トロウル王国解放作戦:解放の焔



<オープニング>


●トロウル王国解放作戦
 列強種族トロウル。
 剛力の聖域オグヴを擁し、ランドアース大陸西方を支配していたトロウル王国は、他のランドアース諸国にとって常に恐ろしい外敵であり続けた。
 北の隣国であった北方セイレーン王国は、トロウル王国の侵攻を避けるべくグドン地域を作り出し、今は亡きソルレオン王国は、ドリアッド・プーカと共に国境を固めて戦い続けていたのだ。

 だが、ボルテリオン戦役とトロウル最終決戦により、ランドアース大陸の西方の勢力図は大きく塗り替えられる事となった。
 同盟諸国軍によって戦刃峡谷の4つの拠点のうち3つまでも突破されたトロウル王国は、この戦刃峡谷によって剛力の聖域オグヴのある地域と、その他の支配地域に分断されたのだ。

 そして現在、トロウル王国による暴力的な支配から脱した多くの地域が、同盟諸国の救援を待っているのだ。

 本国と切り離されたといっても、未だ、トロウルの冒険者による支配が続いている地域があり、或いは、ボルテリオン会戦で敗退したトロウル軍の敗残兵が居座り略奪を続けている地域もある。
 これらの困窮する奉仕種族を救い、同盟諸国の勢力を拡大する……。

 それは、同盟諸国の冒険者の責務であるのだろう。

※※※

「皆様、お集まりいただけたようですね。
 今回の依頼は、かつてトロウル王国によって滅ぼされた西方諸国の人々を解放することが目的となります。
 トロウル王国の略奪におびえて暮らしていた人々を、是非、安心させてあげてください」
 エルフの霊査士・ユリシア(a90011)は、微笑みを浮かべつつ、集まった冒険者に地図を指し示して説明を始めた。

「現在、この地域には、ボルテリオン会戦の敗残兵を含めて多数のピルグリムトロウルが潜伏しています。このピルグリムトロウルを倒すか追い払う事で、この地域の平和を実現する事ができる筈です」
 ユリシアの言葉に、話を聞いていた冒険者達も力強く頷いた。
 この依頼は、冒険者としての責務を果たす、相応しい仕事であったのだから。

「勿論、会戦に勝利して戦略上優位に立ったからといって油断は禁物です。召還獣タイラントピラーを使いこなしピルグリムの力を得たトロウル冒険者の戦闘力は、1対1であるならば皆さんを凌駕しています。充分な連携を取り有効な作戦を立てて戦いに挑んでくださいね」
 そう言うと、ユリシアは地図をくるくるとしまうと、冒険者達にむけて一礼したのだった。

●解放の焔
「………きたな」
 静かに……唯、静かに……何時もと変わらぬ風を装い瞳を閉じて空になった茶器を手の中で弄ぶ。
 黄昏の霊査士・ユノ(a90341)は気配を察し、ゆっくりと薔薇色の双眸を開き振り返った。
「仕事だ」
 淡々と普段と然程変わらぬ調子で続ける。
「今回お前達に行ってもらうのは、この森の傍にある村だ」
 ドリアッド樹木の結界の程近く。
「ピルグリム化したトロウルが4人………召還獣付きのようだな………前衛2に後衛2………といったところか………」
 眇めた眼差しは虚空を望み、求める情報を読み取る。
 長きに渡る戦役……それが今、一旦の終焉を迎えようとしている。
 この仕事はそれに向けての一つの布石になるはずであった。
「……油を大量に略い取り………すべてを……無に……灰に帰せ……焼き尽くせ……っ!?」
 カッとユノが目を見開く。
「くそっ奴ら森を焼き払う気だ!」
 ドリアッドの居住地周辺の森は他の種族は迷いやすくなっている。木々がなくなってしまえば……短絡的な動悸。
 折りしも季節は冬、森の空気は乾燥し一旦燃え広がれば手の施しようがない。
「急げ! 事に踏み切る前に……奴らを排除しろ…………」
 一刻の猶予もない。
 ギリッと奥歯を噛み締めユノが告げた。

