旧ソルレオン王国平定:キグルミ砦の攻防



<オープニング>


●旧ソルレオン王国平定
 陽光の砦リドマーシュが、同盟諸国の国境を守るために『正義の防壁マルティアス』を奪還し、西方プーカ街道機動警衛隊は、西方プーカ街道の安全のために『悪』の旗の軍団を打倒して『光輝の武都ディグガード』を解放した。
 冒険者達の尽力により、旧ソルレオン王国との国境付近のモンスターは討伐され、西方プーカ街道が通じ、『樹上都市レルヴァ』をトロウルの手から取り戻す事ができた。
 こうして、同盟の人々を脅かしていた脅威は取り除かれたのである。

 しかし、旧ソルレオン王国には未だ沢山の人々が暮らしている。
 ソルレオンが壊滅したため、守ってくれる冒険者も無く、彼らはモンスターに怯えながら暮らしているのだ。
 彼らを救うには、一刻も早く旧ソルレオン王国を同盟に受け入れ、モンスターを倒すしかない。
 また、トロウルとの戦いが迫る今、樹上都市レルヴァと同盟諸国の間にある空白地帯――旧ソルレオン王国を確保する事は、同盟にとって急務なのだった。

※※※

「みんなも、レルヴァ再奪還戦の成功は聞いているわね。でも、強敵であるトロウル達と戦うには、まだ解決しなければならない事があるわ」
 ヒトの霊査士・リゼルは冒険者達を見渡し、今回の依頼についてそう切り出した。
「それは、滅ぼされたソルレオン王国のモンスターを退治して、安全に活動できる場所とする事よ」と。

 旧ソルレオン王国は同盟領ではない。
 しかも、ソルレオンの冒険者は光輝の武都ディグガードが陥落した時に全滅している。
 つまり、旧ソルレオン王国には、その土地を守るべき冒険者が存在しないのだ。
「トロウル達に彼らを守る気は無いでしょうから、私達が彼らを守ってあげないと……」
 ソルレオン王国は、レルヴァ大遠征の敗北から多くの被害がでているが、元々、とても豊かな土地であったので、今、モンスターの被害さえ抑える事ができれば、復興までの道筋をつける事は難しくないだろう。
 しかし、この状態で冬を迎えてしまえば、状況はかなり悪化するかもしれない。

「という訳で、早急にモンスターの討伐を行うのが良いという事になったわ。モンスターがいる場所やその特性については、担当の霊査士が説明するから、よく聞いてちょうだいね」
 そして、リゼルは眼鏡をキランと輝かせて、最後にこう付け足したのだった。
「旧ソルレオン王国のグリモアは、今、主はいないのよね。住民の人々の理解を得られれば、この地域のグリモアを獲得できるのじゃないかしら」

●キグルミ砦の攻防
 リゼルから後を引き継いだセイラは、冒険者達の前で話を始めた。
「今回は、とある森の奥にある小さな砦を攻略して欲しいと思います。モンスターは決して強くはないのですが、非常に厄介です」
 強くないのに厄介というのはどういう事だろうと、冒険者達は首を捻る。そこへ、セイラが驚くべき言葉を続けた。
「今回、砦にいるモンスター自身は一切攻撃をしません。せいぜい体当たりをしてくる程度ですが、動きが遅いので、かわすのは非常に簡単です」
 そして、セイラは目を閉じた。先に霊査の結果を伝える為だ。
「……砦の奥にいるモンスターは……3体。その姿は……赤い袋の様なものに包まれた……大人ほどの大きさの赤子……」
 わかりにくいが、要は布にくるまれた人間大のモンスターと言うことだ。
「くるまれている為に……文字通り手も足も出ない……。飛び跳ねて動くが……その動きは遅い……」
 袋に足を入れてぴょんぴょん跳ねて移動していると思って欲しいと、セイラは説明する。
「……手も足も出ないけど……その代わりに多くのものを呼び出すことが出来る……。土の子供……。刃の使徒……。水晶の虫……。その数は……普通では考えられないほど……」
 セイラはそこで目を開け、説明を続けた。
「砦は決して堅牢というわけではありません。扉などは既に壊され、出入りは自由です。ですが、砦の中ではモンスターによって呼び出された物達が、常に見回っています。数は不明ですが、十匹二十匹どころの話ではないのは分かって頂けるかと思います」
 塵も積もれば山となる。弱い物でも、数が揃えばそれなりに厄介だ。セイラはそう告げると、話をまとめ始めた。
「このままでは、砦からあふれた物達が周りに被害をもたらします。それを防ぐためにも、砦の奥にいるモンスター3体を倒してください。よろしくお願いします」
 最後にそう告げ、セイラはいつものようにぺこりと頭を下げた。


