グドン地域完全制圧:LIVE A LIFE



<オープニング>


●グドン地域完全制圧
 ランドアース中央部に広がるグドン地域。
 この、大繁殖したグドンが棲息する荒れ果てた森林地帯は、獰猛なトロウル王国から自国を護るために、北方セイレーン王国がグドンを養殖して作り上げたものである。

 しかし、トロウル王国の脅威が無くなった現在では、グドン地域は誰にとっても百害あって一利無しの、厄介者と成り果てていた。

 また、神との戦いによって国土の何割かを失った、北方セイレーン王国とチキンレッグ王国の避難民の受け皿とする為にも、この地域の制圧は欠かせないものだったのだ。

 勿論、ランドアース全土に版図を広げる同盟諸国にとっても、大陸中央部に広がるグドン地域は厄介者である。
 グドン地域から流出するグドンが引き起こす事件は周辺地域の治安を悪化する要因であったし、グドン地域によって、それぞれの地域の交流が阻害されている事も、大きな問題だったからである。

 これらの問題を一気に解決すべく、グドン地域の完全制圧の為の作戦が行われる事になった。

※※※

「みんな、よく集まってくれたわね。それじゃ、早速説明するわよ」
 ヒトの霊査士・リゼル(a90007)は、集まった冒険者達にそう切り出した。
「今回の作戦は、チキンレッグ王国から西へ向かうルート、北方セイレーン王国から南下するルート、エギュレ神殿図書館の周辺から制圧するルートの3ルートで侵攻を行なっていくわ。詳しくは、担当の霊査士からの説明を聞いて頂戴」
 リゼルは、グドン地域の地図を取り出して指差しする。

 昨年末に行なわれたグドン地域大制圧戦により、グドン地域の占める領域は狭くなっているが、今回は残りの全ての部分を制圧するのが目標となる。

「グドン地域の真ん中にいけば、グドンの集落を発見するのは簡単よ。だから、目的の集落を制圧した後、余力があるようならば他の集落に攻撃を仕掛けるのも可能だと思うわ。
 でも、欲を出しすぎて返り討ちにあわないように気をつけてね。
 今回は、特に春の繁殖期を終えたグドンの集落になるから、相手がグドンだからといって気を抜いちゃダメだからね」
 リゼルはそう言うと、冒険者達に、ちょこんと頭を下げた。

●LIVE A LIFE
 乱立する木々。
 その合間に、行き交う影がちらほら。
 どこか色彩に乏しい、痩せ木の森。
「集落はその中にあります」
 数は百に満たない。多くて七十か八十かその程度だろう、霊査士はそう言って皆を見回す。
「集落を束ねているのは、ピルグリムグドン。ですが……余り、積極的に攻撃を仕掛けてはこないようです」
 逃げて逃げて逃げ回る。
 そして、相手が疲れた所を見計らって、仕掛ける……それが精々だそうだ。仕掛けるときもピルグリムグドン一体で行なう事が殆どで、他のグドン達は隠れて様子を窺っている事が多いとか。攻撃をするにしても、リーダーの支援をするかのように石を投げたりするのが精々だとか。
「全体的に臆病な性質のようですから、不利を悟ればグドン達は集落を放棄して逃げ出してしまうと考えられます」
 逃がしてしまっては、元も子もない。
 相手の策に乗る振りをして誘き寄せ、一気に制圧してしまうのが上策かもしれない……軽く顎に手を添え、思案するような仕草で零す霊査士。
「勿論、ピルグリムグドンの力は十分に強力です。積極的に戦うつもりがない為に、一見すると貧弱な印象を受けるかもしれませんが」
 腕や背から生える白い触手は、縦横無尽にのたうって動き、全方位への攻撃を可能にする。その複雑な動きで死角を狙ったり、攻撃を弾くこともできる。また、単純な耐久力自体も高く、本人がその気になれば十分な脅威となるだろう。
 一方のグドン達は、先にも述べたとおり。ろくな攻撃手段も持ち合わせておらず、唯一秀でているとしたら、それは逃げ足。
「地の利はグドン達にあります」
 グドン地域の制圧を目的とする以上、それはなんとしても防ぎたい事象である。
 言葉を切った霊査士は顔を上げ、改めるようにして冒険者の顔を見回した。
「御武運を」


