【氷青の柩】水浅葱の森の涯て



<オープニング>


●氷青の柩
 雪峰フィーレルケレン、愛を誓う白き峰。
 ねぇ、ウォルター。
 貴方と白銀の峰に誓った二つの約束、ひとつは果たせて、ひとつは果たすことができなかったね。
 私は死が二人を別つまで貴方を愛し抜いたけれど。
 二人の髪が白くなるまで一緒にいることはできなかった。
 叶うことなら永遠の眠りについた後も――時の涯てまで貴方と寄り添っていたかったのだけれども。
 ねぇ、ウォルター。銀の雪に彩られたフィーレルケレンの峰で、貴方は何処に眠っているの?
 これまで迎えに行けなくてごめんね。
 けれどどうしても貴方に伝えたいことがあるから、今度こそ白き峰へ貴方を迎えに行く。
 雪に彩られ氷に閉ざされたフィーレルケレンの何処かで眠っている貴方。
 淡い青を帯びた透きとおる氷の褥に眠る、私の愛したウォルター。

 今度こそ必ず、貴方の柩まで辿りついてみせる。

●水浅葱の森の涯て
 北に雪峰フィーレルケレンを望む村には、結婚を控えた男女が冬のフィーレルケレンで愛を誓うという儀式があった。新年の朝一番にフィーレルケレンへ登り、親族らが見守る中、清冽な朝の光に輝く雪の峰に結婚の誓いを立てるという――古くから村に伝わってきた、大切な愛の儀式。
 だが、ある年を境にその儀式が執り行われることはなくなった。
 儀式のためにフィーレルケレンへ登った一行が雪崩に遭遇し、白銀の峰で愛しい娘への愛を誓った青年が命を落としたためである。
 山の僅かな異変に気づいた青年は「様子を見てくる」と愛しい娘や親族を残して一人で先へ進み、そして――雪崩に巻き込まれた。

「それが……前の前の、冬の話ですの」
 酒場の一角で藍深き霊査士・テフィン(a90155)が、細い金の指輪を手に語り始める。
 その指輪は、雪崩で命を落としたウォルターと言う名の青年が結婚を約束した娘に贈った物であるという。娘の名はクレメンティア。彼女に指輪を借りてからもう二年近くになるという霊査士の言葉に、ハニーハンター・ボギー(a90182)が目を瞬かせた。
「どうして二年もそのままだったんですか?」
 出て当然のその疑問に、霊査士が微かに瞳を曇らせる。
「実は……初めにクレメンティア様からお話があったのは、雪崩が起こった直後のことですの」
 当時クレメンティアが霊査士に持ち込んだ依頼は、雪崩に巻き込まれたウォルターの捜索に冒険者の力を借りたいというものだった。だが彼女から受け取った指輪で霊査士が視てしまったのは、ウォルターが峰の何処かにある亀裂の中で氷漬けとなって――死んでいるという、事実。
 僅かな可能性に望みを繋いでいたクレメンティアや親族達が受けた衝撃は大きく、彼女達は落胆のあまりその依頼を取り下げてしまった。見ると辛いから、指輪は返さなくて良いと言って。
 もう少し……言葉を選べばよかった。
 小さく呟かれた霊査士の言葉に、申し訳なさげにボギーの尻尾が垂れる。
「けれど、そのクレメンティア様から新しい依頼が来ましたの。雪峰フィーレルケレンにウォルター様を迎えに行くための……手助けをして欲しいとのこと」
「!」
 ボギーの尻尾がふわりと立った。
「ウォルター様が峰の何処かで眠っていることは指輪で視えたのですけれど、詳細な場所までは、どうしても……。もっと詳しく視るために、何か別の品……それも出来るだけ『その時の』ウォルター様に近しい品が必要になりますの」
 そこでクレメンティアが思い出したのは、あの日山へ向かう途中にある森を抜けた先で、ウォルターの帽子が風に飛ばされてしまったことだった。帽子は大きな樅の木に引っかかってしまったため、一行はそれをそのままにして先へ進んだのだという。
「森の入り口で拾ったという小枝を視たのですけれど、確かにその帽子は森を越えた場所にある樅の木に今もかかったまま……。ですがその森に特殊な能力を持つ鹿が現れてしまって、クレメンティア様だけで森を抜けることができなくなってしまいましたの」
 周囲に吹雪を吐く銀の鹿と、角を向けて突進してくる金の鹿。
 二体は必ず共に現れ、金の鹿には自分達を回復する能力まであるという。
 鹿達を退治して帽子を取ってくればいいですかとボギーが訊けば、霊査士は一度頷きかけて――首を振った。
「いえ、森はとても道がわかりづらく……地元の方の案内がなければ抜けることができませんの。どうかクレメンティア様を護りながら……森を抜けて樅の木へ向かってくださいまし」
 そして……彼女の手に、彼の帽子を。
 霊査士の言葉を最後まで聞いて、ボギーが席を立つ。
 テフィンさんの代わりに行ってきますねという彼の言葉に「お願いしますの」と小さく返し、霊査士は静かに瞳を伏せた。

