グドン地域完全制圧:踏み躙る者、蹴散らす者



<オープニング>


●グドン地域完全制圧
 ランドアース中央部に広がるグドン地域。
 この、大繁殖したグドンが棲息する荒れ果てた森林地帯は、獰猛なトロウル王国から自国を護るために、北方セイレーン王国がグドンを養殖して作り上げたものである。

 しかし、トロウル王国の脅威が無くなった現在では、グドン地域は誰にとっても百害あって一利無しの、厄介者と成り果てていた。

 また、神との戦いによって国土の何割かを失った、北方セイレーン王国とチキンレッグ王国の避難民の受け皿とする為にも、この地域の制圧は欠かせないものだったのだ。

 勿論、ランドアース全土に版図を広げる同盟諸国にとっても、大陸中央部に広がるグドン地域は厄介者である。
 グドン地域から流出するグドンが引き起こす事件は周辺地域の治安を悪化する要因であったし、グドン地域によって、それぞれの地域の交流が阻害されている事も、大きな問題だったからである。

 これらの問題を一気に解決すべく、グドン地域の完全制圧の為の作戦が行われる事になった。

※※※

「みんな、よく集まってくれたわね。それじゃ、早速説明するわよ」
 ヒトの霊査士・リゼル(a90007)は、集まった冒険者達にそう切り出した。
「今回の作戦は、チキンレッグ王国から西へ向かうルート、北方セイレーン王国から南下するルート、エギュレ神殿図書館の周辺から制圧するルートの3ルートで侵攻を行なっていくわ。詳しくは、担当の霊査士からの説明を聞いて頂戴」
 リゼルは、グドン地域の地図を取り出して指差しする。

 昨年末に行なわれたグドン地域大制圧戦により、グドン地域の占める領域は狭くなっているが、今回は残りの全ての部分を制圧するのが目標となる。

「グドン地域の真ん中にいけば、グドンの集落を発見するのは簡単よ。だから、目的の集落を制圧した後、余力があるようならば他の集落に攻撃を仕掛けるのも可能だと思うわ。
 でも、欲を出しすぎて返り討ちにあわないように気をつけてね。
 今回は、特に春の繁殖期を終えたグドンの集落になるから、相手がグドンだからといって気を抜いちゃダメだからね」
 リゼルはそう言うと、冒険者達に、ちょこんと頭を下げた。

●踏み躙る者、蹴散らす者
 かつて、豊かな緑があった。
 心安らぐせせらぎが自然を育み、鳥獣が集い――近くに人が住んでいた事もあったかもしれない。
 それら全てを食い潰し、荒廃した場所さえ己が棲み処としてしまうグドン達の頭数は増えに増え、繁殖期を終えて訪れた夏、集落一つ一つが決して侮れない規模となっている。
 その内の一つ。
 褐色の指先が地図上に滑り、示すルートはチキンレッグ王国から西へ。
 グドンの数はおよそ百。加えて二体のピルグリムグドンが居る、と黯き虎魄の霊査士・イャトが告げる。殆ど朽ちた様な灰色の森を進んで行くと、拓けた場所に猪グドンの集落があるのだと。
 立ち枯れた森の木々はまばらで、隠れ蓑にはならずとも攻撃を阻む障害にはなり得るだろう。
 冒険者達の動きを封じる粘液弾を吐き出す触手の尾を無数に持つ者。そして、全身から突き出た牙に鎧われた頑強な肉体を持つ者。他のグドン達とて、近接武器を振り回す者ばかりではない。
 ――だから気をつけて行け、などと、この霊査士は口にしなかった。

「潰して来い。以上だ」

 たった一言。あまりにも淡白かつ明瞭なその一言に、思わず喉の奥が鳴る。――笑み。
 イャトの目が、テーブルの片隅で笑みを零した十拍戯剣・グラツィエル(a90144)へと向けられた。
 目の前の敵をただ葬り去るのみ。解り易い仕事だ。いっそ清々しいほどに。
「――その手の仕事は、得手だろう?」
「まるで、てめェの事みたいに言うじゃねェか」
 取って付けた様なイャトの台詞に返して喉奥で笑いながら、グラツィエルは双剣を負い直して立ち上がった。リゼルも言っていた様に、グドン相手とは言え気を抜けない状況にある事は確かである。
 だが、後はもう、やるだけだ。
 グドン地域の完全制圧に向けて――!