!注意!
 このシナリオは同盟諸国の命運を掛けた重要なシナリオ(全体シナリオ)となっています。全体シナリオは、通常の依頼よりも危険度が高く、その結果は全体の状況に大きな影響を与えます。
 全体シナリオでは『グリモアエフェクト』と言う特別なグリモアの加護を得る事ができます。このグリモアエフェクトを得たキャラクターは、シナリオ中に1回だけ非常に強力な力(攻撃或いは行動)を発揮する事ができます。

 グリモアエフェクトは参加者全員が『グリモアエフェクトに相応しい行為』を行う事で発揮しやすくなります。
 この『グリモアエフェクトに相応しい行為』はシナリオ毎に変化します。
 粉雪纏いし霊査士・セイラ(a90009)の『グリモアエフェクトに相応しい行為』は『協力(consensus)』となります。
 グリモアエフェクトの詳しい内容は『図書館』をご確認ください。

マスターからのコメントを見る

参加者
翡翠色のレスキュー戦乙女・ナタク(a00229)
子煩悩な愛妻家・クルド(a11701)
日常からの逃亡者・カッセル(a16822)
焔をはらむ風と共に・セルシオ(a29537)
白と舞う翠櫻・リタ(a35760)
東雲を護る宵藍の星・アルタイル(a37072)
形無しの暗炎・サタナエル(a46088)
水先案内・ステュクス(a46875)
今日も明日も風任せ・ヴィトー(a47156)
漂う耀きの記憶・ロレンツァ(a48556)


<リプレイ>

 依頼を受けた冒険者達は、森を抜け問題の砦の前まで向かった。もちろん、すぐに砦の中に入るわけもなく、入り口が見える木陰に陣取り、まずは様子を見る。
 入り口からは、セイラの言っていたように召喚された存在(以下、総称として召喚物と略す)が姿を見せていた。幸いにまだあふれては居ないようだが、それも時間の問題だろう。
 そんな状況を見た今日も明日も風任せ・ヴィトー(a47156)は静かに驚く。
(「あの小さな砦に召喚物がうじゃうじゃいるのか。凄い光景だな」)
 ヴィトーは表情を変えず、ぽつりと呟いた。
「……この地で暮らす奴らのためにも、砦から溢れ出す前に片付けないとな」
「そうですね。そして、次の戦いへの足掛かりにするためにも」
 焔纏風往・セルシオ(a29537)はヴィトーの言葉に続けながら、砦の中の様子を想像する。
(「召喚物が際限なく増えていく様を想像すると、本当に恐ろしいですね」)

 今回の依頼に関しては、日常からの逃亡者・カッセル(a16822)が的確なまとめを行っている。
「この依頼の敵、無限召喚できる召喚存在さえ無ければ、大した敵ではありません。『集団攻撃アビで無数の召喚存在を粉砕して、新たな召喚存在を相手にしている間に、この3体のモンスターを倒せるか?』が鍵となるでしょう」
 モンスターを倒すまでに集団攻撃を行うアビリティが保てば、こちらの勝ちは揺るがない。逆に、それまでにアビリティが尽きた場合は、押し切られて撤退も十分にあり得る。
 そこで冒険者達が取った今回の作戦は……
「強行突破。こういう作戦はわかりやすくて好きですね」
 危険なお兄さん・クルド(a11701)の言葉通り、冒険者達は電撃作戦で召喚物を突破しつつひたすら敵モンスターの所まで前進すると言うシンプルなものだった。
(「今回はかなり敵が多いと聞くし、対軍戦の経験を積むにはもってこいだろう」)
 クルドは真剣な表情で、戦いへと臨む。
 先陣は翡翠色のレスキュー戦乙女・ナタク(a00229)が切ることになった。彼女を頂点にして楔形の陣形を組み、一点突破を行うのだ。
 そうと決まれば、長居は無用。冒険者達は入り口に向かって走った。そこにたむろするのは、土塊の下僕達。
「さて、道を開けて貰おうか」
 宵藍の夜空の星華・アルタイル(a37072)が『エンブレムシャワー』で下僕達を一掃する。

