≪百門の大商都バーレル≫魔風ウェルダン:砦



<オープニング>


●魔風ウェルダン
 大神ザウスによるランドアース破壊は、冒険者達の活躍により最小限の被害で食い止める事ができた。
 勿論、その被害は未曾有の規模のものではあったが、チキンレッグ王国と北方セイレーン王国は、既に復興に向けて動き出しているようだ。

 だが、その復興を邪魔する物がある。

 神との戦いの最中に、同盟諸国の冒険者の防衛線を突破した『魔風ウェルダン』の一団である。
 大神ザウスが滅びた事で、魔風ウェルダンは統一された目的を失い、ただただ目についた人造物を破壊する為に稼動し続けている。

 このウェルダンを放置していては、チキンレッグ王国や北方セイレーン王国の復興もままならないだろう。

 神との戦いを終えたばかりではあるが、この脅威を取り除くためには、冒険者の力が是非必要なのだ。

※※※

「みんな、よく集まってくれたわね」
 ヒトの霊査士・リゼル(a90007)は、冒険者達に感謝の気持ちで一礼すると、状況の説明を始めた。

「今回は、あの竜巻で物を破壊して進む迷惑な巨大ギア、魔風ウェルダンの討伐よ。神との戦いで討ち漏らしたウェルダン達は、現在はてんでバラバラに徘徊しているようだけど、その危険度は普通のモンスターの比では無いわ」
 リゼルは真剣にそう言う。
 ウェルダンの厄介な所は、戦闘力よりも『人造物の破壊』に特化したギアである事だ。
 ウェルダンはたった1体で、村や町の1つや2つ、簡単に破壊しつくしてしまう力を持っているのだ。

「ウェルダンの現在位置は、チキンレッグ王国南方付近ね。詳しくは、担当の霊査士に聞いて、急いで退治に向かって頂戴」
 これ以上、チキンレッグ王国に被害が出ないように……。
 そう言うと、リゼルは、冒険者達に頭を下げた。

●赤色の鶏冠
「東側に展開していた第3部隊壊滅!」

「先程から第2部隊とも連絡が取れません!」

「ザウスのギアは化け物か! 我々の攻撃がまったく効かん!」

「ば、馬鹿な! 赤色の鶏冠精鋭部隊がこうも簡単に!」

「だ、駄目です! このままでは持ちません!」

 チキンレッグ達の避難を終え、ホッとしていたのも束の間。
 魔風ウェルダンの出現によって、赤色の鶏冠は壊滅寸前まで追い込まれていた。
 最強と謳われていた赤色の鶏冠の砦も半壊し、辺りには負傷者達で溢れている。
 そのため、まともに動く事が出来るのは、赤色の鶏冠団長シャモのみだ。

「……仕方が無い。俺が出る。お前達は砦を捨て、安全な場所まで避難しろ」
 険しい表情を浮かべながら、シャモがプレートメイルを身に纏う。
 赤色の鶏冠団長として今まで部隊の指揮に専念していたが、このままでは全滅してしまうのも時間の問題である。
 そのため、シャモは魔風ウェルダンに対して、捨て身の特攻を仕掛ける事にした。
「それではシャモ団長が!」
 その場に残っていた団員達が叫ぶ。
「……俺か? 俺ならすぐに後を追う」
 もちろん、嘘だ。
 団員達にもそれが分かっていた。
 しかし、自分達が残っていれば、シャモの足手纏いになってしまう。
 団員達は涙を飲んで、赤色の鶏冠砦を後にした。

「さて、ウェルダンとやら……。わが友、アローカナを倒した実力を見せてもらおうか」
 団員達が避難した事を確認し、シャモがトゲつきハンマーを握り締める。
 例えウェルダンを倒す事が出来なかったとしても、強力な一撃を喰らわせてやると思いながら……。
「……そこまでだ!」
 次の瞬間、シャモの喉元に冷たいナイフが当たる。
 ……顔は見えない。
 だが、相当の手練れである事は分かる。
「お、お前は……」
 シャモはその男を知っていた。
 藍色の鶏冠団長レグホン。
 シャモと同じ七色鶏冠の団長である。

