【DRAGON’s HEAVEN】ドラゴン襲撃:竜の戦士達



<オープニング>


●ドラゴン襲撃
 希望のグリモアを襲う12体のドラゴンを前に、冒険者達は決して絶望する事無く迎え撃ち、新たな力『ドラゴンウォリアー』を得て、それを討ち果たした。
 それは、ドラゴンの力に飲まれる事無く、その力を使いこなした奇跡の瞬間であったのだ。

 この奇跡の影には、数多の犠牲があった。
 特に、ドラゴン界への潜入を行なった『ドラゴン特務部隊』は、その半数が帰還不能となっていたのだ。

 だが……だからこそ。
 邪悪な意志を持つドラゴンから、世界を護る為に、ドラゴンウォリアーの力を正しく使わなければならないのだろう。

 ドラゴン界とドラゴンロード、そして、その配下たる数多のドラゴンとドラグナー達は、未だ健在なのだから。

※※※

「みんな、聞いて。ドラゴン達の、次の目的が判ったの」
 そう切り出したのはヒトの霊査士・リゼル(a90007)であった。
 どうやら、ドラゴン界から戻って来た『ドラゴン特務部隊』が持ち帰った様々な情報などもあり、ドラゴン達の次の目的が判ったらしい。

「彼らは、インフィニティゲート以外の、ランドアース大陸のドラゴンズゲートを目指しているようよ」
 竜脈坑道、ルシール=クァル神殿、太陽の石棺、ヴォルカノン洞窟、バランの大渦、毒蛇城、黄金霊廟、精霊の社、ディアスポラの神槍、ピュアリィフォール、死者の祭壇、ドゥーリルの灯台、エギュレ神殿図書館……。
 ランドアース大陸のドラゴンズゲートが、数多のドラゴンに狙われているというのだ。

「どうやら、ドラゴン達はドラゴンズゲートを利用して、更なる力を得ようとしているようね。同盟諸国の冒険者が、ドラゴンウォリアーの力を手に入れたといっても、大陸全土に広がるドラゴンズゲートを防衛することなんて、できはしない。そう思ってるのじゃないかしら?」
 リゼルは、ここまで言うと少し言葉を切り……。
 軽くウィンクして、こう続けた。
「インフィニティゲートの転移については、ドラゴンロードも知らなかったみたいね」
 と。

 インフィニティゲートからの転移によって、ドラゴンズゲートで待ち構え、やって来るドラゴンを迎え撃ち撃破する……。

「ドラゴンウォリアーの力、邪悪なドラゴン達に見せつけてあげましょう!」
 リゼルはそう言うと、冒険者達に、親指をぐいっと立てて見せたのだった。

●竜の戦士達
「ヴォルカノン洞窟に向かう一つの影を確認しました。燃えるような赤い鱗を持つドラゴン、其の名は紅炎の暴君ベリアール。それが、皆様の今回の相手となります」
 エルフの霊査士・ユリシアは、集まってきた冒険者を見渡しながら、そう言って詳しい説明を開始していた。
 竜の戦士『ドラゴンウォリアー』の力を秘めた冒険者は、それを黙って聞くのみ。
「ドラゴンはパワー重視の個体です。ですが、力に頼った戦い方ばかりではなく、それを効率的に利用する姑息さも持ち合わせているようですね」
 厄介な相手には違いないが、ドラゴンウォリアーの力に覚醒した冒険者なら、勝てない相手ではないとユリシアは付け加える。
「ドラゴンは炎に包まれた爪で複数の対象の鎧を破壊したり、巨大な炎の剣を撃ち出す能力があります。また、ドラゴンブレスは視界内にいる全ての目標を焼き尽くし、死角から叩き込まれる尻尾の一撃は敵を軽々と吹き飛ばします」
 そのどれもが、計り知れない力を秘めているという。
 だが、ドラゴンウォリアーの力に覚醒した冒険者にとって恐れるべき相手ではない。それが例え、強大な力を秘めたドラゴンだとしても。
「奴等に思い知らせてあげましょう。ここに、我々が居る事を。希望の光に導かれし、竜の戦士が存在する事を……」
 そう言って、ユリシアは不敵に微笑む。
「それでは、皆様に希望のグリモアの加護があらん事を……」
 最後に締め括ると、ユリシアは冒険者を送り出す。
 彼女は任務の成功と彼等の無事な帰還を願いながら、竜の戦士達の後ろ姿を見送るのだった。

