ドラゴン襲撃:破滅の牙ガルムジィード



<オープニング>


●ドラゴン襲撃
 希望のグリモアを襲う12体のドラゴンを前に、冒険者達は決して絶望する事無く迎え撃ち、新たな力『ドラゴンウォリアー』を得て、それを討ち果たした。
 それは、ドラゴンの力に飲まれる事無く、その力を使いこなした奇跡の瞬間であったのだ。

 この奇跡の影には、数多の犠牲があった。
 特に、ドラゴン界への潜入を行なった『ドラゴン特務部隊』は、その半数が帰還不能となっていたのだ。

 だが……だからこそ。
 邪悪な意志を持つドラゴンから、世界を護る為に、ドラゴンウォリアーの力を正しく使わなければならないのだろう。

 ドラゴン界とドラゴンロード、そして、その配下たる数多のドラゴンとドラグナー達は、未だ健在なのだから。

※※※

「みんな、聞いて。ドラゴン達の、次の目的が判ったの」
 そう切り出したのはヒトの霊査士・リゼル(a90007)であった。
 どうやら、ドラゴン界から戻って来た『ドラゴン特務部隊』が持ち帰った様々な情報などもあり、ドラゴン達の次の目的が判ったらしい。

「彼らは、インフィニティゲート以外の、ランドアース大陸のドラゴンズゲートを目指しているようよ」
 竜脈坑道、ルシール=クァル神殿、太陽の石棺、ヴォルカノン洞窟、バランの大渦、毒蛇城、黄金霊廟、精霊の社、ディアスポラの神槍、ピュアリィフォール、死者の祭壇、ドゥーリルの灯台、エギュレ神殿図書館……。
 ランドアース大陸のドラゴンズゲートが、数多のドラゴンに狙われているというのだ。

「どうやら、ドラゴン達はドラゴンズゲートを利用して、更なる力を得ようとしているようね。同盟諸国の冒険者が、ドラゴンウォリアーの力を手に入れたといっても、大陸全土に広がるドラゴンズゲートを防衛することなんて、できはしない。そう思ってるのじゃないかしら?」
 リゼルは、ここまで言うと少し言葉を切り……。
 軽くウィンクして、こう続けた。
「インフィニティゲートの転移については、ドラゴンロードも知らなかったみたいね」
 と。

 インフィニティゲートからの転移によって、ドラゴンズゲートで待ち構え、やって来るドラゴンを迎え撃ち撃破する……。

「ドラゴンウォリアーの力、邪悪なドラゴン達に見せつけてあげましょう!」
 リゼルはそう言うと、冒険者達に、親指をぐいっと立てて見せたのだった。

●破滅の牙ガルムジィード
 商業都市カーネル沖の孤島にあるドラゴンズゲート(太陽の石棺)が、全長200メートル級のドラゴン達に狙われている。
 俺達が相手にするドラゴンの名は、『破滅の牙ガルムジィード』。
 ザムルジィードは鋭く伸びた牙が特徴のドラゴンで、武人(ウェポンマスター)のアビリティとよく似た能力を使って攻撃を仕掛けてくる。
 ただし、威力、射程、範囲が10倍に強化されているため、くれぐれも注意して欲しい。
 ……ガルムジィードの狙いは、ドラゴンズゲートの力。
 そこからエネルギーを吸い上げて、更なる力を得ようとしているらしい。
 だが、ドラゴンウォリアーの力を得た俺達の敵ではないはずだ。
 擬似ドラゴン界の中で戦えば、必ずガルムジィードを倒せるはず!
 これ以上、ドラゴン達に好き勝手な事をさせないためにも、ここでお前達の力を見せ付けて欲しい。

マスターからのコメントを見る

参加者
六風の・ソルトムーン(a00180)
雪舞小笑・エレアノーラ(a01907)
決別を呼ぶ吠響・ファウ(a05055)
緋桜の獅子・オウカ(a10970)
黒焔の執行者・レグルス(a20725)
月に寄り添う一等星・カーラ(a26268)
漆黒の復讐龍・ナゴリ(a41102)
依頼依存症・ノリス(a42975)
ヒトリの武人・ナツルォ(a61049)
骸・ユイ(a63891)