●藍色の鶏冠
「何を格好つけていやがる! 死んじまったら、何もかもお終いなんだよ! これ以上、仲間が死ぬのは懲り懲りだ! 砦なんて捨てちまえ! ぶっ壊れちまったら、また造ればいいんだから……」
 不機嫌な表情を浮かべながら、レグホンがシャモの首元に当てていたナイフをしまう。
「この砦の北で俺の部下がトラップを仕掛けている最中だ。そこまで逃げる事が出来れば、何とかしてウェルダンを倒す事が出来る。だから死ぬ事なんて考えるな。お前が死んだら、悲しむヤツがいるんだから……。何とかして砦から脱出する方法を考えるんだ」
 険しい表情を浮かべながら、レグホンが遠眼鏡を覗き込む。
 ウェルダンは砦を壊す事を止め、待機モードに入っている。
 すなわち、ここから動く者がいれば、即座に攻撃を仕掛けてくるというわけだ。

 そのため、ガイは護衛士達に七色鶏冠の援護を依頼するのであった。

!グリモアエフェクトについて!
 このシナリオはランドアース大陸全体に関わる重要なシナリオ(全体シナリオ)ですが、『グリモアエフェクト』は発動しません。
 これは、倒すべき敵が『魔風ウェルダン』という巨大ギアであり、グリモアを巡る争いでは無い事が主な理由となっています。

マスターからのコメントを見る

参加者
湯の瀬遊撃隊旅団長の・ホノカ(a00396)
白衣の家政夫・ライト(a02311)
快傑ズガット・マサカズ(a04969)
天皎・ルーシェン(a16220)
銀蟾・カルア(a28603)
天烏の花衣・ツバメ(a32416)
小さな探究者・シルス(a38751)
衝撃の弾幕少女・ユーロ(a39593)
蒼空の歌姫・セレーネ(a40522)
光纏う白金の刃・プラチナ(a41265)
金剛を目指す・ヒイラギ(a49737)
風牙・キフト(a59056)


<リプレイ>

●レグホン
「チキンレッグ領最強と謳われた、この砦がいとも簡単に……」
 険しい表情を浮かべながら、シャモが深い溜息を漏らす。
 ウェルダンの攻撃から逃れるため、赤色の鶏冠砦に避難していたのだが、途中で敵が竜巻形態に変化した事で砦の壁が破壊され、いまにも崩れそうになっている。
「このままじゃ、ふたりとも確実に死んでしまう。だから俺が囮になってウェルダンを引き付ける。その間にシャモは俺の部下と合流して合図を出してくれ! うまく行けばウェルダンを倒す事が出来るはずだ」
 物陰に隠れて外の様子を窺いながら、レグホンが短剣をギュッと握り締めた。
 するとウェルダンは竜巻形態を解除し、複眼をギョロギョロさせてレグホン達を捜し始める。
「ふざけるな! 俺に死ぬなと言っておいて、貴様は何だ! それとも俺がお前を見捨てて逃げるほど、臆病者とでも思ったか? だったら俺の答えはノーだ! 俺は最後まで、この砦に残るっ!」
 不機嫌な表情を浮かべながら、シャモがレグホンの胸倉を掴む。
 この砦に避難した時から命を捨てる覚悟が出来ていたので、例え相手がウェルダンだったとしても怖くはない。
「……勘違いするな。俺は『囮になる』と言ったが、犬死するつもりはない。ウェルダンを倒すために協力してくれと言っているだけだ」
 シャモの腕をガシィッと掴み、レグホンがキッパリと言い放つ。
 ……一瞬の沈黙。
 ふたりとも表情ひとつ……、変えていない。
「その言葉……、本当だな?」
 殺気に満ちた表情を浮かべ、シャモがジロリと睨みつける。
 ここでレグホンが嘘をつけば、斬り捨てると言わんばかりの迫力だ。
「俺を誰だと思っている。不死身の男と歌われたレグホンだぜ。例え何があろうとも、生きて帰ってくるのが、この俺さ」
 含みのある笑みを浮かべ、レグホンが親指を使って自分の顔を指差した。