マスターからのコメントを見る

参加者
金剛神将・コロッサス(a03242)
奈落の薔薇・ナナ(a03991)
竜戦士・バジリスク(a10588)
狼牙の守護神・アールグレイド(a15955)
不浄の巫女姫・マイ(a39067)
灼帝焔雷・フタバ(a39298)
星薙ギノ剣・ミズチ(a46091)
湖月・レイ(a47568)
流水円舞闘の使い手・オルガ(a49454)
彷徨う灰かぶり・フェイクスター(a51257)


<リプレイ>

●竜殺しの結界
 巨大な溶岩の虎が見守るヴォルカノン洞窟の上空に、燃え盛るような真紅の鱗を持つドラゴンの巨躯が悠然と舞っている。
 小城ほどもある体躯を持つドラゴンの、口元から吐き出される灼熱の吐息はそれだけで大気を焦がし、眼窩の奥に燃え盛る邪悪な炎はそれだけで並みの人間の魂さえも焼き尽くしかねないだろう。
『さあ、始めるとしよう……!』
 紅炎の暴君ベリアールは、眼下のドラゴンズゲートを睥睨すると、尊大な言葉で言い放ち、一直線に急降下を開始していた。
 それを確認し、岩陰から飛び出した10人の冒険者は、ドラゴンを引きずり込むように疑似ドラゴン界を展開し、岩場と同色の布きれを脱ぎ捨てながら、戦う意志に呼応するように竜の戦士……ドラゴンウォリアーへと変身する。
 己の魂をありのままに解放し、ドラゴンと対等に渡り合えるだけの力を発現した冒険者は、重力という目に見えぬ鎖からも解き放たれると、大地から飛び立ちながらドラゴンの迎撃に向かっていた。
『む……?』
 飛来する冒険者の姿を確認し、ドラゴンは咄嗟に身構える。
 まさか、先回りされているとは思わなかったが、人間風情を相手に後れを取るわけにも行かないだろう。
『これしきの小細工で我を止められると思うのか!?』
 目の前に立ち塞がるならば、全てを討ち滅ぼせばいい。
 灼熱の業火によって万物を焼き尽くし、目障りな人間共を消し去る……そうしてから、ゆっくりとドラゴンズゲートの力を汲み上げればいいだろう。
 数千年という気の遠くなるような時間を生き抜いてきた彼等にとって、それは些細な余興に過ぎない。
 ――その、筈である。
 ドラゴンの巨大な顎が大きく開かれ、柱ほどもある無数の鋭い牙が立ち並ぶ口腔が顕わになると、そこから灼熱の業火が吐き出されていた。
 燃え盛る竜の吐息が視界を埋め尽くし、冒険者を容赦なく飲み込んでいく。
「…………っ!」
 普段の彼等なら決して耐えられないような高熱に、冒険者は苦痛の声を漏らす。
 しかし、嵐のような時間が過ぎ去った時、くすぶり続ける黒煙の中から勇猛な竜の戦士達が次々と飛び出していた。
「不可視の刃が貴様を討つ……避けられるかな?」
 流水円舞闘の使い手・オルガ(a49454)の手にした一対の扇、その先端から飛び出した鋼糸が真空の刃を生み出すと、解き放たれた音速の衝撃波がドラゴンの鼻先を掠め、巨体を撃ち抜いていく。
 そこに、狼牙の守護神・アールグレイド(a15955)が大気を蹴りながら一気に間合いを詰めると、無造作な太刀筋で達人の一撃を繰り出していた。
「……いくぜ」
 ウェポン・オーバードライブに裏打ちされた刃が、ドラゴンの身体を深々と切り裂いていく。
 しかし、相手はドラゴンである。
 生半可な攻撃だけでどうこう出来るような存在ではない。
「ならば……!」
 大上段から、竜戦士・バジリスク(a10588)の叩き付けた大岩斬が、ドラゴンの分厚い鱗を易々と貫通すると、まるで熱したナイフでバターでも切るように、血肉を引き裂いていく。
 さすがに、それだけの攻撃を一身に浴びれば、傲慢なドラゴンと言えども気付くだろう。
 目の前にいる冒険者が、自分達を殺すだけの力を備えた存在であると。
『ふははははははは! ……面白い!』
 ならば、望むところ。
 肩慣らしには丁度良い、とでも言わんばかりに。
 ベリアールは愉快そうに嗤うと、両手に備えた鋭利な爪に灼熱の業火を宿らせながら、竜の戦士を迎え撃つのであった。

