≪銀の女王アラハース≫決戦アラハース! 護衛するもの



<オープニング>



 ――銀の女王アラハース
 蜘蛛達の母にして七大怪獣が一体。
 優美なる銀の装甲は岩よりも固く、あらゆる攻撃を跳ね返す強固なる鎧となる。
 体躯に比べ細く長いその脚はその一振りで木々をなぎ倒す力を持ち、木々よりも遥か高くより見下ろす八つの瞳は虹色に輝き、その森に生けるもの達はその瞳に映らないように、日々を怯えて過ごしている。

 ――もし
 彼女に抗うのならば気を付けるが良い。
 彼女が吐き出す銀色の糸に絡め取られたものは、彼女の為にだけ戦う兵に成り下がってしまうだろう。

 ――もし
 彼女を牙をむくのならば覚えて置くが良い。
 彼女の周りには常に銀の幕が張られる、銀の蜘蛛城の中では思うように身動きすら取れなくなるだろう。

 ――もし
 彼女を滅ぼしたのならば絶望に打ち拉がれるだろう。
 銀の糸に絡め取られた仲間は永遠に戻らない、呪詛と共に滅びる彼女の呪いは永遠に解ける事は無いのだから……。

 だが、それでも彼女を滅ぼさなければならないのならば……彼女が巣食う森の実を潰し、その体に塗るが良い。
 それが唯一、彼女の呪いを避ける術となるのだから――

●決戦アラハース!
 カラフルな森を抜けると、何も無い荒野に出くわすだろう、そしてその先に只佇むように一本の銀の木がある。
 何故、その木の周りには何も無くなってしまったのか……それは誰にも解らない事だけれど、そこに巣くう彼女にとって周囲から近づくものが全て解るその木は都合の良い場所だった。

「いよいよ、アラハースとの戦いを始める……」
 一頻り何かを考えていたアムネリアは、一つ大きく息を吐くと集まっていた護衛士達に向かい話しを始める。
「まず、奴を巣から引き摺りだすために、銀の蜘蛛怪獣の死骸を持って銀の木の前まで行って貰う」
 地面に大きな木の絵を描き、そこまでの線を引く。
「蜘蛛の道を抜けると銀の木までの間には結構広い荒野が広がっているから邪魔するものは何もない。だが、銀の木に近づこうとすれば必ず黄の眷属が道を塞ぐだろう。これを相手にし他の者達を先に進ませる役が必要になる」
 木の手前で大きな丸を描いてから、アムネリアは護衛士達を見回す。
「そして、骸を見ればアラハースは怒りに身を任せて突撃してくるだろう……それを正面から食い止め、奴の気を引き付ける役が必要だ。……食い止めるといっても、要するに逃げ回るだけなんだけどな」
 まともにぶつかって如何こうなる相手ではないのだから……と呟くと先を続ける。
「正面で引きつけて貰っている間にアラハースの後ろに回りこみ、その体を登ってもらう……が、彼女の子供達が進入を拒むだろう」
 つまり、子供達を叩く役も必要なのだ。
「最後……アラハースの体をよじ登り、その瞳を破壊する者達が必要になる。八つの目全てを潰せればアラハースを倒すことが出来るだろう」
 アラハースの弱点は八つの瞳なのだと彼女は言う。
「それと、アラハースは周囲に銀の蜘蛛城を張る……この領域に入った力無き物は身動きすら出来なくなるほど強力な糸の領域だ。彼女に害を与え様と思うのならばこの領域から逃れる事は出来ないだろう」
 今の貴様等ならどんなに体力が無くてもある程度は抵抗できるだろうけど……と言うと、アムネリアはそれぞれの役割について細かく説明を始めた。