マスターからのコメントを見る

参加者
天翔ける煌紫の稲妻・ロロ(a21153)
淡雪ノ夢・フリーデルト(a27331)
想天憐獣・ビャクヤ(a36262)
永闇蒼月・オウン(a40017)
マインドレスドール・クーヤ(a40762)
書庫の月暈・アーズ(a42310)
嗄色玉樹・イクリ(a42315)
湖月・レイ(a47568)
唄う水蓮・フォーティア(a48532)

NPC:ハニーハンター・ボギー(a90182)



<リプレイ>

●水浅葱の森
 凍りつく寸前の水の色を湛えた空を渡る風は、瞳に映る寒々しい色をそのまま映しとったかの如く凍てつくような冷たさを孕んでいる。背後から吹いて来た風に散らされる己の雪色の髪がまるで風に踊る氷のかけらのようだと思いながら、想天憐獣・ビャクヤ(a36262)は風上を振り返った。
 空と同じ水の色を湛えた森の彼方には――白銀と氷青の色に染まる、雪峰フィーレルケレン。
 雪と氷に包まれた静謐なる山は美しく、荘厳さすら感じさせた。
 けれど――この荘厳な雪峰に誓ったとて、誓いは無駄になってしまうのか。
 何処か苦しげに表情を歪めるビャクヤの心の内を感じ取ったのか、クレメンティアがいいえと首を振った。自分が白銀の峰に誓った約束は、少なくともひとつは果たされたのだから……と。
 私は死が二人を別つまで、ウォルターを愛し抜いた。
 淡く水の色に染まる森の彼方に聳える雪峰を見遣って言い切る彼女の瞳は、まるで嵐が過ぎ去った後の穏やかな海のよう。想像以上に柔らかに凪いだクレメンティアの瞳の光に、闇に踊るコッペリア・クーヤ(a40762)は違和感を覚えた。これは全てを呑み込み、受け入れた者が持つ光だ。
 こうして直接対するまで、彼女はきっとウォルターの死を認める事に怯えているのだろうと思っていた。愛する人が何の前触れもなく姿を消す――そんな事を受け入れられる者はいないだろう。少なくとも、クーヤ自身には無理だと思う。
 だが、それから二年が経っているのだ。
 短いようで長い、二年の時。
「……今まで、迎えにいけなかったのは……怖かったから、なんだよね……?」
 恐らく自分の方が怯えた瞳をしているのだろうと思いつつ、クーヤはクレメンティアの顔を見上げて問う。だがやはりクレメンティアはいいえと首を振った。年若い彼女の気遣いが微笑ましいのか、青の瞳を微かに細める。
「自分のことで精一杯だったから――よ」
 彼女の言葉に得心がいったような心地になりつつ、永闇蒼月・オウン(a40017)はクレメンティアを囲む隊列を組むよう皆に声をかけた。軽い頷きを返してクレメンティアの傍につき、淡雪ノ夢・フリーデルト(a27331)は疲れたらこれを、と彼女に春の若葉のような色に透きとおる飴を手渡してやる。クレメンティアはありがとうと笑みを浮かべたが、フリーデルトが「無理をなさらないで下さい……ね?」と続けた言葉には小首を傾げた。無理というのが何を指しているのかわからない、といった風情である。
 異能を持つ鹿が現れたため冒険者の力を借りることとなったが、雪峰へ向かう行程は普通の村人の足でも問題ないものであるし、何よりウォルターを迎えに行くと決めたのは――彼女自身なのだ。
 二年が経っている。
 ウォルターの死を知った時には絶望に打ち拉がれたであろうクレメンティアも、当時のままではない。
 想像していたのとは異なるクレメンティアの様子に小さく唸りながら、天翔ける煌紫の稲妻・ロロ(a21153)は森の方角へと足を向けた。ざくり、と足の下で霜が砕ける音がする。
 他人の内面を理解することがどれほど困難なことなのか、少年なりの心でロロは理解していた。クレメンティアの三分の二程しか生きていない自分では、彼女の心を推し量りつつ話すのは難しいだろうと思う。何気ない言葉ひとつで大切な何かを砕いてしまうかもしれないのだ。
