グドン地域大制圧戦:夕暮れ色の実がなる村



<オープニング>


●グドン地域大制圧戦
 ランドアース中央部に広がるグドン地域。
 この、大繁殖したグドンが棲息する荒れ果てた森林地帯は、獰猛なトロウル王国から自国を護るために、北方セイレーン王国がグドンを養殖して作り上げたものであった。

 しかし、グドンの繁殖力を制御する事など出来よう筈も無い。
 一度解き放たれたグドン達は、その繁殖力を最大の武器として急速に棲息範囲を広げていったのだ。
 グドン地域は、それ自体が生物であるかのように、森を喰らい大地を荒らし、大陸中央部を分割するまでに巨大な物となってしまったのだ。
 そして現在、グドン地域はピルグリムグドンの繁殖により、より危険な場所へと変貌を遂げている。

 荒れ果てた森の奥深く。
 そこへ分け入る事は、同盟諸国の冒険者であっても命を掛けた冒険となる。
 だが、このグドン地域のほぼ中央に、北方セイレーン王国の遺跡である『古代の遺跡図書館』が存在するという。

 古代ヒト族の残した叡智を得る事ができれば、トロウルの崇める大神ザウスに関わる真実を知る事ができるかもしれない。
 この叡智は、グドン地域を切り開き制圧する事でしか得る事はできない。

 北方セイレーン王国の協力を受けつつ、冒険者達はグドン地域へと足を踏み入れるのだった。

※※※

「皆様、お集まりいただけたようですね。
 先日行われた北方セイレーン王国への使節派遣については、皆様も良く覚えていると思います。
 最も興味をひかれたのは、やはり『グドン地域の真ん中にあるエギュレ神殿図書館の禁書庫』でしょうか。
 トロウルとの決戦を控え、この禁書庫の情報は是が非でも手に入れなければならないでしょう。
 レルヴァ大遠征時のザウスの雷の悲劇を繰り返さない為にも……」
 エルフの霊査士・ユリシア(a90011)は、沈痛な面持ちでそう言うと、集まった冒険者達に向き直る。

「そこで、今回の依頼となります」
 強い意志を湛えた瞳で冒険者達を見たユリシアは、酒場のテーブルに地図を広げると、その中央に大きな丸を描いた。
 そして、一呼吸おいて
「このグドン地域を、地図より消すか……少なくとも半分の大きさにして下さい」
 と言ったのだった。

「グドン地域は、北方セイレーン王国、旧モンスター地域(死の国周辺)、トロウル王国の3つの地域に囲まれています。
 今回の作戦では、北方セイレーン王国側からと旧モンスター地域側からの2つの方角から、グドン地域を制圧していく事ができます」
 ユリシアの説明を要約するとこうなる。
 侵入路の一方、セイレーン王国側からの制圧部隊には、北方セイレーン王国の冒険者が同行し、道案内の役目を負ってくれる。
 彼らの案内で、セイレーン王国の幾つかの拠点を奪還していくのが役割となる。
 これらの拠点は、元々セイレーン王国の施設だった事もあり、拠点からグドンを一掃した後は、セイレーン王国へと返還する事になるだろう。
 もう一方、旧モンスター地域からの制圧部隊は、グドン地域の荒地に巣くうグドン達を殲滅して同盟諸国の領土を拡張する事を任務とする。
 北方セイレーン王国の冒険者は同行しない代わりに、こちら側で制圧した地域は、北方セイレーン王国より譲り受けて同盟諸国の領土とする事ができるだろう。
 そして、それとは別に、グドン地域の奥深くに入り込み『エギュレ神殿図書館』を探索する部隊も編成される。
 グドン地域の制圧が進めば比較的容易に中央部に入り込めるかもしれないが、グドン地域の奥地で孤立してしまう事に変わりは無い。引き際を誤れば、帰還する事さえ難しくなってしまう危険な任務となるだろう。

「グドン地域の中央部に近づけば近づくほど、ピルグリムグドンの比率が高まってくると予測されます。詳しい説明は他の霊査士からも行なわれると思いますが、充分に気をつけるようにお願いしますね」
 そう言うと、ユリシアは地図をくるくるとしまうと、冒険者達にむけて一礼したのだった。

