヒユラは透き通る闇色の矢を番える。
「イオさん、行って下さい」
 振り向いた青い瞳に静かに頷いて。
「必ず、撃ち落します!」
「分かったわ、お願い!」
 漆黒の召喚獣を従えイオが駆け出すと同時に、ヒユラは流れるような動作で狙いを定め、鳴動する『漂石奇譚』から光の矢を撃ち放った。青空に銀の軌跡を描いて飛来した流星に撃たれ、墜ちる竪琴――真下には、白金の雷光を纏う五芒星を構えた武人が居た。
 至近距離から叩きつけられた稲妻に弦が切れ、台座が崩れ、響き渡る断末魔の狂曲。それは、突如出現した魔竜の如き頭部を持つ黄金の炎――ルディの放ったデモニックフレイムに呑み込まれ、消えて行く……忌まわしき演奏は途絶えた。焔は揺らめきながら一瞬で竪琴を模る。
「ルディさん、大丈夫ですか!?」
「涅槃が見えましたけどね。まあ、何とか無事です」
 肉体を凌駕した少年は淡々と答えると、モンスタークローンへ自分たちの傷を癒すように命令した。

●誰が為に
 グリモアの加護を受けたティーの背に黄金の翼が広がってゆく――悠々と伸びやかに紡がれた歌声は極限状態で戦線を維持し続けボロボロだったシンとキースに驚くほどの力を漲らせた。竪琴を倒した仲間の援護を受け態勢を立て直した二人は逆撃の刃を剥いて巨人に迫る。
 間合いを詰め大きく踏み込んだシンは爆発的な闘気を込めた巨大剣を振り切った。どこまでも伸びてゆく光の剣閃が岩よりも尚硬い装甲を易々と切り裂き空洞を穿つ。想像を絶する凄まじい一撃に地響きを立てて膝をついた巨人の反撃をキースは一陣の疾風となって迎え撃った。右足、左足、右手。黄金のオーラを纏った彼の拳が繰り出される度、巨人の身体から岩塊が剥がれ落ちてゆく。そして――眩い光の弧を描く蹴りがとうとう巨体を叩き伏せた。崩壊する巨体は塵となり、砂礫に紛れて消えていく……――

 竪琴と巨人が倒れるまでの間、アレグロとスレイドは満身創痍で剣士を抑え続けていた。回復の手段は尽き、攻撃アビリティも残り僅か。二人をサポートし続けたセリハもまた全身に無形の刃を受け、傷だらけである。流れる血と共に抜け落ちてゆく力、途切れそうになる意識、それでも『彼女』に気付いたのは、始終気を配っていた三人だからこそ。
 無数に転がる岩のひとつ。その傍らに、まだ幼さを残す少女が居た。いつの間にこんな近くに――!
「いけない、離れて!」
 血の絡まる喉から声を振り絞ってスレイドが告げたが間に合わなかった。上がる悲鳴。その声に反応した剣士が振り返りざま無造作に剣風を放つ。――迸る眩い閃光。己でも気付かないうちに飛び出していたセリハの鎧が金色の光を纏う。少女を抱えて庇う彼の背に直撃した剣風は、黄金のオーラと激突して霧散した。
「……怪我はありませんか?」
 何が起こったか解らなかったのだろう。腕の中で呆然としている幼い顔に微笑みかけるセリハ。優しい漆黒の瞳……それがあまりに、綺麗で。レイミアは咄嗟に声が出ない。混乱する頭で「誰?」と問い掛けるとたおやかな青年は信じられない答えを返した。「冒険者ですよ」と……。
 ――最悪の事態は免れた。だが、幼い子供に向けられた無慈悲な刃にスレイドの気配が変わる。心中に灯った焔が沸き起こす力を杖に込め、解き放つ緑の業火――もう、立っているのがやっとの筈なのに、どこにこんな力が残っていたのか。渦巻く金の木の葉は剣士の体を包み込み、怒りの業火で燃やし尽くす。
 アレグロもまた、残った力の全てを振り絞って剣を構えた。刀身に凝縮してゆく闘気は今まで感じた事もないほど凄まじい。あの日、光溢れる大樹の前で誓った言葉がふと頭に蘇る。――自らの民を守り、助ける……この力は、希望の力そのものなのだろう。
 乾いた風を切り裂いて振り下ろす巨大剣。轟音が耳を塞ぎ、光の渦が視界を覆う――最後の一撃が、虚無のまま戦い続けるモンスターに永遠の安寧を与えた。

●希望の火
 悲鳴が聞こえた時、どうしようかすごく迷ったの。でも、誰かが助けを求めているのなら、何かしなくちゃいけない。そう思ったから。リクは寝ちゃってたし、何が起こるかわからないし、危ないといけないから、岩陰に隠して様子を見にいった。そうしたら化け物と戦う人たちがいて……その後の事はよく覚えていない。だって凄くびっくりして、混乱しちゃって。
 気がついたら私より小さい女の子が――すごく可愛いの! 髪が水みたいにキラキラしてて、空よりもずっと青い綺麗な目をしてた……ええと、そう。その子が「大丈夫よ」って、微笑んで、背中を撫でてくれていた。その後、リクを連れてきてくれて、不思議な力で傷も治してくれた。そうよあの子、岩場でまだぐうぐう寝てたのよ? 「大物になるな」って、赤い目のとってもカッコイイ男の人が笑ってた。ちょっと恥ずかしかったわ。
 もっと不思議だったのは傷を治してくれた女の子が歌ってくれた歌。不思議で……でもそれ以上にとっても素敵な、心も体も温かいものでいっぱいになる歌声だった。
 私、きっと忘れない。
 リクと私を助けてくれた人たち、聞いたこともない国の冒険者だって、言ってた……エルフだったり、ストライダーだったりするのに冒険者だって。「信じられない!」ってリクは言うけど、私も最初は信じられなかったけれど……
 遠い国から、私たちを助けに来てくれた。
 忘れないわ。
「よく頑張ったね。偉かったな!」って、優しく頭を撫でてくれた手の暖かさを。
「もう大丈夫……、二度とこんな思いはさせませんから」そう言ってくれた、優しい微笑みを。
 私を背負って町まで連れて行ってくれたお姉さんの、太陽みたいに温かかった背中も。
 きっと一生、忘れない。
 別れる時、最後まで心配してくれたおじさんはお父さんみたいな目をしてた。リクが凄く懐いた大きなおじさんの怪我、治ったかな……大丈夫だって、笑っていたけれど。
 ありがとう。冒険者さんたち、ありがとう……私、リクと一緒に頑張るから。
 ――また、会えたらいいな。

※※※

 姉弟を町まで送り届けた後、冒険者たちは帰路についた。
 決して消えない希望の光を二人の胸に灯して。

■END■


マスター:有馬悠 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:10人
作成日:2006/09/15
得票数:冒険活劇26  戦闘2  ほのぼの2 
冒険結果:成功!
重傷者:お天気パパさん・スレイド(a00854)  巨剣の傭兵・アレグロ(a10145) 
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。