!注意!
 このシナリオは同盟諸国の命運を掛けた重要なシナリオ(全体シナリオ)となっています。全体シナリオは、通常の依頼よりも危険度が高く、その結果は全体の状況に大きな影響を与えます。
 全体シナリオでは『グリモアエフェクト』という特別なグリモアの加護を得る事ができます。このグリモアエフェクトを得たキャラクターは、シナリオ中に1回だけ非常に強力な力(攻撃或いは行動)を発揮する事ができます。

 グリモアエフェクトは参加者全員が『グリモアエフェクトに相応しい行為』を行う事で発揮しやすくなります。
 この『グリモアエフェクトに相応しい行為』はシナリオ毎に変化します。
 エルフの霊査士・ユリシア(a90011)の『グリモアエフェクトに相応しい行為』は『非情(heartless)』となります。
 グリモアエフェクトの詳しい内容は『図書館』をご確認ください。

マスターからのコメントを見る

参加者
馨風・カオル(a26278)
深淵の水晶・フューリー(a36535)
のんびり屋・ヒロポン(a38159)
愛書狂見習い・キッズ(a38780)
華の為の翔姫・セイカ(a46303)
光芒一閃電光石火・スバル(a47546)
銀炎の黒獅子・アルセリアス(a61944)
深淵に羽ばたく翼・アザゼル(a63456)
玄鼠・セン(a63819)
ギアクラッシャー・ライヴス(a65125)


<リプレイ>

●FLEE
 褐色の森。
 季節感に乏しい景色の中を、黒の鼠・セン(a63819)が進む。
 グドン達は、集落に篭っているのだろうか。
 足音潜め周囲を探る、深淵の水晶・フューリー(a36535)が、殺風景な木々の合い間を見渡す。
 微かに聞こえるざわめき。
 逃げまくるグドン。
 ……作戦なのか、ただのヘタレなのか。
 、華の為の翔姫・セイカ(a46303)は溜息と共に集落の方を時折見遣り、こちらの姿が発見されていない事を確認する。
 程なく、偵察を終えた三人の姿を目に、愛書狂見習い・キッズ(a38780)は少々不安げな、けれど何処か張り切った様子で、魔道書を抱く。
「グドンたち……どのくらいいるのでしょう?」
「ちゃんと殲滅して帰らないとなぁん。ピルグリムグドンってどのくらい強いのかなぁん?」
 のんびり屋・ヒロポン(a38159)も、さぁいよいよといった素振りで巨大剣を握る。
 動き出す森林班。現場を選定したフューリーを先導に、我は行くさらば・スバル(a47546)も気取られぬよう、姿勢を低く足音静かに続く。
「……なんかさぁ、俺らが弱い者虐めに行くように見えるのは気のせい?」
 正々堂々と大群で来いっちゅーねん!
 言い分はもっとも。だが、深淵の紫天使・アザゼル(a63456)にとって、グドンは倒すべき相手。
 容赦はしない。悪魔の如き爪と、蛇を象った剣。それぞれを両の手に、僅かな笑みを含ませて、今は進む。
 そう、今回の作戦は殲滅なのだ。
 奴らに情けなどかけず、全滅させる。
 それが、今からすべきことの全て。囮として動き出した三人の背を、銀炎の黒獅子・アルセリアス(a61944)は少し離れて追う。
 ざわめきが聞こえてきた。
 先導するセイカ。見繕った待伏せ場所とは逆の方向から、馨風・カオル(a26278)、ギアクラッシャー・ライヴス(a65125)と共に集落へと近付いていく。
 進む木々の合間に、動く物。
 目配せする三人。
 うおおん、と、逃走を促すかのようなピルグリムグドンの咆哮が、集落の中から上がった。

●ESCAPE
 触手のうねりが、カオルの視界に映る。
 握る錫杖、先端の輪を大袈裟に鳴らせば、ピルグリムグドンは機敏な動きで木々の合間へと飛び退いた。
 喚き、逃げ惑うグドン達。その間を抜けて一目散、ピルグリムグドンに向かうセイカが黒塗りの弓を構え……攻撃する振りをして、追い立てるべき方向をカオルとライヴスに教える。
 頷くライヴスが両の手に握る二振りの剣。素早く掲げた切っ先に、眩い紋章が開く。
「他のメンバーの仕事が終るまで我等に付き合って貰う!」
 森に木霊する声と共に、紋章から無数の光が迸った。
 雨のように降り注ぐ、エンブレムシャワー。
 ……勿論、退路を塞ぐように計算して放ったものだ。ピルグリムグドンはその光の合間を縫って、上手い具合に予定の方向へと逃げる。
 そうして三人は徐々に、ピルグリムグドンと遠巻きに様子を見つめるグドン達を、目標地点へと追い込んでいった。