●夕暮れ色の実がなる村
 今回冒険者達と一緒に行動する事になるセイレーンはまだ幼い女の子であった。ヒトならば10歳ぐらいだろうか。けれど、ませた仕草で優雅にドレスの裾を持ち上げるとややぞんざいに礼をした。
「はじめまして。わたくし潮騒のサーガ・レムリアと申します。どうせ短い間とは存じますけれど、わたくしたちの為に粉骨砕身してくださいませね」
 長い水色の髪をゆらめかせてニッコリと笑う。可愛らしいが小憎らしい。
「詳しい事はこの凡庸なエルフから聞いてください。色々と説明した様ですから役目を与えてやりましたわ。では……当日は時間厳守でしたよ」
 レムリアは素っ気なく礼をすると、そそくさと立ち去ってしまう。付き添っていた初老のセイレーンが深々と冒険者達にお辞儀をしてその後を追っていった。

「えっと……気を取り直して……詳しい説明をいたしますわ」
 エルフの霊査士・マデリン(a90181)はユリシアが示したものよりももっと範囲の狭い地図を冒険者達の前に広げて見せた。心なしか疲れている様に見える。
「セイレーン領から入ってすぐの村を開放していただきたいのですわ。大きな村で沢山の道がこの村近くで交差をしておりましたの。交通の要所……とでもいえばよろしいかしら。今ではすっかりグドンの集落ですわ。近くには道を監視する砦もあったのですけれど、ここにも数は少ないのですがグドンが住み着いておりますわ」
 マデリンは村と砦からグドンを追い払って欲しいと言う。砦と村の間は走って20分ほど。砦には10程の大人のグドンがいて辺りを警戒している。
 グドンに占拠されている村は50程の家があり、それぞれが大きな畑を持っていた。特に果樹の栽培には力をいれていて、汁気の多い夕暮れ色の実のなる木が村のあちこちにある。ちょうど晩秋は実りの季節で、グドン達の腹を満たしているだろう。食べれば医者にかかる必要がなくなると言われるほど滋養の高い実だ。
「村にいるグドンの数はおよそ50。当然ですけれど村に住んでいた方々は誰も残ってはおりませんわ。グドンの半数は大人で武器を持って戦ってくるでしょう。砦から危険が知らされれば50体全てが臨戦態勢になりますわ。逆に村で殲滅しきれなければ、生き残ったグドンは砦に逃げ込む筈です。そうなれば戦いが長引いてしまうかもしれませんわ」
 砦は岩場の上に立っていて、攻めるのは難しい。グドンが保存食を砦に用意しているとは考えづらいが、1日か2日は立て籠もるかもしれない。
「村や砦までの道案内は先ほどのセイレーンさんがやってくれますけれど、戦力とは考えない方がよろしいでしょう。あの方の出身地が村の近くなのですが、実はまだ冒険者になったばかりなのだそうですの」
 期待出来るほどの力はないらしいのだ。
「ちょっと……いえ、かなり性格もセイレーンらしい方ですし、皆様もご苦労なさるかと思いますけれど、どうかよろしくお願いします」
 マデリンも人知れずストレスを溜めているのかもしれない。

!注意!
 このシナリオは同盟諸国の命運を掛けた重要なシナリオ(全体シナリオ)となっています。全体シナリオは、通常の依頼よりも危険度が高く、その結果は全体の状況に大きな影響を与えます。
 全体シナリオでは『グリモアエフェクト』と言う特別なグリモアの加護を得る事ができます。このグリモアエフェクトを得たキャラクターは、シナリオ中に1回だけ非常に強力な力(攻撃或いは行動)を発揮する事ができます。

 グリモアエフェクトは参加者全員が『グリモアエフェクトに相応しい行為』を行う事で発揮しやすくなります。
 この『グリモアエフェクトに相応しい行為』はシナリオ毎に変化します。
 エルフの霊査士・マデリンの『グリモアエフェクトに相応しい行為』は『献身(devote)』となります。
 グリモアエフェクトの詳しい内容は『図書館』をご確認ください。

