【読書の時間?】グドン地域大制圧戦:禁書庫



<オープニング>


●グドン地域大制圧戦
 ランドアース中央部に広がるグドン地域。
 この、大繁殖したグドンが棲息する荒れ果てた森林地帯は、獰猛なトロウル王国から自国を護るために、北方セイレーン王国がグドンを養殖して作り上げたものであった。

 しかし、グドンの繁殖力を制御する事など出来よう筈も無い。
 一度解き放たれたグドン達は、その繁殖力を最大の武器として急速に棲息範囲を広げていったのだ。
 グドン地域は、それ自体が生物であるかのように、森を喰らい大地を荒らし、大陸中央部を分割するまでに巨大な物となってしまったのだ。
 そして現在、グドン地域はピルグリムグドンの繁殖により、より危険な場所へと変貌を遂げている。

 荒れ果てた森の奥深く。
 そこへ分け入る事は、同盟諸国の冒険者であっても命を掛けた冒険となる。
 だが、このグドン地域のほぼ中央に、北方セイレーン王国の遺跡である『古代の遺跡図書館』が存在するという。

 古代ヒト族の残した叡智を得る事ができれば、トロウルの崇める大神ザウスに関わる真実を知る事ができるかもしれない。
 この叡智は、グドン地域を切り開き制圧する事でしか得る事はできない。

 北方セイレーン王国の協力を受けつつ、冒険者達はグドン地域へと足を踏み入れるのだった。

※※※

「皆様、お集まりいただけたようですね。
 先日行われた北方セイレーン王国への使節派遣については、皆様も良く覚えていると思います。
 最も興味をひかれたのは、やはり『グドン地域の真ん中にあるエギュレ神殿図書館の禁書庫』でしょうか。
 トロウルとの決戦を控え、この禁書庫の情報は是が非でも手に入れなければならないでしょう。
 レルヴァ大遠征時のザウスの雷の悲劇を繰り返さない為にも……」
 エルフの霊査士・ユリシア(a90011)は、沈痛な面持ちでそう言うと、集まった冒険者達に向き直る。

「そこで、今回の依頼となります」
 強い意志を湛えた瞳で冒険者達を見たユリシアは、酒場のテーブルに地図を広げると、その中央に大きな丸を描いた。
 そして、一呼吸おいて
「このグドン地域を、地図より消すか……少なくとも半分の大きさにして下さい」
 と言ったのだった。

「グドン地域は、北方セイレーン王国、旧モンスター地域(死の国周辺)、トロウル王国の3つの地域に囲まれています。
 今回の作戦では、北方セイレーン王国側からと旧モンスター地域側からの2つの方角から、グドン地域を制圧していく事ができます」
 ユリシアの説明を要約するとこうなる。
 侵入路の一方、セイレーン王国側からの制圧部隊には、北方セイレーン王国の冒険者が同行し、道案内の役目を負ってくれる。
 彼らの案内で、セイレーン王国の幾つかの拠点を奪還していくのが役割となる。
 これらの拠点は、元々セイレーン王国の施設だった事もあり、拠点からグドンを一掃した後は、セイレーン王国へと返還する事になるだろう。
 もう一方、旧モンスター地域からの制圧部隊は、グドン地域の荒地に巣くうグドン達を殲滅して同盟諸国の領土を拡張する事を任務とする。
 北方セイレーン王国の冒険者は同行しない代わりに、こちら側で制圧した地域は、北方セイレーン王国より譲り受けて同盟諸国の領土とする事ができるだろう。
 そして、それとは別に、グドン地域の奥深くに入り込み『エギュレ神殿図書館』を探索する部隊も編成される。
 グドン地域の制圧が進めば比較的容易に中央部に入り込めるかもしれないが、グドン地域の奥地で孤立してしまう事に変わりは無い。引き際を誤れば、帰還する事さえ難しくなってしまう危険な任務となるだろう。

「グドン地域の中央部に近づけば近づくほど、ピルグリムグドンの比率が高まってくると予測されます。詳しい説明は他の霊査士からも行なわれると思いますが、充分に気をつけるようにお願いしますね」
 そう言うと、ユリシアは地図をくるくるとしまうと、冒険者達にむけて一礼したのだった。