●護衛するもの
「この小隊には黄の眷属を相手にして貰おう。黄の眷属の能力は知っているな? 相手に気付かれること無く忍び寄り、麻痺の毒をもつ輪を呼び出して獲物を狩る」
 前回痛い目にあっているものも居る……覚えている者も多いだろう。
「今回は隠れる蜘蛛糸の道が無いし前回よりは見つけやすいかもしれないな」
 本来、この場所は彼の戦場ではないのだ、本来の能力は発揮できないだろう。
「私達は、黄の眷属の奇襲から他の小隊を護ってそのまま眷属を倒せば良いのね?」
 一言一言確認するように言う、悠久の誘い・メルフィナ(a90240)に、アムネリアは頷く。
「うん、それと今回はアラハースとの決戦時に同時に戦うことになる。当然、アラハースの銀の蜘蛛城の範囲内で戦うことになるのだが……」
「身動きが制限されるって事?」
 少し嫌そうな顔をするメルフィナにアムネリアは首を振る。
「確かにこちらの動きも制限されるが、奴自身と輪も影響を受けるんだ」
 それがプラスとなるかマイナスとなるかは解らないけれど……そうアムネリアは呟いて、
「兎に角……この小隊が失敗すれば、後の作戦に大きく響くのは間違いない。頑張って……絶対戻って来てね」
 胸に手をあて、祈るように彼女は護衛士達を見送った。

マスターからのコメントを見る

参加者
黄砂の女兵士・ガーベラ(a20332)
月闇の樹氷・アスト(a31738)
エルフの主婦・セレア(a33556)
激流の少年・ヴィアローネ(a38562)
変遷する紺青・ジィル(a39272)
清浄なる茉莉花の風・エルノアーレ(a39852)
王虎・アデル(a48929)
ノソ・リン(a50852)
NPC:悠久の誘い・メルフィナ(a90240)



<リプレイ>

●想いを秘めて
 赤い糸を振り払うと不意に視界が拓けた。
 青い空に輝く太陽の光に一瞬目を細め光に慣れた目を正面に向けると、そこに陽光を跳ね返して輝くように聳え立つ銀色の木を確認する事が出来る。

「決戦、ですね」
 他小隊の仲間達に先駆け銀の木に向かって走りながら、闇樹氷・アスト(a31738)は呟く。
 本当は仲良く出切れば良いともアストは考えるが、ワイルドファイアの皆が安心して過ごす為には女王を倒すしかないのだ。
「申し訳ないけど、女王様達には眠ってもらいましょう」
 正面に見える銀の木に巣くっているはずの女王に少しだけ意識を向けた後、アストは再び周囲の警戒に意識を戻した。
「……一度は強さを体験した敵……二度は負けないなぁ〜ん」
「前回は色々甘過ぎたからね……」
 何処かに居るはずの黄の眷属を探す、王虎・アデル(a48929)の言葉に、黄砂の女兵士・ガーベラ(a20332)が頷き、
「前回の雪辱……ううん、それよりも背を預けてくれた皆の為にも、自分のミスは自分でカタをつける!」
 リトル愚ルメな少女少年・ヴィアローネ(a38562)もまた決意を新たにする。
 彼等は一度黄の眷属に敗れているのだ。もう二度と負ける訳には行かないと思うのも当然だろう……それに今回失敗すればアラハースに向かう仲間達に危険が及ぶ。何が何でも、決して引かぬ覚悟を持って彼等はこの作戦に望んでいる、その士気はとても高かった。
 味方の士気は時に戦局を大きく動かす物だ。そんな仲間達の背中を頼もしく思いながら、清浄なる茉莉花の風・エルノアーレ(a39852)も周囲を見回して――
「あんな大きな物、ほかに考えられませんわっ!」
 クリスタルロッドを構えたエルノアーレの視線の先……荒野に只一匹、佇むように自分達にその視線を向ける巨大な黄色い蜘蛛を見つけ出す!
「……出来る事は少ないけど」
 銀花小花・リン(a50852)は、変遷する紺青・ジィル(a39272)の鎧に強大な力を注ぎ込みその形状を大きく変化させると、せめて背中だけは見せないと黄の眷属を真直ぐに見つめた。