マスターからのコメントを見る

参加者
六風の・ソルトムーン(a00180)
猫又・リョウアン(a04794)
桜雪灯の花女・オウカ(a05357)
月翔華・マーク(a05390)
氷刃・シュン(a27156)
金牙百光・ユン(a35696)
ミナモのおだやかおばあちゃん・リメ(a37894)
いつか星の大海へ・ミレアム(a45171)
釣りのお姉さん・フェルディア(a46259)
追憶と探求の輪舞曲・フォーニア(a57615)


<リプレイ>

●臨
 砦とは逆の方角から村を臨む。
「あれですわ。厭わしい村……グドンごときに占領されるなど」
 幼い容姿のセイレーン、潮騒のサーガ・レムリアは顔を背けながら指をさした。多少土地勘のある彼女の道案内もあってか、時間を無駄にする事なく到着した。
「ここからは私達にお任せを……高貴な貴方がその御手を汚す必要はありません」
 とても丁寧にうやうやしく、猫又・リョウアン(a04794)はレムリアに一礼する。そしてすぐに視線を村へと向けた。
「いくぞ」
 レムリアなど初めから眼中にないのか、六風の・ソルトムーン(a00180)は仲間に短く声を掛け村へと進み始める。既に別動の者達は移動を開始している。
「まっ……その為に来たんだし、な」
 漆黒の強弓を持ち直し、氷刃・シュン(a27156)はソルトムーンの後に続く。あまり戦闘に適した動きやすい服装には見えないが、これがいつもの戦装束だ。
「わかりましたわ。わたくし、同盟冒険者の邪魔はしませんことよ。ご心配なく……」
 睨むような上目使いでレムリアは虚勢を張った言葉を返した。けれど、もう誰も彼女の言葉を聞く者はない。
「……」
 そっとレムリアの肩に触れた声無しの歌い手・フォーニア(a57615) は、言葉もなく後方へと押した。そのまま何も言わずにフォーニアは村へと進む。金牙百雷・ユン(a35696)もレムリアに特別な関心はない。それよりは村や砦にいるグドン達の方が気に掛かるが、憐憫を感じないわけでもない。
「自分に……出来ること……と、力を……見極めて……やって……ね」
「すぐにグドンを一掃して村を開放する」
 とれーど・マーク(a05390)は仄かに笑みを浮かべて言う。冷たい視線のままの氷の微笑だ。
「えーっとぉ……わたくしたち村に行きますけれど、こちらでお待ち下さいますわね」
「……村には入りませんわ」
 レムリアの言質を取ると、少しだけ安堵したかの表情をして、蒼桜雪の斎女・オウカ(a05357)も仲間達の後を追って村へと走り出した。

 村から砦へと向かうなら必ず通りそうな場所。そこに3人の冒険者が身を潜めていた。
「この辺りでよさそうですね」
 あちらの草むら、こちらの木陰……と、様子を窺っていたミナモのまったりおばあちゃん・リメ(a37894)であったが、やっとその眼鏡に適う場所を見つけた。それは物置小屋裏手であった。農作業の道具などを入れておく場所であったのだろうが、今は何も入っていない。
「まだ戦いは始まってないみたいね」
 遠眼鏡を顔の前から外し、いつか星の大海へ・ミレアム(a45171)は肉眼で村の方角を見つめる。まだ朝の気配が残る辺りには静寂に包まれている。ほどなくこの静寂は破られ、武器が鳴る音、絶叫、足音、壊れる音に取って代わられる事だろう。
「ミレアムちゃん。インセクトを出すときは言ってね。私、ミレアムちゃんの側で護衛役になるから」
「わかったわ。ありがとう」
 鎮花釣師・フェルディア(a46259)はミレアムにニッコリと笑って武器を引き寄せた。冷たい金属の感触が、逸る心を静めてくれる様であった。
「何か様子が……始まったかもしれません」
 リメがミレアムとフェルディアに声を掛ける。フェルディアがすぐに遠眼鏡を顔の前に掲げる。
「そうみたい、ミレアムちゃん」
「……頼むわね」
 創られたばかりのクリスタルインセクトが村へ向かって歩き出す。その目は既にミレアムの目であった。

