グドン地域大制圧戦:黒鼠の尾



<オープニング>


●グドン地域大制圧戦
 ランドアース中央部に広がるグドン地域。
 この、大繁殖したグドンが棲息する荒れ果てた森林地帯は、獰猛なトロウル王国から自国を護るために、北方セイレーン王国がグドンを養殖して作り上げたものであった。

 しかし、グドンの繁殖力を制御する事など出来よう筈も無い。
 一度解き放たれたグドン達は、その繁殖力を最大の武器として急速に棲息範囲を広げていったのだ。
 グドン地域は、それ自体が生物であるかのように、森を喰らい大地を荒らし、大陸中央部を分割するまでに巨大な物となってしまったのだ。
 そして現在、グドン地域はピルグリムグドンの繁殖により、より危険な場所へと変貌を遂げている。

 荒れ果てた森の奥深く。
 そこへ分け入る事は、同盟諸国の冒険者であっても命を掛けた冒険となる。
 だが、このグドン地域のほぼ中央に、北方セイレーン王国の遺跡である『古代の遺跡図書館』が存在するという。

 古代ヒト族の残した叡智を得る事ができれば、トロウルの崇める大神ザウスに関わる真実を知る事ができるかもしれない。
 この叡智は、グドン地域を切り開き制圧する事でしか得る事はできない。

 北方セイレーン王国の協力を受けつつ、冒険者達はグドン地域へと足を踏み入れるのだった。

※※※

「皆様、お集まりいただけたようですね。
 先日行われた北方セイレーン王国への使節派遣については、皆様も良く覚えていると思います。
 最も興味をひかれたのは、やはり『グドン地域の真ん中にあるエギュレ神殿図書館の禁書庫』でしょうか。
 トロウルとの決戦を控え、この禁書庫の情報は是が非でも手に入れなければならないでしょう。
 レルヴァ大遠征時のザウスの雷の悲劇を繰り返さない為にも……」
 エルフの霊査士・ユリシア(a90011)は、沈痛な面持ちでそう言うと、集まった冒険者達に向き直る。

「そこで、今回の依頼となります」
 強い意志を湛えた瞳で冒険者達を見たユリシアは、酒場のテーブルに地図を広げると、その中央に大きな丸を描いた。
 そして、一呼吸おいて
「このグドン地域を、地図より消すか……少なくとも半分の大きさにして下さい」
 と言ったのだった。

「グドン地域は、北方セイレーン王国、旧モンスター地域(死の国周辺)、トロウル王国の3つの地域に囲まれています。
 今回の作戦では、北方セイレーン王国側からと旧モンスター地域側からの2つの方角から、グドン地域を制圧していく事ができます」
 ユリシアの説明を要約するとこうなる。
 侵入路の一方、セイレーン王国側からの制圧部隊には、北方セイレーン王国の冒険者が同行し、道案内の役目を負ってくれる。
 彼らの案内で、セイレーン王国の幾つかの拠点を奪還していくのが役割となる。
 これらの拠点は、元々セイレーン王国の施設だった事もあり、拠点からグドンを一掃した後は、セイレーン王国へと返還する事になるだろう。
 もう一方、旧モンスター地域からの制圧部隊は、グドン地域の荒地に巣くうグドン達を殲滅して同盟諸国の領土を拡張する事を任務とする。
 北方セイレーン王国の冒険者は同行しない代わりに、こちら側で制圧した地域は、北方セイレーン王国より譲り受けて同盟諸国の領土とする事ができるだろう。
 そして、それとは別に、グドン地域の奥深くに入り込み『エギュレ神殿図書館』を探索する部隊も編成される。
 グドン地域の制圧が進めば比較的容易に中央部に入り込めるかもしれないが、グドン地域の奥地で孤立してしまう事に変わりは無い。引き際を誤れば、帰還する事さえ難しくなってしまう危険な任務となるだろう。

「グドン地域の中央部に近づけば近づくほど、ピルグリムグドンの比率が高まってくると予測されます。詳しい説明は他の霊査士からも行なわれると思いますが、充分に気をつけるようにお願いしますね」
 そう言うと、ユリシアは地図をくるくるとしまうと、冒険者達にむけて一礼したのだった。