!注意!
 このシナリオは同盟諸国の命運を掛けた重要なシナリオ(全体シナリオ)となっています。全体シナリオは、通常の依頼よりも危険度が高く、その結果は全体の状況に大きな影響を与えます。
 全体シナリオでは『グリモアエフェクト』と言う特別なグリモアの加護を得る事ができます。このグリモアエフェクトを得たキャラクターは、シナリオ中に1回だけ非常に強力な力(攻撃或いは行動)を発揮する事ができます。

 グリモアエフェクトは参加者全員が『グリモアエフェクトに相応しい行為』を行う事で発揮しやすくなります。
 この『グリモアエフェクトに相応しい行為』はシナリオ毎に変化します。
 黄昏の霊査士・ユノの『グリモアエフェクトに相応しい行為』は『殲滅(eliminate)』となります。
 グリモアエフェクトの詳しい内容は『図書館』をご確認ください。

マスターからのコメントを見る

参加者
朽澄楔・ティキ(a02763)
斬空術士・シズマ(a25239)
昼梟の劔・シンジュ(a26205)
白の踊り子・チェリー(a34900)
吼狼・ディーン(a42160)
黒椿・オウリ(a51687)
深青天雷・タイガ(a53003)
金平糖より零れし光彩・リシャロット(a58790)
NPC:護りの天使・メイリィ(a90026)



<リプレイ>

●解放への思い
 木々が、まるで立ちふさがるように行く手を阻む。
 パズルのピースのかけ間違いが、やがて大きな狂いを生むことになるとはまだ誰も気が付かなかった。
「……時間が無い、急ごう」
 新年早々、厄介な仕事を受け持った事である。魂蔵の劔・シンジュ(a26205)が普段ならあまり持つ事の無い弓を手に、まるで踏み入る者を拒絶する気配を孕む、木々を掻き分け慎重に歩を進める。
「どうにかして村も森も守れないかしら……」
 森を焼こうだなんて……凄く低俗な考えかた……。金平糖より零れし光彩・リシャロット(a58790)も同じように木々を掻き分け進む。 
 確かに……邪魔な物をなくしてしまえば、話は早い。
 しかしそれはあまりに乱暴とも言える所業。
「……厄介な奴らは負けた後も厄介な真似し続けやがる。ったく、面倒な奴らだな……」
 朽澄楔・ティキ(a02763)は確かめるように己の手にした強弓の弦に触れた。
 そう……何もかもが、厄介であった。
「まったく……森を焼き払おうなどと面倒なこと考えてくれやがりますね」
 急いでその不逞の輩を排除しなければ……。
 黒閃・シズマ(a25239)もなるべく気配を殺すように身を屈め先を急ぐ。
 目指すは霊査士の示したドリアッドの村。

「皆さん頑張って来て下さいです!」
 矢文が来るのを待ってるです。白の踊り子・チェリー(a34900)が笑顔で偵察を志願した面々を送り出した。
「……たく、やってくれるぜトロウルのクソッタレが」
 魔哭・ディーン(a42160)が吐き捨てるように、毒づく。
 この戦い決して負けるわけにいかない。
「森を燃やすなんて……そんなこと、絶対にさせませんわ!」
 緋蝶・オウリ(a51687)も憤然と憤りを隠せない。
「正々堂々が専売特許だった割には姑息で汚ない真似をするようだぜ」
 負けて最強種族のプライドも捨てちまったか……蒼雷剣士・タイガ(a53003)が誰ともなしに呟く。
 好敵手として多少なりとも尊敬するところもあったが、最早その価値も無い。
 これで……終わる事ができるのだろうか。
「……皆さんで、一緒に帰りましょう……」
 護りの天使・メイリィ(a90026)がやや緊張した面持ちで待機する仲間を見回した。

●迷いの森
「いたか……?」
 先方隊が村に辿り着いたとき、まさにトロウル達が村の奥に広がる森に向かう所であった。
 村の其処此処に破壊の跡が遠目にも確認できた。
「トロウルが……!」
 シンジュが指し示す先に 樽を肩に担ぎ上げ森の奥へと向かう姿が見えた。
「いかす訳にはっ……!」
 シズマが歯をかみ締め、剣に手をかける。
「早く……!」
 ティキが早く来てくれ……と思いを念じ仲間の待機している方角へと打ち出した。