!注意!
 このシナリオは同盟諸国の命運を掛けた重要なシナリオ(全体シナリオ)となっています。全体シナリオは、通常の依頼よりも危険度が高く、その結果は全体の状況に大きな影響を与えます。
 全体シナリオでは『グリモアエフェクト』という特別なグリモアの加護を得る事ができます。このグリモアエフェクトを得たキャラクターは、シナリオ中に1回だけ非常に強力な力(攻撃或いは行動)を発揮する事ができます。

 グリモアエフェクトは参加者全員が『グリモアエフェクトに相応しい行為』を行う事で発揮しやすくなります。
 この『グリモアエフェクトに相応しい行為』はシナリオ毎に変化します。
 黯き虎魄の霊査士・イャト(a90119)の『グリモアエフェクトに相応しい行為』は『非情(heartless)』となります。
 グリモアエフェクトの詳しい内容は『図書館』をご確認ください。

マスターからのコメントを見る

参加者
曼珠沙華・フィー(a02072)
カルシスの鬼姫・シュゼット(a02935)
泰秋・ポーラリス(a11761)
旅人の篝火・マイト(a12506)
医術士・サハラ(a22503)
牙時雨・ヤクシ(a34390)
守護と慈愛の拳闘淑女・クレア(a37112)
晴天に薄れゆく蒼氷月・タツキ(a42022)
風の翼・リア(a45123)
漆黒の担い手・キリランシェロ(a46895)
NPC:十拍戯剣・グラツィエル(a90144)



<リプレイ>

●奇襲
 白み始めた東の空。廃れた森の中までその陽は届かずとも、重く長く静かな夜が幽(かす)んで、冒険者達は数刻前まで闇が隠していた互いの姿を3人先まで確認できた。
 青い夜明けだ。
 因縁浅からぬこの地の土を久し振りに踏んだ春更・ポーラリス(a11761)は、腕に巻いたバンダナを見る。敬意は今もこの胸に。
 そして、一刻も早くグドンの駆逐を。
 移動の為に置いて来た己の得物【チャクラム】が、逸る気持ちに応える様にその手の中に現れた。
(「この地で戦ったパートナー、弟子、戦友のために成して見せます……」)
 旅人の篝火・マイト(a12506)が身を寄せている背の高い枯れ木も、夜が遠ざかれば何の役にも立ちはしない。仲間の誰かが別の木の横から突き出す拳に立てた親指。それを見てマイトもウェポン・オーバーロードで強弓・紅の防人の威力を高め、視線を巡らせる。
「力を、かしてね」
 小さく呟くカルシスの鬼姫・シュゼット(a02935)。もういない誰かに祈りを捧げる様に武器飾りに口付ける。深呼吸。吐息と共に、身体から一切の殺気が抜け落ちる――無。訪れる心と森の静寂に身を低くして彼女が見遣るのは、奇襲開始を報せる役目を担う三名。
 最も近い所に居るのは霧隠・ヤクシ(a34390)だ。
 彼は頷き、使い込んだ風情のある強弓・千飛を掲げる。天を指す――銀粉煌く艶やかな濃紺。
 仲間達が戦闘準備を完了したのをそれぞれに確認し、マイト、ポーラリスと共に共有する瞬間の後。