<リプレイ>

●一章 太陽の石棺
「ドラゴンが現れたよ〜」
 ドラゴンズゲートの力を狙って飛来してきたドラゴンを討つため、決別を呼ぶ吠響・ファウ(a05055)は仲間達と共に太陽の石棺でガルムジィードを待ち構えていた。
 太陽の石棺には他のドラゴンも飛来しているようだが、ファウ達が相手にするのはガルムジィードのみ。
 だからと言って油断する事は出来なかった。
「ようやくドラゴンが現れたか」
 遠眼鏡を覗き込みながら、黒焔の執行者・レグルス(a20725)が茂みに身を隠す。
 ドラゴンウォリアーの力によって12体のドラゴンが撃破され、ドラゴン特務部隊の活躍でドラゴン界に大きなダメージを受けている。
 この状況を打開するために、ドラゴンロードは多数のドラゴンを、ランドアース各地のドラゴンズゲートに差し向けた。
 ドラゴンズゲードを利用して、更なる力を得るために……。
「敵は同等。いや、それ以上の力を有しているかも知れない。一瞬の気の緩みが命取りですね」
 険しい表情を浮かべながら、漆黒の復讐龍・ナゴリ(a41102)がゴクリと唾を飲み込んだ。
 ナゴリ達が相手にするのは、破滅の牙ガルムジィード。
 鋭く伸びた牙が特徴のドラゴンで、その鱗は燃えるように赤い。
 ガルムジィードは太陽の石棺の上空を旋回すると、冒険者達に気づいてハッとなる。
「ドラゴン、貴様の好き勝手にはさせないっ!」
 無謀にもドラゴンに勝負を挑む冒険者を演じながら、依頼依存症・ノリス(a42975)が大声で叫ぶ。
 しかし、ガルムジィードはクンクンと鼻をヒクつかせ、ノリスが演技している事を見破った。
「ドラゴンどもの思い通りにはさせませんわ! そのためにわたくしがこうして立ち上がったのですから!」
 ガルムジィードを挑発しながら、月に寄り添う一等星・カーラ(a26268)がジロリと睨む。
 そのため、ガルムジィードは殺気に満ちた表情を浮かべ、冒険者達を威嚇するようにして牙を剥く。
『……愚かな人間どもめ! くだらん力を手に入れたところで、わしらに太刀打ち出来ると思うなよっ!』
 冒険者達を睨んで牙を剥き出し、ガルムジィードが警告まじりに吠えた。
 12体のドラゴンが敗北したのは、冒険者達を甘く見ていた事が原因である。
 少なくともガルムジィードは、そう思っていた。
 本気を出せば冒険者達に負けるわけがない、と……。
「過ぎたるは及ばざるが如しではあるが、選好みしている余裕もないか……」
 風下の木陰に隠れて様子を窺いながら、六風の・ソルトムーン(a00180)が溜息を漏らす。
 太陽の石棺には他にも数体のドラゴンが飛来しているようだが、ひとつの擬似ドラゴン界に入る事が出来るドラゴンウォリアーの数が10人までなので、例えガルムジィードを倒す事が出来たとしても加勢に行く事は出来ない。
「あの時、ロアンさんや特務の方々や光となった方々を守ってくれた物を護ります。……これ以上をドラゴンに煮え湯を飲まされて荒されると困るのよ」
 命懸けで活路を開いたドラゴン特務部隊の思いを無駄にしないため、陽春の微笑媛・エレアノーラ(a01907)が仲間達に鎧聖降臨を付与して気合を入れる。
 以前までのエレアノーラであれば、ドラゴンに太刀打ちする事すら出来なかったが、ドラゴンウォリアーの力を得た今なら話は別だ。
 例え、この身が引き裂かれようとも、ドラゴンズゲートを守り抜く自信がある。
『……フン! 雑魚がいくら束になろうと、結果は同じ……。そこまでして死に急ぎたいのか!』
 あからさまに冒険者達を見下しながら、ガルムジィードがフンと鼻を鳴らす。
 これ以上、邪魔をするのなら、すべて焼き尽くしてしまえばいい事だ。
 ガルムジィードにとって冒険者達を倒す事は、人間が蟻を踏み潰すのと同じ事。
 ……大して手間が掛からない。
「わたくし達がいる限り、一匹たりともドラゴンズゲートには近づけさせません!」
 覚悟を決めた様子でガルムジィードを睨みつけ、外神殲軌超乳巫女・ユイ(a63891)がキッパリと言い放つ。
 しかし、ガルムジィードがその気になれば、この場所からいくらでもドラゴンズゲートの力を吸い上げる事が出来る。
 それをしなかったのは、冒険者達が鬱陶しいと思ったからだ。
 ドラゴンズゲートの力を吸い上げている間、チョコマカと攻撃されてはイライラとして仕方が無い。
「死んだフリをして騙まし討ちをするような性格だから、随分と小心者だと思っていたが、どうやら俺の勘違いだったようだな。まぁ……、卑怯なヤツには変わりないようだから、このまま叩き潰すだけだが……」
 含みのある笑みを浮かべながら、緋桜の獅子・オウカ(a10970)が拳をギュッと握り締める。
 ガルムジィードの身体からは、ビンビンと殺気が伝わってくる。
「先陣切るは武人の誉れ……、なんてな。それじゃ、宴を始めるか」
 すぐさま擬似ドラゴン界を展開し、、ヒトリの武人・ナツルォ(a61049)がガルムジィードに勝負を挑む。
 そして、ガルムジィードが怒り狂った様子で咆哮を上げ、冒険者達を睨んで攻撃を仕掛けてきた。

