グドン地域完全制圧:夜明けに向かって



<オープニング>


●グドン地域完全制圧
 ランドアース中央部に広がるグドン地域。
 この、大繁殖したグドンが棲息する荒れ果てた森林地帯は、獰猛なトロウル王国から自国を護るために、北方セイレーン王国がグドンを養殖して作り上げたものである。

 しかし、トロウル王国の脅威が無くなった現在では、グドン地域は誰にとっても百害あって一利無しの、厄介者と成り果てていた。

 また、神との戦いによって国土の何割かを失った、北方セイレーン王国とチキンレッグ王国の避難民の受け皿とする為にも、この地域の制圧は欠かせないものだったのだ。

 勿論、ランドアース全土に版図を広げる同盟諸国にとっても、大陸中央部に広がるグドン地域は厄介者である。
 グドン地域から流出するグドンが引き起こす事件は周辺地域の治安を悪化する要因であったし、グドン地域によって、それぞれの地域の交流が阻害されている事も、大きな問題だったからである。

 これらの問題を一気に解決すべく、グドン地域の完全制圧の為の作戦が行われる事になった。

※※※

「みんな、よく集まってくれたわね。それじゃ、早速説明するわよ」
 ヒトの霊査士・リゼル(a90007)は、集まった冒険者達にそう切り出した。
「今回の作戦は、チキンレッグ王国から西へ向かうルート、北方セイレーン王国から南下するルート、エギュレ神殿図書館の周辺から制圧するルートの3ルートで侵攻を行なっていくわ。詳しくは、担当の霊査士からの説明を聞いて頂戴」
 リゼルは、グドン地域の地図を取り出して指差しする。

 昨年末に行なわれたグドン地域大制圧戦により、グドン地域の占める領域は狭くなっているが、今回は残りの全ての部分を制圧するのが目標となる。

「グドン地域の真ん中にいけば、グドンの集落を発見するのは簡単よ。だから、目的の集落を制圧した後、余力があるようならば他の集落に攻撃を仕掛けるのも可能だと思うわ。
 でも、欲を出しすぎて返り討ちにあわないように気をつけてね。
 今回は、特に春の繁殖期を終えたグドンの集落になるから、相手がグドンだからといって気を抜いちゃダメだからね」
 リゼルはそう言うと、冒険者達に、ちょこんと頭を下げた。

●夜明けに向かって
「どうも、ミッドナーです。早速ですが、説明を始めさせていただきます」
 夜闇の霊査士・ミッドナー(a90283)はそう言うと、手元の羊皮紙を取り上げた。
「ルートとしては、チキンレッグ王国から西へ向かうルートになります。視界は360度広いですから、見つけるのは簡単です……もっとも、見つかるのも同様、ということですが」
 目標となる集落は、グドン地域の中央近辺に存在する100を超えようかというグドンの集落。規模としては通常のクラスになるだろうが、それでもかなりの規模である事に間違いは無い。
「時期的に士気は非常に高く……その分、結束力も大幅に向上しています。それと、ピルグリムグドンが混ざっているようです。数は2体。リーダー級のようですので、他のグドン達との結束もより強固です。如何に皆さんとはいえ、油断すれば痛手を受けてしまう事でしょう」
 それに加え、と言いながらミッドナーは羊皮紙をテーブルに置く。
「近くを通っていた行商人が行方不明になったという話がありまして。どうやらグドンに捕まったものの、まだ生かされているようです。助ける事は無論不可能ではないでしょうが……食欲に満ちたグドン達から彼を助ける事は相当の危険を伴うでしょうし……食料を奪われた事で大幅にグドン達の士気が増す可能性もあります」
 淡々と語るミッドナーの瞳からは、いまいち感情を読み取る事ができない。だが、商人を助ける事の難しさだけは良く理解できた。尚且つ、助けてから守り抜く事の難しさも加えれば……いや、それよりも「間に合わない」可能性すらあるのだろう。
 訪れた沈黙を、ミッドナーは軽く咳払いをして破る。
「それと……リゼルさんも言っておられたとは思いますが、近くにグドンの集落が2つほどありますので、余力があれば仕掛けてみるのもいいかもしれません」
 ミッドナーはそう言うと無表情な目で、しかし強い意志を込めて冒険者達を見据える。
「……訪れる結末が、誰もが笑っていられるものであるように。信じています……どうか、最良の……結末を」
 そう言って、ミッドナーは静かに一礼するのだった。