 今足の下で砕けた、儚い氷の柱のように。
 かける言葉を探しあぐねていた書庫の月暈・アーズ(a42310)の胸の内を見透かしたかのように、クレメンティアがほんの僅かな諦念と寂寥を滲ませた笑みを浮かべる。その表情は、己が失った無垢さを幼子に見た大人が浮かべるそれに――とても良く似ていた。
「言葉だけでは……多分、貴女のような若い子には理解できないと思う」
 アーズは一瞬濃い灰の瞳を瞠ったが、彼女の言うとおりかもしれないと僅かに瞳を伏せた。クレメンティアと言葉を交わし、書物でしか知らなかった『恋愛』というものに対しての理解を深めたいと思っていたのだが、幾ら話を聞いたとしても恋を知らぬ自分が彼女とウォルターの想いを真に理解することはできないだろう。話を聞くだけで得られる知識は、書物を紐解いて得る知識とそう変わりはすまい。
 それに――クレメンティアは、生きて呼吸している、自己の意思を持ったひとりの人間なのだ。頁を繰る者の望むままに記された知識を与えてくれる書物ではない。
 礼儀と敬意をもって接しようと思っていたはずなのに、自分は興味本位な眼差しで彼女を見てはいなかったろうか、とアーズは軽く唇を噛んだ。――ひとと接することは、なんと難しいことなのだろう。
 二人の様子に軽く目を眇めつつ、月葬・レイ(a47568)は森へ向けた遠眼鏡を覗き込む。
 クレメンティアもウォルターも、どちらも無念であったのだろうと想像することはできた。
 もしかするとウォルターの方は、皆が巻き込まれなくて良かったと思っているかもしれない。だが残された人々の思いは如何ばかりか。けれど何を思うのかは結局人其々だとレイは理解していた。
 何を思っているとしても、ひとが己自身で決めたことであればその思いを尊重したい。だからレイからクレメンティアにかける言葉はなかった。ただ「ウォルターを迎えに行く」と決めた彼女の意思を尊重し、その手助けをするだけだ。――たとえ彼女が今、何を想っているとしても。
 森の入り口付近は大丈夫そうやというレイの言葉を受け、嗄色玉樹・イクリ(a42315)は案内をお願いすると言うように「なぁ〜ん」とクレメンティアへ軽く頭を下げた。私の方こそお願いします、と頭を下げる彼女の様子が何処か改まったもののように感じられ、彼女は過去にけじめをつけようとしているのだろうかとの思いがふとイクリの胸を過ぎる。だが何にせよ、氷の中でひとりきりで眠っているひとがいると聞いてしまった以上、イクリにはそれを放ったままにしておくことはできない。ウォルターを見つけることが、クレメンティアの助けになればと思い、魔力を帯びた霊布に触れた手を固く握った。
 氷の褥に眠る青年を――絶対に、見つけ出してみせる。
「鹿と遭遇すれば戦いになりますが、貴女が望むなら……眠っている間に終わらせることも、できます」
 彼女は全てを見るためここにいるのだろうと薄々察しつつも、月唄う水蓮・フォーティア(a48532)はクレメンティアに問う。予想通り彼女は全てをこの目で見たいと答えた。氷の中に眠るウォルターを迎えに行く全ての行程が、自分が彼にしてやれる最後のことだから……とクレメンティアは淡く笑む。
「愛したウォルター、か」
 知らず洩れていたらしい言葉を耳にしたクレメンティアに首を傾げられ、オウンは「クレメンティアの様に誰かを心の底から愛せる事が羨ましいな」と誤魔化すように口にしつつ、微かな苦笑を浮かべて肩をすくめた。彼の死から二年を経た今になって、クレメンティアが彼へ伝えたいと思ったことは何なのだろう。
 私の愛したウォルター。
 クレメンティアのその言葉は細い細い棘となり、オウンの意識の片隅に刺さったまま抜けずにいる。
 痛みはない。ただ――微かな違和感を齎すのみ。