 砦の中に入った冒険者達は、予想していた以上の召喚物の数に、少なからず驚いた。
「武器を振っただけで当たるね。これは」
 セルシオが苦笑しながら言うが、決してその言葉は誇張ではない。
(「『塵も積もれば』……か。もっと良い意味において、聞きたい言葉だわ、ね」)
 夜河の歌唄い・ステュクス(a46875)も、この様子に一瞬躊躇する。
(「蠢いているデコイ達……一つ一つは弱くとも、これだけ数が集まれば恐ろしいことになりますわよね」)
 墨染めの桜花・リタ(a35760)は空中に浮遊している大量のリングスラッシャーやクリスタルインセクトを見て、分布状況を確認する。
(「こんな物が人里にやってきたら、大変なことになりますわ。その前に何としても阻止せねばなりませんね」)
 リタは周辺の敵の索敵を終える。重視するのは、やっかいな攻撃法が多いクリスタルインセクトの駆除。
(「殆どが緑ですわね。1体だけ、青い物が居るようですわ」)
 クリスタルインセクトの青は偵察形態。つまり、この1体を通して、相手はこちらを見ているのだ。
 緑は雑音形態。動くことなくその場に留まり、常に雑音を出して相手を混乱させる。
(「他の皆さんは、混乱されてないでしょうか?」)
 リタは周りの仲間達を確認した。幸いなことに、インセクトの雑音で混乱している者は一人もいない。
 そこまで確認して、リタは攻撃に転じた。『エンブレムシャワー』を放ち、インセクトに光の雨を降らせる。
 次の瞬間。倒しきれなかったインセクトは赤く色を変え、一斉に攻めてきた。赤は攻撃形態。ひたすら攻撃して来るのみ。
 そこへ、後方から針の雨が飛ぶ。襲ってきたインセクトは無数の針に体を貫かれ、姿を消した。
「……一撃とは行かぬじゃろうけど、二撃なら……」
 それは黒炎を纏う調理人・サタナエル(a46088)の放った『ニードルスピア』。そこへ、ヴィトーが声を掛ける。
「邪魔な奴らは、どんどん片付けるか。エッちゃん」
 サタナエルはその言葉に、こくりと頷いた。
「わかったのじゃ。ヴィーにぃ」
 二人のやり取りを聞きつつ、リタは再び前を見る。そこには、わらわらと迫り来るリングや下僕の群れ。彼女は道を開くべく、再び光の雨を放った。
「もう一度、自然にお戻りなさい!」

 エンブレムシャワーやニードルスピア、それに『流水撃』を駆使し、冒険者達は先へ進む。
 だが、実は冒険者達は肝心なことを聞かされていなかった。何かというと、「敵モンスターの位置」である。
 そこで、先頭を行くナタクは、常に「敵の出現する方向」へと進んだ。当然だが、召喚物を召喚しているのが今回の敵モンスターなので、敵が来る方向に進むのは理に適っていると言える。
 ただ、砦の中は一本道ではない。そして、砦の中には召喚物があふれている。そうなると、必然的に「分かれ道の両側から召喚物が来る」と言う状況も起こりえる。
 だが、冒険者達は慌てず騒がず、迫り来る召喚物を観察する。ステュクスは説明した。
「召喚存在を生み出すモンスターの側には、当然それらが数多く居るんじゃないかと、思うの。だから、召喚存在達が集まる方向を見つければ、それがモンスターの居所に繋がる、はず」
 先程リタが観察していた通り、インセクトの偵察形態を通じて、敵はこちらの様子を見ている。冒険者が迫ってくるとわかれば、敵モンスターは身を固めるために召喚物を使うだろう。つまり、敵が多い方に進む事で敵モンスターに近づけると言う理屈だ。
 観察の結果進行方向は決まったので、ステュクスはナタクにそれを伝える。ナタクはその言葉に従い、更に先へと進んだ。
「よっと!」
 ナタクがインセクトを掴み、『破鎧掌』で吹き飛ばす。その先には、数多の召喚物が守りを固める扉。
「……こいつらが片付けば、この砦もちょっとは広く感じるかな?」
 そういって、ヴィトーが淡々と『流水撃』で道を開く。