!注意!
 このシナリオは同盟諸国の命運を掛けた重要なシナリオ(全体シナリオ)となっています。全体シナリオは、通常の依頼よりも危険度が高く、その結果は全体の状況に大きな影響を与えます。
 全体シナリオでは『グリモアエフェクト』と言う特別なグリモアの加護を得る事ができます。このグリモアエフェクトを得たキャラクターは、シナリオ中に1回だけ非常に強力な力(攻撃或いは行動)を発揮する事ができます。

 グリモアエフェクトは参加者全員が『グリモアエフェクトに相応しい行為』を行う事で発揮しやすくなります。
 この『グリモアエフェクトに相応しい行為』はシナリオ毎に変化します。
 夜闇の霊査士・ミッドナー(a90283)の『グリモアエフェクトに相応しい行為』は『誇り(pride)』となります。
 グリモアエフェクトの詳しい内容は『図書館』をご確認ください。

マスターからのコメントを見る

参加者
久遠槐・レイ(a07605)
円環の治癒師・アルティ(a08063)
男の娘を超えた存在・シシャモ(a31183)
光纏う白金の刃・プラチナ(a41265)
硝華・シャナ(a52080)
黒猫・レイオール(a52500)
焔硝火・ジャコル(a64548)
透色・レシルカ(a64761)
蒼雷閃・カナト(a65324)
暁天の修羅・ユウヤ(a65340)
NPC:放浪剣士・デスト(a90337)