●黒鼠の尾
「皆さんには、北方セイレーン王国側からの拠点制圧に向かっていただきます」
 開口一番に告げる真実求む霊査士・ゼロ(a90250)の言葉に、冒険者たちも待ってましたとばかりに頷いた。
「同行する道案内役の北方セイレーン王国の冒険者はリーという名の吟遊詩人の男性で、向かう拠点はかつて劇場として利用されていた施設なのだそうです。多くの人数を収容できる建物でもありますので、拠点としても利用可能でしょう」
 ゼロはそのまま言葉を止めずに、その拠点を根城にしているグドンたちについて説明し始めた。
「その周辺にいるグドンは恐らくネズミグドンで、施設内にも数多く入り込んでいると思われます。数は70から80といったところで、中にはピルグリムグドンの存在も感じられます」
 ピルグリムグドンと聞いて反応する冒険者たちに小さく頷き、ゼロは話を続ける。
「そのピルグリムグドンは黒い毛並みをしており、尻尾が幾つもの金属の刃で出来た蛇腹剣のようになっています。その尻尾とは別に両手にも剣を持っており、三本の刃で激しい攻撃を仕掛けてくるようです」
 周囲に群がるネズミグドンたちも、そのほとんどが剣を装備しているだろうとゼロは付け加えた。
「同行するリーさんは戦闘については不得手とおっしゃっており、拠点制圧の報告もあるので戦闘には参加されないそうです。戦いについてはお任せするとおっしゃっていましたので、作戦などについては皆さんでまとめてもらって結構でしょう」
 それではよろしくお願いしますと、ゼロは冒険者たちに一礼を送るのだった。

!注意!
 このシナリオは同盟諸国の命運を掛けた重要なシナリオ(全体シナリオ)となっています。全体シナリオは、通常の依頼よりも危険度が高く、その結果は全体の状況に大きな影響を与えます。
 全体シナリオでは『グリモアエフェクト』と言う特別なグリモアの加護を得る事ができます。このグリモアエフェクトを得たキャラクターは、シナリオ中に1回だけ非常に強力な力(攻撃或いは行動)を発揮する事ができます。

 グリモアエフェクトは参加者全員が『グリモアエフェクトに相応しい行為』を行う事で発揮しやすくなります。
 この『グリモアエフェクトに相応しい行為』はシナリオ毎に変化します。
 真実求む霊査士・ゼロ(a90250)の『グリモアエフェクトに相応しい行為』は『不殺(korosazu)』となります。
 グリモアエフェクトの詳しい内容は『図書館』をご確認ください。

マスターからのコメントを見る

参加者
旅人の篝火・マイト(a12506)
銀嶺の白狼・グレイ(a27749)
緋閃・クレス(a35740)
水の邪竜巫女・チドリ(a38140)
小さな探究者・シルス(a38751)
小白華・ミフィリア(a43397)
若緑樹へ寄り添う紫眼竜・シェルディン(a49340)
ぶどう科・リルル(a52901)
霜天の守護者・ファージ(a55695)
黄色の羽毛・ピヨピヨ(a57902)


<リプレイ>

「案内、よろしくなの」
 大きな栗の木の下の・リルル(a52901)に言われ、セイレーンの吟遊詩人だというリーはパサリと髪をなびかせながら軽やかに頷く。
「国を守る為とはいえ、グドンを養殖するなんてすげーことするよな」
「……仕方のない選択だったかもしれませんの」
 グドン地域について話す緋蓮の双剣士・クレス(a35740)と水葬曲青之楽章・チドリ(a38140)の会話も何処吹く風、「よろしくお願いします」と挨拶する小さな探究者・シルス(a38751)に、リーはお任せくださいと一礼を返していた。
「妾でも役に立つと言うなら……がんばってみようかのぅ」
 自分に言い聞かせるように小白華・ミフィリア(a43397)が呟く中、旅人の篝火・マイト(a12506)が「全力でお守りします」とリーに告げるのだが……自分は戦う気が無いから、戦闘の間は少し離れているとリーは歌うように返す。
「では、行きましょうか」
 皆に呼びかけるは一握の良識・シェルディン(a49340)。今回の作戦の指揮を執る彼女の言葉に、冒険者たちは陣形を組んで駆け出すのだった。