「感謝してるぜ? 生かしてもう一度闘う機会与えてくれたこと」
 リンの援護を受けたジィルは黄の眷属の正面に立つと頭部から激しい光を放ち注意を惹き付ける。
「俺が倒れても、お前が死んだら俺の勝ち。お前は生きてて俺が倒れても、仲間が目的を果たしたら俺の勝ちだ」
 仲間を信じている、自分に出来る事は何かを知っている。だから、
『ギィ!』
 奇声を上げて自分の周りに輪を作り出す眷属に、ジィルは不敵に笑って見せると大きく息を吸い込んで――

●護衛するもの
 周囲に止め処も無く銀の蜘蛛糸が舞い落ちる。

 女王が戦闘体制に入った事を感知した黄の眷属は、アスト達を飛び越えてアラハースの元に駆けつけようと脚に力を溜めて跳躍しようとするが――
 ズガン! と眷属の体を巻き込むように、その正面で赤く透き通る矢が爆ぜる!
 体制を崩された眷属は、アーバレストを構えたままの、緑葉の鷹・セレア(a33556)に忌々しそうな視線を向けると、軽く後ろに飛び退いて新たな輪を作り出す。
 アデルはスーツアーマーに強大な力を注ぎ込みその形状を変化させ、アストが全身に黒い炎を纏おうとするが……
「なぁ!?」
 辺り一面に舞う銀の糸がアストの体に纏わりつき、その動きを阻害した。
「アスト、大丈夫かなぁ〜ん?」
 飛来する眷属の輪を盾で弾き、アストを振り返るアデルだが、アストに纏わりついていた糸はすぐに解けて消えていた。
 首を傾げるアデルの目に、今度は不吉のカードを手に持とうとしたジィルの体に蜘蛛糸が絡み付いている姿が映った。

 ガーベラはガーベラストレートを頭上に掲げ、そこに紋章の力を集結させる。そして、紋章筆記の力を巻き込んで大きく膨れ上がった炎の塊を眷属に向けて解き放つと、爆発と共に眷属の外装の一部を吹き飛ばした!
 負傷した眷属に追い討ちをかけるように、夢光年・ソランジュ(a36587)の長剣が突き刺さるが致命傷に至らしめるには威力が足りない。
 次いでヴィアローネは自らの鎧の形状を大きく変化させ防御力を上げ、
「これで蜘蛛城から解放されるとは誰も言ってませんでしたけれど。やってみなければわかりませんわ」
 エルノアーレは両手を胸の前で合わせると清らかな祈りを捧げるが、相変わらず周囲には繊細な銀の糸が降り注ぎ祈りによって何かが変わったようには見えなかった。
「うぅ……」
 眷属の輪に蛮刀をたたき付けようとしたリンの動きもまた、銀の蜘蛛城によって封じられる。
「……意外と、厄介な能力……」
 戦場全体がこの状況なら、他の小隊も只では済むまい……。

 銀の蜘蛛城の向こう……微かに見える影と、地を揺るがすような轟音が彼らの戦闘の激しさを伝えてくる。
 一瞬、アラハースに向かった仲間達に意識を奪われたリンだが、すぐに黄の眷属に集中する……彼らの為にも、まずは自分達の役割を果たさなければならないのだから。

●雪辱戦
 呼び出された二体の輪が、アデルの体を切り裂こうと突撃する!
 だが、一体は蜘蛛の領域に絡め取られ、もう一体もギィン! と金属を削る音を立てるにとどまり、勢い良く前に踏み込んだアデルの盾の前に止められる。
「なぁ〜ん!」
 そしてそのままの勢いで輪を払い、九一式徹甲断を眷属の体に叩き付ける!
 ギィ! と耳障りな音で鳴いた眷属だが、すぐさま前足を払うとアデルの体を吹き飛ばした。
「悪いけど、女王様の加勢には行かせませんっ!」
 吹き飛ばされたアデルの隙間を塞ぐように、アストは術手袋を正面に翳し無数の黒い針を生み出すと二体の輪ごと眷属の体を貫いて行く!
 くるくると旋回する輪に、セレアの放った矢が光の軌跡を描いて飛来し、リンが力の限り蛮刀を振り下ろすと、
「……まずは一つ」
 初めからそこに無かったかのように、輪は霧散した。