「「……死ぬなよ」」

 その言葉と共にふたりが動く。
 素早い身のこなしでウェルダンを引きつけるレグホン。
 鬼神の如く勢いで合流地点にむかうシャモ。
 ウェルダンとの戦いが、幕を切って落とされた。
(「不死身の男……か。別に俺が不死身だったわけじゃない。ただ……」)
 含みのある笑みを浮かべ、レグホンがウェルダンの攻撃を避ける。
「……悪運が強かっただけさ!」
 すぐさまウェルダンの背中に飛び乗り、関節部分にナイフを突き刺す。
 これでウェルダンは形態を変化させる事が出来ないため、戦いはレグホンにとって有利に進むかに思えたのだが……。
「ぐあっ!?」
 突然、ウェルダンが跳びあがり、背中に乗っていたレグホンを振り落とす。
 そしてレグホンを押し潰す勢いで、落下スピードを上昇させた。
「レグホンさん、避けて!」
 それは湯の瀬遊撃隊旅団長の・ホノカ(a00396)の声。
 その声に気づいてレグホンが横に転がり、ウェルダンの身体を避ける。
「何とか間に合ったようね。フライド王が不在の今、これ以上犠牲を出すわけに行かないから……」
 ライトニングアローを放ってウェルダンの気を引き、衝撃の弾幕少女・ユーロ(a39593)がレグホンの逃げる時間を稼ぐ。
 その間にレグホンが素早く立ち上がり、瓦礫の山に隠れてウェルダンの攻撃をやり過ごす。
「どうやら、まだ死ぬ運命にはないらしいな」
 自らの悪運と仲間達に感謝しながら、レグホンがクスリと笑う。
 ここで命拾いしたという事は、まだまだやるべき事が残っているという事だ。
「だからと言って命を無駄にしたら駄目じゃぞ」
 黒炎覚醒を使って邪竜の力を完全に制御し、闇翳る月明・ルーシェン(a16220)が汗を流す。
 そのため、レグホンは『こっちだ!』と叫んで、ユーロ達を部下のいる場所まで誘導する。
「七色鶏冠の方々はチキンレッグ領にとって無くてはならない方々。ウェルダン如きに殺させはしません」
 すぐさま黒炎覚醒を発動させ、白衣の家政夫・ライト(a02311)がブラックフレイムを放つ。
 しかし、その程度の攻撃ではウェルダンの装甲を敗れず、レーザーの一撃を喰らって吹っ飛んだ。
「……この前の戦いで多くの仲間が命を賭してこの大地を守ってくれたんどす。その大地を、これ以上壊されてたまるもんどすか……! 今度は、うちらが頑張る番どす。勿論レグホンはんもシャモはんも、これ以上誰一人命を落とさせるわけにもいきまへん……! 必ずウェルダンを倒しますえ!」
 気絶したライトを守るようにして前に陣取り、迦陵頻伽の囀る空に・ツバメ(a32416)が粘り蜘蛛糸をウェルダンに放つ。
 それと同時にウェルダンが跳びあがり、ツバメの放った粘り蜘蛛糸を避ける。
「これ以上、チキンレッグ領を破壊されたらたまりません。絶対にウェルダンを倒しましょう!」
 イリージョンステップを使ってウェルダンの攻撃を避け、風牙・キフト(a59056)がレグホンの後を追っていく。
 その間もウェルダンがレーザーを撃ってくるため、キフト達も攻撃を避けるのに必死である。
「そのためにも早くシャモさんの所に行かなければなりませんね」
 ヒーリングウェーブを発動させ、ライトが仲間達の傷を癒す。
 しかし、先程喰らったレーザーの痛みが消えず、その場で大量の血を吐いて膝をつく。
「もう少しだから頑張って!」
 ウェルダンめがけてホーミングアローを放ち、ホノカがライトを連れて茂みに飛び込んだ。
 それに合わせてルーシェンが土塊の下僕を次々と召喚し、ウェルダンの行く手を阻むようにして横に並ばせる。
 しかし、ウェルダンがレーザーを放ち、土塊の下僕を破壊していった。
「あ、あかん。このままじゃ、追いつかれてしまいますえ!」
 青ざめた表情を浮かべながら、ツバメがチキンスピードを使う。
 レグホン達の仕掛けた罠の場所まで、あと数キロ……。
 ……それまで何とかして持ち堪えねばならない。
「諦めちゃ駄目! ここで諦めたら、すべてが無駄になるわ」
 すぐさまライトニングアローを放ち、ユーロがウェルダンを攻撃する。
 それと同時にキフトがソニックウェーブを放ち、レグホンの短剣が突き刺さった関節部を狙う。
 その一撃によってウェルダンの装甲が剥がれ落ち、レグホンの短剣が地面に突き刺さる。
「……仕方ない。俺が囮になる。その間にお前達は……」
 覚悟を決めた様子で短剣を掴み、レグホンがウェルダンを睨む。
 ウェルダンはレグホンに狙いを定め、物凄いスピードで追いかけていく。
 ……レグホンの向かった先は崖。
 そこでウェルダンを谷底に落とそうとした瞬間……、悲劇が起こった。
 ウェルダンの放ったレーザーが右肩を貫き、レグホンがバランスを崩して谷底に落ちてしまったのだ。
「レ、レグホンさん!」
 ハッとした表情を浮かべ、キフトがレグホンの名前を呼ぶ。
 しかし、ここで悲しんでいる余裕はなかった。
 レグホンがウェルダンを引きつけた事で、一気に攻撃を仕掛けるタイミングが整ったのだから……。
「レグホンは必ず生きているわ。だから私達はやるべき事をやらなきゃ駄目!」
 鎧聖降臨を使って守りを固め、ユーロがウェルダンめがけてライトニングアローを放つ。
 シャモとの合流地点まで、後少し。
 そのため、ここで立ち止まっているわけには行かなかった……。
「……そうどすな。悲しんでいる暇はないどすえ」
 粘り蜘蛛糸を放ってウェルダンの動きを封じ込め、ツバメが飛燕連撃を叩き込む。
 それに合わせてユーロが紋章筆記で強化したエンブレムノヴァを放ち、ウェルダンにダメージを与えていく。
「行くよ、みんな! レグホンさんの分まで頑張らなきゃ!」
 ホーミングアローを使ってウェルダンを攻撃し、ホノカがライトを連れて合流地点へとむかう。
 ……これでウェルダンを倒すための準備が整った。
 後はレグホンの部下達に合図を送るだけである。
【藍色の鶏冠】戦力:33(−37) 士気:90(+20)。