 早く……一刻も早く……奴らに追いつかなければならない。
 後続の待機していたメンバーの合流後、一向はトロウル達が向かった森の奥へ駆けるように向かう。
 巨体のトロウルが踏み入った……その跡を見つけることは容易いように見えて、難しかった。
 一行の前に立ちふさがったのは、今は葉の落ちた物言わぬ木々であった。
 シンと静まり返った森の中、まるで纏わりつくように枝が着衣の裾に絡みつき、さらに前進を拒む。
 森は広く……探すことをさらに困難なものに変えている。
「くそっ」
 偵察にでた誰ともなしに、舌打ちが響く。
 霊査士に示された地図の付近…………其処は、深い木々が生い茂る森であった。
 まるで、森が意識を持つかのように意図的に行く手を阻んでいるとしか思えなかった。
 気配を殺して、できるだけ先んじてトロウル達を補足し……状況を判断する。
 それは今のままでは到底無理な話であった。
 大きな誤算。
 ドリアッドの居住区の近くはそれでなくても他の種族は正しい道を見失い、道に迷いやすい……
 幾度と無く同じ場所をぐるぐると宛も無く彷徨っている、そんな錯覚に陥る。
 いや、それは錯覚ではなかったのかもしれない。
 自分達が現在何処にいるのかさえもあいまいになり……行く先は等に見失っていた。
「このままで終わるのか!?」
 奴らに追いつくことなく。
 森が焼かれるのを指を咥えてみているしかないのか……!? 何か手は無いのか……迷いの森の前に冒険者達は途方にくれていた。
「俺たちは……救いに来たのに……」
 何故、その救いを拒絶する。
 行き様のない憤りが更なる焦りを生む。森は、敵味方、隔てなくその行く手を遮っていた。
 早く……早くしなければ………
 森を行く面々に絶望の色がチラリと垣間見えた。

●遅すぎた到達
「あ………」
 最初に気が付いたのはオウリ。
 黒々とした黒煙が、朦々と立ち上っていた。
 上がる煙、油と生木の燃える独得の匂いに眉をしかめる。
「間に合わなかったのか!」
 タイガが弾かれた様に、黒煙の立ち上がる方向へと走り出す。
「急ぐぞ……」
 グランスティードに騎乗したディーンも覆いかぶさるように遮る、枝木を折り飛ばしながら黒煙の方向へと急いだ。
 できれば火がつけられる前に、奴らを如何にかしたかったが……全ては後の祭りである。