<リプレイ>

●遠く響くは咆哮
「昔は大森林だったらしいが、今じゃ見る影もねぇな……」
 踊る格闘家・ジャコル(a64548)達の目の前には、広い夜の荒野が広がっている。
 グドンが住み着くとは、全てを食い尽くされるという事。
 グドンに食い尽くされるとは、全てを奪われるという事。
 グドンの通った跡には、何も残りはしない。
 グドンは全てを奪い尽くす。そこにあった、面影さえも。
「数は聞いてたけど、実際に見ると結構きつそうかも……。まぁ、ここまで来て弱音なんか吐いていられないか」
 遠くの集落を眺め、幻想を追い求める者・カナト(a65324)は呟く。
 そう、此処まで来たならば、後は戦うのみだ。その為に、彼等は集まったのだから。
「絶対、商人様方に何かあってはいけません……!」
 グドン達に捕まっているという商人の事を、硝華・シャナ(a52080)は想う。
 彼を救う事は困難ではあろうが、一般人を守る事こそが冒険者たる所以と信じるが故に。
「必ず、商人さんも助けてキッチリ成功させましょう」
「残しておけばいたちごっこの繰り返しになるのも明白。これでケリをつけてくれようぞ」
 光纏う黄金の刃・プラチナ(a41265)の言葉に、桜吹雪の如き幼麗なる舞姫・シシャモ(a31183)が答える。
 まだ距離は離れているが暗い月夜の中にあってなお、集落は目視できる範囲内にある。それ程までに障害物は何も無いのだ。
「……よし、行きましょう」
 円環の治癒師・アルティ(a08063)の言葉を合図に、冒険者達は一気に飛び出す。
 グドン達に一気に攻撃をかけ、商人を救い出す隙を作るために。
 そして、グドン達の集落でもまた、戦意高揚の咆哮が響き渡っていく。
 これが戦いの合図、そして、戦いの始まり。
「「さあ、全力全開、一気に行くよ!」
 剣を構え叫ぶプラチナ同様に、冒険者達は各々の武器を構えて突っ込んでいく。
 斧を振りかぶるグドンを久遠槐・レイ(a07605)の粘り蜘蛛糸が絡めとり、明日の果てを目指し・レシルカ(a64761)のエンブレムシャワーがグドンの第一陣を一掃していく。
「数だけは多いな……!」
「道を作らないと、ね……」
 レシルカの声に答えつつ、レイは波状攻撃を仕掛けてくるグドン達を見やる。
 シシャモの眠りの歌で眠った仲間達の穴を埋めるかのように、次のグドン達がシシャモに斬りかかっていく。
 何処かでリーダー級が見ているのか、あるいは厳しい生存競争に生き残ってきたが故か……非常に統率が取れている。
 最初の一回で一匹ずつでは敵わないと見るや、遠距離攻撃を混ぜての一斉攻撃に切り替えてくる。
 だが、元々知能の高くないグドンだ。次の手は想像できる。
 そう、恐らくは……一匹でも冒険者に対抗できる存在……すなわち、ピルグリムグドンが出てくる。
「構っている暇は無いっ」
 踊る黒い猫・レイオール(a52500)のナパームアローが、目の前にいたグドン数体を消し飛ばし……いや、一匹残っている。
 多数の腕が生えた姿は、明らかに異常だ。複数のグドンの中に上手く混ざっていて、気づくのが遅れたのか。
 ピルグリムグドンは醜悪な笑い声をあげると、レイオールに無数の武器を叩き込んだ。
「よし、道が空いたぞ! 行ってくれ!」
 シルバーソードを振るう暁天の修羅・ユウヤ(a65340)が叫ぶ。
 この大攻勢から見るに、恐らくグドン達は全戦力を投入している。
 これでは自分達は動けないが……それは向こうも同じ。
 ならば、商人が生きていると仮定すればの話ではあるが……助けるのは、今しかない。
「任せて!」
 答えた蒲公英の音風・フリュート(a13036)と誇り高き白鱗・ゴードィ(a07849)が、グランスティードで戦線を突破していく。
 目指すのは商人の救出。そして、戦線の速やかな離脱。
「頼むぜ!」
 剣を振り下ろそうとしたグドンを破鎧掌で吹き飛ばしながらジャコルは叫ぶ。
 グドン達の恐れを感じぬ攻撃は、強いリーダーが居るが故か。
 あるいは、恐れを超える食欲故か。
 どちらにせよ、一瞬とて気を抜くわけにはいかない。この戦線を維持すれば大丈夫なはず。
 そう考えた時、レイオールの戦っていた方角から破壊音が響き。
 別の方角で戦っていた緑の影・デスト(a90337)が、何者かの攻撃を受けて氷漬けになる。
「ピルグリムグドン……!」
 アルティは、思わず息を呑む。
 2人を攻撃したピルグリムグドンは、その圧倒的な力をもって強引に戦況をひっくり返そうとしていた。
 このままでは敵わない。低い知能でそう考えたのかどうかは、分からないが……彼等2匹は、配下のグドン達と合わせて、挟み込むようにして包囲を狭めていく。
「私の祈り、届いてください……!」
「心配要りません。すぐに治します」
 シャナの静謐の祈りと、アルティのヒーリングウェーブが仲間達の傷を癒していく。
 ピルグリムグドンが現れたならば、万全の状態で挑まなければ危険だ。
「出たか本命……。不足無し、ってところかな」
 カナトがアヴァロンとアンスウェラーを構え、ブレスグドンへと突撃する。
 ブレスグドンがその一撃を意に介さぬかのように白いブレスを吐くと、眠りや蜘蛛糸で動きを制限されていたグドン達が動き出す。
 肉を切らせて骨を断つ、という言葉はあるが。戦力の回復を優先したということだろう。
 レイの粘り蜘蛛糸がブレスグドンに放たれると同時にデストが斬りかかるが、他のグドンに阻まれてブレスグドンまでは届かず、近くにいたグドンを切り払うに留まった。
 やはり、残ったグドンの群れをどうにかしなければいけない。
 そう考えたレシルカがエンブレムシャワーを放つが、その穴をまた埋めるようにグドン達が立ち塞がる。
 まさにグドンの壁だ。それを分かっているのか、多腕グドンも突っ込んでくる事はせず、弓を撃ってくる。
 ここまでも随分倒してきたのだ。グドンの壁など時間さえあれば楽に殲滅できるが、それまでにこちらのダメージがどれだけ蓄積するかが問題だ。
「さて、どうするか……」
 ユウヤが呟きながら流水撃を放った時、グランスティードの駆ける音が聞こえてくる。
 その音に混ざる声から察するに、商人は無事に助けられたらしい。
 無論、その音はグドン達とて聞いている。食料を奪われた事を知ったグドン達は慌てだし、あるいは怒りの声が混ざる。
 走り去ろうとするフリュート達の方角へ、ブレスグドンは驚く程のスピードで振り向く。
 恐らくはブレスを放って止めようというのだろう。それが当たれば商人は死ぬが、グドンにとって大した差ではない。
 レイはフリュートやゴードィとは違う方向に、大きな音を立てて食料を蹴り出す。
 大きな音にグドン達は振り返り食料に気づくが、乏しい知能の全てを占めた怒りは、彼等の食欲を押さえ込む。
 どちらも奪ってしまえば同じだ。ならば、まずは逃げる食料を動けなくしよう。
 そう考えるのは自然であり、当然だ。
 だが、そうはさせない。守るために、彼等は此処に来たのだから。
 例え、それが不利を招くとしても商人を、一般人を見捨てる事はしない。
 その誇りに満ちた意思は、彼等に輝く力を与えた。
「重騎士の名にかけて、これ以上は行かせない!」
「早く離脱を!」
 プラチナとレシルカが注意を向ける為に放ったエンブレムシャワー。
 だが眩いばかりに輝く杖から放たれたエンブレムシャワーはグドン達を次々と掃討し、ピルグリムグドン達にすら苦悶の声を上げさせる。
「これなら……止められる!」
 同じように輝く術手袋から放たれたアルティのブラックフレイムもまた、いつもを遙かに超える威力をもってブレスグドンへと命中する。
 痛みに耐えかねてブレスグドンは向き直り、商人を乗せたフリュート達は即座に離脱していく。
 これなら、もはや何の憂いも無い。
「わしの剣舞は、時として死の舞となる……」
 ブレードダンス♪で斬り込むシシャモとは別方向から、カナトが電刃衝を叩き込む。
 吐き出される雷のブレスがシシャモに直撃するが、もはやブレスグドンの動きに精彩は無い。
 同様に動きを鈍らせた多腕グドンもまたレイオールが牽制して抑え込み、互いの連携は完全に途切れている。
 そして、そんなものはもはや、冒険者達の敵では無い。
 レイのスパイラルジェイドがブレスグドンを砕くようにして叩き込まれる。
 耐えられるはずもなく、ブレスグドンはその身体を四散させて倒れこむ。
「この間合い……頂くっ!」
 そして、ブレスグドンが倒れた事を確認したレイオールが多腕グドンへと一気に勝負をかけ……多腕グドンが倒れると同時に、このグドンの集落の壊滅が確定したのだった。