 ……家屋に潜んでいたグドン達が、ぽつぽつと顔を出す。
 だが、そこに再び激しい悲鳴があがった。
 集落へ引き返そうとしていた一体が、巨大な剣によって真っ二つにされたのだ。
 騎乗し一段高くなった目線から、アルセリアスが再び逃げ惑い始めたグドンを見下ろす。
 慌て木々の合間へ走るグドン。だが、巧みに操られる召喚獣の早駆けに敵うはずもなく……意図せぬうちに一所へ集められたグドンへ、アルセリアスは巨大な刃を振るった。
 放たれる流水撃。途切れる事無く目の前を薙ぎ払う一撃に、グドン達がばたばたと倒れていく。
 それでも、運良く包囲を逃れる者も居る。
 しかし次の瞬間、その身体は事態を把握せぬままに、事切れていた。
 切る、というよりは、叩き潰す。
 グドンの上に振り落とした巨大剣が引き戻された先には、青い召喚獣に跨るヒロポン。
「さてー、もう残りはいないかなぁん?」
 素早く馬首を巡らせ……途端、慌て飛び出す影一つ。
 物陰に回り込み……けれども、その目論見は、グランスティードの圧倒的な移動力の前に潰えた。
 今一度、馬首を巡らせるヒロポン。
 視線の先には、糸塗れでもがく幾匹かのグドンが。
 身動き取れず暴れるグドンに覆い被さっているのは、センの放った粘り蜘蛛糸だった。
 動きは封じた。あとは、片付けていくだけ。
 短剣をグドンの急所へとつき立てれば、やがて失われていく力。早駆ける足音にセンが顔を上げれば、糸を振り解いて逃げようとした別のグドンが、ヒロポンによって倒された所であった。
 包囲網を狭めつつ殲滅、集落中央で合流を果たした三人は、互いが辿って来た道筋を振り返る。
「完了か?」
「森殲滅組と合流しよう」
 後ろに。短く告げたアルセリアスに頷き、センがグランスティードに飛び乗る。
 そのセンが示す方向――今まさに、戦っているはずの仲間の元へ、青と赤の召喚獣が、疾風のように駆け出した。