「は……同盟の皆々様のご到着ってか」
 ニタリと唇を吊り上げ笑う。
「随分おそかったじゃねぇか」
 何処で道草食ってたんだ?
「ひょっとして、道に迷ってたとかいわねぇよなぁ?」
 奪いとった油をぶちまけ。枯葉と枯れ木かき集め炎起こす。
 冬の乾いた空気の中で、それは大して労力を必要としない作業であった。
 燃え上がる炎は、全てを嘗め尽くそうとチラチラと舌を伸ばしていた。全てをその場にある全ての物を焼き尽くすように……
「丁度いい、お前らも丸焼けにしてやるよ」
 ひゃはははは! 耳障りな笑い声をあげてトロウル達が其々に武器を持つ。
 燃え上がる炎の様に彼らの闘争本能に火が灯る。血を求め、力を振るい、迫る争いの予感にある種の恍惚感に酔いしれていた。
 此処で果ててもそれはそれで彼らの本望であろう、命を張った戦いの舞台。
「酷い!」
「なんていうことを!!」
 周囲の木々は折倒され、その怪力を思う様に見せ付ける。
 あまりにも横暴な所業に、怒りばかりが先走り、思わず叫び声をあげた。
「行きます!!」
 援護をお願いします。我が身を省みずシズマが中衛牙狩人と思しき弓を構えたトロウルに切りかかる。
「無駄だ無駄無駄!」
 それを遮るように、剣を持った巨体が立ちふさがる。
「邪魔です!」
 とっさにはなった衝撃波が重い鎧に身を固めたトロウルと周囲をなぎ払う。
「……ちっとも感じねぇなぁ……」
 粗雑に大剣を振るう。風圧だけで、炎の一部が裂けた。
「我が刃に……斬れぬもの無し!!」
「甘いな!」
 衝撃波を紙一重で交わし鋭い逆とげの生えた矢を次々に放ってくる。
「これでも……」
 喰らえ! シンジュが弓を引き絞り雨の様に矢を番える。
 だが、トロウル達は針のように刺さる矢を微塵も感じぬ風に攻撃を仕掛けてくる。
 それは猛攻と呼ぶにふさわしい。
「メイリィさん! 回復を切らさないように……」
 お願いしますですよぅ!
「はいですの」
 チェリーに言われるまでも無く必死の形相でメイリィが癒しの波動を絶え間なく発動させる。
「それがどうした!」
 降り注ぐ矢が回復能力を奪う。
 煙が喉を焼き、炎がその身を焦がす。
「ごめんなさい……ですわ」
 力押しで……相手の尋常でない回復能力を上回るダメージを与えなければ……
「ちぃ!」
 獅子、山羊、蛇の頭部を持つ黒い炎がディーンを舐め尽す。チェリーの癒しの力を秘めた心地良い風を受けてもその激しい出血は止まらなかった。
「お前達に鎮魂の薔薇は似合わないがあえてこの技で引導を渡してやる」
 せめて……一体でも! タイガが渾身の力を込めて連激を繰り出す。
「きゃぁっ」
 雄叫びと共に繰り出される突進をまともに受けてメイリィが吹き飛ばされる。
 地をぬらす鮮血。
「メイリィさん!?」
 今は、他の者を気遣う余裕などなかった。癒しが届かない。それすら口惜しい。
「きゃうっ!」
 回復を担当する者を狙うのは敵も見方も同じ事。チェリーの足にも深々と矢が突き刺さっていた。
 鋭い逆とげの生えた矢は回復を阻害する。
「これでもくらっとけ!」
 無造作で重い一撃がシンジュとディーンを襲う。
 真紅の炎に照らし出された、トロウルから生えた触手がさらに此方からの攻撃を瞬時に癒す。
「ここまでなのか……」
 負った痛みに耐えギリッと奥歯をかみ締める。
 目の前の4体のトロウル達。其々につれたタイラントピラーが一層不気味さを醸し出している。
 それは、正に悪鬼のような姿であった。

●撤退
「俺は……まだ戦える!」
 タイガが血を吐くような叫びを上げる。一矢も報いぬままに……
「わたくしも……まだいけますわ」
「駄目です……このままでは……」
 全員が命を落としかねない。
 地に伏したメイリィ、ディーンは既にピクリと動かない。
 無理をして体を起こしているが……オウリ自信も深い傷を負っていた。
「こんなところで……終わるのか……」
 俺たちは負けたのか……
「再戦の時は、きっと来ます」
 今は、全員で生きて変えることが重要です。
 リシャロットがその手を押さえる。
「今は……」
 耐えましょう……言葉を搾り出すように……そう告げた。

「ふはははは……」
「焼き尽くせ、すべてやいちまえ!!」
「燃えろ、全て……燃えてしまえ!」
「俺たちはまだ負けていないぜ!」
 うぞうぞと体から生える触手が蠢き、炎を背にしたトロウル達が吼え猛る。
 狂乱の騒ぎ。

 炎と戦いの興奮に酔いしれるようなトロウル達の声が響く。
 その声を背に、冒険者達は撤退を強いられた。
 一抹のやるせなさと、一時の悔しさと堪えきれない無力感を胸に………。

 炎は運良く、村の周囲を焦がすにとどまったが、勝利と、血と、戦いに酔ったトロウル達の嬌声は暫く冒険者の脳裏から消える事はなかった。


マスター:青輝龍 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:8人
作成日:2007/01/09
得票数:冒険活劇1  戦闘1  ダーク19  コメディ5 
冒険結果:失敗…
重傷者:護りの天使・メイリィ(a90026)(NPC)  昼梟の劔・シンジュ(a26205)  吼狼・ディーン(a42160)  黒椿・オウリ(a51687) 
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。