●闘
 戦場は村の端から起こり、今は最も広い村の中心部に移っていた。
「団体で来ましたか」
 リョウアンの手に赤く透き通る炎の矢が創り出される。
「この辺り、ストリームフィールドしてあるからね!」
 矢を手にしたリョウアンにマークが声を掛ける。けれど、そこは戦場のまっただ中なので、叫ぶようにして腹から声を出さなくては届かない。
「通常攻撃ではないですから」
 リョウアンはギリギリまで敵を惹きつけるために創り出した矢をまだ放ってはいない。
「先に行くぞ」
 ソルトムーンは皆よりも身体3つ分前に出て戦っていた。既に武器の形は大きく変わっている。柄は長く刃は大きくなった武器を思うさま横に薙ぎ払い、敵に攻撃を入れる。味方に被害が出ない様前に出ているため、細かい怪我を負っているがそんな様子は微塵も見られない。ほぼ同時にリョウアンの矢が接近してきていたグドンに命中した。小さな爆発が起こり、廻りのグドン達が足から血を流す。広場植えられていた果樹の幹にも大きな傷が入った。
「雑魚なら通常攻撃で倒せそうなものだが……まだ風の効果があるな」
 ちょこまかと動き回るグドンの1匹に狙いをつけ、シュンは矢を放つ。それは光る曲線を描いて狙ったグドンの胸に突き刺さり、それきりグドンは倒れて動かなくなる。
「…………」
 声帯を震わせることなく漏れる空気の音が『音楽』を創る。フォーニアの静かなる歌が騒がしき戦場に響く。歌は仲間を励まし勇気づけ、更なる戦いへと駆り立てる。敵から受けた怪我の痛みはもはや気にならない。
「背中……預けます」
 ユンは背後への配慮を捨て敵に蹴りを放つ。石を棒にくくりつけただけの斧を振りかざしたグドンが3体ほどが視界に入る。その一番手近な敵へと眩しい光の軌跡を描く蹴りが放たれた。蹴りは命中しグドンの身体を貫く。血と肉が飛び散って身体がほぼ砕ける。それでも退かないグドン達の石斧がユンの足や手の先に小さな傷を付けた。
「とどめだよ」
 マークが弱って膝をついていたグドンに剣を振るう。その身に残る血をばらまき、グドンは血の中に倒れ伏した。
「…………皆様に」
 目を閉じてうつむいていたオウカが両腕を広げると、光の波もオウカの身体から放たれて広がる。光は仲間達をそっと優しく包み癒し……怪我の痛みも退いていく。

 ミレアムの目は2体めのインセクトと同化していた。
「1匹……来るわ」
 虚空を眺めている風のミレアムの唇が動く。
「レムリアさんはこちらでじっとしていてくださいね」
 リメは孫の様にも見えるレムリアに力を送りその華奢な装備の形を変える。同じ意匠の飾りが増えてよりゴージャスになった様だ。1人でフラフラしているところをリメに連れて来られたのだ。
「わたくし……ただの道案内でしてよ。冒険者では無くても、誰にでも出来る事ですわ。ですから、わたくしなど守っても無意味ですわ」
「いいえ。あなたの冒険者なのでしたら何事も経験……そして経験を蓄積するには死なないことですよ」
 優しいリメの言葉と笑みにレムリアは声も出ない。
「レムリアちゃん、これ着ていてね」
 フェルディアはマントをレムリアに着せ掛けると、弓を持ち矢をつがえる。
「来たわ!」
 放たれた矢は寸分の狂いもなく砦へと走るグドンの胸を貫いた。

●血
 広場での戦闘はほぼ片が付き、それぞれ数人に別れて残存するグドンを狩る。広場には20匹以上のグドンがその屍をさらし、あたりは流れた血で真っ赤に染まっている。広場の外周にある果樹は半分以上が枝や幹に傷を負い、朱い実が幾つも地面に落ちて潰れている。