●禁書庫
「皆には、遺跡図書館を目指してもらうわ」
 ヒトの霊査士・リゼル(a90007)は眼鏡の奥の瞳を光らせ、霊視の結果を伝える。
「図書館までの道筋には、グドン・ピルグリムグドン混成の群れが大量に棲息しているの。何度も何度も戦闘になるし、ひとつの群れに遭ったら素早く倒さないと、騒ぎを聞きつけた他の群れも寄って来て際限がなくなるわ。
 あなた達が出会うことになるピルグリムグドンは、高らかな凱歌みたいな癒しの力を持つ個体が多いみたいね。普通のグドンも、ピルグリムグドン密度の高い奥地で生き延びている奴は打たれ強いし、数頼みで殴りまくられたら負傷は避けられない。もちろん攻撃系ピルグリムグドンの様々な特殊能力には十分注意して。
 地形は森。グドンの手が届く範囲にある葉という葉は食べ尽くされているけど、幹の後ろに潜めるくらいの大木が多いわ。景色は単調だから、気づいたら同じところをぐるぐる回っていたなんてことがないようにね。
 探索を諦め撤退する条件はきちんと決めておいて、危なくなったら無理せず帰還しなさい。図書館探索部隊はいくつもあるんだから」
「でも全ての部隊が無理せず撤退しちゃったら、図書館を発見できません」
 と、エルフの紋章術士・カロリナ(a90108)。
「無理しなくても、どれかの部隊がきっと辿り着けるって信じるの!」
「そういうものですか?」
「そういうものよ。あなたも無理はしないで、他の面子の指示に従うのよ?」
「分かりました」
「あともし図書館を見つけても、貴重な書物をちょろまかしたりしないこと」
「……………………分かりました」
「よし。じゃあ皆、死なない程度に頑張ってね」
 リゼルは鷹揚に頷くと、探索者達を送り出した。

!注意!
 このシナリオは同盟諸国の命運を掛けた重要なシナリオ(全体シナリオ)となっています。全体シナリオは、通常の依頼よりも危険度が高く、その結果は全体の状況に大きな影響を与えます。
 全体シナリオでは『グリモアエフェクト』と言う特別なグリモアの加護を得る事ができます。このグリモアエフェクトを得たキャラクターは、シナリオ中に1回だけ非常に強力な力(攻撃或いは行動)を発揮する事ができます。

 グリモアエフェクトは参加者全員が『グリモアエフェクトに相応しい行為』を行う事で発揮しやすくなります。
 この『グリモアエフェクトに相応しい行為』はシナリオ毎に変化します。
 ヒトの霊査士・リゼルの『グリモアエフェクトに相応しい行為』は『協力(consensus)』となります。
 グリモアエフェクトの詳しい内容は『図書館』をご確認ください。

マスターからのコメントを見る

参加者
想いの歌い手・ラジスラヴァ(a00451)
闇夜の鴉・タカテル(a03876)
大凶導師・メイム(a09124)
紅い魔女・ババロア(a09938)
赤烏・ソルティーク(a10158)
ストライカー・サルバトーレ(a10671)
緩やかな爽風・パルミス(a16452)
双刀の女装護剣士・ファル(a21092)
雷獣・テルル(a24625)
蒼穹に舞う翼・アウィス(a24878)
赤黒眼の狂戦士・マサト(a28804)
暗夜の半身・トルティア(a32514)
玄風・アムリア(a38131)
中華的功夫美少女・シャオリン(a41729)
NPC:次のページへ・カロリナ(a90108)



<リプレイ>

「目的地は図書館だがっ……遠足にしては物々しすぎるなっ」
「気、引き締めて頑張りゃ〜な。後は、カロリナ! 図書館発見しても本を取っちゃメ!」
「最初は興味本位だったけど、まさかこんなとこまでカロリナさんと一緒することになるなんてな。ここまでくると責任というか、義務感みたいなもの感じちゃうぜ。カロリナさん、あんたは俺が守る。そんでもって、みんなで一緒に、成果をもって帰ろう!」
「禁書庫……なんとも妙な響きだな。是非とも中の蔵書を見てみたいものだ」
「どんな資料があるんでしょうね〜。楽しみです〜」
「えと、妻がもうすぐ出産なんですよ」
「ではなおさら、必ず生きて帰りましょう……目的の達成も重要ですが、命の尊さに代えられるものではありません」