●金の鹿と銀の鹿
 全てが薄らと霜に覆われた森は、何もかもが淡い水と氷の色を帯びている。
 銀のみであれば氷の色に紛れてしまったかもしれないが、氷の色に包まれた森で金の色を見出すのは、酷く容易いことだった。
「見つけただよー!」
 水と氷の世界の合間に陽だまりの如き光を目にした刹那、ロロが弾かれたように駆け出した。霜を踏み砕き凍える風を頬に受けて駆ければ金の毛並みを持つ獣の姿が目に入る。その傍らに寄り添うもうひとつの影は――雪の如く輝く、銀の獣。
「クレメンティアを!」
「行って!!」
 促すように片腕を閃かせ、オウンとビャクヤも獣を目指し地を蹴った。同時にフォーティアとハニーハンター・ボギー(a90182)がクレメンティアを護りその場を離脱する。静まり返っていた森に霜を砕き風を切る音が響き渡り、冒険者らの存在に気づいた二頭の鹿が高い声で鳴き交わす。金の鹿が黄金細工の如き角を冒険者達へ向け、吹雪を吐くという銀の鹿が大きく息を吸い込んだ。
 強大な力を齎す外装を纏った斧を手に、滑り止めを施した長靴で地を蹴ったオウンが金の鹿の正面に躍り出る。金に染まる獣の瞳が、同じ色の髪を靡かせるオウンに据えられた。
「護る為……俺より先には行かせられない!」
「護るのはクレメンティア様! 僕はオウンの相棒なんだからね!」
 金の蹄が大地を抉った瞬間、防御姿勢を取ったオウンの前にビャクヤが飛び出した。凍れる風を切り裂く掌からは煌く糸が噴出し、間一髪で金の鹿を絡め取る。溢れ出した蜘蛛の糸は銀の鹿までを覆い尽くしたが、雪の色に輝く獣はぶるりと体躯を震わせ煌く糸を振り払った。開かれた獣の口からは氷の弦を弾いたかの如き高く硬質な音が響き、冷たく荒れ狂う雪の嵐が溢れ出す。
「……魔氷の効果があるんか!」
 オウン達に一拍遅れて地を蹴ったレイが吹雪を浴び凍りついた彼らを見て舌打ちした。すぐさま禍々しいカードをを掌中に生み出し投擲するが、銀の鹿の胴に傷を刻むことはできたものの不幸の烙印を押すには至らない。手を抜ける相手ではないと一瞬で悟ったイクリが鮮やかな朱を宿した瞳を鋭く眇める。できることなら殺したくはない……けれど!
「なぁ〜んっ!!」
 葛藤をそのまま具現したかの如き魔の鎖が溢れ出し、二頭の鹿を縛り上げる。同時にクーヤも鎖を放ち鹿達を打ち据えた。足止めに使おうと考えていた土塊の下僕を召喚している暇は――ない。
 弓の射程まで吹雪は届かないと判断したボギーが射程ギリギリの地点から金の鹿へ向けて矢を放つ。逆棘の矢が首元に突き立ち噴出する血潮に鹿の気が逸れた隙に、フリーデルトが一気に魔力を縒り上げた。
 ただひとり彼女だけが、吹雪で状態異常が引き起こされる可能性に気づいていた。だからこそ癒しの光ではなく、癒しの力を秘めた凱歌を紡ぎ上げる。雪を飾った杖から響く音に重ねるようにして、柔らかな歌声が優しく皆を包みこんでいった。
 氷の呪縛から逃れたロロとオウンが一挙動で金の鹿の懐へ踏み込み強大な一撃を叩き込むが、それでもまだ鹿は倒れなかった。畳み掛けるようにしてビャクヤが無音の斬撃を喰らわせる。気配を消し渾身の一撃を狙おうとも思ったが、気配を消すために意識を集中する暇も惜しかった。
 冒険者としての勘が脳裏で警鐘を鳴らす。鹿達を束縛する戒めは恐らく――長くは保たない。
 甲高い獣の声が淡き水の色に染まる森に響き渡った。
 金と銀の獣が己を縛る全ての束縛を振り払い、癒しの力を秘めた光とその輝きを受けて煌く吹雪で周囲を包み込む。再び全てを凍りつかせていく吹雪。
 自らの幸運で氷を振り払ったアーズが二つの紋章を重ね燃え盛る火球を招来する。炎熱の塊が金の毛並みを焦がし、やはり自力で氷を振り払ったイクリが禍つ鎖で金と銀の鹿を打ち据えた。鍛錬を重ねた心の力で元より吹雪を寄せ付けていなかったフリーデルトが透きとおる歌声で皆の痛手と戒めを拭い去るが、戦況は動かない。
 戦術の練りこみが甘かった。全員の呼吸が合わなかった。
 こちらの痛手をフリーデルトが癒しても、金の鹿があちらの痛手を癒すのだ。
 不幸を齎すカードで銀ではなく金を狙い、それが決まっていたならば、あとほんの少しでも火力を金に集中できていたならば、戦況はもっと楽であったろう。或いは――。
 けれど退けない。策が甘いなら気合で押し切るしかない。
 ――これだけは、譲れない。
「絶対帽子を手に入れて、ウォルターの居場所を突き止めるだよー!」
 足元を凍りつかせる魔の氷ごと大地を蹴って、ロロが刃を振りかざした。紫電を纏いし刃が金の鹿の首から胸元にかけてを大きく裂き、巨大な蛇の息吹を溶け込ませた稲妻が鹿の全身を走り抜ける。その機を逃すまいと再びオウンが鹿の懐に踏み込み、首元に勢いよく斧を打ち込んだ。溢れ出す温かな血潮はオウンのみならずビャクヤをも濡らす。噴出する鮮血の中に真っ向から飛び込んで双の刃で鹿の首を切り裂けば、獣の体躯がどうと大地に倒れこんだ。
「……ごめんね」
 金と銀の獣達は、金と雪色の髪を持つ相棒と自分を思わせた。
 けれど感傷に浸っている暇はないとビャクヤは再び身構える。
 半身を失った哀しみにか銀の鹿はひときわ高く空へと鳴いて、またもや冷たい吹雪を吐き出した。