●AMBUSH
 障害物としては、申し分ない。
 だが、決して見通しが悪い訳でもない。
 自らも木々の陰に身を隠しながら、キッズは召喚した土塊の下僕達を合流地点の周囲へと展開させる。
「さぁ、よろしく頼むよ。こっそりとね」
 次に取り出すは一つまみの塩。それはやがて、青い光を放つクリスタルインセクト偵察形態へ。
 本当は、これも包囲するように展開したい所だが……一度に視覚共有できるのは一体。大量に召喚すると、共有しない他のものは全て雑音形態になってしまう。
 止む無く、クリスタルインセクトは一体だけ、木の裏に潜ませる。
「さあ……ここでがんばらなきゃな」
 木に背をつけ、アザゼルが近付いてくる小さな影を見つめる。僅かに視線をずらせば、スバルが姿勢を低く、草の陰に身を沈めていた。
 その耳に、鈍い足音が幾つも聞こえてくる。
 追っては離れ、離れては追い。
 木から木を渡って逃げるピルグリムグドンと、それを追う三人の姿が、いよいよ鮮明に見えた。
 その表情はとても……疲れきっている。
 既に落ちていた追跡速度。セイカは辟易した表情で足を止めると、肩で息をしながらピルグリムグドンを睨めつける。
「まったく……どこまで……」
「ど、どこまで逃げるんですか……」
 釣られるようにカオルも足を止めると、錫杖を支えに寄りかかり、荒く息をつく。
 これ以上は無理。
 そんな表情を浮かべ、ライヴスも少し屈めた膝に、白銀と紅の剣を握る拳をつけ、呼吸を整える。
 ……という、振りをしていた。
 ピルグリムグドンは、これを好機と取ったのだろう。
 逡巡の後、今迄逃げるに使っていたその足で、一気に間合いを詰めたのだ。
 接近と同時に槍の如く突き出された触手に、カオルの背に浮かぶ闇色のマントがいち早く反応する。
 突き刺さっているのに、殴られたかのような衝撃。
 踏み止まって耐えながら、カオルは揺らめく黒をその身に呼び覚ます。
「これぐらいは、やらないと……辛そう、ですね?」
 纏わりつく黒炎覚醒。目配せたセイカは、再び逃げ出されないよう呼吸を整える振りを続けながら、手にした弓へと力を注ぎ込んでいた。
 新たな外装を得て力を増す弓。カオルさんから離れなさい、そんな素振りで、直に弦を引き絞る。
 すっと顔を上げ、ライヴスが白銀の刃を掲げる。
 周囲にグドン達が様子見に集ってくるのを感じながら、切っ先に集った力を、癒しの水滴へと変えてカオルへと届ける。
 その時。
「第二段階成功。これより、第三段階に移行します」
 淡々と告げるフューリーの身体を、沸き上がる黒が包み込む。
「いっけーっ!」
 キッズの号令一過、隠れていた土塊の下僕達が、一斉にグドンへと駆け出す。手近なグドンへと体当たりさせたクリスタルインセクトは真っ赤な戦闘形態へと姿を変えると目に付いたグドン達へと襲い掛かり始めた。
 アザゼルは乾いた土を踏み、木の陰に蠢くグドン達へと、逆手に握る儀礼剣を掲げる。
「ふふふ……バトルスタート」
 かっ、と眩い紋章が開く。
 殺風景な森を照らすエンブレムシャワーの閃光が、グドン達の頭上に降り注いだ。
 乾いた森に木霊する新たな悲鳴。
「……行くで」
 スバルが地を蹴った。
 事態が把握できず右往左往しているグドンへ、両手で握る槍を鋭く突き出す。駆け込む勢いも合わせ繰り出された一撃が、グドンの脇腹を抉る。
 痛みに転げ、もがくグドン。それを見た他のグドン達は、包囲網の隙間を抜け、再び森の中へと逃げようとし始める。
 そこに聞こえてくる、頼もしくも勇ましい獣達の足音。
 駆け抜けるアルセリアスの召喚獣、その後ろから飛び降り様にセンの投げ上げた粘り蜘蛛糸が、散り散りになろうとしていたグドン達の身体を次々に絡め取っていく。
 跳ねる様に森を抜ける疾風。
 その速度にグドン程度の足が敵うでもなく。
「あーもう……森の中でちょろちょろ逃げないでなぁん!」
 振り上げられたヒロポンの巨大剣が、また一体、木の後ろに隠れようとした者を叩き伏せる。
 再び、逃げ場を失うグドン達。
 戸惑い、足を止めた一瞬、視界が鮮やかな虹色に染まった。
 殺風景な景色に迸る虹色。
 身を繋いで背に控える召喚獣の緑の髪が虹色に明滅し、フューリーは鍵を模した黒い杖を、天へ掲げる。
「……ゲート・オープン。コード【レイ】」
 扉が開くように。黒い鍵の先に描き出された紋章が、辺りを彩る虹色の光線を、無数に吐き出す。腕を、鍵を伝って纏わりついた黒炎の力をも受け継ぐエンブレムシャワーの光は、フューリーが冷めた瞳に捕らえたグドン達を恐るべき力で屠っていった。