 瞳を閉じてエルノアーレが両手を広げると、美しく魅惑的な聖女が呼び出される。聖女がふらりと立ち上がったアデルに優しくキスをし、メルフィナが仲間達を励ます歌を歌うとアデルの足取りは確かなものになる。
 アデルと逆側に居たジィルが手に持つ紺青の刀身に稲妻の闘気を込めるとペインヴァイパーの青いガスが稲妻と交じり合いその力を増し……、
「これでも食らっとけ!」
 体重を乗せて突き立てた刃は眷属の体に深く突き刺さり、刀身に纏っていた稲妻が眷族の体を這うように縛り付ける!
 そして、再びガーベラが掲げた儀礼長剣の先に巨大な炎の塊を練り上げ、ヴィアローネが水のソルティレージュと名付けた杖から放った七色に輝く炎と交じり合うように眷族の体を包み込むとその体を爆発で包み込んだ。

●護衛者の末路
 戦場に力強い笛の音が響く……何事か? とアラハースに向かっている仲間達の方を見やれば、蜘蛛城の向こうに見える大きな影が悶えるように体を揺すっている姿が見えた。
「もう少しですわ、此方も頑張りましょう!」
 黄の眷属は既に、三本の脚を失い黄色かった装甲は爆ぜたい液に塗れ、殆どその原形を止めていない。だが、それでも眷属は女王の下に駆けつけようと道を塞ぐガーベラ達に挑み続ける。

 アストが正面に描いた紋章から狼のエネルギーを呼び出すと、銀色のそれはペインヴァイパーの緑のガスと融合して黄の眷属の脚に噛み付き組み伏せる!
 そして身動きの取れなくなった眷属に、ガーベラが三度巨大な火球を作り出し、それに併せるようにジィルがInside Moon -Blue Road-に稲妻の闘気を纏わせ、セレアの赤い矢が眷族の体を捉えて――
 爆発の後に残った物は、パサリと乾いた音を立てて地面に崩れ落ちたのだった。

「……勝った」
 ふっと息を吐いて、リンは肩の力を抜く。
「後は、あっちだね」
 ガーベラの紫の瞳が見据える先には、銀の蜘蛛城によって影しか見えないアラハースの姿、
「あ、見て!」
 そしてガーベラにつられるように、ヴィアローネ達が視線を移すと……丁度、アラハースの影が大きく動くと、長く、長く尾を引く轟音と震動を残して――
 周囲を舞っていた銀の糸の領域が消えて行く。
「勝ったのですね!」
 晴れ渡る空を眩しそうに眺めてからエルノアーレは湧き上がる実感を言葉にし、
「よっしゃー!」
 ジィルはアラハースの近くに見える仲間達の元へと駆け出した。

 不意に……目の前を横切ったそれに手を添えて、
「……雪?」
 何事かとセレアは小首を傾げて空を見上げると……幾万もの銀色の胞子が飛び散り、空を覆い尽くしていた。暫しその様子に見惚れていたアデルはその一つを追うようにカラフルな森に視線を向けて――
「森が銀色に染まって行くなぁ〜ん」
 彼らの位置から見える森が降り積もる雪を被り、雪化粧を施したかのように銀色に染まって行く。
 その姿はまるで、この森に訪れた新しい時の始まりを告げているようで、
「とても綺麗ですわ」
 そのきっかけとなった冒険者達を祝福しているようでもあった。

【END】


マスター:八幡 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:8人
作成日:2006/11/09
得票数:冒険活劇17  戦闘18 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。