 明け切らぬ空に三筋の火の尾が奔った。

 ――合図だ。
「正直、グドン地域の後始末を私達が……というのはなんか納得いかないのですが」
 しかし、冒険者としてやるべき事はやる。それが人々の平和と安全を守る為ならば。
 伏せていた身体を素早く起こして駆け出す恋愛至上主義的格闘美少女・クレア(a37112)の身軽なスポーツビキニがその身を守るに相応しい形状へと姿を変え、同じ様に飛び出した悠久の時を往く翼・リア(a45123)が黒き炎をその身に纏いて覚醒。
 同じくその身に黒炎を宿した医術士・サハラ(a22503)の声が、後方からのんびり響く。
「まー、身勝手な話だとは思うけどねー。この際、一匹残らず綺麗さっぱりいなくなってもらおー」
 この世は食うか食われるか。
 間違ってはいないが、口調の割に物騒な事を言う医術士である。
 そもそもこのグドン地域が人為的に造られ、今また人の都合で消されようとしている事を思えば、グドンもまた悲運の児子なのかもしれない。しかし、同情には値しない。
(「グドン側から見た俺達はどんな風に映るのか――」)
 気にならない訳ではないがこれ以上放置していて良い問題でもないのだ。
 サハラ以下サポートに加わってくれた三名の術士とマイト共に後衛に位置取るヤクシは、半円に布陣した前衛の仲間達に守られる様な陣形を維持して進みながら次手の機を計った。
 先に放たれたナパームアローは集落の前面三地点で爆裂し、見張りに立っていた数頭のグドンを吹っ飛ばす。が、直撃を免れた者から順に漏れ出てくる。
「タツキ……同じ作戦で戦うのは何度目だったか?」
「?」
 進攻しながら唐突に声をかけられ、一瞬首を傾げた漆黒に擁かれし蒼月・タツキ(a42022)。併走する足は止めずに答えた。
「いつも一緒にいるからわかんないよ。それより、キリちゃんこけんなよ? 助けられないからなー」
 鼻で笑うのみ、言葉は返さず、漆黒の担い手・キリランシェロ(a46895)は漆黒刀【月闇】を振り翳し、無駄口の分遅れかけていた足を速めて陣形の維持に努めると同時に、グドンを一頭切り伏せた。
 負けじと足を速めたタツキは自らがつんのめって転びそうになりながらも、迫り来るグドンに向かって吼える。百頭はいるという猪グドンの集落は、寝込みを襲われてさぞ混乱している事だろう。
 状況に順応した者から冒険者達を迎撃すべく表に現れ、内数頭が紅蓮の咆哮に怯んで動きを止めたが為に、またそこで『数』の流れが滞る。
 その一瞬にキリランシェロは左右を見遣る。十拍戯剣・グラツィエル(a90144)の流水撃がその先に居るグドンを数頭薙ぎ払い、一方でリアが放った黒炎の蛇が、ナパームアローのダメージにふらついていた入口付近のグドンの喉笛に喰らいついてトドメを刺した。
 行く手を塞いでいる同胞達を押し退けて、わらわらと現れるグドン達。地響き、怒号、唸り声。
 それらを前に曼珠沙華・フィー(a02072)は蛇腹剣の柄を握り込む。
「ここで足止めされてる場合じゃないです、もん」
 蹴り出す足で身体を前に運び、踏み込む足で重心を固定する。横薙ぎ。己の身体を中心に円を描く剣閃は身に纏うキルドレッドブルーの炎と氷を、打ち据えるグドンの単身に伝染(うつ)す。
「くっ」
 通常の攻撃では捉え切れないグドンの群れが、牙が、剣が、フィーの眼前に迫る――!
 刹那。無数の針が肉に突き立つ音、音、音。
 彼女に襲い掛かろうとしていたグドンを中心とする十数頭をシュゼットのエンブレムシャワーが打ち抜いた。ほっと彼女へ向けるフィーの笑顔は、しかし、すぐに緊張に塗り替えられる事になる。
 手傷を負わされ、いきり立つグドンがシュゼットへと向き直り、集落から溢れ来るグドンは更にその数を増やして冒険者達へと攻寄せるのだ。正面から競り合う冒険者達の陣は前進し、グドンの増加に対応すべくその弧を広げて斬り込んで行く。
「武器を持ってないからって、舐めてかかると痛い目見ますよっ?」
 猪グドンの顎の付け根に炸裂するクレアの鋭い蹴り。
 ポーラリスのチャクラムが別のグドンの胴を薙ぎ、エンブレムシャワーのダメージ色濃いグドンの首をキリランシェロの太刀が刎ねる。血の一滴も残さぬ様に、刃を鋭く振り抜いた。
 ヤクシが放ったナパームアローは冒険者達にその余波を与える事無い集落内で爆裂し、中でもたついていたグドンにダメージを与える。マイトのナパームアローが追い討ち、吹っ飛ぶ幾つかの影が見えたが――
「まだ、――まだ見えませんか!?」
 出来れば早急に手を打っておきたいピルグリムグドンの姿を、彼らはまだ見つけてはいなかった。
 この爆発で少しでもダメージを与える事が出来ているなら良いが、確認の術はない。

 ――ヒュ。
 空を裂き、思わぬ方向から飛来した矢にシュゼットは反射的に腕を翳した。自らが被る筈だったダメージは衝撃波となり、矢を放った当のグドンの腹を撃つ。『ギャッ』と微かな悲鳴が響いた森へ目を向けると、灰色の木の陰に、腹を押さえて蹲る無様な姿を発見した。
「生半可なものでは、私には届きませんよ」
 ふふ、と嗤い、彼女はそちらに向けて紋章を描く。それが届く距離まで――案外近い所までグドンが回り込んで来ていた事に多少驚きもするが、問題ではなかった。唯一例外的に単身相手に使用するエンブレムシャワーがその褒賞であるかの如く、惜しみなく放たれる。