 ランドアース大陸中央部を蝕むグドン地域。その深央を目指し、十六人の冒険者は二班に別れて進んだ。
 紅い魔女・ババロア(a09938)、赤烏・ソルティーク(a10158)、赤黒眼の狂戦士・マサト(a28804)、暗夜の半身・トルティア(a32514)、中華的功夫美少女・シャオリン(a41729)が偵察班として先行し、残りが戦闘班として後に続く。
 偵察班による敵発見と迂回、避けきれない少集団の撃破。戦闘班と偵察班が合流しての戦闘。テント内での幸せの運び手や保存食による栄養補給、エルフの夜目を利用しての見張り、さらに念のため安全な寝袋も使った野営……。
 冒険者達は徐々にグドン地域に縫い目をいれ、探索の針を神殿図書館に近づけていった。

●経緯
 煙などの生活の気配、森の食害や水場の位置など、ババロアが乏しい材料から推測したところでは、この辺りはいくつかのグドン集団の行動半径の端に当たり、それらが重なりあっているようだった。ソルティークが今までの行程を書き込んだ白地図を見る限り、中心部を目指すにはこのような場所も通らざるを得ない。

 グドンの影がなければ後方で待っている戦闘班にそれを伝え、速やかに通り抜けようと、偵察班の面々は神経を尖らせて周囲を探った。
 新しい足跡がないのを確認しながら、トルティアは胸ポケットの砂時計を見る。砂はちょうど落ちきっていた。ソルティークに手振りで時間を伝えると、彼は手鏡の微かな光で木の上を進んでいるマサトに合図し、マサトはここまでの安全を報告するため樹上を戦闘班の元へ戻ろうと反転する。
 が、その時、トルティアの耳が異変を捉えた。ブゥンという羽音が次第に大きくなって近づいて来る。普通の虫の羽音に混ざって今まで気づけなかった。ババロアに手振りで注意を促す。
 ババロアは遠眼鏡で敵影を発見し、指差して方向を示した。グドンの背が届かない高所にはまだ葉が繁っており見通しが悪かったが、飛行型ピルグリムグドンを念頭に置いていた彼女はそれでも余裕を持って敵を発見できた。
 トルティアはハイドインシャドウを使い、ここまでにハイドインシャドウを使い切っていたマサトとババロア、はじめからないシャオリン、ソルティークは木陰に身を隠す。

 羽音の主は蜂に似た羽を背中に生やした猫ピルグリムグドンだった。真っ直ぐ空中を通り過ぎてくれれば良かったが、不運にも気まぐれを起こした羽のグドンは辺りを一度旋回する。幹の裏側に回られて、トルティア以外は発見された。
「フゥゥ!」
 羽のグドンは不意の遭遇に驚いた様子ながらも、樹上で動き辛いマサトを狙う。羽をひときわ強く震動させると空気の刃を作り出し、連撃を仕掛けてきた。
「しまった!」
 傷を負い、足場の枝も切り落とされて落下するマサト。それをソルティークが防寒用のマントで受け止め、高らかな凱歌で治癒した。
 羽のグドンはババロアのルーナパープル――三日月の意匠をもつ紫のブーメラン――を打ち払うも、視覚外にいたトルティアのバッドラックシュートを背中に突き立てられると、不利を感じたらしく木々の奥へ飛び去った。

「まだ他のグドンの気配はないアル」
 周囲を警戒していたシャオリンが言う。
「あのピルグリムグドンは仲間を集めるわよね。どの程度の数連れて来るか……」
「まず戦闘班と合流だな」
「そうですね。私の凱歌もこれで尽きましたし、この人数では相手にできないでしょう」
 五人は速やかに後退する。

●最後の戦闘
 偵察班は戦闘班に合流し、事態を伝えた。
 予想されるグドンの接近。後退して逃げるにしても、これまでの行程で避けて通ってきたグドン集落の動向に対しては再度の偵察が必要になる。しかし偵察しながらの後退では、仲間を呼び集めて数を増した追手に後ろから襲われる事態にもなりかねなかった。それよりは迎え撃って突破してしまおうと結論する。そう間を置かずに敵は現れた。