 冒険者たちは半円を描くような配置でグドンの群れへと近づいてゆく。その端に位置するのはそれぞれミフィリアとシェルディン。先頭を走ると共にグドンを円の外側に逃がさないようにする為には重要なポジションだ。
「可哀想じゃが……」
 ざざんっ!
 二人は流水撃でグドンたちを薙ぎ払うが、狙いは冒険者たちの外側へと回り込もうとするグドンたちを優先しなければならないので、包囲の内側のグドンたちは怒りの形相で二人に攻撃を仕掛けてくる。
 ミフィリアに剣を振り上げる鼠グドンをクレスはミラージュアタックで打ち倒した。だがその後ろから両側から、続いて迫るグドンたちがクレスにも刃を刻み付ける。
「確実に減らそうね」
 黄色の羽毛・ピヨピヨ(a57902)の放つニードルスピアが続くグドンたちを牽制して歩みを遅らせるが、それでも何匹かのグドンは倒れずに迫ってくる。
 ピヨピヨは全体の方針に従って配置につき、自分の考えとは場所が少し違ってしまっていた。それでも持てる力を尽くそうと儀礼用長剣を握り締める。
 一方ではシェルディンの受けたダメージをシルスがヒーリングウェーブで回復させていた。
「……頑張ります」
 その前では不滅の盾・ファージ(a55695)が不動の鎧を発動させていたが、目の前のグドンが剣を振り下ろしてくる。肩を叩かれよろめく所に別のグドンも剣を突き出し、ファージの腕を切り裂いた。
「劇場は返してもらう」
 踏み出し、銀嶺の白狼・グレイ(a27749)が流水撃でグドンたちを薙ぎ払うが……ファージに向かいつつあるグドンたちをカバーできるまでは届かない。劇場の外に展開しているグドンたちを半円で包むような陣形を取った冒険者たちだったが、その為に互いの距離がある程度開いてしまっていたのだ。ゆえにポイントとなるのは個々の戦闘力と、射程のある攻撃での援護となる。
「白き矢を、我に敵対せし者共を射抜け!」
 マイトがホーミングアローでファージに迫る一体のグドンを射抜いて援護するが、まだまだグドンの数は多く残っていた。
 ピヨピヨのニードルスピアで浮き足だったグドンたちに、リルルのニードルスピアが追い討ちをかけて倒してゆく。
「全力で叩きますの!」
 チドリが両手杖をぐっと突き出し、無数の針が現れた。リルルとチドリの位置は半円の弧の中央辺りで最奥となる。しかし包囲しに向かっているこの形では、正面にも数多くのグドンが存在していた。リルルがクレスとピヨピヨの方へニードルスピアの援護をしたことに対し、チドリは自分達の正面に迫るグドンたちを一気に貫いてゆくのだった。

 グドンたちを囲う冒険者たちの半円は、じりじりと劇場に向かって縮まってゆく。そうすれば互いの距離も近くなり、連携や援護も取りやすくなるだろう。それまでは一気にグドンを倒しつつ進むしかない。
「妾は妾に出来ることをやるのみ、じゃな」
 半円の切れ目に位置するミフィリアは、大鎌を振り抜いてグドンたちを薙ぎ払う。ここから円の外側にグドンたちが出てしまっては陣形の意味が失われてしまう為、ミフィリアは注意してグドンの動きを眼で追っていた。
 ざくっ、とグドンの剣がミフィリアの脇腹を裂いた。敵の数も多く、流水撃で捉え切れなかった一体が横から突っ込んできたのである。
「行け!」
 ばさりとダークネスクロークを翻し、クレスはグドンの剣を払ってその体を袈裟懸けに斬り裂いた。その言葉に答えてピヨピヨはミフィリアの元へと駆け寄って癒しの水滴を発動させる。

「く……」
 ファージは目前のグドンたちから攻撃を受けつつ、小さく息を吐いていた。傍のシルスは回復で手一杯、もし彼が回復を止めて攻撃に転じれば確かにグドンの倒れるスピードは上がるだろうが半円の端で奮戦するシェルディンや前に立つ自分はすぐに倒れてしまうだろう。
 がっ、と盾で何とかグドンの攻撃を受け止めて、剣で反撃するファージ。その一撃で何とかそのグドンは倒したが、右から別のグドンが剣を叩きつけてくる。視線だけを送れば更に左から正面から、グドンが剣を振り上げて突っ込んでくる。ファージは堪らずがくりと膝を地面につけた。
「治しにいくからね」
 そのピンチに気付いたリルルがフォローに向かう。だが残されたチドリは前衛を失い、迫るグドンの剣が肩を斬り裂いた。
「っ……離れすぎないように気をつけてくださいですの!」
 回復するか一瞬迷うチドリ。だが自分がグドンと近接している現状では、すぐにまたダメージを受けてしまうだろう。ならば……。
 ががががっ
 ばら撒かれるニードルスピアがグドンたちを打ちのめしてゆく。つぅ……と肩を伝う血を手で拭い、チドリは奥歯を噛んで前へと進む。敵を減らして包囲を狭め、仲間が互いにフォローできる距離まで近づく為に。
 グレイも流水撃で敵を屠る度に前へと歩みを進めていた。マイトはチドリかファージのどちらを援護するか一瞬だけ迷うも、チドリの前に迫っていたグドンに向けてホーミングアローを射出する。そのお陰でチドリとグレイの距離は近づき、チドリの前方半分ほどをグレイの流水撃が打ち払える程度にまで接近することが出来るようになったのであった。