●真なるドラゴンの咆哮
 ヴォルカノン洞窟の上空では、激しい戦闘が繰り広げられている。
 真なるドラゴンとドラゴンウォリアー、両者の戦いは一進一退の攻防を繰り返し、常人なら正確に補足出来ないほどの猛スピードで激突していた。
 翼が尾を引きながら赤い巨体が舞い上がると、そこに、複数の小さな影が追いすがり、至る所で力と力のぶつかり合うのを示すように、光芒が何度も何度も弾け散っていく。
 ドラゴンも空中戦はお手の物なのか、追いすがる冒険者をあしらうように、何度も急旋回を繰り返しながら、冒険者の動作が止まったところをドラゴンブレスで一網打尽にしていた。
「みんな、大丈夫……?」
 それを確認し、黒揚羽の羽を背中に生やした、不浄の巫女姫・マイ(a39067)が高らかな凱歌を奏でると、傷付いた仲間を癒していく。
 しかし、彼等にまとわりつく灼熱の業火は簡単に消せはしない。
 月葬・レイ(a47568)が静謐の祈りを捧げ、何とか魔力の炎を掻き消すも、それまでに受けた仲間の火傷は決して軽くはないだろう。
 それを嘲笑うかのように、ドラゴンは尚も攻撃を繰り出してくる。
 灼熱の業火を纏う巨大な爪が大気を焦がし、引き裂きながら冒険者に襲い掛かっていた。
「……くっ!?」
 巨爪の一撃を避ける事も出来ず、喧嘩花火・フタバ(a39298)はその身を容赦なく引き裂かれていく。
 しかも、深々と刻み付けられた爪痕は、一時的に彼の鎧から防御の力さえも失わせていた。
 このまま攻撃を受ければ、大きな痛手になるだろう。
「そうはさせない!」
 奈落の薔薇・ナナ(a03991)や星薙ギノ剣・ミズチ(a46091)が力強い歌声で仲間の体力を回復させるが、やはり、本職の癒し手が少ないというのは、彼等から心理的な余裕を奪い取っていた。
 ともすれば、攻撃すらままならない状況に、冒険者は追い込まれている。
「金剛不壊の護り、決して破れぬと知れ……なんてね」
 それでも、金剛神将・コロッサス(a03242)は攻防一体の聖なる一撃を叩き込みつつ正面から敵の攻撃を引き付けるが、例えドラゴンウォリアー化してもドラゴンの視界を遮るほどの翼を生やす事は出来ず、その上、彼の目的もドラゴンには見抜かれていたらしい。
 燃え盛る炎の爪が、コロッサスの防御を打ち破る。
 フタバが傷を押して達人の一撃を繰り出すも、ドラゴンの分厚い鱗を薙いだだけ。
 やはり、単純な力だけの攻撃では、目の前のドラゴンの堅い守りを打ち破る事は出来そうにない。
 ミズチの放った破壊の一撃さえも、目の前の強敵を相手取るには心許なかった。
『貴様等の力はその程度か……!?』
 冒険者の苦悩を嘲笑うように、ドラゴンは自らの頭上に巨大な炎の塊を生み出すと、それは真っ赤に燃え盛る炎の剣へと変貌していく。
 まともに食らえば、ただではすまないだろう。
(「あれは……まずい!」)
 後方から援護射撃を行っていた、彷徨う灰かぶり・フェイクスター(a51257)がドラゴンの目的を察し、タスクリーダーの心の声を駆使して仲間に警戒を促していた。
 まずは、回復役を落とすつもりらしい。
「……っ!?」
 ドラゴンの凶刃に狙われたレイは、咄嗟に後退しながら飛燕連撃で牽制を仕掛けるが、次々と叩き付けられる気の刃に、ドラゴンは動じる気配もない。
 それどころか、ドラゴンの動作に応じるように、燃え盛る炎の剣は大気を焦がしながら突き進むと、一直線に彼女へと襲い掛かっていた。
「させるかっ!」
 進路上にある全ての物を破壊し、焼き尽くしながら突き進む炎の剣を、咄嗟に間に割り込んだバジリスクの小柄な身体が受け止める。
 それでも、炎の剣は彼の全身を焼き尽くそうとするが、ドラゴンウォリアーと化したバジリスクは巨大剣を盾代わりに攻撃を受け止め、押し流されながらもドラゴンの放つ必殺の一撃を耐え抜いていた。
『なっ……莫迦な、我が炎の剣を受けて無事だと!?』
 その事に、ドラゴンは思わず驚愕の声を漏らす。
 そればかりではない。
「貴様の相手は俺だ!」
 ボロボロに傷付き限界まで体力を削り取られながらもバジリスクの繰り出した破壊の一撃は、一瞬の隙を突きドラゴンの頭部に叩き込まれると、強烈な一撃となってドラゴンの片眼を打ち砕いていく。
『貴様等……赦さん、赦さんぞ!』
 ドラゴンの怒りの咆哮と、叩き付けるような罵声。
 それが、疑似ドラゴン界に響き渡り。
 それを合図にするように、冒険者の反撃が開始されるのだった。