 森の奥から姿を現した群れは、二十余りの猫グドンを四体の猫ピルグリムグドンが仕切っているようだった。ピルグリムグドンは皮膚がところどころ結晶化している個体、下半身が蛇の個体、両頬に第二第三の口がある個体、腹部にもうひとつ大きな口がある個体で、羽の個体はいない。
「まだ仲間を集めているということですか」
 広がって囲むように接近するグドン達を、闇夜の鴉・タカテル(a03876)の粘り蜘蛛糸が絡めとる。
 続くババロアの流水撃に耐えて踏み止まるグドン達。その一体にバッドラックシュートで止めをさしつつ、トルティアは周囲を警戒する。
 三つ口のグドンが後方から歌とも呪文ともつかない鳴き声をあげると、グドン達の傷が塞がり、一部の蜘蛛糸も消えた。
 ソルティークのエンブレムシャワーが再びグドンの群れを削り、さらに雷獣・テルル(a24625)の流水撃が飛んでようやくまとまった数のグドンが倒れる。生き残った分を、今度は大口のグドンが鳴き声で回復した。
 緩やかな爽風・パルミス(a16452)は一度姿を隠そうとハイドインシャドウを使うが、パルミスに狙いを定めていたらしい結晶化グドンは惑わされずに殴りかかって来る。その拳をパルミスはガードするも、ハイドインシャドウは解けた。
「防円陣で回復役と物資を守れ!」
 皆に声を掛けて陣形を整えるストライカー・サルバトーレ(a10671)。ライクアフェザーで敵に備えながら、回復役のグドンを狙えないかと様子を探るが、その動きを察知した蛇身のグドンが同様に素早い跳躍で回避力を上げ彼の進路に立ちはだかった。
 大凶導師・メイム(a09124)のニードルスピアが結晶化グドンとその周囲に降り注ぎ、牽制する。
「この隙を突け!」
 メイムの声を受けた双刀の女装護剣士・ファル(a21092)が薔薇の剣戟で斬りかかるが、結晶化グドンは二撃目でこれを止めた。
 次々に畳み掛けてくる生き残りの猫グドン達の武器を、
「そう簡単に一撃を貰うつもりはないからね……」
 玄風・アムリア(a38131)はイリュージョンステップを使って捌いていく。
 グドンのラッキーヒットを貰ってしまう者もいたが、
「ミャアさん、回復を」
 ファルに促され、愛を振りまく翼・ミャア(a25700)がヒーリングウェーブで、さらに蒼穹に舞う翼・アウィス(a24878)が高らかな凱歌で皆を回復した。アウィスの凱歌は血の暴走で破壊の衝動を呼び起こしたマサトの混乱も癒す。
 想いの歌い手・ラジスラヴァ(a00451)のニードルスピアとカロリナのエンブレムシャワー、シャオリンの斬鉄蹴がまた数体の雑魚を倒し、敵の数はかなり減った。

 が、
「新手だ、近いぞ」
 トルティアが更なる敵の接近を聞きつける。
「あっちへ!」
 トルティアの差し示す方向と逆の方へババロアが皆を誘導し、冒険者達は円陣を崩さないように移動する。
 ピルグリムグドン四体を含む健在なグドン達は逃走を許さず追いすがり、戦いは場所を移しながら休むことなく続けられた。

 移動しながらの戦いのおかげで大量のグドンに包囲され一斉攻撃を受けることはなく、アウィス、シャオリン、ミャアのヒーリングウェーブがピルグリムグドンからの攻撃を即座に癒す。グドンは冒険者側に戦闘不能者を出せずにいた。
 しかし決定打を与えられないのは冒険者側も同様だった。
 どの敵から倒すという優先順位を決めていないか、決めていても仲間と食い違っていたため、ある者は散発的に合流してくる猫グドンを蹴散らし、ある者は前衛のピルグリムグドンと斬り結び、ある者は距離を取ってついてくる回復役のピルグリムグドンを狙うという状況が続いた。
 通常のグドンは確実に倒れていったが、ピルグリムグドンは徐々に傷つきながらもしぶとく戦い続け、冒険者のアビリティを消耗させる。
 少しずつ、通常のグドンに混じって新しい猫ピルグリムグドンも戦闘に合流していった。