●二章 擬似ドラゴン界
「いざ……、参る!」
 ウェポン・オーバードライブを発動させてハルバートをさらに長くした後、ソルトムーンがドラゴンウォリアーとなって飛翔する。
 ガルムジィードは大きく息を吸い込み、冒険者達に向かって炎のブレスを吐く。
「平面で考えるな! 立体で考えろ! 尾にも気を払え! 上や下からも来るぞ!」
 仲間達にアドバイスをしながら、ソルトムーンが横に飛ぶ。
 ドラゴンウォリアーになって間もない事もあり、空を飛ぶ事に対して違和感を覚えている。
 だが、ここで練習をするわけには行かないため、実践の中で覚えていくしか方法が無い。
 そうしなければ命を奪われてしまうかも知れないのだから……。
「卑怯もんに好き勝手されると困るのよ」
 不機嫌な表情を浮かべながら、エレアノーラがヘブンズフィールドを展開した。
 その一言を聞いてガルムジィードはニヤリと笑い、彼女を見つめてダラダラとヨダレを垂らす。
『ほお……、随分と美味そうな餌があるな。卑怯なのはお互い様だ。わしの事を批難するつもりなら、待ち伏せなど小賢しい真似をするべきじゃなかったな。まぁ……、10人掛かりでわしに勝負を挑んでいる時点で、話にならないが……。それとも正義の名の下に自らの行動を正当化するつもりなのか?』
 邪悪な笑みを浮かべながら、ガルムジィードが冒険者達を挑発する。
 擬似ドラゴン界に引きずり込まれたのは予想外であった。
 これではドラゴンズゲートの力を吸い上げる事も出来ない。
「私達を殺すには無駄に図体が大き過ぎます!」
 自ら囮となってガルムジィードの感情を逆撫で、ユイがフォーメーションを展開する。
 本当はガルムジィードの身体から放たれる威圧感で身動きすら取れないのだが、ここで作戦を失敗させるわけには行かないので気合を入れて歩き出す。
『フン……、無理をするな。お前の身体から恐怖心が伝わってくるぞ。わしを騙すつもりなら、もう少しうまく演技をしたらどうだ?』
 冒険者達の挑発には乗らず、ガルムジィードが上空をグルリと旋回した。
 実力だけで考えれば、ほぼ互角。
 ガルムジィードが油断をしなければ、十分に勝ち目がある。
(「……マズイな。心理戦ではドラゴンの方が上だ。しかもドラゴンの実力が分からない以上、迂闊に手出しする事は出来ないし……」)
 悔しそうな表情を浮かべ、ファウが拳をぶるりと震わせた。
 念のため、ユイに君を守ると誓うを使っているため、ある程度のダメージを共有する事が出来るが、だからと言って安心する事は出来ない。
「ここで躊躇っていたら、ランドアースの未来が闇に包まれてしまいます……。僕達がランドアースの明日を切り開く光にならなければならないのです……」
 ドラゴンウォリアー化した事で黒く鋭い刃状の羽根が生え、ナゴリがガルムジィードの巨体に旋空脚を叩き込む。
 それに合わせてノリスが鎧聖降臨を発動させ、ガルムジィードに攻撃を仕掛けていく。
「普段の十倍の威力、てめぇで試させて貰うぜ!」
 ウェポン・オーバードライブを発動させ、ナツルォが電刃衝を炸裂させる。
 ……ガルムジィードは反撃する事さえ出来なかった。
 絶えず冒険達の攻撃が続いていたため、苦戦を強いられていたのである。
「これがドラゴンウォリアーの力か……!」
 ドラゴンウォリアーの力に驚きながら、オウカが深呼吸して自分の気を引き締めた。
 ここでドラゴンウォリアーの力に酔えば、ドラゴンとなんら変わりがない事になってしまう。
『ば、馬鹿な……。わしが……苦戦しているだと……!?』
 信じられない様子で冒険者達を睨みつけ、ガルムジィードが牙を剥く。
 まさか、ここまで苦戦するとは思わなかった。
 だが……、覚悟は出来ている。
「お前程度、このエトワールであるわたくしの相手ではなくってよ!」
 自信に満ちた表情を浮かべ、カーラがエンブレムシュートを放つ。
 途端にガルムジィードの身体から大量の血が噴き出し、真っ赤な雨となって冒険者達に降り注ぐ。
「その目玉も下の脳もの骨の髄まで砕きて屠れ」
 そして、レグルスの放ったヴォイドスクラッチを喰らい、ガルムジィードはキリモミ状態で落下していった。