(「これ以上、離れて進むとマズイかも」)
 どう。と、目の前で響く爆音。
 極限まで高めた闘気を刀身に込め、グドンを屠ったタツキは『月姫』の銘を持つ巨大剣を肩に、少々開いた陣形を横目で見遣った。後衛からの支援を仰げぬ距離ではない。仲間の姿を見失うほどではない。しかし、大挙して押し寄せるグドンの群れはこの陣形をもあっさり食い潰してしまいかねないパワーを持っているかに見える。そうならないのは、信ずるべき仲間達個々の力と連携が、今ひとつ統率に欠ける猪グドンを凌駕しているからに他ならない。奇襲は完全に功を奏している。
「か弱い女の子を取り囲むなんて、誇りも知らないグドンらしいですね!」
 翻るダークネスクロークの陰から、激昂するクレアの回し蹴りが不可視の波動を以て三体のグドンを薙いだ。
 うは。やるじゃんクレア。と、本職のグラツィエルが騎上から舌を巻きつつ己の敵を相手取り、作戦のため武人としてのアビリティを活性化させていないリアは表情一つ変えずに、召喚獣の力を宿したブラックフレイムでグドンを一体ずつ、確実に屠り続けている。
「あ。まずい、抜けて来そうだよ、左前方ー」
 仲間達の身体に蓄積されつつあるダメージを見て取り、癒しの力を込めた淡い光を放ったサハラが喚起。いち早く駆けつけたポーラリスが、陣形を割って突入しようとしていたグドンを掴み、豪快に投げ戻した。短く息をつき、彼は戦場を見回す。
 ひしめき合うグドンの群に隠れている敵後衛から前触れなく飛んで来る矢や投石は、ヤクシが早い段階で展開していたストリームフィールドの効果もあって幾らかは反撃の手と成り代わる。自身の攻撃による傷を受け、血液混じりの涎を振り撒きながら、グドン達は怯まない。
 全くもって数の暴力と言うのは、厄介なものである。
「キリがない……と言いたい所だが――」
 それも此処で終いとするべく、キリランシェロは流れる様な動作と武器捌きでグドンの攻撃を往なし、攻めに転じた。猪口才な反撃を繰り返すグドンの数も半分くらいは減っているだろうか。それを体感しながら、グドンの群れを更に『食い潰し』始める冒険者達。

 そして、ついに――蠢くグドンの中に異形の影を見つけた。

●現る
 攻撃の手の届く限りグドンの群れの奥の奥を、攻めて、攻めて、攻めて。
 そこに紛れていたピルグリムグドン達の姿をようやく確認した今、シュゼットの心は無に凪いでいた。幾度目だろうか、殺気を全て捨て去る構え。この相手には通用すまいが、弓を構えるグドンはまだ残っているらしい。この期に及んで小さなダメージを積み重ねたくは無いものだ。
「来ましたね。……! 皆さん、気を――!!」
 マイトが気付いて声を上げるより早く、ピルグリムグドンの背後に無数の尾――否、触手が立ち上がり、粘液弾を乱射し始めた。恐るべき事にそれは完全な無差別攻撃であった。周囲に群れる猪グドン諸共に、それらと交戦中だったフィーやタツキが直撃を食らうのを皮切りに、触手ピルグリムグドンの視界内にいたと思しき前衛の者達がその厭な体液を身体の何処かしらに受けてしまう。
 運良く掠める程度で済み、拘束を免れたリアは、不意に近付く気配に対して咄嗟に長剣・金焔を振るった。腕が痺れるほどに重い感触、鈍い音。黒い炎が絡みつき、加えて発生した魔氷の効果がその『硬い敵』の動きを縛る。
 ――全身を覆う牙とよくにた形状の槍を振りかぶるもう一体のピルグリムグドンが、そこにいた。
「!」
 動きを封じる事が出来たのは幸いだった。さほどダメージを与えられた様には見えない、が、ならばとポーラリス。斬鉄の威力を秘めた渾身の蹴りを打ち込むのみ!