「やはりいたか!」
 ソルトムーンは3度形を変えた武器を手に攻撃に出た。無駄の無い流れる様な動きで武器を横に薙ぐ。目の前の崩れかけた家からぞろりと手足をつけたまま現れたのは……背にトンボの様な薄い翅を持つ大きな個体であった。明らかにソレだけ異質に見える。ソルトムーンの攻撃で柔らかいグドンの肌がはぜ、大きな傷がぱっくりと開く。耳障りな甲高い悲鳴を上げた四つんばいのピルグリムグドンが闇雲にソルトムーンに向かってくる。その前肢をダークネスクロークが防御する。

 リョウアンの姿は深手を負って今にも倒れそうに見える。それは多分演技と、そして防具がボロボロに見えるからだろう。よろめくようにして崩れそうな民家の戸を開ける。暗がりから飛び出したのは……やはりグドンであった。小さなグドンが5匹、一斉に飛びかかってくる。
「掛かりましたね」
 リョウアンの手に赤く燃える矢が現れ、至近距離で爆発が起きる。その直後、真後ろからもグドンが数匹リョウアンに飛びかかってくる。

 シュンの手から放たれた矢が小さなグドンの胸を貫く。隣を走っていたグドンが気が付いて向かってくるが、それもシュンに触れる事なく射抜かれ倒れる。
「これじゃ狩り……とも言えんな。相手がグドンじゃ煮ても焼いても食えんからな」
 長い銀の髪を今は矢を持っていない手で掻き上げる。

 フォーニアはボロボロの家の戸を開けた。外の光が薄暗い屋内に眩しく射し込むが……ここには何もいない。振り返った瞬間、目の前に小さなグドンがいた。その数3。もの凄い形相でフォーニアを睨んでいる。
「……」
 とっさに攻撃の態勢を取る。黒い無数の針がフォーニアからグドン達へと放たれる。

 ユンが開けようとした戸は建て付けが悪かったのかなかなか開かない。それでも力任せに開けようとすると、戸は壊れて取れてしまった。
「かくれんぼ……じゃ……ない、よ」
 そっと中を窺う。不意に気配がした。屋根からグドンが降ってくる。体勢を崩して転がりその体当たりをかわす。一回転して立ち上がるとその敵に蹴りを放った。

 マークとオウカは一緒に村を歩いていた。まだ全てのグドンを始末したとは思えない。どこでそっと機会を窺っているのだろうか。
「いたよ」
 マークが指さす先には朱色の実をつけた果樹があり、その木に小さなグドンがよじ登っている。
「やるよ」
「……これも仕方ないことですわ」
 覚悟を決めてオウカは走るマークの後を追った。

 ミレアムの見ていた情景がフッと切れた。
「時間切れね」
 急に切り替わった視界にめまいを感じて軽く頭を振る。最後の情景……そこではソルトムーンがピルグリムグドンと1人で戦っていた。
「ソルトムーンは大丈夫かしら」
 歴戦の強者であることは良くわかっているし、心配する事などないのかもしれないが心が揺らぐ。
「他人の心配をしている場合ではなくってよ」
「また村から逃げ出すグドンです」
 レムリアとリメが指摘する……村の方角からグドンがやってきていた。大きい個体が2、小さなモノが4はいる。リメは物置の影から出てグドンに黒い無数の針を放つ。先頭を走ってきたグドンがどっと倒れた。もう1体も血を流して動かなくなる。けれど小さいグドンの戦意は落ちないのか、こちらに向かって飛びかかってくる。
「来ないで! 牙狩人だからって甘く見ないで!」
 フェルディアが弓でグドンを押し返す。けれど、それでもグドンは怯まない。
「ここで止めるわ」
 ミレアムは中空に紋様を描く。そこから生み出された光の針がグドン達に無情の雨の様に降りそそいだ。高いくぐもった悲鳴をあげて小さなグドン達が倒れていく。4匹が倒れた。
「あちらからも敵ですわ」
 レムリアが指さしたのは村とは逆の……砦側であった。その数10。砦にいた全てのグドンだ。いまさら隠れる事は出来そうにない。
「倒すしかありませんね……レムリアさんは下がっていてください」
 リメはレムリアを背に庇うようにして前に出ると、両手の平を迫り来るグドン達に向かって差し出した。