●BESIEGE
 恐慌は、尚一層にグドン達の間に広がる。
 キッズが抱く魔道書へと意を込めれば、やがて現れる紋章。その光は逃げようとする一体の精神を掻き乱す。
「逃がさないよっ」
 混乱し、近くに居る仲間へ攻撃を仕掛け始めるグドン。そんな様子を目の当たりにした他のグドンは、尚一層の恐怖と共に逃げ惑う。隠れる事すら忘れ、ひたすら走り出すその頭上へ降り注ぐのは、粘々の糸だった。
「逃げんな、臆病者ッ!」
 スバルの投げつけた糸が、残り少ないグドンを絡め取る。
 その首元へ、追い被さるように飛び出る影。
「僕をあまり怒らせないでね……ふふふ」
 振り上げたアザゼルの足が、眩い軌跡を描いた。繰り出された斬鉄蹴は糸ごとグドンを切り裂き、その数を減らす。
 それでも包囲を免れる者は出た。だが、ずばぬけた機動力で追撃を行なうアルセリアスから逃れられようか。
「一匹たりとも逃がしはしない!!」
 流れるような剣戟。捕らえられたグドンが事切れ、地に倒れる様に、ピルグリムグドンが悲痛な雄叫びを上げた。
 振り回される触手。
 活路を拓こうとでも言うのか、道塞ぎ立ちはだかるセイカへと、予測不可能な動きで襲い掛かる痛撃。
 弱った振りを続けていたせいか、ピルグリムグドンの攻撃が集中打のように次々襲い掛かってくる。
 たまらずに膝を突くセイカ。その耳に、錫状の揺れる金属音がした。
「大丈夫ですか……? 聖女よ、彼の者に力を……」
 カオルの身を包む黒が、錫状の先へと集う。黒炎はやがて眩い白へと色を変え、その中から生まれた癒しの聖女が、セイカの額へと優しい口づけを落した。
 そして、その目の前に降り注ぐ光の雨。
 ライヴスの降らせたエンブレムシャワーを避けるように、ピルグリムグドンがセイカから距離を置いた。その瞬間、セイカは握る弓を鋭く振るい、外装として付け加えられた先端の刃から、飛翔する斬撃を生み出した。
 掠め飛んだ飛燕刃が、ピルグリムグドンの肩を割く。
「鬼ごっこも、これで終わりですわ」
 立ち上がるセイカ。その瞳に――グドンの殲滅を終え馳せ参じるヒロポンの姿が映っていた。
 振り上げた巨大剣に灯る、極大の闘気。
 陽炎すら見せる力の高まりは、対峙を楽しみにしていたからなのか。
 叩き付けた切っ先から、爆炎が舞った。
「あぅー……やっぱ触手って厄介だなぁん……」
 絡みつくように刃を受け止める触手に、ヒロポンが眉根を寄せる。だが、受け止めた触手自身も無事で済んだとは言えず、歪な凹みが刃を退けた後に残っていた。
 直後。
「……ゲート・オープン。コード【ラフレシア】」
 無機質な声と共に吹き込んだ炎の木の葉が、虹色に輝きながらピルグリムグドンの身体を包み込んだ。
 燃え上がる緑の業火。
 その炎が収まりきらぬうちに、センの投げつけた粘り蜘蛛糸が、ふわりと降り注いだ。
 もう、仲間のグドンはいない。この後、再び逃げ出すのか、それとも……
「さて、どう出る?」
「……ったく、強いくせに逃げまくるなんて……どんだけ狡賢いねん?」
 だが、もう一度逃走を許す気など、さらさらない。
「もう逃げられへんかんな。正々堂々と来ぃやッ!」
 鋭く突き出した槍。その切っ先から撃ち放ったスバルの飛燕刃が、でたらめに振り回される触手の一本を捉える。
 生まれる裂け目。そこへ続け様、輝く光が飛来する。
「僕は負けない! 絶対に」
 振り上げた足が描く、眩い軌跡。アザゼルの繰り出した鉄をも切り裂く蹴りが見事傷口を捉え、鬱陶しく蠢いていた触手を千切り飛ばした。
 仲間を奪われ怒りに満ちていた表情に、恐怖の色が浮かんだ。
 突如、逃走を図るピルグリムグドン。
 だが、その退路を塞ぐように、二つの紋章が輝く。
 キッズとライヴス。それぞれが中空に描き出した紋章から迸る光線が、辺りの木々を眩く照らしながら降り注いだ。更に、キッズが追加召喚しておいたクリスタルインセクト達が、グドン殲滅を終えて殺到する。
 雄叫びあげ、光の雨に打たれながらも、触手振り回し次々にインセクトを塩へと還していく、ピルグリムグドン。
 だがその脇に迫る、終焉の気配。
 振り上げられた巨大剣。握り、騎上から敵を見下ろすアルセリアスの表情に、情けの欠片など見当たりはしない。
「これで終わりにしてやろう!!」
 渾身で振り落とされる巨大な刃。
 ピルグリムグドンが認識できたのは、自らを包み込む爆炎と。
「おやすみなさいませ」
 最期を告げる、セイカの声だけだったに違いない。

●RETURN
「……撃退確認、皆さんお疲れ様でした」
 フューリーの声が、終焉を告げた。
 辺りに散らばるは、無数のグドン。
「戦う気の無いやつを相手にするって……ちょっと苦しいな」
 倒すべき敵であったのは間違いない。
 けれども……ふと零すアザゼル。
 スバルは倒されたグドンの数を確認して回る。
「まだどこか隠れたりしないよなぁ〜ん?」
 帰途、残党が居ないか最後まで気を抜かず歩むヒロポン。途中、それらしき者もみつけたが……どうやらクリスタルインセクトの追撃に遭ったようで、皆既に事切れていたのだった。

 余力のあった彼らはこの後、もう一つの集落殲滅にも成功する。
 力を出し尽くし、見事に仕事を遣り遂げた十名は、程よい疲れと共に、帰還を果たしたのであった。


マスター:BOSS 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:10人
作成日:2007/07/31
得票数:冒険活劇4  戦闘21 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。