●森の涯て
 癒しの力を持つ金の鹿を倒してしまえば、銀の鹿を倒すのも時間の問題であった。
 淡き水の色に染まる森の片隅に二頭の鹿を埋葬し、一行はクレメンティアの案内に従い森を抜ける。
 凍れる森を抜ければ、そこには白銀に煌く雪原が広がっていた。
 雪原を越えれば雪峰フィーレルケレンの山裾に辿りつく。
 山裾の手前には――濃い緑の梢に真白な雪を飾った、大きな樅の樹が聳えていた。
 ああ、と万感の想いを込めたような声を洩らし、クレメンティアが樹の幹に触れる。外から見た限りでは帽子は見当たらず、蜘蛛糸を使いながらビャクヤが樹上へと登っていった。進むべき道を照らすようと祈りを込めて、フリーデルトが聖なる光を頭上に燈す。
 柔らかな光に照らされたクレメンティアの横顔が何か重大な決意を秘めているように思えたから、イクリは戸惑いつつも何故今彼のもとへ行こうと思ったのかと訊ねてみた。
「私の中で、区切りがついたから」
 彼女の答えは少し意外で――けれど朧げにその意味が理解できるような気がしたから、オウンは微かに瞳を細めた。「私の愛したウォルター」という言葉には彼女の揺るぎない想いが秘められているのが感じられる。揺るぎないけれど、複雑な――想い。
 だがその想いが何であれ、相手を想いごと護っていきたいと感じている己にオウンはとうに気づいていた。懐に忍ばせた小さな水甕に触れれば、優しい歌が胸に響くから。
「……あったよ! クレメンティア様!」
 遥か頭上の梢からヒャクヤの弾んだ声が降って来る。棒で枝をつつくような音がすると同時に、僅かな雪と共に黒い毛織の帽子が落ちてきた。ぽふりという音とともに帽子を受け止めたフォーティアが、丁寧に雪を払ってクレメンティアに差し出した。
「ウォルターさんの足跡、です。……辿るための、しるべ……」
 帽子を両手で受け取ったクレメンティアは、束の間躊躇うようにそれを見つめ――まるで壊れ物を扱うかのように、そっと静かに胸に抱く。

 ――ごめんね。

 彼女のか細い声を聴き取ったのは、レイただひとり。
 ウォルターをひとりで死なせたこと、今まで迎えに行けなかったこと。
 そして――『それ以外』の何かを含んだ、謝罪の言葉。

 クレメンティアは、彼に何を伝えようとしているのだろう。


マスター:藍鳶カナン 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:9人
作成日:2007/01/05
得票数:冒険活劇8  ミステリ5  恋愛5  ダーク1 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。