「はぁぁっ!」
 ピヨピヨから癒しの水滴を受けて傷を癒し、ミフィリアは一気に流水撃を放っていた。大鎌が流れる動きでグドンを切り裂き、地に倒してゆく。その活躍を支えるのはクレスだった。少しだけ踏み出して数多くの攻撃を受けていたクレスだが、召喚獣も活用して致命傷だけは何とか避けている。そして一匹ずつでも確実にグドンを減らしていったのである。
 だが塵も積もれば何とやら、無数の浅い傷を受けて息を荒くし始めたクレスにピヨピヨは急ぎ癒しの水滴を施す。
 がががっ!
 幾本もの針がそこのグドンたちを貫いていった。徐々に包囲を狭めていったお陰で、チドリのニードルスピアも届くようになってきたのである。もう少しだとクレスは武器を握り直す。
「そっちも……!」
 外に抜けようとするグドンを片付けたシェルディンの流水撃が、ファージに迫るグドンの一角を打ち崩した。それで生まれた一瞬の間に施されるリルルの癒しの水滴、シルスのヒーリングウェーブによって何とか立ち上がるファージ。お返しとばかりに剣を振り下ろし、目前のグドンを打ち倒す。

 そうして体勢を立て直した冒険者たちはそのまま包囲を狭め、劇場の外に展開するグドンたちを一掃したのだった。

 ばぁん! と扉を開いて劇場の中へと突入する冒険者たち、まず目に入る中央の舞台から、階段状に客席が広がって通路が伸びている。そしてその舞台のど真ん中に黒いグドンが立っていた。
「なっ!?」
 じゃららっ! と金属音を響かせて刃がマイトを突き刺していた。その先を見れば舞台に居座る黒鼠グドンから尾が伸びている。劇場の中という限定空間でどれだけの距離が取れるのかは分からないが……マイトは突き刺さった刃を振り払って下がり始めた。
「思ったより狭いですの」
 言いながらチドリはニードルスピアを射出する。客席にも何匹かのグドンが座ったり寝転んだりしていたが、外の音や喧騒が伝わっていなかったらしくグドンたちは焦った様子で貫かれていった。
「折角の劇場が台無しです」
 その光景にシルスは呟き、チヅキに鎧聖降臨を施す。冒険者たちはニードルスピアで切り開かれた通路を駆け下り、ピルグリムグドンの居座る舞台へと飛び出していった。
「後ろにも居るよ!」
 距離を取るマイトと共に残るのはピヨピヨ。後方の席に残っていたグドンたちにニードルスピアを撃ち出して下がれるスペースを確保する。マイトも先に片付けないと、と矢を射出していった。

「……鬱陶しい」
 通路を降りる冒険者たちに、客席からグドンたちが跳びかかってくる。それをグレイは流水撃で薙ぎ払い、クレスはソニックウェーブでピルグリムグドンを狙う。
 迫り来る衝撃波を黒鼠は横に動いて回避するが、その間にミフィリアが舞台へと上がった。
「気をつけねばのぅ」
 舞台にも数匹のグドンが上がってきていたので、そいつらを巻き込んでミフィリアは流水撃を放つ。周囲のグドンは易々と屠れたようだったが、黒鼠は手にした剣でミフィリアの刃を捌いていた。
 シェルディンは黒鼠の尾を狙うが、その攻撃は尻尾を僅かに振る動きだけで外される。リルルも黒鼠が持つ三つの刃に注意しながら舞台へと上がった。