 戦場は移ろい、朽ちた柱が並ぶ石畳の広場に出る。そこに数体の猫グドンと、偵察班から逃げた羽の猫ピルグリムグドンが待ち構えていた。
「集められる仲間は打ち止めってことかね……」
 広場中央、円陣を整えながらアムリアが呟く。
 合流して冒険者を挟み込むのは猫グドン十二体、猫ピルグリムグドン八体。猫ピルグリムグドンは最初からの四体と、羽の個体、顔中に口があって癒しの鳴き声を使う個体、両腕の先が白い肉の花弁のように裂け、そこから光の矢を撃つ個体、額の角から広範囲に電撃を撃って麻痺させてくる個体だった。

 戦闘は続く。通常の猫グドン達はすぐに力尽き、もう増援は来ないようだった。
 ピルグリムグドンの猛攻で、打たれ弱いカロリナとシャオリンは倒れ、円陣中央に庇われている。
 戦いの中で怒り狂ったピルグリムグドン達は退く様子を見せず、冒険者達も逃げて諍いが長引くよりもここで倒しきる方が得策と判断していた。

 角グドンの電撃が冒険者達を灼き、痺れさせ、ミャアの回復を止めた。羽グドンの空気の刃が飛ぶ。
「危ない!」
 庇おうとしても皆痺れて動けず、ラジスラヴァが切り刻まれて倒れた。
 続いて花弁グドンの光の矢がアウィスを貫く。
「使わないに越した事はありませんでしたが……」
 しかしアウィスは肉体を凌駕する魂で立ち上がり、凱歌で皆の麻痺を解いた。

「最後の一回、これで」
 ファルの十二発目の薔薇の剣戟。白銀刃と闇銀刃が遂に大輪の薔薇を咲かせ、結晶化グドンを斬り伏せた。

 メイムのニードルスピアが戦場に降り注ぐ。
 じわじわとダメージを蓄積させていた蛇身グドンの腹にマサトの「黒」の剣が食い込んだ。
 さらにパルミスのシャドウスラッシュが胸を突き、敵は動かなくなる。

「今だっ」
 接近戦の敵が全て倒れた瞬間、サルバトーレは駆けた。
 それにあわせてテルルの流水撃が防壁を失くした後衛のピルグリムグドン達を薙ぐ。
 大口のグドンにサルバトーレは星煌剣『日輪』を輝かせ、薔薇の剣戟で息の根を止めた。

「この程度で私を倒せはしない!!」
 自棄気味に撃ってくる光の矢を黒月槍で弾き、タカテルは花弁グドンに迫る。
 ソルティークが撃った緑の業火に包まれ、もがく花弁グドンを、シャドウスラッシュが貫いた。

 トルティアのバッドラックシュートが角グドンの体を黒く染め、アムリアのソニックウェーブが首を刎ね飛ばす。

 羽グドンはババロアのブーメランを受けて魔炎と魔氷に覆われ、地面でもがいていた。顔中が口のグドンは癒しの鳴き声を発するが、羽グドンの呪縛は解けない。
 それら二体に止めをさし、長かった戦いは決着した。

●撤退
「近場で戦意のある奴は片付けきったんじゃないかね?」
 古い広場とそれを囲む森は、アムリアの言葉に静寂で応え、肯定した。
 パルミスとミャアが戦闘不能だった三人を命の抱擁で立ち上がらせる。

「これ以上は〜、進めませんね〜」
 重傷者はいなかったが、戦いが長引いた結果アビリティの残量は全体の三分の一を下回り、完全に使い切ったアビリティもある。
「これだけグドンを打ち倒せば、他の探索チームはその分楽になったアル。私達よくがんばったアルヨ!」
 広場の石畳が途切れた奥には更に森が広がっている。そちらへ視線を彷徨わせるカロリナに、シャオリンが言った。

 撤退を決めた十六人は、時には木の根に刻んだ目印を頼り、時にはメイムのデモニックフレイムで作り出したクローン、アムリアのリングスラッシャー、ソルティークのクリスタルインセクトを囮とし、時にはババロアの焚き火でグドンの群れを誘導しながら森を後退する。
 そのまま無事にグドン地域を抜け、同盟諸国に帰還した。


マスター:魚通河 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:14人
作成日:2006/11/22
得票数:冒険活劇1  戦闘13  コメディ3 
冒険結果:失敗…
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。
 
雷獣・テルル(a24625)  2009年09月12日 15時  通報
無念の撤退。
でも結果的に図書館は見つけられたし、無駄じゃなかったと思うぜ。