「うわーえげつないなー」
 粘液弾が届かない距離で良かったと思いながら、サハラは静謐の祈りの中に仲間達の姿を捉えた。勿論、潰すべき敵である猪グドン達に祈ってやったりはしない。恐るべき無差別拘束だが、これは最大のチャンスでもあるのだ。ヤクシの濃紺の弓から雷氣を纏う矢が、マイトの紅い弓から鎧強度を物ともしない矢が、行動直後で隙だらけの触手グドンを射抜く。
 迸るピルグリムグドンの咆哮。
「出来るだけ躱す……とか言ってられないな、これは」
 苦笑と共に拘束状態から回復したタツキは、次に賭けて己の筋力を強化した。
「なめてもらっちゃ、困るですよ」
 フィーもまた自由を取り戻した。今なら猪グドンも殆ど行動不能と見て取るや彼女は身を捻り、螺旋を描く飛翔攻撃で触手ピルグリムグドンめがけて突撃。強力な一撃が行き過ぎ、揺らぐ上体に容赦ない斬鉄蹴を打ち込むシュゼット。光が弧を描き、ピルグリムグドンの頭をかち割った。
「お前如きに」
 傷つけさせやしない。
 シュゼットの短い言葉に重なる足音は一瞬で間合いを詰め、華麗なる高速攻撃でピルグリムグドンの身体を切り刻んで行く。キリランシェロが繰り出す太刀筋。軌跡が光を発し、舞い散る赤い薔薇の花びらと共に、触手野郎はその場に崩れ落ちる。三連。それで、終いだった。

 もう一体。
 どんな異形の肉体にも必ず弱点はあるものだと、クレアの鋭く強靭な足から放たれる一撃。続け様に斬鉄蹴を喰らってもびくともしない硬さにうんざりする。しかし、――
「感情のない機械に比べれば、あんた達の方が遥かにやりやすいです!」
 ゆらり、と動く牙の槍。怒りに満ちたピルグリムグドンの咆哮が空気を震わせた。

「んー?」
 ボスが一体斃れたせいか、猪グドン達の動きがおかしい。怖気づいた様にこちらに攻め込む事をやめ、その足は徐々に――気付いたサハラが仲間に報せる。
 予測はしていた。既に冒険者達の身体は動いている。
 逃がしはしない。
 粘液弾による拘束が解けるなり一目散に逃げ出そうとしたグドン達を縛り上げるフィーの粘り蜘蛛糸。捉え損ね、戦場外へと逃れるグドンの一体をポーラリスが投げたチャクラムが仕留めた。
 苦し紛れに立ち枯れた木の向こうに紛れようとしたグドンは、マイト&ヤクシによるホーミングアローが確実に追い、障害物も何のその、キリランシェロのソニックウェーブが豪快に落とす。
 多少なりとも手傷を負ったグドンばかり。追撃する事は造作もない程その数も既に――

 増強した筋肉が軋むほど渾身の力を込めたタツキの一撃が、残るピルグリムグドンの牙を折る。
 触手野郎が早々に沈んで行き場の無かったデストロイブレードは威力も充分。それでもなお倒れる事なく強靭な鋼の身体を全身武器にして抵抗を続けるその動きを、再度魔氷が止めた。
 黒い炎の蛇が『牙』の体表を焼き、悔しげに呻く声さえ最早弱々しく聞こえる。
「終わりだ」
 静かなリアの声。
 双方向から斬鉄蹴が『牙』の身体を砕くのを、彼女はただ見つめていた。

●余力
「………」
 夜間に己の匂いを消す為に塗り込め、今ではすっかり乾いてしまった泥の上に、重ねて泥を塗りたくる。返り血で紅く染まった白い翼にも念入りに。濃すぎる血の匂いも、強烈なグドン地域の土の匂いに少しは紛れただろうか。リアはあくまで無表情。
「さて、と」
 どうしようか、と――問うまでもなく仲間の余裕の表情を見て、タツキは苦笑を禁じ得ない。
 サハラも、サポートの ルキ(a08504)、マイヤ(a28554)、シェルド(a45558)も充分な数の回復アビリティを残していた。夜明けと共に開始した作戦は昼には全て事を終え、もう一仕事出来そうな気配である。少しだけ、感慨に耽る様に空を見上げたポーラリスが呟く。
「夜までに、片付けよう」
 それぞれに気合を入れる仲間達を横目に、浮かない表情をしていたフィーも、瞬きの後には自らを奮い立たせた。グドンと言えど、命を奪い続ける事は気の良いものではない。だが。
「……頑張らないと、ですよね」
 ――グドン地域を消す為に。

 その後、冒険者達は更にグドン地域を駆け抜け、五十体程から成るもう一つの集落を潰して揚々と引き揚げたのだった。


マスター:宇世真 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:10人
作成日:2007/08/01
得票数:戦闘13 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。