●実
 幾度武器が振り下ろされ、敵の血が乾いた大地を濡らしただろう。そこには幾ばくかソルトムーンの血も混じっていたかもしれない。それでも互いに譲らず、そしてどちらも戦意を失っていなかった。
「ぎゃああぁぁ」
 全身から血を流しつつ戦うピルグリムグドンは、またしてもソルトムーンに前肢を振り上げる。充分にかわした筈だったが、足元が血だまりにとられて動きが鈍った。その為、前肢自体は触れていないのだが、そこから生じた衝撃波の様なものがソルトムーンの胸を叩く。鎧が澄んだ音を奏でる。その圧がソルトムーンを数歩退かせた。
「貴様……!」
 たかがピルグリムグドンごときに後退してしまうとは……武人の矜持が激しく傷つけられた気がした。その熱い想いが鈍い身体の痛みも吹き飛ばす。元の姿に戻っていた武器に再度形と力を付与する。手にした武器の柄が伸び刃が大きくなる。ピルグリムグドンの前肢がソルトムーンに叩きつけられる。避けきれずに敵の左前肢にしがみつく。振り回されそうになったところで急に敵が力を抜いた。右の前肢に赤い跡が5本、獣の爪でえぐられたようにくっきりとついている。
「そんないい敵を独り占めなんてずるいですよ」
 リョウアンの声であった。
「貴殿にしては遅参であったな」
「まぁ色々と残党があったんですよ」
 僅かに笑みを浮かべてリョウアンは言う。更に稲妻の閃きを帯びたまばゆい矢がピルグリムグドンの胸を射る。それはシュンの矢であった。
「眠れ……永久に覚めない深き悪夢を見るがいい……って、しぶといぞ」
 けれど、まだ削りきれない。
「……」
 路地を曲がってフォーニアも駆けつけてきた。服に血がついているし、髪も乱れているが怪我はなさそうだ。ソルトムーンを見ると相応の距離で立ち止まり無の歌を歌う。フォーニアにしか歌えなさそうな声なき歌が味方の心と体を癒していく。
「私が!」
 ユンの蹴りがピルグリムグドンを捉えた。光の軌跡を描いて放たれた蹴りはピルグリムグドンの横っ腹にめりこみ、引き抜くと血が噴き出した。ユンの足も血で染まっている。ゆるりと大きな身体は地面に倒れ込んだ。

 敵が粗悪な弓からこれまた粗悪な矢を放つ。しかし、それらは全て射たグドンへと向かって戻る。
「間に合ったね!」
 振り返るとそこにマークとオウカの姿があった。マークの力が射出する攻撃を向こうにしたのだろう。
「えーっとぉ……あの、合図がありませんでしたので、心配して来てしまいました。お邪魔でしたでしょうか?」
 控えめにオウカが言う。その間にも柔らかな光がオウカの身体から辺りにそっと広がってゆき、その暖かい光が仲間達の小さな傷を癒してゆく。
「そんなことないわよ。力を貸して」
 ミレアムは再度紋様を空に描く。そこから生み出された無数の黒い針がグドン達へと向かって飛ぶ。まるで突然の雨に振られたかのようにグドン達が逃げまどう。
「怖い!」
 しがみついてくるレムリアをリメは拒絶出来なかった。優しく抱きしめポンポンと背を叩く。
「大丈夫ですよ。すぐに怖いことは終わってしまいますからね」
「砦のグドンは全部ここにいるわ。片づけちゃいましょう」
 フェルディアは逃げるグドンの1匹に狙いを付けると、気負いもなく矢を放った。

 村と砦からグドンは消えた。村の果樹も沢山の実を落とし、駄目になってしまった木もあったが全滅したわけではない。来年の秋にはきっとまた夕陽色の実をつけてくれることだろう。
「わたくしは礼は言いません事よ」
 レムリアはぷいと横を向いた。
 グドン達から取り戻した土地は、北方セイレーンのモノとなった。


マスター:蒼紅深 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:10人
作成日:2006/11/16
得票数:冒険活劇24  戦闘8 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。