●シャモ
「みんな、無事か!」
 心配した様子でバーレル護衛士に駆け寄り、シャモがハッとした表情を浮かべて汗を流す。
 何故か……、レグホンがいない。
 しかし、ウェルダンが迫っているため、シャモ達に躊躇している暇はなかった。
「物事は生きてこそ為せるもの。貴殿にはやらねばならぬ事がある筈じゃ。分った様な事を行っておるのは承知しておる。じゃが、もう誰かが居なくなるのは嫌じゃからな……」
 どこか寂しそうな表情を浮かべ、光纏う黄金の刃・プラチナ(a41265)がシャモの肩を叩く。
 ウェルダンを罠に嵌めるためには、もう少し森の奥まで進む必要がある。
「あの野郎……、馬鹿な真似をしやがって!」
 レグホンの顔を思い浮かべ、快傑ズガット・マサカズ(a04969)が鎧聖降臨を発動させた。
 まさか谷底に落ちたとは思っていないため、何処かで逸れてしまったと思っている。
「……来るぞ。みんな、死ぬなよ!」
 君を守ると誓うを使ってシャモを援護し、アンパン妖精・カルア(a28603)がイリュージョンステップを発動させた。
 それと同時にウェルダンが跳び上がってきたため、すぐさまソニックウェーブを放って後ろに下がる。
 先程の戦いで装甲が剥がれていた事もあり、カルアの放った一撃でパーツが吹っ飛ぶウェルダン。
 それに合わせてプラチナが黒炎覚醒を発動させ、ブラックフレイムと化した心攻撃を放つ。
「……このままウェルダンを暴れさせるわけにはいきません」
 シャモと連携を組んでウェルダンの行く手を阻み、小さな探究者・シルス(a38751)が紋章筆記で強化したエンブレムノヴァを撃ち込んだ。
 次の瞬間、ウェルダンが竜巻形態に変化し、辺りの木々を薙ぎ倒していく。
「まったく無骨なギアの顔等とうに見飽きたのじゃが……。早く片付けねば復興活動にさしさわるし、これ以上大切な仲間達の命をくれてやる訳にはいかぬ……早々に退場頂こう」
 疲れた様子で溜息をつきながら、蒼空の歌姫・セレーネ(a40522)が黒炎覚醒を発動させる。
 それに合わせてどじっ娘館長・ヒイラギ(a49737)が鎧聖降臨を発動させ、シャモ達の鎧を大きく変化させて強度を高めた。
「だが、このままでは、マズイな。何とかして竜巻形態を解除させないと……」
 険しい表情を浮かべながら、マサカズが唇をグッと噛み締める。
 それと同時にウェルダンが大木に激突し、大量の破片が飛び散り竜巻形態が解除された。