「後ろにも注意して下さいですの」
 チドリは後方で戦うピヨピヨに迫るグドンたちに向けて援護のニードルスピアを放ち、舞台の方へと向き直る。その援護でピンチを脱したピヨピヨはニードルスピアで後方のグドンを沈黙させ、マイトは雷光の矢を生み出した。
「そんなまやかし効くものか……」
 放たれるライトニングアローは黒鼠の脇腹辺りを掠めて通過する。ちらりと黒鼠が視線を向けるその間にグレイはウェポン・オーバーロードを発動させ、クレスはソニックウェーブを放つ。
 ごっ、と駆け抜ける衝撃が黒鼠を貫き、その注意が再び舞台の冒険者たちに向けられた。
「余裕は無いかもしれんのぅ」
 グドンの剣を弾き、ミフィリアは流水撃で打ち払う。これで舞台のグドンは倒れ、残るはピルグリムグドンの黒鼠のみ。
 シェルディンは再び尻尾を狙って電刃衝を振り上げた。それを見たファージは「僕がこいつの気を引いておきます!」と叫んで不動の鎧をシェルディンへと発動させようとするが、不動の鎧は自分自身にしか使用できないアビリティなのでそれは出来なかった。
 突撃槍が空を切る。やはり特定の部位を狙った攻撃は命中させることが困難なようだった。そして振り上げられた刃の尾はうねり、ファージへと向かう!
 ざざんっ!
 同時に黒鼠自身も踏み込んで、左右の剣でファージの体を十字に斬った。「あ……」と声を絞り出すようにして崩れ落ちる所に、ぐさりと尾の刃が突き刺さる。
「……やっつけるの」
 だが黒鼠が攻撃しているそこに、リルルの蹴りが命中していた。五月蝿そうに振り払う動きでファージの体がドサリと舞台の上に落ち、リルルはファージを抱えて急ぎ下がった。
「あれがピルグリムグドン……」
 呟きを漏らしながらも斬り裂かれ、貫かれたファージにヒーリングウェーブを施すシルスだが……ファージの身に刻まれたダメージは明らかに深かった。
「下がれ」
 グレイの振り下ろす一撃を、黒鼠は剣を交差させて受け止める。ぎりぎりと刃と刃が押し合い、耳障りな音が響いた。
 ざっ!
 だがその押し合いの右からシェルディンが、ミフィリアが電刃衝で攻撃を仕掛けていた。ミフィリアの方は尻尾の刃が回って弾かれたものの、シェルディンの刃は黒い毛皮を薙ぎ、だらりと血を滲ませる。
『……ィィイッ!』
 痛みに怒るような甲高い咆哮を上げて、黒鼠はグレイの剣を一本で弾き落とした! 同時に逆の剣で肩を薙ぎ、尻尾で脇腹を突く!
「……ぐぅ……」
 盾で剣を払い、斜め後ろに下がるグレイ。そして生まれた空間を通過し、チドリのデモニックフレイムが着弾する!
「嫌な形態の敵ですの」
 悪魔の炎が燃え盛り、苦呻を漏らすピルグリムグドン。下がったグレイの傷はリルルがすかさず癒しの水滴を施して回復させてゆく。
「あんまり手間かけさせんじゃねーぞ!」
 クレスの放つソニックウェーブが駆け抜ける。衝撃に苦しむ黒鼠にミフィリアが大鎌を繰り出すが、片手の剣で受け止められた。
「燃え上がれ、深緑の刃よ!」
 シルスの描く紋章から放たれた木の葉が炎を纏い、ピルグリムグドンを包み込む。緑の業火に続いて踏み込むシェルディンの突撃槍が、尾の刃に命中した。
 ぎっ、と硬い音を立て尾の刃は舞台に叩きつけられる。破壊とまでは行かないが……シェルディンはその動きを止めた。
 しかし空いた一本の剣がシェルディンを切り裂く。ぶしゅ、と鮮血が舞台の上を飛び舞う。
「……退く……ものですか」
 黒鼠をその場に釘付けにした二人。そこを狙うはマイトの弓『赤と白の狩人』!
「蒼き閃光よ、異形を貫け!」
 雷光が一閃し、黒い毛皮が散る。
 そうして舞台の上で戦いの幕が……降ろされた。

 それから制圧の完了した劇場の中をグレイがチェックし、グドンの生き残りが無いかと破損や汚染状況を調べて、その報告を聞きながらクレスは補修を行ったり瓦礫を片付けたりしていた。
 ミフィリアはグドンの数を調べながら片付け、シェルディンと協力して劇場の外へと埋葬してゆく。
「終わった、の?」
 緊張していた様子のリルルはやっと安堵を息をつき、ピヨピヨは「いつか豪奢な舞台が観られるといいね」と笑みを浮かべる。
「この劇場が再び使われるようになると良いですね」
 そうして取り戻された劇場を背景に告げるシルスの前には、セイレーンのリーが「皆様ご苦労様です」と微笑みながら頷いていたのだった。

 (おわり)


マスター:零風堂 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:10人
作成日:2006/11/15
得票数:冒険活劇18  戦闘18 
冒険結果:成功!
重傷者:霜天の守護者・ファージ(a55695) 
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。