●夜明けを迎えて
「……これが最後になるとええのう」
 シシャモはそう言って、瓦礫を踏み越える。
「この体力だと……ちょっと連戦は辛そうだな」
「ああ、集落一つと商人と言う戦果で良しとしよう」
 ジャコルの言葉にユウヤが頷き、滅びたグドンの集落を眺める。もう、此処には瓦礫とグドンの死体しかない。
「……どうか、安らかに……」
 カナトは、殺すべき敵に祈る自分に自嘲しながらも、そう祈りを捧げる。
「デスト様。私は貴方様が安心して戦えますように後ろを支えたく思います」
 そう言うシャナの言葉を、デストは静かに遮る。
「……俺は、誰かに背中を守って貰えるほど立派な人間じゃない。それに……な」
 そう言って、デストは遠い空に視線を送る。
 そこには、登り始めた朝日の姿。
「美しい、な……」
 レシルカの率直な感想に、アルティも言葉もない、といった様子で頷く。
 何も遮蔽物がない地平線だからだろうか。
 地平線から立ち昇る朝日は大きく……そして、例えようも無く美しかった。
「俺の背中なんか守っていたら、この朝日は見えない。それでは、人生の半分くらいは損しているだろう」
 それは、デストなりの冗談だったのだろうか。いつも通りの仏頂面のせいか、いまいち判断はつかなかったのだけれども。
「……じゃあ、帰ろうか」
 レイの言葉に、全員が頷いて。朝日に染まっていくグドンの集落跡を、冒険者達は後にするのだった。
 きっと、最良の結末を手に入れた。その誇りと喜びを、胸に秘めながら。


マスター:じぇい 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:10人
作成日:2007/07/28
得票数:冒険活劇18  戦闘6 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。