●竜の戦士と怒りの剣
 動きを止めたドラゴンの巨体に、複数の冒険者が切り込んでいく。
 それでも、ドラゴンは燃え盛る炎の爪で彼等を迎え撃ち、あるいは、死角から襲い掛かる尻尾の一撃で冒険者を蹴散らしていた。
『我を本気で怒らせた事を後悔させてやる!』
 怒りのままに叩き付けられる尻尾の一撃に、ナナの身体が軽々と吹き飛ばされる。
 だが、それと入れ替わるようにコロッサスが大岩斬を叩き込み、ミズチが破壊の一撃を繰り出すと、ドラゴンの口から苦痛の呻き声が漏れていた。
「ぶち抜く……その身に刻め、武人の意地をなぁ!」
 フタバの繰り出す達人の一撃が、それに追随するように叩き込まれる。
 それでも、ドラゴンは倒れない。
 全身をボロボロにされながらも、最強生物としてのプライドがそうさせるのか、はたまた、勝利を信じて疑わないのか。
 怒りのままに力を振るいながらも、ドラゴンは確実に攻撃を凌いでいた。
「次は何を仕掛けてくる……?」
 後方からライトニングアローを撃ち込み、ドラゴンの体力を確実に削りながらも、フェイクスターは冷静に相手の動向を観察する。
 先程の攻撃を乱発されるなら厄介だが、今の所、ドラゴンにそのような気配はない。
 おそらく、力を温存しているのだろう。
 もしかしたら、目の前のドラゴンは怒りに任せて力を振るっているようで、思ったより冷静なのかも知れない。
「下手に突っ込むと……返り討ちに遭いそうだな」
 得体の知れない不気味さが、そこにはあった。
 その間にも、ドラゴンブレスが冒険者を焼き払い、炎に巻かれる冒険者を仲間のガッツソングが癒していく。
 しかし、それも無限ではない。
 果たして、何時まで持ち堪えられるのか……不安は尽きないが、パワー重視のドラゴンとパワー重視の冒険者の戦闘は否応なく長引くのが現実だった。
 オルガも中距離からのソニックウェーブで確実にドラゴンの体力を削り取っているが、彼一人の力だけで戦局をひっくり返す事は出来ないだろう。
 コロッサスやバジリスクも大岩斬を駆使してドラゴンに確実なダメージを与えているが、それでも、ドラゴンの生命力は彼等の攻撃力を大幅に上回っていた。
「まずいね……」
 仲間と目配せし、回復アビリティの残量を確認しながら、マイは人知れず嘆息する。
 自分の分も含めて、彼等に与えられた時間は残り少ない。
 今、先程の攻撃を食らえば、運良く耐え抜いたとしても、立て直すのに時間がかかるだろう。
 それを見逃すドラゴンではなかった。
『……頃合いか』
「来る……!」
 ドラゴンが頭上に燃え盛る炎の剣を生み出すのを確認し、冒険者は咄嗟に警戒を強める。
 灼熱の業火で形作られた巨大な剣は、ドラゴンの意志に応じるように、後方で回復に専念するマイに向かって一直線に撃ち出されていた。
 彼女に避けられるような生半可な攻撃ではない。
 そして、まともに食らえば、耐える事も出来ないだろう。
「間に合え……っ!」
 コロッサスが咄嗟に間に割り込むが、彼の防御力を持ってしても、一撃の威力は凄まじかった。
 護りの天使など、簡単に掻き消されてしまう。
 炎の剣にその身を刺し貫かれ、残りの威力を持ち前の生命力と引き替えに相殺し、ようやく一撃を受け止めたコロッサスに後方からマイの癒しの波動が飛ばされる。
 その間にも、前方では残り少ない力をぶつけるように、冒険者の攻撃が続けられていた。
「先程のお返しだ!」
「そろそろ……終わりにしようぜ」
 ナナの達人の一撃がドラゴンの身体を貫き、遅れるように、アールグレイドの達人の一撃が叩き込まれる。
 フタバの達人の一撃がそれに追従し、彼等の攻撃はドラゴンの残り少ない体力を削り取っていく。
「破壊の力に溺れた者が消えるのは必然……あの世で懺悔するがいい」
 オルガも最後のソニックウェーブを撃ち込むと、ドラゴンに深手を負わせていた。
「これ以上、攻撃の隙は与えない!」
 フェイクスターのライトニングアローが追い討ちをかけ、そこに、レイの飛燕連撃が次々と叩き込まれる。
 しかし、ドラゴンは倒れない。
 身体を覆う真紅の鱗より赤い血を流しながら、残り少ない体力で冒険者に向き直ると、すぐさま反撃に転じていた。
 至近距離からの炎の剣。
 狙いは、先程のダメージが抜けきらないコロッサスだろう。
「……早い!?」
 しかも、先程までとは違い、モーションの時間が圧倒的に短かった。
 反応している余裕は……ない。
「…………っ!!!!」
 それを代わりに受け止めたのは、またしても、バジリスクの小柄な身体である。
 極限まで鍛え上げられた彼の肉体は、至近距離から繰り出された炎の剣の威力を受けきっていた。
『な……っ!?』
 またしても、驚愕の声を漏らすドラゴンの言葉を制したのは、ミズチの繰り出したデストロイブレードである。
 叩き込まれた破壊の一撃が、ドラゴンの巨躯を薙ぎ払う。
「今だ!」
「うおぉぉぉぉっ!」
 ボロボロになりながらも、全身に血管のような赤い線を浮かび上がらせたバジリスクは、渾身の力を刃に込めて、デストロイブレードを叩き込む。
 狂戦士の極意により限界まで引き上げられた一太刀は、身体ごとぶつかる勢いでドラゴンを袈裟切りにし、叩き込まれた渾身の一撃はドラゴンの命の灯火を容赦なく掻き消していく。
『おの……れ……』
 それが、最後となり。
 全ての力を失い、地上へと落下するドラゴンの巨躯を見やりながら、冒険者は徐々に解けていく疑似ドラゴン界から通常空間への帰還を果たすのだった。