(「……いまだっ!」)

 雄叫びを上げて跳びあがり、マサカズが斬鉄蹴を炸裂させる。
 しかし、ウェルダンはケダモノの如く激しく暴れ、複眼からレーザーを放つ。
「うおおおおおおおおおおおおおおおおおお!」
 ウェルダンの一撃によって脇腹を貫かれ、マサカズが雄叫びを上げて複眼を引き千切る。
 そのせいでウェルダンが暴走し、マサカズが振り落として走り出す。
 しかし、ウェルダンの向かった先は、レグホンの部下達が待機していた場所の傍。
 すぐにシャモが部下達に合図を送り、丸太を縛ったロープを切らせる。
 それと同時に丸太が勢いよくウェルダンに直撃し、その先にあった落とし穴に転がり落ちた。
「いまのうちにマサカズを助けるぞ!」
 愛用のハンマーを放り投げ、シャモがマサカズの救出にむかう。
 ウェルダンの攻撃を喰らってマサカズは致命傷を負っているが、すぐに治療をすれば何とかなりそうである。
「シャモ殿、無茶はまだしも無理はしてはダメでござるよ」
 ホーリースマッシュを使ってし、ヒイラギがシャモ達の逃げる時間を稼ぐ。
 その間にシルスが紋章筆記で強化したエンブレムノヴァを放ち、ウェルダンの右を破壊した。
「攻撃の手を休めるな! ウェルダンが反撃してくるぞ!」
 ウェルダンとの間合いを一気につめ、カルアが薔薇の剣戟を炸裂させる。
 カルアの言葉が合図となり、シャモの部下達も動き出す。
「さて……、砦を護りし勇壮なる『赤』に勝利の歌を捧ごう……!!」
 赤と藍の護衛士達を見送りながら、セレーネが高らかな凱歌を歌う。
 護衛士達が協力して攻撃を仕掛けた事もあり、ウェルダンはすぐに動けなくなって沈黙した。
「う、動かなくなったようですね」
 青ざめた表情を浮かべながら、シルスがゴクリと唾を飲み込んだ。
 いきなり動き出す可能性も捨てきれないため、仲間達の間に緊張が走っている。
「何かあったら、よろしく頼むぞ」
 警戒した様子でウェルダンに近づき、プラチナがツンツンとつつく。
 しかし、ウェルダンはピクリとも動かず、ずっと沈黙したままである。
「どうやら大丈夫なようじゃな」
 ホッとした表情を浮かべ、セレーネが胸を撫で下ろす。
 それと同時にウェルダンが動き出し、ボロボロとパーツが崩れ落ちる。
「うわぁ!? う、動いたぁ」
 驚いた様子で悲鳴をあげ、シルスがペタンと尻餅をついた。
 仲間達も驚いているのか、誰もその場から動こうとしない。
「ぐ、偶然じゃ! こんな状態で動くわけがないじゃろ!」
 苦笑いを浮かべながら、プラチナがペチペチとウェルダンを叩く。
「お、驚かすなよ。心臓が止まるかと思っただろ!」
 不機嫌な表情を浮かべ、カルアがウェルダンを蹴り飛ばす。
 その一撃によってウェルダンが崩れ落ち、パーツの山で落とし穴が埋まる。
「……これって何かに使えそうでござるな。まぁ、加工が大変でござろうが……」
 ウェルダンの残骸を見つめ、ヒイラギがダラリと汗を流す。
 ……それからすぐの事だった。
 戦いの最中、レグホンが谷底に落ちたらしいという事を知ったのは……。
【赤色の鶏冠】戦力:72(−28) 士気:90(−10)。


マスター:ゆうきつかさ 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:12人
作成日:2007/06/13
得票数:冒険活劇19  戦闘10  ミステリ6  ダーク1 
冒険結果:成功!
重傷者:白衣の家政夫・ライト(a02311)  快傑ズガット・マサカズ(a04969) 
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。