●三章 ガルムジィード
「ちょっと待って、確認させて……」
 グッタリと倒れたガルムジィードを睨みつけ、エレアノーラが念のため衝撃波を放つ。
 しかし、ガルムジィードはピクリと動かず、本当に死んでいるようだ。
「小細工はさせねぇ。俺達『希望のグリモア』の冒険者を甘く見るんじゃねぇ!」
 ガルムジィードの背中に飛び乗り、オウカが翼の付け根に指天殺を炸裂させる。
 それと同時にガレルジィードが咆哮を上げ、オウカの事を振り落として狂ったようにブレスを吐いた。
「ぐっ……はっ!?」
 君を守ると誓うの影響でユイのダメージを代わりに受け、ファウが悲鳴を上げてガックリと膝をつく。
 ガルムジィードはその隙を見逃さず、唸り声を上げてファウの身体に噛みついた。
『はぁはぁ……、せめてコイツだけでも道連れだ……』
 荒く息を吐きながら、ガルムジィードがファウの身体に牙を突き立てる。
 そのため、ファウは抵抗する事が出来ず、大量の血を吐いて気絶した。
「待っていてください。すぐに助けますわ」
 ガルムジィードにエンブレムノヴァを放ち、カーラが土塊の下僕をファウの救出に向かわせる。
 次の瞬間、ガルムジィードが翼をバタつかせて衝撃波を放ち、土塊の下僕を一瞬にして破壊した。
「……猛き邪竜よ。捧げし我が身と引き換えに一時の力を」
 険しい表情を浮かべて黒炎覚醒を発動させ、レグルスがガルムジィードに攻撃を仕掛けていく。
 その一撃を喰らってガルムジィードはファウを吐き出し、再び羽根をバタつかせて上空に飛び上がる。
「邪悪そのもののお前なら、心置きなく武具の素材として利用できる。是非とも倒れてくれないか」
 すぐさまガルムジィードのところまで飛び上がり、ノリスがトライデント状に変化した愚竜の杖を突き刺した。
 それでもガルムジィードは冒険者達に抵抗し、再びブレスを吐こうとして大きく口を開ける。
「破滅の牙よ、汝の破滅を以って、此処が画竜点睛となる」
 雄叫びを上げて一気に飛翔のスピードをあげ、ソルトムーンがガルムジィードの右目をハルバードで貫いた。
『ぐおおおおおお! 許さんぞ、ムシケラども! 必ずや我が眷属が! ぐはっ!』
 ソルトムーンのハルバードが脳まで達し、ガルムジィードが白目を剥いて落ちていく。
 それと同時に擬似ドラゴン界が解除され、仲間達の間に安堵の溜息が漏れた。
「人類の天敵だろうと私達は負けません!!」
 ガルムジィードの死体を睨みつけ、ユイが自らの勝利を宣言する
 今回の戦いでファウが重傷を負ってしまったが、その代わり太陽の石棺を守り抜く事が出来た。
「でかいヤツを相手にするのは、さすがに骨が折れるな。……これならワイルドファイアの方が楽しいぜ」
 黒の鋼斧を地面に突き刺し、ナツルォが冗談まじりに微笑んだ。
 ガルムジィードは恐るべき相手であったが、待ち伏せしていたおかげで冒険者側が優位に立つ事が出来た。
 だが、ドラゴンは本来賢い存在なので、同じような手が何度も通じるようには思えない。
 そのため、次の戦いは気を引き締めておく必要があるだろう。
「……ガルムジィードか。その名を心に留めておこう。彼らドラゴンの存在も、今の自分達に到るには必要だったから……」
 ガルムジィードの名を心に刻み、ナゴリが太陽の石棺から背を向ける。
 いつまでもここで立ち止まっているわけには行かなかった。
 ドラゴンとの戦いは、まだ始まったばかりなのだから……。


マスター:ゆうきつかさ 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:10人
作成日:2007/08/14
得票数:冒険活劇9  戦闘20 
冒険結果:成功!
重傷者:決別を呼ぶ吠響・ファウ(a05055) 
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。