●未来を切り開く風のように
 荒れ果てた岩肌に、ドラゴンの巨体が沈んでいる。
 ヴォルカノン洞窟を襲撃した紅炎の暴君ベリアールの脅威は去った。
 しかし、それはドラゴン戦争のほんの序曲に過ぎない。
「これから長い戦いになりそうだな……」
 本来の色を取り戻した青空を見上げながら、バジリスクはこれからの戦いを思う。
 ドラゴンに対抗する為の力は手に入れた。
 竜の戦士……ドラゴンウォリアーの力があれば、真なるドラゴンと言えども恐れるに足りない。
 しかし、狡猾なドラゴンはあの手この手でランドアース大陸を狙ってくるだろう。
 邪悪なドラゴンの魔手から大陸の平和を、かけがえのない民の生活を守る。
 そのためにも、冒険者は決して立ち止まるわけにはいかない。
「新しい風が吹く先が、明るい未来になるよう祈ってるぜ」
 アールグレイドの言葉に、皆が無言で頷いている。
 そうして、竜の戦士達は新たな戦いの予感に身を震わせながら、未来を切り開く為の戦いへと身を投じるのだった――。


マスター:内海直人 紹介ページ
この作品に投票する(ログインが必要です)
冒険活劇 戦闘 ミステリー 恋愛
ダーク ほのぼの コメディ えっち
わからない
参加者:10人
作成日:2007/08/24
得票数:冒険活劇1  戦闘14 
冒険結果:成功!
重傷者:なし
死亡者:なし
   あなたが購入した「2、3、4人ピンナップ」あるいは「2、3、4バトルピンナップ」を、このシナリオの挿絵にして貰うよう、担当マスターに申請できます。
 マスターより許可を得たピンナップ作品は、このページのトップに展示されます。
   シナリオの参加者は、掲載されている「自分の顔アイコン」を変更できます。