 ようやく召喚物の群れを突破した冒険者達は、結果的に一番奥にあった部屋で、問題のモンスターを発見した。
「……ここが正念場だな」
 ヴィトーの言葉通り、このモンスターを倒すのが今回の肝だ。一刻も早く倒そうと、冒険者達は素早くモンスター達を囲んだ。
 その輪の中で、漂う耀きの記憶・ロレンツァ(a48556)はぴょこぴょこ飛び跳ねるモンスターを見て、真顔で言う。
「……これは寝袋か……?」
 彼がそう思うのも無理はない。相手は明らかに「赤い寝袋から顔だけ出して飛び跳ねている」様に見えるからだ。
 冒険者達は攻撃に移った。セイラの霊査通り、モンスターは体当たりをしようとするが、その動きは遅いので逆に格好の的だ。
 だが、相手も全く抵抗しないわけではない。どこからどう召喚しているのかは全くわからないが、彼等の前にインセクトやらリングやらが喚び出されていく。
 さらに悪いことに、道中倒しきれなかった召喚物がその部屋へとなだれ込んできていた。それを見た冒険者達は、手分けして召喚物の対応に当たる事にする。
「私は召喚物の相手を致します」
「雑魚は僕らに任せてください。モンスターの相手は頼みましたよ」
 次々と召喚物対応に回る仲間達を見て、ナタクもそちらに回ろうとした。
「じゃあ、モンスターの動きが封じられるまで、ボクも周りの敵を倒すね?」
 だが、それはすぐに却下された。
「誰も、拘束の用意はしてないよ」
 今回はカッセルが纏めた通り、集団攻撃アビリティの数が攻略の鍵となっていた。故に他のアビリティは持ってきていない者が殆どである。また、こう言う時に有効なキルドレッドブルーも、今回は誰も連れてきていなかったのだ。
 状況を理解したナタクは、臨機応変に対モンスターへとシフトする。結局、モンスターの相手はロレンツァとアルタイル、そしてナタクで行うこととなった。
(「そう言えば……体当たりをしてくるのだったな。……向こうから寄ってくる可能性もあるのか……」)
 ロレンツァの考え通り、敵モンスター達は跳ねながらロレンツァの方へ寄ってきた。
(「跳ねて移動するだけあって……位置は掴みやすいな……」)
 早速、彼は自分の方に寄ってきたモンスター目掛けて『慈悲の聖槍』を突き立てた。そこに続けて、アルタイルが紋章筆記で『エンブレムノヴァ』を放つ。
「燃え尽きろ!」
 その言葉通りモンスターは炎に焼かれ、その場にどさりと倒れた。
「それじゃボクも!」
 ナタクは『斬鉄蹴』を閃かせ、モンスターの頭上より蹴り落とす。その一撃で、モンスターは地に伏した。
 残るは1体。しかも直接攻撃はしない。3対1で負けるはずもなく、あっという間に残りのモンスターも倒される。
 クルドはモンスターが倒れたのを見て、辺りを確認する。召喚物が残っている可能性があったからだ。だが、主が死んで消えたのか、単純に全部倒したからか、召喚物の姿は見あたらなかった。
 砦の開放を確認し、冒険者達は武器を下ろす。
(「決して忘れはしないから……安らかにお休み」)
 剣を鞘に納めながら、セルシオはそう祈りを捧げた。
(「……せめて、その眠りが安らかであらんことを」)
 サタナエルも、モンスターに祈りを捧げる。

 こうしてまた一つ、ソルレオンの残した遺産は同盟諸国へと受け継がれた。


マスター:金華堂公子 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:10人
作成日:2006/09/16
得票数:冒険活劇17  戦闘3 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。